Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

転職の内定保留を伝えるメール・期間・取り消し|エージェント

転職の内定保留を伝えるメール・期間・取り消し|エージェント
転職をする際の内定保留をすること自体が難しいです。中には内定が取り消しになることもあるので、他の企業を受けていて内定保留をする際は、保留をしている企業が本命でなくても失礼のないような対応が必要になるでしょう。出来るだけ電話で誠意を伝えることが必要です。

初回公開日:2018年9月11日

更新日:2018年9月11日

記事に記載されている内容は2018年9月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


転職の内定保留を伝える良い方法って何?

転職先を探している場合は、たくさんの企業の面接を受けていることもあり、内定を保留してもらうこともあるでしょう。もしそうなったらなるべく企業側に迷惑の掛からない形で内定の保留をしてもらう必要があります。

面接を受けた人が内定の保留をしてもらう場合は、保留してもらいたい期間と理由をしっかり相手に述べてから保留をしてもらう方法をとります。また会社の仕事の都合上で取り消しになってもいいように準備をしておく必要があるでしょう。

メールで伝える場合

転職先への内定保留はなるべく、電話か口頭で伝えるようにします。もし、本人がメールで伝える場合は、「先日は面接を受けさせていただきありがとうございました。(自分の都合を述べて)の理由があり、(期限を設けて)までに内定を保留していただきたいのです。大変ご迷惑おかけして申し訳ございませんがよろしくお願い致します。」と書きます。

他の企業の面接を待っていて、面接に受かった場合は保留してもらっている企業に行くつもりがなくても、誠意を持ってメールでのやりとりをするようにしましょう。

電話で伝える場合

転職先への内定を保留してもらう場合はメールでなく、電話での連絡を心がけましょう。自分が保留をする理由や期限をこちらから伝えることはもちろん、内定をいただいた会社と面接をして「いついつまでに人手が欲しい」と聞いた場合はそれらの点を考慮して電話をします。

電話で内定の保留を伝える場合は、採用担当者か総務課へ問い合わせましょう。なるべく午前中に電話するようにして、折り返し電話をかけると言われたら、待つ準備をしておきます。

転職の内定保留をエージェントに伝える方法って何?

この場合のエージェントとは面接官や採用担当者のことを想定して考えます。エージェントへ内定保留の意思を伝える際はメール、電話、会社へ赴き口頭で伝えるなどの方法があります。

長い転職活動にならないためにも、自分が納得するためにも内定保留をしないような就活をしましょう。そのためには焦って仕事を探そうとしないことも大切でしょう。エージェントへ内定保留を伝える際は理由と期限を決めておいてから伝え、なるべく向こうの都合に合わせるようにします。

転職内定保留ができる期間って決まってるの?

秒単位で動いている企業もあるので、内定保留する期間は転職先への企業へ問い合わせましょう。多くの人を同時に採用して研修に入る場合もあるので、保留ができたとしても1週間ほどになります。もしそれ以上の保留をしたい場合は、取り消しを覚悟で内定の保留をする必要があります。

転職をする際に、内定を保留することはすでに間違っていると考える企業も多いので、その点を理解しつつ保留をするかどうかを考えないといけません。

1カ月の猶予をもらえる場合

転職先から1カ月の内定保留の期間をいただいたとしても、早めに自分の意思を伝えるようにしましょう。1カ月の内定保留ができる企業はなかなかないので、この先もお世話になるつもりがあまりないのであれば、保留しないで働くつもりがないことを伝えることが大切です。

職種でも転職先の内定保留ができる期間が決まってくるので、自分の都合ばかり考えずに相手企業やその職場で働いている人のことを考えて内定の保留はしましょう。

転職の内定保留から取り消しになる場合とは?

