Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月07日

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

小さな疑問でも一度疑問に持つとずっと気になることがあります。「バスの運転手はトイレに行きたいときどうするのか?」もそのひとつです。この記事では、バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか、もしもの腹痛時での対処法などについて紹介します。

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか?

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

バス運転手に関する疑問のひとつに、バス運転手が運転中にトイレに行きたくなったらどうするのだろう、と感じたことはありませんか。バスの運転手も人間です。当然トイレに行くことはあります。ただ、運転中にトイレに行きたくなったからと行って、すぐに行くことはできません。もちろん漏らしてしまうわけにもいけません。

バスの運転手は、基本的に運転前にトイレを済ませます。そのあとは、路線バスの運転手の場合は、途中トイレに行きたくなったら終点まで我慢します。高速バスの運転手の場合は、休憩所まで我慢します。

バスの運転手はどれくらいトイレにいけないか?

バスの運転手は、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」によると連続運転時間は4時間以内で4時間以内または、4時間経過直後に30分以上の休憩を確保しなければいけません。

バスの運転手は、4時間はトイレに行かないようにする必要があります。

トイレにいくことはいいこと

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

トイレにいって尿を出すことは、体にとって悪いことではなく、とてもいいことです。尿の中には、体内で不要になった老廃物を出し、むくみの解消や排出のデトックス効果による健康増進や新陳代謝アップなどが見込めるので、悪いことはありません。

トイレを無理に我慢すると?

トイレを無理に我慢すると、ふとした時に漏らしてしまったり、膀胱炎になったりすることがあるので注意が必要です。バスの運転手は、日頃からトイレを無理に我慢することのないように、備える必要があります。

バス運転手が腹痛でトイレに行きたくなったときは?

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

腹痛の場合は、尿意よりも我慢ができないケースが多いです。バス運転手が腹痛でトイレに行きたくなったときの対処方法として効果的な「下痢止めを常備する」「公共施設に停車させお客様の安全確保後トイレに行く」について説明します。

下痢止めを常備する

普段から下痢気味の人や下痢を起こす可能性のある場合は、下痢止めを常備するのがおすすめです。

下痢の症状は、腸の運動が普段よりも過剰になります。水分吸収と水分分泌のバランスが崩れたときに起き、消化物が腸で充分吸収できなくなり、水分量の多い便が排出される状態です。

下痢の原因は、「最近やウイルスの感染による腸炎」「乳糖不耐症」「潰瘍性大腸炎などの病気」「ストレスによる下痢型IBS」などがあります。

公共施設に停車させお客様の安全確保後トイレに行く

バスの運転手が腹痛でトイレに行きたくなったときの対処方法として、公共施設に停車させお客様の安全確保後トイレに行く方法があります。

この場合は、お客様に正直にアナウンスすることが重要です。初動が大切で、下手にごまかそうとしたりしてしどろもどろになると、お客様に余計な疑いや不安をもたれてしまいます。はっきりとした口調でお客様の了承を得ましょう。

牛乳などをさける

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

牛乳やチーズ・ヨーグルトなどの乳製品を摂ると下痢を起こしやすくなってしまったり、おなかがごろごろする人はかなりいます。この症状は、「乳糖不耐症」といい、消化器系統で消化酵素が減少するために起きます。乳糖不耐症のバス運転手は、バスの運転前に牛乳などの乳製品は摂らないように注意します。

バス運転手のトイレの回数を減らす工夫は?

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

バス運転手のトイレの排尿回数は、過活動膀胱などの病気でなければ、「食べるものに気を付ける」「飲み物に気を付ける」「水分補給を少なくする」「体調管理をする」「トイレの生活習慣を改善する」ことにより減らすことができます。

食べるものに気を付ける

食べるものに気を付けることは、バス運転手は、利尿作用のある食べ物を運転前には、食べないようにすることです。

利尿作用のある食べ物は、カリウムが多く含まれています。カリウムが多く含まれている食べ物には、干し昆布・ワカメ・ひじき・きりぼし大根・唐辛子・大豆・あずき・ホウレンソウ・納豆・ニラなどがあります。

飲み物に気を付ける

飲み物に気を付けることは、バス運転手は、利尿作用のある飲み物を運転前には、飲まないようにすることです。

利尿作用のある飲み物としては、ビールやチューハイなどのアルコールがありますが、アルコールは運転時には、飲んではいけないので論外です。アルコール以外では、カフェインの入った飲み物が利尿作用が強いです。

カフェインは、眠気覚ましの効果もあり、運転前にカフェインの入ったコーヒーなどを飲むバス運転手も多いですが、利尿効果も考慮して飲みすぎないようにしましょう。

カフェインの含まれている飲み物は、コーヒー以外では、ココア・各種お茶など。カフェインの含まれていない飲み物はトマトジュース・クランベリージュース・白湯・レモン水・豆乳などがありますので、参考にしてください。

水分補給を少なくすることは?

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

水分補給を少なくすることで、バス運転手のトイレの回数を減らすことができます。水分は、人の体には必要ですが、体内の水分量を一定に保つために余分な水分は体外に排出されるために水の補給が多いとトイレの回数がおおくなってしまうので水分補給を少なくするのは有効な工夫です。

ただし、水の補給が少なすぎると脱水症状や熱中症になってしまうこともありますので、最低必要量は、補給するようにしましょう。

体調管理をするは?

トイレの回数が多い原因として、体調管理ができずに膀胱が血流不足で硬くなっていることがあげられます。膀胱は、血液から得られる酸素が減ると機能が弱くなります。

膀胱の血液不足は、肛門を締めたり緩めたりするお尻体操を毎日20回行うことによって体調が改善されます。また、ストレスもトイレの回数の多い原因になるので日頃からストレスをためないように体調管理します。

トイレの生活習慣を改善するは?

トイレの生活習慣を改善するは、トイレの行く時間の間隔を伸ばすことです。人の体には、膀胱の状態により尿意を伝える尿センサーがあります。尿センサーは、膀胱に半分くらい尿がたまると「トイレに行く準備をした方がいい」という「お知らせ尿意」を伝えます。

このお知らせ尿意のたびにトイレにいく習慣を長く続けると、尿センサーは「これくらいのたまり具合が限界」と勘違いしてしまいます。そのため強い尿意を発してトイレが近くなります。

この状態を改善するには、我慢することです。「トイレはまだいかなくて大丈夫」ということを尿センサーに認識させることで正常に戻ります。

我慢する手順としては、家などのいつでもトイレにいける場所で行い、尿意が来たら、最初は5分、次に10分と我慢する時間を少しづつ延ばします。まずは、2時間以上を目標にしましょう。

バス運転手のトイレ事情を理解しよう

バス運転手はトイレに行きたいときどうするのか・腹痛での対処法

これまで述べてきたようにバス運転手はトイレを最大4時間トイレにいかずに運転しています。バス運転手のトイレ事情を充分理解して、敬意を表しましょう。

バス運転手が腹痛や下痢の症状で、公共施設に停車してトイレ休憩をとる旨のアナウンスがあった場合には、進んで協力するようにしましょう。

Related