Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

社員寮に多い間取り・家賃・辛いのか・規則例・出たいと思う理由

社員寮に多い間取り・家賃・辛いのか・規則例・出たいと思う理由
この記事では「社員寮」の間取りや家賃、「社員寮」で守らなくていけない規則、入寮するにあたって必要なもの、その他にも社員寮を出たいと思う理由のあれこれ、社員寮を利用するメリットデメリット、社員寮は辛いのかなどについて、これからの寮生活の参考になることを紹介します

初回公開日:2018年9月13日

更新日:2018年9月13日

記事に記載されている内容は2018年9月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


社員寮に多い間取り

一口に「社員寮」と言っても、その形態は多岐にわたります。そのイメージには、良いものもあれば悪いものもあるでしょう。

では、実際にどのような間取りでどんな特徴があるのか、どのような間取りが一般的なのか、順に紹介していきましょう。

独身者の間取り

主に単身や独身の人は、1Kか1Rの間取りになることが多いです。

そして、単身者同士の共同生活というケースも考えられるので、その場合は2人部屋で2Kか2DKの間取りが多く、部屋の広さは約6畳の部屋が多いです。

また、1人部屋にはバストイレが付き、2人以上の部屋はバストイレがなく、共同利用の場所があると考えたほうが良いでしょう。

家族世帯の間取り

基本、家族世帯の場合はバストイレ一緒のワンルームが多いでしょう。家族世帯が社員寮を利用する場合、その人数に応じて比較的広い部屋を準備してくれる所もあります。広い部屋の場合の間取りですが、2LDKもしくは2DKとなっていて家族3人や4人で住むにはちょうど良い広さと言えます。

特徴別社員寮の家賃

社員寮は、基本的に安価で入寮できることが最大の魅力です。

例えば、普通に部屋を借りる場合、家賃が高い上に、敷金や礼金などを払わなくていけない所がほとんどですが、それに比べると、多くの社員寮の家賃は、会社が半額程度を負担し、敷金や礼金もなしと言うのが最大の特徴とも言えます。中には、無料で利用できるところもあります。

こちらでは、そんな社員寮の家賃の特徴を紹介していきましょう。

食事つき

社員寮は食事つきの所が多いということも、嬉しい特徴のひとつです。

毎日の外食では、経済的な負担も大きくなってしまいます。しかし、食事つきの社員寮であれば、朝食と夕食をとることができます。金額的にも、1食約100円から400円位で食べられて、さらに栄養管理もしっかりしているので、とても有益と言えるでしょう。主に独身、単身の社員寮には食事つきの施設が多いです。

家族

家族の社員寮の場合、家賃の相場は約2万円~5万円前後といった所が多いでしょう。普通に自分たちで部屋を借りて、 家族で住むための2DKや2LDKの所を探した場合、駅の近くであれば、約8万円~10万円位になってしまいます。

その点、家族の社員寮は激安で入寮できるのが魅力です。ただし、普通に自分たちで借りた部屋の家賃が8万円だったとしても、約4万円~5万円は負担してくれる会社が多いでしょう。

単身や独身の人の場合

単身や独身の人の場合は、間取り的に大部屋から個室とまであります。 例えば、社員寮でワンルームに入寮した場合、その寮が古い場合であれば無料~新しい、もしくは新築で5万円くらいになるでしょう。

共同の部屋の場合は、主に3LDKの部屋を区切りながら利用する大部屋になります。民間のマンションやアパートの借り上げ物件が多いので、たとえば家賃6万円の部屋に3人で入寮すると、一人につき2万円の家賃が発生します。各会社により家賃は違うので入寮する前に確認が必要でしょう。

社員寮は辛いのか

ところで皆さんは、「社員寮」と聞いてどのようなイメージを抱くでしょうか。人によって感じ方はさまざまですが、中には“共同生活や人間関係が辛い”と言う人までいます。

ここでは、「果たして社員寮は辛いのか」ということと、辛いと感じてしまう主な原因を考えてみましょう。

プライバシーはあるのか

社員寮が辛いと感じてしまうのは、プライバシーが確保しにくいということではないでしょうか。

例えば、隣人の物音や話し声が気になってしまうと、自分の話し声も聞こえてるのではないかと不安になってしまうこともあります。また、社員寮によっては2人部屋、3人部屋もあり、そのほとんどが共同で利用しなくてはいけない物ばかりです。

