Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー会社に就職を検討するときに知っておくべきこと8つ|面接のポイント

タクシー会社に就職を検討するときに知っておくべきこと8つ|面接のポイント
タクシー会社に就職するためのポイントを項目ごとに説明しています。現在の求人状況から転職する際に知っておきたい項目、面接を受ける際の注意事項など、タクシー運転手を希望する人たちに分かりやすく解説しているので、会社選びの参考にしてください。

初回公開日:2019年6月21日

更新日:2020年1月25日

記事に記載されている内容は2019年6月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー会社に就職するには

タクシー会社に就職したい理由を、具体的に考えてみましょう。

タクシー会社は世間的には、高齢者向けの誰でもなれる仕事というのが定説でしょう。しかし実際には、いろいろな法律があり、それらをしっかりと守る責任があります。

一度、なぜ自分がタクシー会社に就職したいのかを考えてみる必要があります。それをもとに志望動機を組み立てて面接に臨むことをおすすめします。

タクシー会社の就職求人状況

訪日外国人の増加などによりタクシー利用の需要は底堅いものがあります。しかし求人状況は新しい人が入社するのと同時に退職者も出るためタクシー会社はずっと人手不足の状態が続いています。


そこで各社は、入社時に未経験者に対して特別な配慮をするなど、新人の獲得に躍起になっています。その中から自身が重視する項目を選び、選別するのが良いでしょう。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと8つ

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと1:必要な免許

タクシー会社に勤務するには、二種免許が必要となります。

普通自動車二種免許とは、普通自動車で人を運搬し営業を行う業務で、主にタクシーやハイヤーで必要な免許です。

一般的に一種免許を取得し3年以上経過していないと二種免許を取得することはできません。つまり、満18歳から一種免許を取得することができますが、免許を取った3年後の満21歳以上からでないと取得できないと考えて良いでしょう。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと2:待遇

タクシー会社の待遇は、会社によって異なります。

各社とも新人獲得を目指しているためいろいろな特色があります。稼ぎやすい環境を整えたり、寮の充実で福利厚生を図ったり新人に対して営業補償があったりします。

自身がどこを重視するかによって選択する会社が異なってきます。稼ぎたいのならそれを重視し、プライベートを重視など目的別に合わせた会社を探すところから始めましょう。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと3:勤務時間

タクシー会社は、一般的にいろいろな勤務体系があります。

タクシー会社の勤務時間はいろいろで、会社の規模、募集している職種によって異なります。一般的なものから順に説明していきます。

主なものとして、1日中働いて翌日休みという隔日勤務が一般的でこれを月に12回行います。そのため通常の会社より休みは多いと言えるでしょう。他に朝に出庫し夕方に戻る日勤、夕方から夜に出庫し明け方に戻る夜勤があります。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと4:研修が充実しているか

未経験者にとって、タクシー会社が行う研修は重要です。

タクシー会社に就職するにあたり、最初に心配するのがどのような研修が行われているかということでしょう。これは各社によって違いがあります。

おすすめとしては、できるだけ大手の会社に就職することです。大手であれば研修が充実しており質の良い教官も多数在籍しています。何事もそうですが、最初が肝心なためここでしっかりと学ぶことをおすすめします。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと5:勤務地域

タクシー会社が所在する地域により、営業できるエリアが異なります。

例えば、東京23区内の会社であれば、23区と武蔵野市、三鷹市で横浜市であれば、横浜市、川崎市と横須賀市になります。これはエリア外で他県のタクシー会社が営業することを防ぐために設けられています。

万が一違反すると重大なペナルティーとなりますので、自身が就職する会社は、どの地域が営業エリアとなるかを再確認する必要があります。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと6:通勤事情

タクシー会社の通勤事情は、各社により異なります。

一般的にタクシー会社では、通勤交通費が支給されないケースが多いです。中には支給される会社もあるので、調査されることをおすすめします。

そのため、タクシー会社に就職する時はできるだけ自宅から近いエリアでマイカー通勤が可能かを事前に調べる必要があります。就職してから後悔しても遅いので、最初に調査することをおすすめします。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと7:事故補償

