Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年04月25日

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

過労事故の多発により労働環境の抜本的な改善が図られた結果、近年では観光バス運転手はずいぶんと働きやすい環境におかれています。この記事ではそんな観光バス運転手の気になる年収に加えて、その仕事に向いている人の特徴についても解説しているので、ぜひご覧ください。


観光バス運転手の仕事内容

タクシーやトラック業界からの転職をお考えならば、年収のよい観光バス運転手に転職をしてみてはいかがでしょうか。観光バス運転手は、年収アップを希望するドライバーから密かな人気を集めています。

観光バス運転手は、観光客を乗せたバスを運転して目的地に送り届けるのが基本的な仕事です。安全運転ができて時間に正確であれば、学歴や職歴が不問のことが多く、そこそこ年収が高い傾向にあるのが観光バス運転手の魅力です。

観光バス運転手はブラック?

「年収が上がるのは嬉しいけれど観光バス運転手はきつくて大変そう」と観光バス業界にブラックなイメージをお持ちの方も意外と多いのではないでしょうか。

確かに以前までは観光バス運転手の労働環境はどちらかと言うとブラックと呼べるものでしたが、過労事故がきっかけとなって労働環境の改善が取り組まれた結果、昨今では働きやすい環境が整備され、年収の引き上げもなされています。

これについて以下で詳しく見ていきましょう。

基本的にシフト制で残業は少ない

観光バス運転手の仕事は基本的にシフト制です。そのため、自分のシフトをこなせばそれで十分な年収を得ることができ、シフト以外の仕事は基本的に入らないので残業は少ないと言えるでしょう。

もちろん予期せぬ交通渋滞や天候不良によりスケジュールが遅れ、結果として残業をしなければならない時もありますが、このようなケースは多くありません。

きちんとした会社なら残業代が出るので、結果として年収もアップするでしょう。

過労事故による労働時間の見直し

年収はそこそこ良いものの、以前は劣悪な労働環境に置かれた観光バス運転手も少なくありませんでした。

2016年に起こった軽井沢スキーバス転落事故で観光バス運転手の劣悪な労働環境が明るみに出た結果、国土交通省が主導する形で観光バス運転手の労働環境の改善や労働時間の見直しが図られ、近年ではずいぶんと働きやすい環境が整えられてきています。

運転手の人材不足

昨今では訪日外国人観光客の増加によって観光バスの需要が増えており、観光バス運転手の需要と供給が間に合わない状態が続いているのが現状です。

人材不足の解消策の一環として、近年では過重労働を防止し、年収を引き上げるなど働きやすい労働環境を業界が率先して行うことで、観光バス運転手の離職を防ぎ、新しい人材の獲得が目指されています。

年収もよくそこそこ働きやすいため、観光バス運転手は人気の転職先になっています。

観光バス運転手の年収は?

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

これから観光バス運転手への転職をお考えの方にとって一番気になるのが、年収はいくらぐらいなのかということでしょう。年収の高低によって転職を決断したり、踏みとどまる人も多いはずです。

ここからは、観光バス運転手の気になる平均年収や、年齢・経験に応じた年収の変動について詳しく解説していきます。

年収アップを望むトラック・タクシードライバーの方は、ぜひ転職先として検討してみてはどうでしょうか。

平均年収450万円~

まずは、気になる平均年収から確認しておきましょう。勤めている会社や地域・雇用形態にもよりますが、観光バス運転手の平均年収は450万円ほどです。

もちろん大型のバスを運転したり、大手のバス会社に勤務する観光バス運転手の年収は、450万円という平均年収よりも多くなります。

残業を多くこなすことで年収を上げることも可能であり、かなり稀ではありますが年収900万円以上を稼ぐ人も存在しています。

経験・年数によってさらに上がる

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

観光バス運転手の年収について知っておきたいのが、経験や勤続年数によっては450万円という平均年収よりも多く稼げるということです。

観光バス運転手の経験がある人は未経験者よりも基本給が高めに設定されますし、また20代のうちのボーナスは1ヵ月分ほどであったとしても、勤続年数が上がり50代くらいになれば4ヵ月分ほどのボーナスをもらえる会社も少なくありません。

比較的年収は高くなりやすいと言えるでしょう。

路線バス運転手より年収は高い傾向に

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

では、路線バスの運転手と観光バス運転手はどちらの方がより稼げるのでしょうか。結論から言うと、路線バス運転手よりも観光バス運転手のほうが年収が高い傾向にあるため、年収アップを狙ってバスのドライバーに転職をするならば、観光バス業界がおすすめだと言えるでしょう。

ちなみに、路線バスの平均年収は約400万円ほどですので、地域差はあれど、観光バス運転手よりも若干低めに年収が設定される傾向にあります。

観光バス運転手になるには

以上でご紹介したように、過労が原因の悲惨な事故が多発したことによって、近年では観光バス運転手の労働環境や年収の改善の取り組みが行われており、比較的働きやすい環境が整えられています。

そのため、転職先としては魅力的だと言えるでしょう。では、観光バス運転手になるためにはどうすればよいのでしょうか。ここからは観光バス運転手になるための具体的な方法について解説していきますので、ぜひご覧ください。