転職先へ内定を保留する場合はこまめに連絡を取るようにしましょう。お互いの気持ちが伝わりやすい、電話などで頻繁に連絡を取りましょう。もし他に受けている会社があって待ってもらいたくても、お世話になるつもりでいなければ取り消しになります。

自分が連絡を取らなかったり、企業側が業務の都合で新しい人を雇い入れたりすれば、そのまま内定が取り消しになることはあるでしょう。あくまで保留をさせてもらっている立場ということは忘れないようにします。取り消しされて、文句を言うことは間違いでしょう。

企業は個人の都合に合わせてくれない

転職先への内定保留は常識のある人であれば本来はおこなわない行為です。企業は組織で動いているということを理解して就活を進めていかないと、せっかく内定をいただいたにもかかわらず保留していては良い結果に結びつきません。

自分自身が起業で働くことの意味を理解していなければ、大きな仕事を成し遂げられないだけでなく、希望の仕事も見つかりにくくなるでしょう。そうならないためには意識改革をしていかないといけません。

内定保留後に承諾メールを送る場合のメール内容とは

他の企業の面接がうまくいかなくて、保留している企業への就職を決めたら早めに連絡を入れましょう。

自分が内定保留してもらっている転職先へのメール内容としては、名前と要件を簡潔にメールに記載して「貴社での内定の保留をさせていただいている○○です。この度、御社でお仕事をさせていただきたく内定の保留を解除して、可能であればそちらでお世話になって頑張っていきたい所存です。よろしくお願いします。」とメールを送ります。

メールではなく、なるべく電話で内定保留の解除と働きたい意思を伝えたほうが、転職先に与えるイメージや印象はよくなるでしょう。

できるだけ電話で伝えよう

面接官や総務、採用担当者へ電話をして伝えます。担当者へ敬語を使いながら、自分の言葉で意思を伝えるようにしましょう。ぎこちない会話になっても熱意や誠意を持って会話すれば気持ちは伝わるので、なるべくメールより電話で意思を伝えるようにします。

なるべく電話や口頭で意思を伝えるようにして誠意を示さなければ、内定保留の解除をした転職先が雇ってくれたとしても、その後も続けて良い仕事はできないでしょう。

転職の内定保留をする主な理由って何?

転職先を探す就活で内定を保留することはあまりしないことです。転職先の会社の人は人手が早く欲しいと考えており、早く仕事をしてほしいと感じている会社が多いので、内定の保留にあまり良い印象を持ちません。

転職先を探している人が内定を保留する理由は、違う会社への就職も考えていたり、もっと良い会社を探していたりすることが多いでしょう。内定をたくさんもらっている人の多くは有能なので、転職でもより年収が良い会社、もしくは待遇が良い働きやすい会社を探しています。

他の企業を受けている場合

他の企業の面接を受けていて、すべての面接が終わってから内定をもらっている会社のうち自分のやりたい仕事は何かと考える人もいます。また、他の企業の内定をもらいながら、同じく内定を保留していたり、他社での面接の結果を待っていたりすることが多いです。

希望する勤務時間や家族環境に合わせて採用先を決めることもあるので、転職先の内定を保留しているからといって、いい加減な気持ちの人ばかりではないでしょう。

転職の内定を保留しないような就活をしよう

新卒の人が内定を保留することは誰にでもあります。新卒者は1年なり1年半の時間をかけて就活しているので、内定の保留をすることを企業も承知しているでしょう。

転職の場合は企業も人手が欲しくてやむを得ず内定保留を認めていることもあるので、転職先に迷惑のかからない就活をしていく必要があります。転職活動をする場合は相手企業のことを考えながら、内定保留しないで済むような就活をすることが本人のためにもなるでしょう。

上手に就活を進めることの意味とは

自分が転職活動に長い期間を費やさないためにも、どのような業種で仕事をしたいのか、またそれらの仕事をするために身につけておく知識や資格は何なのかということを理解しておく必要があります。

そもそも転職しなければいけない状況を作らなければ、いくつもの内定を保留することはないので、新卒から長く勤められる会社を探しましょう。そのためにはアルバイトやボランティアなどの活動経験を積むことが必要です。

内定保留をするならば違う会社を探そう!

転職先の内定を保留できる人はそうそういません。それほど転職先を見つけるのが難しいからです。内定をいただいておきながら保留しようという気持ちを持っていては、たとえ他の会社の面接を受けてもうまくいかないことが多くなるでしょう。

内定をもらっても保留を考えているようであればその会社で働くのはあきらめ、自分に正直になって本当に続けられるような仕事と会社を選びましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related