事故補償とは、事故を起こした際に会社側が行う補償のことです。

タクシー会社に就職し、事故を起こすと辛い経験をします。そんな時困らないために事前に自身が就職したい会社の事故補償について調べる必要があります。

事故補償といっても、タクシー対タクシー、タクシー対一般車、タクシー対歩行者、自身が怪我をした時のための休業補償などいろいろなケースが考えられます。調べて分からないときは面接時に質問しましょう。

タクシー会社に就職を検討する際に知っておくべきこと8:自分に合ったタクシー会社

タクシー会社に就職する時、どの条件を重視するかを決めておきましょう。

タクシー会社に就職する時、稼ぎを優先するか、ノルマなどがない働きやすさを優先するか、クラブ活動などの仕事外のプライベートを優先するかは人により異なることでしょう。

自身でタクシー会社に就職する時、何を重視するかを一度考えてみる必要があります。それにより選択する会社が変わってきますので、じっくりと自身に向き合うことをおすすめします。

タクシー会社へ就職しよう!面接のポイント5つ

タクシー会社の面接は、一般企業と大差ありません。

タクシー会社に就職を希望するとき、必ず面接試験を受けますがここでも注意してほしい点がいくつかあります。

当然ですが、一般企業の面接と大差ないため、タクシー会社だからと軽く見るのはやめた方が良いでしょう。特に言葉遣いや話し方などその人の雰囲気を面接官は重視しています。これから項目ごとに説明するので一緒に考えてみましょう。

面接のポイント1:面接時の服装

タクシー会社は接客業であり、接客業に向く人かどうかを重視しています。

タクシー会社の就職時に必ず面接を受けますが、ここでは服装について考えていきますので一緒に考えてみましょう。

タクシー会社と言っても一般的な企業と同じため、面接時はスーツが基本となることを忘れてはいけません。同じスーツでもダブルや派手なネクタイは避け、接客業に相応しいスーツやネクタイ、ワイシャツや革靴を選択し面接に臨みましょう。

面接のポイント2:履歴書記入のポイント

履歴書は、自身の人生経験を表す経歴書です。

履歴書に関して、タクシー会社の就職で特に気を付ける項目はありませんが、一般企業と同じなので、手書きのときは誤字脱字のない読みやすい文字を記入することを心掛けましょう。

最近は、パソコンで履歴書を作成する人も増えています。こちらは字の汚さなどがないため安心して使用できます。いずれの場合も志望動機や経歴などは正確に間違いのないよう記載することが肝心です。

面接のポイント3:運転経歴書とは?

運転経歴書とは、過去の交通違反、交通事故、行政処分を記録した証明書です。

タクシー会社に就職するとき、提出を求められるのが運転経歴書となります。これは過去の自身に関する事故や違反、行政処分の記録の証明書になります。

例えば、過去5年間の運転経歴書の提出を求められた場合この期間に事故や違反、行政処分がないかを会社は調査します。軽微な違反なら心配はありませんが、事故や行政処分がある人は注意してください。

面接のポイント4:社会人としてのマナーを守る

社会人としてのマナーは、一般企業と同じように重視されます。

面接時に遅刻をしない、きちんとした服装をするなどは一般企業の面接では常識ですが、タクシー会社の就職試験に関しても同じです。

一般常識のない人はまず合格することができません。言い換えればきちんとした社会人としてのマナーを心得ていれば心配はないということです。今一度自身で、マナーや常識があるかどうかをチェックしてみましょう。

面接のポイント5:接客業にふさわしい態度

タクシーの仕事は、運転の仕事であると同時に接客業であることを忘れてはいけません。

いくら運転が上手で道に詳しくても、人との会話や話し方が雑な人や、清潔な服装をしていなければタクシー運転手としては失格です。

時代が変わり、お客様もタクシー運転手に対して接客態度を厳しく求めるようになってきました。ここを重視しないと生き残れないため大手ほどこの接客や教育に力を入れています。

タクシー会社へ就職を検討するときのポイントを知ろう!

タクシー会社も、一般的な企業と同じような人を求める時代です。

いくら人手不足とはいえ、採用条件に適さない人を採用する企業はありません。

タクシー会社に就職したいと考えている方は、なぜそうしたいのかや、具体的にどのようなキャリアを目指すのかを通常の転職と同じように考える必要があります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related