Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

仮面就職でも正社員になったほうがいいの?正社員とフリーターの違い10

仮面就職でも正社員になったほうがいいの?正社員とフリーターの違い10
最近では、仮面就職を希望する人や仮面就職でも良いから素敵な人材を確保したいと感じている企業が増えています。お互いに働きやすい環境なら仮面就職でも真剣に働いて貰えることを企業側が理解しているからです。仮面就職から本業に変わる人もいます。

初回公開日:2019年6月21日

更新日:2019年6月21日

記事に記載されている内容は2019年6月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


仮面就職とは?

最近の若者たちの言葉の中に、仮面就職という言葉があります。

仮面就職とは、学生を卒業する頃に就職活動をし、就職したい第一希望の企業に落ちたときに、他の企業にとりあえず就職して、本来行きたかった第一希望の企業に受かるまでのあいだ働くことを、指しています。

一昔前までは、第一希望の企業に落ちるとニートになり、希望する企業に受かるまで頑張る人もいました。

仮面就職のメリット

仮面就職のメリットについて考えていきましょう。

一昔前までは、就職したい第一希望の企業に落ちた場合、自宅浪人して専門学校や大学に進んだりする人もいました。

中には、自分が希望する企業に採用されるまで働かない人もいましたが、働かずにいると親の負担が重くのしかかってきます。

その点、仮面就職なら一度は就職をするので毎月の安定した収入は入り自立の一歩はできます。

仮面就職のデメリット

仮面就職のデメリットについて考えていきましょう。仮面就職をする人が増えて来ている中で、デメリットもあります。

自分の希望する企業に受かるまでの働き先と考えているので、目の前にあるしなければならない仕事へ積極的になれないことです。

また、いつか辞めるからと真剣に向き合わない事は、周りの人に迷惑をかけてしまう結果に繋がります。

どんな状況の中でも、自分が今しなければならない事は真剣に取り組みましょう。

仮面就職でも正社員になったほうがいいの?正社員とフリーターの違い10

仮面就職をするか、フリーターとして過ごしていくか迷っている人も多くいるので、フリーターの良いところとマイナスの部分、正社員の良いところとマイナスの部分についてそ考えていきましょう。

自分では、知らなかったことを把握して正社員とフリーターを比べてみると自分自身にとって、どちらがプラスになるか実感できるようになってきます。

正社員とフリーターの違い1:生涯年収

そもそもフリーターとは、15歳〜34歳までの若者で、パートやアルバイトといった勤務形態で労働している人のことを言います。または、働く意志はあるが無職の人のことです。

仮面就職でも正社員なので、アルバイトの人よりは働く時間は長くなりますが収入が高くなるので安定した生活を送ることが可能になります。

最近は、生涯年収を検索すると自分の学歴から見た平均的な生涯年収が簡単に調べられます。

正社員とフリーターの違い2:福利厚生

そもそも福利厚とは、企業側から働いている従業員へ支給されるお給料とは別の報酬のことです。

福利厚生には、法定福利厚と呼ばれている法律で定められているものと、法定外福利厚生と呼ばれている社員の方が働きやすい環境を作るために企業側が独自に定めている二種類に分けられています。

どんなに仕事を真面目にやっても、フリーターでは福利厚生は受けられませんが仮面就職でも正社員なら福利厚生は貰えます。

正社員とフリーターの違い3:昇給

正社員の基本給とは、本人の年齢や能力を基準にして企業側で定められた給与のことです。昇給とは、この基本給の部分が上がる事をいいます。

昇給する基準は、企業によって差があります。勤続年数が長くなってきたときや個人の能力が成長してきたとき、企業側の業績が好調になったときが一般的です。

フリーターの場合は、基本給が上がる要素があっても昇給は難しいですが仮面就職でも正社員なら昇給する可能性があります。

正社員とフリーターの違い4:ボーナス

ボーナスとは、夏や冬に支給される一時金のことです。表示では、賞与、報奨金や年末手当、または冬季手当と記載されることがあります。

賞与は、業務成績や勤続年数によって支給金額が決まる事が多いです。賞与は一般的に夏と冬の2回で支給する企業が多いですが、法律で支給しなければダメとは義務付けられていません。

金額も支給される回数も企業側の自由です。フリーターでは、支給されることはありません。

正社員とフリーターの違い5:休暇

法定休日といって、労働者には週に1日の休日を与えなければならないと義務付けられています。これと別に、お給料の支給が発生しながら休みを取りたい時に休める制度を有給休暇と呼びます。

正社員やアルバイト、派遣などの雇用形態に関係なく、企業に定められた期間勤務している労働者なら勤務日数や勤務時間に応じて、有給休暇を取ることが可能になります。

正社員とフリーターの違い6:将来の安定や失業時

将来の安定に付いて考えていきましょう。

基本的に正社員の場合は、一方的に企業から解雇されることが無いように法律で定められています。

それに比べてフリーターの場合は、契約期間の満了を迎えたときに解雇されることもあります。継続して働きたいと伝えても企業側にダメと判断されてしまった時はヤダと文句を言っても無駄です。