しかし、同じ部屋で生活を送る中で、自分の行動などに口を出されてしまうと、プライバシーが守られてないと感じてしまい、辛いと思う人も多いでしょう。

駐車場はあるか

駐車場ですが、これは社員寮の敷地内に駐車場がある場合は無料で利用することができます。 社員寮に駐車場がない場合は、近くのコインパーキングや月極の駐車場を借りなくてはいけないケースもあり、その費用は3000円~5000円程度になります。

一般的に、駐車場代は自分で全額払うことが多いのですが、会社によっては領収書を提示すれば、駐車料金が会社負担になるところもあるので、借りる前に会社と提携している駐車場かどうか確認をしてみましょう。

社員寮の周りは便利が良いのか

社員寮の周辺の環境も気になるところです。これは、独身寮か家族用の社員寮によって違って来ます。家族の社員寮であればスーパーが近くにありますが、駅は離れてる傾向にあり、独身寮であれば駅は比較的近く、その代わりにスーパーが離れているということがあります。 周辺の環境が悪ければ、辛いと感じる傾向が多いことでしょう。

男性寮と女性寮は

社員寮の中には、男性寮はあっても女性寮がなかったり、フロアごとに男女が別というところがあります。フロアごとに別と言うのは、例えば、1階が男性フロアで女性の出入り禁止、2階が女性フロアで男性の出入りが禁止という所です。

数多くある社員寮ですので、その企業の持つ寮によって、男性寮と女性寮の作られ方も条件も違うので、入寮する際は確認を怠らないようにしましょう。

社員寮の規則例

当然ながら、企業の社員寮には規則というものがあります。社員寮の規則は、各寮に書いてあったり説明を受けたりしますが、なお自分でも詳しく知っておいたほうがよいでしょう。

皆さんは社員寮の規則について、どのようなものをご存知でしょうか。ここでは、社員寮の規則をご紹介していきます。

友達泊める

社員寮の生活に慣れてくると、友達を泊めたくなる気持ちが出て来ます。しかしながら、寮というのはその会社の人が生活する共同の場所であり、場合によっては友達を泊めることで迷惑を掛けてしまうこともあります。

一般的には、「恋人、友達、家族で合っても出入りを禁止する」という規則が多いです。

友達を何らかの理由で泊めることは禁止です。もし規則を破った場合は、会社から何らかの処分があることもあります。もちろん社員寮によって規則も変わるので、さらに確認をしたほうが良いでしょう。

入寮時期

社員寮の場合、入寮しなくてはいけない時期があるので気を付けましょう。

・入寮を許可された際には、2週間以内に入寮しなければいけない
・所定の期間を過ぎた場合入寮を取り消すものとする

など、それぞれの社員寮に入寮の規則があるので、それに従った行動をするようにしましょう。

退寮手続き

たとえば仕事を辞める場合は、寮を出なければなりません。 そして、退寮手続きが必要になって来ます。これもしっかり手続きをしないと会社や同じ寮の人に迷惑を掛けてしまうことになってしまうことがあるので注意が必要です。次に、退寮手続きの規則例を挙げます。

「・寮生は退寮するときは社員寮退寮届を退寮日の10日前までに提出しなければいけない」

もちろん、実際に退寮する際は会社に確認をする必要があります。規則は破らないように気をつけましょう。

規則を破った場合は

社員寮にはたくさんの規則がありますが、もしも規則を破ってしまった場合は、「寮を出なくてはいけない、会社を辞めなくてはいけない」というものがあります。 各寮によって違うので、入寮する際にしっかりと確認をするようにしましょう。

社員寮に入寮するときの注意点

社員寮には、入寮者がみんな利用できる大浴場や大食堂、コミュニケーションができる広場などがあり、そのすべては共同で使います。自分が持ち込んだ物でない限りは社員寮の備品なので、万が一破損した場合、自己責任で全額弁償の可能性もあります。取り扱いにはくれぐれも注意しましょう。

社員寮に必要な家具

いざ生活を始めるとなると、どのような家具を揃えたらよいか迷うところですが、社員寮には家具が付いてる場合もあります。

それでも、自分の家具を利用したいと考える人も多いことでしょう。ここではなるべく準備をしておきたい家具などを紹介します。

なるべく準備したほうが良い家具は

社員寮に入寮する場合の準備品ですが、ほとんどの社員寮では家具など必要な物は準備されている場合が多いです。 しかし、寮の備品の中にはレンタル品も含まれているので、誰かが利用した布団や枕が気になる人は必ず自分で揃えるようにしましょう。

