Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

試用期間でクビになる場合・履歴書に書くこと・失業保険は使えるのか

試用期間でクビになる場合・履歴書に書くこと・失業保険は使えるのか
採用した社員の能力・態度を見極めるための試用期間。試用期間でクビになるか心配な人はいませんか。この記事では、試用期間でクビになる可能性や、クビになったことを履歴書に書くべきかなどを紹介します。試用期間でクビになって落ち込んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

初回公開日:2018年9月14日

更新日:2018年9月14日

記事に記載されている内容は2018年9月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。


ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

試用期間でクビになる理由

厳しい就職活動を乗り越えてようやく入社しても、試用期間でクビになる場合があります。試用期間といえども、不当な理由では解雇できません。しかしながら、ブラック企業といわれる場所に就職してしまった場合は試用期間中に不当に解雇される場合もあります。まずは正当な理由で解雇された事例について紹介します。

新卒

新卒採用は、就職活動で有利に働くことがあります。簡単に入社できた企業でも、勤務態度など基本的な就労状況が良くなければ、試用期間中に解雇されることはあります。新卒で入社してくる人は、即戦力として期待されていることは少なく、協調性や素直さ、誠実さを試用期間中にみられていると考えましょう。

毎日のように遅刻したり、指導中の態度が悪い場合は、何回か忠告を受けたのちに解雇されます。犯罪を犯すなどモラルにかける場合もクビになる可能性が高いです。なお、相性が悪い会社とは早く縁を切った方がいいということで、クビになる前に自ら退職する人もいます。

中途採用

中途採用と新卒では求められている能力が異なります。試用期間でクビになる場合は、期待した能力が発揮できなかったことが多いです。ただ、試用期間中に、このままでは正社員にはなれないと通告された場合でも、いきなり解雇される可能性は少ないです。奮起すれば挽回できる可能性はあります。

いったん採用した人をクビにするということは、もう一度募集活動をせねばならないということです。企業としてもクビは避けたいところです。それにも関わらずクビにされるということは、経歴や資格を詐称していたという悪質な場合もあります。

なお、総合職として採用された場合には部署を変えるなど対応してもらえることもあります。一方、専門職として特殊な能力を期待されての採用であると、クビになる可能性が高いです。

歯科助手

歯科助手の仕事は、歯科医の補助も行うだけでなく、事務うや受付のほか掃除などの雑用もこなします。求人票に書かれていないことまで命じられることがある大変な仕事の一つです。歯科助手の場合、試用期間中に自ら辞める場合もあり、クビを言い渡される場合もあります。

医療の現場なので、緊張を緩めることはできません。厳しい職場環境に耐えきれない人や、専門用語に慣れない人もいます。患者にとってはだれもがプロなので、試用期間と言えど容赦はされません。また、先生との相性が合わなくてクビになる人も多いです。

保育士

保育士が試用期間にクビになる理由は、仕事が合わないことが多いです。子供から大人相手の職場なのでコミュニケーション能力が求められます。ルーティンワークの中に置いて臨機応変さも求められます。さらに、子供相手は体力も使います。精神面と体力面がしっかりしていないと務まらない仕事です。

他にも、女性ばかりの職場環境が合わなかったり、人によってクビになる理由は様々です。

公務員

公務員でも一般企業と同じように、試用期間中にクビになることはまれにあります。公務員だからといって特別な解雇理由があるわけではありません。著しく勤務態度が不真面目であったり、コミュニケーション能力など社会人として基本的な能力が欠けているなどするとクビになる場合があります。

試用期間は企業によって異なる

試用期間と一口で言っても、試用期間の勤務内容や期間は、企業によって異なります。試用期間を設ける意味や、法律などを確認しましょう。

試用期間の意味とは

試用期間とは、社員としての適性を判断するために用いられている期間です。採用試験中の面接や履歴書だけでは、本人の適性を十分に判断できないことが多いです。また、最近の就職活動はスピード勝負になっていることもあり、ますます試用期間が必要とされています。

試用期間中の労働と法律

試用期間については、労働基準法などで明確な定めはありません。一般的な企業では、1〜6カ月で、最長1年程度とされています。試用期間の長さは就業規則や労働契約書に明記されており、試用期間の延長がある場合は、それも就業規則や労働契約書に記載がないといけません。

試用期間中であっても、即日クビにすることはできません。仮に会社側の都合で急にクビにする場合には解雇手当の義務が生じます。ただし、14日以内の試用期間中の労働者に関しては、客観的に正当な解雇理由がある場合にのみ、即刻クビにすることができます。

以下に、解雇予告について定められている、労働基準法第20条第1項を引用します。

使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。

出典: https://doda.jp/careercompass/compassnews/20150824-13493.... |

試用期間中でクビになりそうな場合の対応

試用期間中にクビになりそうなときは、解雇の理由が正当なものであるか確認しましょう。試用期間が14日に満たなくても、正当な理由がない限りクビにすることはできません。一方的なパワハラだと感じる場合などは、会社側に労働条件について相談してみましょう。