就職した頃と数年後では、自分自身の環境や気持ちの変化が起こることがあるのは当然のことです。

正社員とフリーターの違い7:結婚や育児

正社員とフリーターでは、結婚や育児に関してハッキリとした違いがあります。

仮面就職でも正社員の場合は、結婚や出産などを迎えるときに企業によっては、育児休暇や産休などの福利厚生が受けられます。

フリーターの場合は、長く企業に勤めていても育児に関する制度の適用は難しく家族にとって厳しい条件になってしまう結果に繋がることが多いです。

正社員とフリーターの違い8:老後

仮面就職でも正社員とフリーターでは、老後の生活にもハッキリとした違いがあります。

基本的な収入に差があることや、国民年金なのか厚生年金なのかによって自分自身や家族が老後に貰える保険料の金額に大きく差が出てしまうことがあります。この金額の差は、本人の意思で後から変えられることでは無いので少しでも若いうちから真剣に考えておきましょう。

フリータでも老後の生活が苦しくならない計画が立てれるなら問題ないです。

正社員とフリーターの違い9:ローンやクレジットカード

仮面就職でも正社員とフリーターの人では、ローンやクレジットカードの申し込みのときにハッキリとした違いがあります。


将来、家や車などの金額の大きい買い物をしたいと考えた場合、正社員だとローンやクレジットカードの申し込みが簡単に済ませられますが、フリーターだと社会的信用が低いので銀行からお金を借りる事ができない。

または、街金以外のローン会社で高額の借り入れ審査がおりないのが一般的です。

正社員とフリーターの違い10:仕事のやりがい

仮面就職でも正社員とフリーターでは、実際に仕事に対する意識に差が生まれます。

正社員の人に任せられる仕事とフリーターの人に任せられる仕事内容では当然の事ですが、責任の重さに違いが出てきます。

売り上げの大きい商談や企業の責任がかかる商談などは、フリーターの人に任されるはずがなく、正社員の人は責任感とプレッシャーの中で仕事をし、成功させ達成感を味わえて自分のスキルがステップアップして行きます。

仮面就職をすすめるkmタクシーの概要5つ

最近は、仮面就職でも喜んで受け入れると広告を出している企業が増えています。

その中でも仮面就職を勧めている企業はkmタクシーです。

kmタクシーとは東京都23区、武蔵野市、三鷹市、関西エリアを中心に国際自動車でハイヤーやタクシー、バスなどの運営を行っているkmグループの総称です。

観光タクシーやマタニティータクシー、成田空港や羽田空港から都内を定額利用など利用する方にとって嬉しいサービスが揃っています。

仮面就職をすすめるkmタクシーの概要1:事業内容

kmタクシーで行っている事業内容について詳しく説明していきます。

kmタクシーと聞いて皆さんの印象に残っているのは、ハイヤー事業やタクシー事業が一般的でしょう。

その他にもシャトルバスをつかた事業、貸切バスを使った事業、、路線バスを使った事業、駐車場事業にも力を入れています。

使う車の不備がないように整備事業や保険事業、自動車管理請負事業に自動車機器リース事業
にオートリースまで幅広く手掛けています。

仮面就職をすすめるkmタクシーの概要2:歴史

kmタクシーの歴史について、説明していきます。

1920年(大正9年3年)3月に、当時の東京都麹町区内幸町にハイヤー事業の会社として国際自動車株式会社を創立しました。

創立当初は、資本金50万円で保有する車両は11台からのスタートでした。昭和に入り赤坂自動車株式会社・東港自動車株式会社・青山自動車株式会社・国際自動車株式会社4社が合併した事で許可車両300台で東亜自動車株式会社を創立しました。

仮面就職をすすめるkmタクシーの概要3:給与や福利厚生

kmタクシーが、仮面就職におすすめな理由の一つは、給与のことと福利厚生が充実していることです。

だいたいの企業では、入社してから企業が定めた見習い期間を無事に乗り切ってから面接の時に契約した給与が支払われるようになる事が一般的です。ですが、kmタクシー では入社した月から頑張った分だけ稼ぐことが可能です。

そのうえ福利厚生も手厚いので、初めて社会で働いたという人でも自分なりに満足を実感できます。

仮面就職をすすめるkmタクシーの概要4:ボーナス

kmタクシーが、仮面就職におすすめな理由の一つは、ボーナスがあることです。

kmタクシーでは、入社した年から自分の売り上げの約10%が賞与に反映されるシステムになっています。ドライバーの人の頑張りが給与や賞与に数字として表れるので、どんどんヤル気が持てるようになって来ます。

他の企業の給与や賞与の基準よりもkmタクシーの方が、年齢や勤続年数に関わらず頑張った分だけ貰えるので結果的に年収も高くなります。

仮面就職をすすめるkmタクシーの概要5:研修

kmタクシーが、仮面就職におすすめな理由の一つは、しっかりとした研修制度があることです。

kmタクシーでは、ドライバー未経験の方のために地理試験から始まり接客の仕事の基本となる考え方「ホスピタリティ」に付いて、熟年の講師が教えてくれます。自分自身の態度だけじゃなく周りの人が、どう感じるかを考えれるように変わって来ます。

その他にも、ドライバーとして大切な「売り上げの稼ぎ方」に付いても教えてくれます。

仮面就職という選択肢も考えてみよう

働きたい企業が決まっているけど力不足で採用されていない、または未来について明確な目標が決められずにいて時間を上手に使えていないと感じている人は意外と多いです。

自分探しをする間、仮面就職をしてみる事で「自分の知らない世界を見て感じる」ことができます。

接客の仕事は簡単ではないですが、やりがいのある仕事だと実感でき、毎日が充実してくると自分自身の次のステップアップが楽しみに思えるように変わって来ます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related