特別な運転免許

まず知っておきたいのが、観光バス運転手になるためには特別な免許が必要であるということです。

普通自動車免許を取得しているのは当然のことながら、観光バス運転手として働くためにはさらに第一種運転免許と第二種運転免許を取得しておくことが必要です。

これから観光バス運転手を目指す方のために、ここではその仕事に必要な免許について詳しくチェックしておきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

第一種運転免許

Bottom banner

観光バス運転手に必要な免許のひとつが、第一種運転免許です。観光バス運転手が運転するバスは大体30人以上が乗れる大型バスであることが多いため、それを運転するためには大型自動車第一種運転免許を取得しておくことが必要になります。

なお、大型自動車第一種運転免許ならば、トラック運転手の仕事をしていた人ならばすでに取得していることも多いため、比較的スムーズに転職が行えると言えるでしょう。

第二種運転免許

観光バス運転手として働くためには、第一種運転免許のほかに第二種運転免許も必要になってきます。

大異種運転免許だけでも大型の自動車を運転することは可能ですが、そこにお客様を乗せて運転するためには第二種免許運転が必須です。

ちなみに、タクシー運転手経験者はすでに第二種免許運転を取得していますが、大型バスを運転するためにはさらに大型第二種免許運転を取得せねばならないので、注意が必要です。

路線バス運転手などで実績を積む

全くのバス業界未経験の状態で観光バス運転手に採用されるのはやや難しいため、できるならば路線バス運転手などの仕事で経験を積むことが望ましいでしょう。

ちなみに、路線バス運転手は未経験者でも採用される確率が高く、さらに言えば職歴や学歴が不問なことが多いです。

また、路線バスの運転に必要な大型第二種免許は入社後に取得しても問題なく、取得のための助成金をもらうことも会社によっては可能になります。

社内試験に合格する

第一種運転免許と第二種運転免許を取得すれば、自動的に観光バス運転手になれるわけではありません。観光バス運転手の仕事はお客様の大切な命を預かる責任ある仕事ですので、免許取得後すぐに仕事ができるわけではなく、社内試験を合格する必要があります。

社内試験と聞くとハードルが高そうなイメージがありますが、逆に言えば観光バス運転手の仕事に必要な知識を学べ、しっかりとした研修を受けられるということでもあります。

バス運転手に向いている人の特徴6つ

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

以上でご紹介したように、観光バス運転手はバス業界の中でも人気の転職先です。タクシー運転手やトラック運転手の方の中には、「観光バス運転手に転職したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

ですが、何事にも向き・不向きというものがあります。ここからは、観光バス運転手に向いている人の特徴をご紹介していきますので、転職をお考えの方は、自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

1:人のために動くことが苦にならない人

観光バス運転手に向いている人の特徴としてまず挙げられるのが、人のために働くことが好きであるということです。

観光バス運転手は目的地までお客様をただ送り届ければよいというわけでは決してなく、お客様が車内で快適に過ごせるようにさまざまなことに配慮しながら、おもてなしの精神をもって仕事をする必要があります。

仕事を通じて人を笑顔にしたいという方には、観光バス運転手の仕事が向いているでしょう。

2:健康管理ができる人

健康管理ができるということも、観光バス運転手に向いている人の特徴として挙げられるでしょう。

観光バス運転手の仕事はお客様の命を預かる非常に責任のある仕事ですので、体調に不安がある中で運転を続けると事故を起こし、お客様に被害を出してしまう恐れもあります。

そのため、観光バスを運転する際には常に体調を万全に整えておくことが必須となってくるでしょう。

3:運転が好きな人

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

観光バス運転手に向いている人の特徴のひとつに、運転が好きであるということも含まれるでしょう。

観光バス運転手は仕事のほとんどの時間をバスを運転して過ごすため、運転が苦にならず、むしろそれを楽しめる人にこそ向いている職業だと言えます。

また、旅行好きで観光地まで車を走らせるのが好きな人にもおすすめの仕事でしょう。

4:真面目・コツコツ型の人

真面目でコツコツと努力ができるということも、観光バス運転手に向いている人の特徴として挙げられます。

観光バス運転手の仕事は良くも悪くも地味ですし、安全運転を常に心がけながら時間を守ってお客様の観光をサポートする必要がありますので、真面目で誠実な性格の人が向いています。

5:感情にあまり波がない人

観光バス運転手に向いている人の特徴として、感情にあまり波がないということも含まれるでしょう。

観光バス運転手の仕事は接客業であり、中には高圧的な態度を取るお客様もいれば、渋滞に巻き込まれることもありますが、どんな時でも感情を高ぶらせることなく落ち着いて冷静に運転ができることが必要な素養と言えます。

6:ルーティンワークが好きな人

ルーティンワークが好きであるということも、観光バス運転手に向いている人の特徴です。

観光バス運転手の仕事はお客様を乗せて目的地まで送り届けるという決まったルーティーンワークの繰り返しですので、それに飽きたり嫌気が差すことのない人が向いています。

変化がなく、同じ業務内容を続けるのが好きという人には理想的な仕事でしょう。

興味を持ったら是非観光バス運転手を目指してみましょう

観光バス運転手の年収は?バス運転手に向いている人の特徴6つ

今回は観光バス運転手の年収について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。昨今では働きやすい環境が随分と整理され、年収も引き上げられつつある観光バス業界は、人気の転職先です。

観光バス運転手の仕事に興味があったならば、自分の適性や将来のことをよく考えた上で、思い切って転職をしてみてはどうでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related