Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年04月24日

運行管理者試験合格にかかる勉強時間は?オススメの勉強テキスト8選

運行管理者試験合格にかかる勉強時間は?オススメの勉強テキスト8選

運行管理者の資格取得を目指している方は、勉強法に苦戦されている人も多いのではないでしょうか。どんなテキストで、何時間くらい勉強すれば合格できるのだろうと悩んでいる方もいるでしょう。運行管理者試験に合格するための効率的な勉強法を紹介いたします。


そもそも運行管理者資格とは?

運行管理者資格とは、どのような資格かご存知ですか。運行管理者資格は、国土交通大臣指定試験機関が行う国家資格です。

一定数以上の事業用自動車を有している営業所には、規定数の運行管理者を置くことが義務付けられています。

運行管理者には2種類あり、貨物運送会社などは「貨物」、旅行会社やバス会社などは「旅客」の試験に合格する必要があります。

資格取得によってできること

運行管理者は、事業用自動車(バス・トラック・タクシーなど)のドライバーの乗務割(配車表)を作成したり、ドライバーの休憩・睡眠施設の保守・管理、指導・監督、点呼などを行ないます。

運行管理者は、ドライバーの健康状態なども把握し、事業用自動車を安全に運行させるスペシャリストとしての役割が期待されています。

配車表作成などの業務は資格が無くてもできますが、運行管理者として専任されるには資格が必須です。

受験資格は?

運行管理者資格試験は、誰でも受験可能なのでしょうか。

運行管理者の試験は、事業用自動車の運行管理に関して1年以上の実務経験があるか、もしくは実務経験に代わる講習(基礎講習)を修了していれば受験することができます。

実務経験に代わる講習(基礎講習)を修了すると、運転管理者の補助者に専任することができます。

合格率は?

難しそうに感じる運行管理者資格ですが、合格率はどれくらいなのでしょうか。

年度によってバラつきはありますが、平均すると45パーセント強の人が合格しています。ここ数年は、合格率が30パーセント前後になっており、一夜漬けの勉強では試験合格は難しいでしょう。

しかし、しっかりと対策を練って、コツコツと勉強時間を作れば合格するのは、さほど難しくない資格でもあります。

試験内容は?

運行管理者試験では、法令関係と、運行管理者の業務に関する実務上の知識や能力を問う問題が出題されます。

法令関係からは、「貨物」では貨物自動車運送事業法、「旅客」では道路運送法から出題され、さらに道路運送車両法、道路交通法、労働基準法は「貨物」「旅客」どちらでも出題されます。

試験時間は90分で、マークシート方式で行われ、全30問中、18問以上の正解が必要です。

運行管理者試験に合格するには

運行管理者試験合格にかかる勉強時間は?オススメの勉強テキスト8選

法令関係からの出題も多い運行管理者試験に合格するには、どのような勉強を、どのくらいの時間をかけてすれば良いのでしょうか。

大人になってから勉強するというのには少し抵抗を感じたり、自分には無理なんじゃないかと弱気になってしまう人もいるでしょう。

しかし運行管理者の資格試験は、そんなに根を詰めて何時間も寝ずに勉強しなければ合格できないような難しい試験ではありません。

平均勉強時間50~100時間

これまで運行管理者の試験に合格してきた先輩たちが、どのくらいの勉強時間を費やしてきたのでしょうか。

同じ会社に運行管理者の先輩がいる人は分かると思いますが、コツコツと毎日少しずつ勉強する時間を取っていれば、寝る間も惜しんで毎日10時間も勉強しなければ合格できないという資格ではありません。

合格するまでの勉強時間は、平均して50~100時間といわれています。試験は年2回行われますので時間は十分あります。

とにかく過去問を勉強する

運行管理試験に合格するためには、とにかく過去の問題集などをたくさん解くことです。法令関係の用語などは難しく感じてしまうものも多いため、テキストを読んでいるだけだは、どうしても頭に入って来にくかったり、苦手意識が出てしまったりします。

過去問題を解いていくうちに、出題のパターンも見えてきますし、ひっかけ問題にも気付けるようになります。出題傾向が分かっていれば、試験本番で慌てることもありません。

資格取得後のキャリアアップをモチベーションにする

試験勉強中は、「やっぱり無理かもしれない」と投げ出したくなるときもあるでしょう。そんな時は、資格を取得した後の自分を想像してみるとやる気が戻ってくるでしょう。

運行管理者の資格を取ることができれば、会社でも責任ある立場の仕事をさせてもらえるようになるでしょうし、会社によっては資格を持っていることによって手当が付く場合もあるでしょう。

将来的にも役に立つはずですので、最後まで頑張ってみましょう。

業務と並行して取得するなら勉強時間よりも過去問が大切!

現在、業務に就きながら運行管理者の資格取得を目指すしていますが、日々の業務をこなしながら、家に帰って勉強時間を作るというのは大変なことです。

働きながら資格取得を目指す人は、一日に1問でも、2問でも良いので過去問を解いてみましょう。勉強は時間よりも、習慣化することが大事ですから、毎日少しづつ過去問に触れることで、それは必ず身についてきます。無理をせず、楽しんで勉強しましょう。

運行管理者試験のオススメテキスト8選

実際に運行管理者試験に合格するためには、どんなテキストで勉強すればよいのでしょうか。書店にはたくさんのテキストが並んでいますが、自分に合ってテキストや問題集に出会えれば、やる気はアップするはずです。

ここからは、運行管理者試験に合格するためにおススメのテキストを8つご紹介していきます。自分に合った、やる気がアップしそうなテキストを見つけて、さっそく勉強を始めてみましょう。

