Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月15日

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

バス運転のコツ・身につける方法などを紹介しています。バス運転のコツは、車両感覚を練習を繰り返して身に付けます。また、経験や実績から乗車できる車両の感覚をつかむこともできます。バス運転のコツは、乗り心地を良くするため、運転中の危険を避けることができます。

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

バス運転のコツ!

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

バス運転のコツを紹介します。普通自動車の運転に慣れてくると、狭い道も走れるようになります。バスの運転は、大型車を普通車の感覚で運転ができるようになるだけなので、慣れるとバスの運転の方が運転しやすいと言われます。

コツは、ミラーが大きくて良く見えるので、細い道や車幅に気をつけて運転します。アンダーミラーも付いていますので、よく確認して運転します。大型車は、大きな内輪差がありますので注意して運転します。

内輪差に注意は?

内輪差とは、クルマが曲がる時にカーブの内側の前輪が描く軌道と、内側の後輪が描く軌道の差のことです。バスは、交差点で曲がるとき、前輪が交差点のなかを大きく円を描いて曲がっていきます。前輪と後輪の間隔が広くなるほど、内輪差は大きくなります。

コツは、カーブ時には、前輪の軌道と後輪の軌道の間に生じる「内輪差」に注意をすることです。内輪差は前輪と後輪の長さが長いほど大きくなるため、軽自動車よりも普通車、そしてバンやトラックの方が大きくなっていきます。前輪がギリギリで曲がれそうな感覚でハンドル操作をすると、後輪が引っかかることもあり、常に後輪がぶつからないかを意識しながら運転することが大切です。

今まで軽自動車に乗っていて、普通車などのより大きな車に乗り換える場合などは注意しましょう。

車種全長車幅車高
プリウス4.5m1.7m1.5m
ハイエース バン4.7m1.7m1.9m
コースターEX(マイクロバス)6.9m2.0m2.6m

狭い道ではミラーで内輪差を確認

狭い道では、内輪差が気になります。コツは、まず徐行しましょう。そしてドアミラーを、少し下向きにします。後輪の位置を確認して、コーナーを曲がるようにします。たとえば、左折の場合に左後輪が縁石などに接触しそうな場合は、ストップして、そしてバックして進みます。

カーブの道では後輪の軌道を確認

カーブの道では、後輪の軌道を確認しましょう。コツは、左折時には、左後輪の軌道を確認しながら運転します。そうすると、内輪差に注意してカーブを進むことができます。車の幅や長さから、なれない車種の運転には内輪差を把握して運転しましょう。

内輪差のコツは、自分が運転している車の後輪が描く軌道を確認することです。

内輪差を克服するための練習

初心者運転の場合は車の接触や脱輪を注意しましょう。距離感覚を練習で習得します。効果的な練習方法は、常に後輪を意識して運転するということです。内輪差のコツは、窓やミラーから確認するだけでなく、後輪がどのルートを通るのかをイメージしながら運転することです。

車の幅や長さから、車の運転に慣れていないと難しいですが、ある程度のイメージができるようになったら、練習をしてみると良いでしょう。コツは、曲がるイメージを認識して、実際に運転して練習することで体に感覚を覚えさせていきましょう。

ミラーで回りを確認するコツは?

ドアミラーで回りの確認をする方法は、走行中、道路の脇の停車、駐車に、車の位置確認にドアミラーを使います。コツは、走行中に両サイドのドアミラーから車線が見えるかを確認することです。左右のミラーで車線が確認できない場合は、車が片方に寄っています。両サイドのドアミラーで車線が見えると、車は道路の中央を走っていることになります。

確認を繰り返して行います。マイクロバスを運転しているときは、バックミラーや左のミラーで必ずまわりを確認してから、ゆっくりハンドル操作をしましょう。コツは、駐車の際にドアミラーの角度を少し下げて、駐車場の枠線を確認します。見やすくなるからです。

車の収まり具合など、線に対してまっすぐ止まっているかを確認できます。走行時には、ドアミラーの角度を必ずもとに戻します。

ルームミラーの調整

ルームミラーの調整を紹介します。ます、左手でルームミラーに後ろの窓の風景が、全体的に広くうつるように調整します。次に、右手で調整ます。シートから体が離れてしまわないように、気をつけましょう。ミラーの見え方は、運転中と同じように調整します。コツは、左右のミラーに、車体が1/4程度、空と地面の比率が半々程度の確認ができるほどです。

運転速度を一定にするコツは?

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

バスの運転には、乗車の方への配慮をして運転速度を一定に走行することに気を使います。普通自動車に比べると、ハンドル操作は横ゆれが心配されます。バスの運転速度には、スピードメーターを見て、運転速度を一定に走るように心がけ、急ブレーキや急発進に気をつけます。

バスの運転速度は、一般道は道路標識を確認して走行します。バスの速度に、確認が必要です。コツは、まわりの車の迷惑にならないように、まめに道路標識を確認して、法定速度を守り運転することです。

高速道路も法廷速度を守り、運転しましょう。また、車幅や車体の長さなどの大きさを自覚して、標識や道路状況をまめに確認することも大切です。

バスの運転のコツを身につける方法!

