Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年06月14日

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

皆さんは、バスに乗ったことや運転したことはありますか。この記事では、バスを上手に運転する技術や、運転技術を向上させる留意点についてを詳しくご紹介しています。現在バス運転士をされている方や、バス運転士になりたいという方は、ぜひご覧ください。


バスの運転技術が向上すると普通車の感覚で運転できるようになる

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

皆さんは、バスに乗ったことや運転したことはありますか。この記事は、現在バスの運転士の方や就職希望先として目指している方に向けて、上手に運転する技術や留意点についてを詳しくご紹介していきます。

バスの運転は難しそうに見えますが、実は技術が向上すると普通車と同じような感覚で運転することができます。

バスは普通車と違って車体が大きく幅もあるので、運転技術をしっかりと身に着けましょう。

バスを上手に運転する技術10個

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

ではさっそく、バスを上手に運転する技術を具体的に見ていきましょう。バスの運転を勉強している方や、ベテランの運転士の方もぜひ最後まで見て予習・復習に励みましょう。

バスはたくさんの乗客のいのちを乗せて走りますので、安全面はいついかなる時にもしっかりと頭に入れておきましょう。

バスを上手に運転する技術1:狭い道ではミラーで内輪差を確認する

バスを上手に運転する技術1つ目は、「狭い道ではミラーで内輪差を確認する」ことです。バスは乗用車と違って車体が大きく幅も広いので、狭い道がかなりとおりにくいです。

そこで、バスについているミラーを使って内輪差を確認しながら運転していきます。もしも道が狭すぎてバスでとおれないと判断した場合は、無理に進もうとせず迂回しましょう。

バスを上手に運転する技術2:カーブの道では後輪の軌道を確認する

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

バスを上手に運転する技術2つ目は、「カーブの道では後輪の軌道を確認する」ことです。バスは車体が大きく幅が広いため、カーブを曲がるときに上手く曲がり切れず事故になる場合があります。

カーブを曲がることはバスを運転する上で、慎重に行わなければならない動作の1つです。カーブで後輪の軌道を確認することを怠り、自分のカンだけで曲がろうとすると、ガードレールにぶつかったり人と接触してしまうこととなります。

バスを上手に運転する技術3:両サイドのドアミラーから車線が見えることを確認する

バスを上手に運転する技術3つ目は、「両サイドのドアミラーから車線が見えることを確認する」です。バスは車体の幅が広いため、両サイドについているミラーを随時確認しながら自分が走っている道路の車線を確かめなければいけません。

これを怠ると、道路上でバスが隣の車線を走っている車にぶつかって、大きな事故に発展する可能性があります。

車線からはみ出ることなく、安全にバスを運転しましょう。

バスを上手に運転する技術4:後方の風景が広く見えるようにルームミラーを調整する

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

バスを上手に運転する技術4つ目は、「後方の風景が広く見えるようにルームミラーを調整する」です。これは、バスの運転だけではなく乗用車やタクシーの運転にも該当します。

バスはたくさんの人が利用するため、どうしても後方が見にくくなってしまいます。後方が見えなくなってしまうと、大きな事故に繋がりかねません。そのため、少しでも広く後方が確認できるように自分でルームミラーを調節します。

バスを上手に運転する技術5:運転速度を一定に走行することを心がける

バスを上手に運転する技術5つ目は、「運転速度を一定に走行することを心がける」です。バスには子どもからお年寄りまでさまざまなお客さんが乗ってきます。

そのため、できるだけお客さんに負担を与えないよう運転速度は一定のものにしましょう。運転速度が一定のものであれば、転倒などの車内事故も未然に防ぐことができます。

ただし運転速度が遅すぎると、安心したお客さんが座席から立ち上がることがあるので気をつけましょう。

バスを上手に運転する技術6:急ブレーキや急発進を行なわない

バスを上手に運転する技術6つ目は、「急ブレーキや急発進を行なわない」です。これは、バスの運転だけではなく乗用車やタクシーの運転にも該当します。

バスはお年寄りや子どもも利用する交通機関ですので、急ブレーキや急発進をすると車内事故に繋がってしまいます。

若い世代の人でも、急ブレーキや急発進で転倒してしまう場合があるので気を付けましょう。

バスを上手に運転する技術7:シフトレバーの特徴を知る

バスを上手に運転する技術7つ目は、「シフトレバーの特徴を知る」です。少し前の時代のバスについているシフトレバーは、長い棒状のもので扱いが難しかったのですが、現在の物はコンパクトで扱いやすくなっています。