1:2019年版 ユーキャンの運行管理者(貨物)合格テキスト&問題集

資格と言ったら、最初に思いつくのはユーキャンという人も多いでしょう。ユーキャンは、通信教育だけでなく、参考書やテキスト、問題集も充実しています。

運行管理者試験のためのテキストと問題集が合わさったこちらは、イラストや図表付きで分かりやすく解説されています。

50問の一問一答で理解を深められるようになっていて、予想模擬試験もついています。

分かりやすいです。章の最後の簡易問題で理解してるか確認しながら確実に知識を身に付けられます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3UA6HDK8WK1... |

2:運行管理者試験 問題と解説 貨物編 平成31年

Bottom banner

解説テキストと過去問題集が1冊に合体しているこちらは、貨物編の過去8年間分の過去問が全240問収録されています。

過去問題に関する解説テキストが、各項目の初めに掲載されています。やみくもに法令を勉強するよりも効率的に、出題されやすい範囲の勉強ができるため、勉強する範囲や時間を短縮することができます。

この参考書を使用して1回の受験で合格しました。
勉強期間は1か月半、1日1時間勉強した。
1発で合格できる参考書だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R32UAK3OEX7E... |

3:運行管理者試験 問題と解説 旅客編 平成31年

こちらも解説テキストと過去問題が1冊になっており、旅客編の過去8年分の過去問題が収録されています。

どの問題が良く出題される問題なのかが、一目でわかるように構成されていますので、効率的に勉強ができ、時間が無い社会人の方でも取り組みやすい工夫がされています。

試験について重要なポイントをいっぱい載せて、ただ1冊で資格試験を合格するはずです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3LRPCLJ0ZJF... |

4:運行管理者国家試験対策 標準テキスト'19年版(旅客)

各項目が見開きで完結するように構成されているので、一目でわかりやすく区切り良い効率的な勉強ができるテキストです。

基礎知識と最近の出題傾向が分かりやすく解説されており、重要ポイントをまとめたチェックリストや、理解度を確認するためにチェックリストが掲載されていて、勉強の進み具合を客観的に把握することができます。

予想模擬試験もついていて、試験直前の効率的な勉強時間に役立つでしょう。

過去問、ポイントがおさえられました。
短期間でも合格しました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1NXREVX9GWX... |

5:運行管理教科書 運行管理者(旅客)テキスト&問題集

高い合格率を誇る試験対策講座を開催している講師の方が書いているテキストで、短期間の勉強で合格することを目指した一冊です。

試験に合格するためだけに、無駄のないポイントをおさえた構成になっており、ごろ合わせで覚えるなどの分かりやすい解説と、読みやすさを重視した大き目の文字で、勉強時間があまり取れないという人にお勧めの一冊となっています。

テキストが非常に分かりやすく、要点が絞り込まれており、受験者の負担を軽減!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R10XKQSUMDD5... |

6:2019年版 ユーキャンの運行管理者(貨物)過去6回問題集

たっぷりと過去6回分の過去問題が収録されていますので、できるだけたくさんの問題を解きたいという人にはピッタリの問題集です。

たくさんの問題を解くことで自分の弱点に気付くことができ、実際の試験問題に触れることで本試験でも戸惑うことなく自信を持って解答できるでしょう。

姉妹書『合格テキスト&問題集』へのリンクがついているので、さらに詳しく勉強したいという人にも最適の1冊です。

選択肢問題については一部の問題集にありがちな「正解の選択肢しか説明しない」のではなくしっかり
全選択肢について説明がされているため「なぜそこがダメだったのか」などが分かりやすい点は良いと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3SKOJ36YCNO... |

7:詳解 運行管理者<貨物>過去問題集 ’19年版

過去8回分・全240問の過去問題が収録されているこちらの問題集は、最新の法改正に対応させてすべての選択肢が詳しく解説されています。

実際の試験は、マークシート方式で行われますが、こちらの問題集にもマークシート解答用紙が付いていますので、本試験に近い形で問題を解く感覚を身に付けられるでしょう。

解説テキストを読むことに時間を費やすよりも、一通り解説を読んだら、ひたすら過去問題を解くのが合格への近道です。

まずこれとは別に、テキスト系教本を購入して一通り読むのをお勧めします。
私はユーキャンのテキストを使いました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2XON2JSFNJV... |

8:運行管理教科書 運行管理者(貨物)速習テキスト

実業務で忙しく、学習時間があまり取れないという受験者のみなさんが、無理や無駄なく効率に合格するための勉強ができるように工夫された、運行管理者(貨物)資格用のテキストです。

試験対策講座を主催している著者が、講座のノウハウを余すところなく投入したというこのテキストは、厳選したポイントだけを掲載しているので、勉強にたくさんの時間を掛けなくても合格に必要な知識を身に付けることができるでしょう。

会社の命令で今年試験を受けました。
2週間、毎日1.5時間の学習で合格しました。
特徴のある語呂合わせが楽しく、逆に頭に残る形になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1D9SIX06U36... |

運行管理者試験合格には時間はもちろん過去問の勉強が効果的!

運行管理者の資格を取得しようとしている人のほとんどが、実際に業務に携わりながら少ない勉強時間で合格を目指していることでしょう。

法令などは多くの時間を費やしてテキストを読み込まないと、頭に入ってこないだろうと考えている方が多いでしょう。試験はマークシートの選択式ですので、できるだけたくさんの過去問を解くという勉強法が効果的でしょう。

試験当日まで、ひたすら過去問を解いて合格を勝ち取りましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related