社員寮を出たいと思う理由

皆さんは、どんなときに社員寮を出たいと感じるのでしょうか。

今現在、社員寮を利用している人も、過去に利用していた人も、さまざまな理由で「寮を出たい」と思ったことがあるでしょう。ここでは、「社員寮を出たい」と思う理由を考えてみます。

ストレス

社員寮というのは、実はストレスを多く感じる所でもあります。例えば、隣の生活音が気になったり、自分も静かにしなくてはいけないと考えたりもします。

また、社員寮なので必ず会社の人と会ってしまったり、距離が近すぎて人間関係が上手くいかなかったりなどの不具合が多少は出てくるでしょう。これらのことが精神的な負担になってしまい、社員寮を出たいと感じてしまう人は多いです。

汚いから

社員寮には年季の入ったものもあるので、綺麗な寮だけではなく、古くて少し汚れていたり、壊れていたりする場所があると考えたほうが良いです。入寮するときに綺麗な寮をイメージしてしまうと、実際の内装や外観を見た時に“イメージと違う”と感じてしまい、社員寮を出たいと思う理由になってしまうこともあります。

門限が厳しいから

社員寮には門限が厳しい所が数多くあります。もちろん、寮によって門限の時間は違いますが、管理人がいる寮では、門限に遅れた時に玄関や門の鍵を閉められてしまったりすることもあります。夜遅い時間に帰宅する人にとっては、門限の時間が厳しく感じられてしまい、社員寮を出たいと思う理由になってしまいます。

狭いから

一般的に、社員寮には家族、単身、独身寮があります。単身や独身の寮でも、その広さは四畳半くらいで、バストイレが一緒、キッチンは二畳という所もあります。自分が考えていた以上に狭いと感じてしまうこともあるでしょう。家族寮の方も、子供のことを考えると狭いと感じてしまい、社員寮を出たいと思う理由につながります。

会社での上下関係の問題

会社での上下関係は大切ですが、社員寮にも上司や同僚が多く入寮している場合があります。当然ですが、社員寮で上司とすれ違った場合あいさつは必須ですし、必要に応じて会話をしなくてはいけないことも少なくありません。会社でも寮でも一緒だと息が詰まってしまって、社員寮を出たいと思う理由になってしまうでしょう。

部屋が好きじゃないから

皆さんは自分の部屋が好きじゃないと感じたことはあるでしょうか。もちろん、自分の部屋が好きな人ばかりではなく、嫌いな人もいることでしょう。

社員寮というものは、自分で部屋を選んだりできず、部屋の中も勝手に配置を変えずに、そのままの状態で利用しなくてはいけないという決まりが多いです。それを不自由だと感じてしまうと社員寮を出たいと思うこともあるでしょう。

共同だから

社員寮には共同で利用する場所が多くあります。 特に独身や単身寮のお風呂、トイレ、キッチン、洗濯機と言った所は共同で利用することが多いでしょう。仕事が終わってからの共同の場所の利用では、頻繁に誰かに会ってしまうといった煩わしさがあると社員寮を出たいと思う理由にもなります。

社員寮を出たいと感じる原因は

こうして見ていくと、社員寮を出たいと感じる主な原因は、共同生活や人間関係が上手く行かないことだということが分かります。 現代は、人と会話しなくても生活できる環境ができ上がっているため、コミュニケーションが苦手という人も多くなっているので、入寮してもすぐに出たいと感じてしまう人が多くなっています。

社員寮のメリット

社員寮にはたくさんのメリットがあります。これから社員寮に入寮する場合には、安心して寮生活が送れるよう 、参考にしてみてください。

主なメリットは以下のとおりです。

・寮の家賃が無料、もしくは半額
・光熱費を全額負担か半分負担してくれる
・駐車場が無料で利用できる
・会社から寮が近い

その他にも、女性に嬉しい防犯がしっかりしていることや、入寮の際のサポートが万全などということも挙げられますが、やはり社員寮によって異なる部分があるので、詳しくは会社や社員寮の管理者に直接尋ねてみることをお勧めします。

社員寮での生活は自分を成長させてくれるでしょう

独身・単身用、家族用と多少の違いはありますが、「社員寮」について理解していただけたでしょうか。

社員寮には同期や同僚に限らず、先輩や上司などたくさんの人が入寮しているので、会社での悩みなどを相談しやすいというメリットがあります。

また、共同生活の中では必然的に会話をする場面が多くなり、コミュニケーションが苦手という人も話し方の勉強をすることができます。さらに、共同生活をするために気を付けなければならないことなどを実体験として学び、その経験が仕事に生かされることも多くなります。

自分を成長させてくれる社員寮での生活を、ぜひ楽しんでみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related