バスの運転のコツを身につける方法を紹介します。バスの乗り心地をよくするためのコツは、乗車される方へ、急発進、急加速、急減速、急停止、急ハンドル、ふらつきなどをできるだけ与えないことです。旅客自動車運転をするために必要な免許は、お客様を乗車して走行しますので、快適な乗り心地となるような運転を心がけなくてはなりません。

路線バスなどでは、吊革の立ち席や、シートに座る乗客もいます。お年寄りや吊革などの利用している乗客を確認して、運転をされています。シートに座っている乗客の乗り物酔いをしないような運転を心がけて、バスの運転をしています。

毎日の積み重ね

普段の運転には慣れている方も、初心に戻ってマイクロバスの運転をしましょう。コツは、いつも以上に車線変更、右折左折、細い道の通行など、しっかりとミラーで確認することです。車間距離、制限速度に十分に気を配り運転することが大切です。また、目的地までにかかる時間に余裕をもって走行しましょう。

常に考えながら運転する

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

コツは、道を曲がる時もハンドル操作を考えて、交差点や信号ではどんな危険な可能性があるのかを「常に考えながら運転すること」です。運転するときには、スムーズに確認して運転できるようになります。毎日の積み重ねで、運転は上手になっていきます。

運転には慣れも大切です。普通自動車の免許取得時は、左右の確認やバックでの駐車など、点検する箇所があります。練習して、いつの間にか自然に運転できるように身に付いています。常に考えながら運転するようにしましょう。

日常の業務から安全・安心は?

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

社内コンテストを実施して、日常の業務の中で、いつも安全・安心な運行を心がけて運転業務をされている会社もあります。採点が高くなるコツは、交差点、踏切、方向変換、鋭角走行などです。全コース100点で採点されています。基本的な運転技能のコースのプロならではの厳しい試験も実施されております。

減点対象に、交差点左折時、踏切のいったん停止などがあります。方向変換や鋭角走行にはタイム計測、切返し回数などもあります。

種類別でバスの運転のコツが異なる理由!

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

種類別でバスの運転のコツが異なる理由を紹介します。街中を走る路線バスは、通勤・通学などで使われますが、「乗合バス」と言われています。修学旅行などでは、「貸切(観光)バス」があります。

そのほかに、高速道路で運行している「高速バス」、観光地・路線・運行時間などが決められた「定期観光バス」、空港とターミナル駅間を運行する「空港アクセスバス」などもあります。

マイクロバスは?

マイクロバスは、リーズナブルな価格が魅力で、冠婚葬祭や視察研修・イベントの送迎、近距離観光旅行などのシーンでご利用いただけます。コツは、内輪差が乗用車よりも大きいことを常に意識することです。左折や右折のするときに後輪の軌道を想定して運転することです。注意しないと、事故の危険性が高まります。

マイクロバスを運転するときは、バックミラーや左右のミラーから状態を確認しましょう。そして、ゆっくりハンドル操作をしましょう。

バスの種類定員数
マイクロバス18~28人

中型は?

中型バスはゆったりシートが魅力です。小型バスやマイクロバスよりも大きなボディとトランクがあります。また、長時間での移動でも快適な空間を提供されています。サロン型の中型バスは、みんなで盛り上がりながら、ゆったりとした快適な空間が特徴です。

中型バスの大きさを十分に考えて運転しましょう。コツは、バックミラーや左のミラーで必ずまわりを確認して、ゆっくりハンドル操作することです。

補助席を含めると、定員は27~28とたくさんの人が乗車できます。カーブした時に前輪の軌道と後輪の軌道の間に生じる「内輪差」には注意が必要です。中型バスの内輪差は、乗用車よりも大きいということを理解しておきましょう。

バスの種類定員
中型バス27~28

大型は?

普通乗合車に分類され、法規上、大型乗用自動車は乗車定員11名以上の自動車を指し、乗車定員30名以上の大型乗用自動車を大型バスといいます。長距離移動や数日間の利用にも大型バスはおすすめで、大きなトランクに荷物も多く積むことができます。

大型車は運転席の下に前輪がついていますが、バスは運転席よりも後ろに前輪があります。サロン型大型バスなら、みんなで盛り上がりながら、ゆったりとした快適な空間を過ごせます。

バスの種類定員
大型バス35~60

2階建てバスは?

客席が1階と2階の双方にあるバスです。2階席からの眺めやバリアフリー対応の車内設備など充実しています。この車種が乗り合いバスとして運用されるのは日本初です。既存のバスとの入れ替え運行なので、必ずダブルデッカーのバスに乗れるというわけではありませんが、成田空港に行く際に利用してはいかがでしょうか。

コツは、多数の安全なハイテク機能を使い分けることです。「車間距離保持機能付クルーズコントロール」、「衝突被害軽減ブレーキ」、「車線逸脱警報」などを搭載しています。輸入車ならではの力強さも魅力に挙げる運転士も多いです。

観光バスは?

観光バスは「乗り心地重視」です。コツは、クラッチ・ブレーキのスムーズ操作と、先の信号を読んで、無駄な加減速は避けることです。また、カーブのハンドル操作は、乗客が車酔いしないように繊細なテクニックが必要となります。

路線バスは?

路線バスは観光バスや他の車と異なり「立ち乗り」があります。そのため、バスで立ち乗りをするときは、転倒事故防止のため必ず手すりや吊り革につかまります。コツは、時には「雑」な運転も織り交ぜて、業務することです。あまりに心地よい運転をしてしまうと、立っている乗客が油断して手放しになり、危険度が増すと言います。

バス運転の車両感覚!

バス運転のコツ・身につける方法・コツが異なる理由|内輪差

走行する路線を何度も走ることから、飛び出しの標識や電柱は、習慣により慣れが生じるといいます。また、バス会社の乗務員採用試験は、技能試験があり、運転技術・素質を見て採用しています。車両感覚をつかむことで、運転席より後ろにある前輪と後輪の位置をイメージすることができるでしょう。

確認するサイドミラーでは、前輪後輪が見えにくいから、また、タイヤの位置はハンドル操作からサイドミラーで見える景色の変化で判断するしかないからです。車両感覚をつかみ、日ごろの習慣にコツを身につけるために、ぜひ、紹介した方法で練習してください。

Related