そのため、最近のバスのシフトレバーは女性にも扱いやすく、女性運転士も多いです。全てのバスが新しいシフトレバーに切り替わっていないため、自分が運転するバスのシフトレバーはどのような形か確認しましょう。

Bottom banner

バスを上手に運転する技術8:車体の大きさや幅を事前に確認しておく

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

バスを上手に運転する技術8つ目は、「車体の大きさや幅を事前に確認しておく」です。

バスの種類によって車体の大きさや幅の広さは異なってくるので、自分が運転士として任された時点で、バスがとおる道順と自分の運転するバスの車体をきちんと確認しておきましょう。

バスを上手に運転する技術9:角を曲がるときは特に乗客の安全性を確かめる

バスを上手に運転する技術9こ目は、「角を曲がるときは特に乗客の安全性を確かめる」です。急な角を曲がらないといけないときには、万が一の車内事故を防ぐために乗客の安全を第一に考えた運転に努めなければなりません。

角を曲がるときに、車内でつり革や握り手すりに掴まっていないというお客さんがいた場合、「この後角を曲がるので、バスが大きく揺れます」などのアナウンスがあると乗客は安心できます。

バスを上手に運転する技術10:バスの種類によって技術を使い分ける

バスを上手に運転する技術10こ目は、「バスの種類によって技術を使い分ける」です。バスの運転士と一口で言っても、多数の種類が存在します。

例えば大型の観光バスやマイクロバス、市営のバスがありますが、これらのバスは車体の大きさも幅の広さも異なります。

バスの種類によって必要になる運転技術は少しづつ違ってくるので、自分がどのバスを運転しているか・運転したいかによって勉強する内容を変えていきましょう。

バス運転の技術を向上させるための留意点3つ

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

ここでは、バスの運転技術を向上させるための留意点をお伝えしていきます。

バスの運転技術をたくさん持っていても、安全に運転することができなければ意味がありません。特に現在バスの運転士をしている方は以下の内容をご覧頂き、自分自信と照らし合わせながら確認をしてみましょう。

また、バスの運転士を目指しているという方も、しっかりと留意点を確認していきましょう。

バス運転の技術を向上させるための留意点1:初心に戻って基本に忠実な運転を行う

バス運転の技術を向上させるための留意点1つ目は、「初心に戻って基本に忠実な運転を行う」ということです。これは、バスの運転だけではなく乗用車やタクシーの運転にも該当します。

長年運転を続けていると、車にも道にも「慣れ」が生じてきます。運転に慣れた状態が続くと、携帯電話やスマートフォンを操作しながら運転してしまったり、飲酒運転に繋がる可能性が高まります。それを防ぐために、初心を忘れず安全運転をしましょう。

バス運転の技術を向上させるための留意点2:常にミラーで確認することを心がける

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

バス運転の技術を向上させるための留意点2つ目は、「常にミラーで確認することを心がける」ということです。バスは車体が大きいため、どうしても死角ができてしまう場合があります。

死角をできるだけ作らないようにするためにもミラーで常時確認を取って、乗客や歩行者などに危険が及ばないように心がけましょう。

バス運転の技術を向上させるための留意点3:常に危険を予測しながら運転する

バス運転の技術を向上させるための留意点3つ目は、「常に危険を予測しながら運転する」ということです。この留意点は、バスの運転だけではなく乗用車やタクシーの運転にも該当します。

しかし特に大型のバスやトラックは他の車と比べて車体が大きく、思わぬ事故になってしまうケースが多々あります。前方や社内の子どもやお年寄りに気を配りながら運転を行ないましょう。

バスを上手に運転する技術を身につけましょう

バスを上手に運転する技術10個|技術を向上させるための留意点3つ

バスを上手に運転させる技術や、運転技術を向上させるための留意点については、いかがでしたでしょうか。バスを上手に運転する技術を身につけて、乗客を安全に目的地へ送り届けましょう。

これからバスの運転士を目指すという方は、この記事を機に運転技術の向上を図りましょう。現在バスの運転士であるという方は自分の運転技術を過信せず、安全運転で業務に励みましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人