Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

評判良い運送会社を見分けるポイント7つ|ポイントを知って転職に活かそう

評判良い運送会社を見分けるポイント7つ|ポイントを知って転職に活かそう
評判の良い運送会社は労働環境が整っており、待遇も良いです。評判の良い運送会社で仕事をすることができれば、給料面で満足ができ、これからの仕事に展望が持てます。評判の良い運送会社かどうかを見抜いて、その会社で働けるように努力することが大切になります。

初回公開日:2019年5月17日

更新日:2019年5月17日

記事に記載されている内容は2019年5月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


評判の良い運送会社とは

評判の良い運送会社とはドライバーが働きやすく、顧客の満足度が高い会社です。評判の良い運送会社は利用者とドライバーのことを考えて経営をしているので、安定した収益を上げることができています。

運送会社を経営する人で評判を良くしたい場合には、ドライバーの労働環境を改善して、利用する人に寄り添った経営をするようにします。

評判の良い運送会社の割合

評判の良い運送会社の具体的な比率を出すことは難しいですが、どの会社もトラック運転手の働く環境が良いとは言えないことが多いです。その理由に顧客を意識した過剰なサービス合戦や、通販の利用者が増えたためにドライバーの仕事が増えていることが挙げられます。

運送会社を経営する人は、後継者を育てられる環境を作るとともに10年後20年後を見据えた経営をするようにしましょう。

運送会社の実態

運送会社のドライバーは長時間労働や低賃金で働いており、劣悪な労働環境で仕事をしている実態があります。運送会社自体の仕事が増えても、十分な収益を得ることができないのでドライバーに満足した賃金を支払うことができません。

運送会社で仕事をする人は、より良い条件で雇用してもらうためにも多くの免許を取り、今までの経験が活かせる職場を探すようにします。

評判の良い運送会社を見分けるポイント7つ

評判の良い運送会社を見分けるには会社自体の良い特徴をつかむようにします。そのポイントは7つほどあり、会社の規模を探ることで評判の良い運送会社かを見抜くことができます。

評判の良い運送会社で仕事をしたい人は、面接の際にドライバーを観察したり、業務車両を見るようにします。

評判の良い運送会社を見分けるポイント1:最新型の車両があるか

評判の良い運送会社を見分けるには、最新の車両が置いてあるかが重要になってきます。最新の車両を導入することができれば、それだけ企業として成功していることになるからです。

また、最新の車両を使っている運送会社ならば社員の安全も考えていることになります。自分が入社を考えている会社に最新の車両が配備されているのかを、ホームページや面接の際に調べるようにします。

評判の良い運送会社を見分けるポイント2:安全装置は付いているか

評判の良い運送会社は車両に安全装置を取り付けています。収益を上げることができていれば、ドライバーのことを考えた経営ができているので働きやすい運送会社と言えるからです。

自分が受ける運送会社の面接のときに、ドライブレコーダーを設置しているのか、作業の際の安全を考えた装置があるかを質問するようにします。また、怪我をした場合の対処法なども聞いておきます。

評判の良い運送会社を見分けるポイント3:環境装置は付いているか

評判の良い運送会社は環境を考えた装置をつけています。ドライバーの体調を考えて、職場やトラックにエアコンを装備をつけているのか、また地球環境を考えた車両を使っているのかは仕事をする上で大切になります。

評判の良い運送会社で仕事をしたい人は、面接の室内に観葉植物が置いているのか、また環境を考えた経営をしているのかを質問します。

評判の良い運送会社を見分けるポイント4:保有車両台数はどのくらいか

評判の良い運送会社を見抜くには保有車両台数をチェックします。保有している車両が多ければそれだけ安定した収益を上げることができているからです。また、ドライバーの安全を考慮した車両なのかも大切なポイントです。

自分が受ける運送会社の面接の際に、会社に停めてある車両をチェックするとともに面接官に保有している台数を聞くようにしましょう。

評判の良い運送会社を見分けるポイント5:ドライバー数はどのくらいか

評判の良い運送会社を見抜くにはドライバーの人数を把握することが大切です。ドライバーの人数が多ければ従業員が働きやすい職場となり、運送会社として利益を上げることができているからです。

自分が運送会社に訪問した際にドライバーの人数を観察したり、面接官に運転手の人数を聞くようにします。ドライバーの人数が多ければ、一人当たりの作業数も減るので運転手の数は重要になります。

評判の良い運送会社を見分けるポイント6:離職率はどのくらいか

評判の良い運送会社は離職率が低いです。離職率が高ければそれだけ仕事がしにくくなり、給料が良くても作業自体が厳しいことがあるからです。それだけでなく、作業に見合った賃金の支払いがあるのかを見るようにします。

受ける予定の運送会社の評判は、自分でSNSなどで調べるようにします。また、それだけではなくドライバー同士の情報も活用しましょう。

評判の良い運送会社を見分けるポイント7:何次請けか

評判の良い運送会社を見抜くポイントに何次請けで仕事をしているのかが重要になります。運送会社の2次請けや3次請けの場合、元の会社の請け負いをすることになり、規模が小さい会社が多く従業員に十分な給料を支払えないからです。

運送会社での仕事を考えている人は、1次での仕事を探すようにします。もし、2次請けや3次請けで作業をする場合は、どこまで仕事に踏み込むか本部へ確認します。

評判の悪い運送会社に入った場合の対処法3つ

評判の悪い運送会社に入社した場合、自分自身でできる対処法を取るようにします。自分で対処法を見つけて行動を起こさなければ、労働環境を改善することは難しくなるからです。

自分が働いている運送会社で不当な扱いを受けたら、労働基準監督署やユニオンへ報告するようにします。また、運送会社に組合があれば組合員へ相談しましょう。

評判の悪い運送会社に入った場合の対処法1:待遇改善を申し出る

評判の悪い運送会社に入社したら、会社に待遇改善を申し出てみましょう。待遇改善を申し出ることで、運送会社の上司が待遇を見直すからです。ドライバーとして十分な待遇がなされない場合は転職も視野に入れるようにします。

自分で会社側に具体的な待遇改善を提案して、ドライバーにできることを上司にアピールするようにします。

評判の悪い運送会社に入った場合の対処法2:別の会社に転職する

評判の悪い運送会社に入社した場合、別の会社に転職することも考えましょう。劣悪な労働環境で仕事をさせられている場合、ドライバーが発言する機会がなく、従業員の力では解決できないことが多くなります。

評判の悪い運送会社で仕事をしている人は、持っていない免許を取得して、待遇の良い運送会社に転職をします。

評判の悪い運送会社に入った場合の対処法3:労働基準監督署に相談する

評判の悪い運送会社に入社した場合、労働基準監督署に報告しましょう。労働環境の問題は専門家でなくては分からないことがあるので、労働基準監督署の職員の知識を借りることが大切になるからです。

評判の悪い運送会社に入社した人は、一日の労働時間や勤務内容を証明できる書類を用意して、労働基準監督署に相談をします。

評判の良い運送会社に転職しよう

運送会社での仕事を考えている人は評判の良い会社を選ぶようにしましょう。評判の良い運送会社に入社することで、給料面だけでなく将来の見通しが立てやすくなるからです。

運送会社の仕事を考えている人は、今までのドライバーの経験を活かせる会社を選択することも重要なポイントです。そのためには持っていない免許も取得しておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related