会社と相談しても難しい場合には、労働基準局や弁護士に相談することも効果的です。なかには雇用保険に加入されていなくて、失業保険がもらえなくなったという例もあります。個人の力では戦えない時には、労働条件に詳しい専門家を頼りましょう。

クビにならない場合もある

試用期間中に解雇予告を受けても、クビが確定したわけではありません。企業としても、お金をかけて採用活動を行った人材を手放すのはもったいないことです。勤務態度を改めれば、クビにならない可能性もあります。

会社の風土と合わないなどといった漠然とした理由ではクビにできません。クビになるには具体的かつ正当な理由があるはずです。自分のよくないところを認識し、クビにならないように勤務態度を改めましょう。

試用期間でクビになった場合履歴書に書くのか

試用期間中にクビになった経歴を履歴書に書くと、就職が決まらないと不安に思う人もいるでしょう。履歴書にはこれまでの経歴を詳細に書く必要がありますが、経歴を省くか否かは本人の意思で決められます。短い期間ならば特に書かなくても、不自然ではありません。数か月程度の試用期間だと、面接で空白期間について尋ねられる場合があります。

なお、クビになったときの雇用保険で被保険者になっていれば、短くても職歴があったことは新しい職場にわかってしまいます。入社したとしても、後に尋ねられる可能性もあります。

履歴書に書くメリット

試用期間にクビになったことを履歴書に書くことのメリットは、自分の経歴を正直に打ち明けてしまえることです。試用期間という短い間にクビになったことで、ネガティブな気持ちを抱えていることでしょう。もし履歴書に書かなければ、いつ再就職先にクビの事実が知られるか心配し続けることになります。

履歴書に書くポイント

履歴書に書く際には、退職の理由を詳しく記す必要はありません。会社側の都合で解雇された場合は、会社都合で退職と書きます。クビの場合も会社都合と書きます。

会社都合と書くと面接で追及される可能性が高いですが、自分に落ち度がある部分を正直に説明しましょう。前回の反省を今回は繰り返さないように、誠実にアピールしましょう。

試用期間でクビになった場合失業保険は使えるのか

試用期間でクビになった場合、失業保険が使えるか疑問に思う人もいるでしょう。失業保険をもらえるかは、働いてた期間と退社理由がポイントです。失業保険をもらえる条件について確認しておきましょう。

雇用保険に加入しているか

まず、試用期間中で正社員ではなかったとしても、原則、雇用保険には加入しています。給与明細書を見て見ましょう。雇用保険料名目て控除されているものがあれば、雇用保険に加入しています。なお、ハローワークで手続きをする際には離職票が必要です。退職時にもらっておきましょう。クビになった場合は離職票に解雇と記されています。

原則6ヶ月以上

次に、雇用期間について確認しましょう。雇用期間は原則6ヶ月以上でないと失業保険はもらえません。新卒で採用された場合は初めての雇用保険です。試用期間中だと6ヶ月未満でクビになっていることが多いと考えられます。残念ながら失業保険は原則もらえません。

試用期間でクビになった場合転職に影響するのか

試用期間でクビになった場合転職に影響するか心配な人もいるでしょう。特に新卒採用後にすぐクビになった場合は、新卒よりも社会的な評価が下がっています。また、会社が倒産したなどはともかく、自分に落ち度があってのクビであると、就職活動に向けて前向きになれないこともあります。

第二新卒として就職活動

試用期間でクビになった場合は、第二新卒として就職活動をするのがおすすめです。第二新卒とは、新卒から3年程度の間に、再度就職活動をする人のことです。第二新卒は、若くて柔軟性がある人材として市場では期待されています。前向きに転職活動を行えば、再就職できる可能性が高いです。

新卒で目指していた業界とは異なる分野に挑戦できるなど、リスタートできるメリットもあります。クビの理由が仕事への適性という場合は、自己分析ややりたいことを再考して、挑戦しましょう。

クビになった会社の悪口は言わない

クビになったとはいえ、前の上司や職場の人間関係に全く不満がない人はいないでしょう。仮にブラック企業とよばれるような職場環境であったとしても、転職活動中には、前の会社のネガティブな情報は言わないようにしましょう。むしろ、志望する会社や業界へのポジティブな志望動機を伝えた方が、採用される確率があがります。

会社都合で試用期間でクビになることはある?

本人に落ち度がなくても、会社都合で試用期間にクビになることはあります。業績不振による倒産や、人件費削減などの理由は会社都合になります。失業保険がもらえる場合は、会社都合か自己都合かでもらえるお金が大きく異なります。離職票をもらったら、退社理由が正しく書かれているか、確認しておきましょう。

会社都合でクビになったときのトラブル例

試用期間中に会社都合でクビになった場合は、失業保険をもらおうとするときにトラブルが発生することがあります。よくあるトラブル例についていくつか紹介します。ブラック企業と言われる職場の場合は誠意ある対応をしてもらえない可能性もあります。泣き寝入りしないようにポイントを押さえましょう。

トラブル例1. 試用期間中の賃金が払われない場合

試用期間といえども、労働に対する対価として報酬が支払われます。経営不振、試用期間だからと言われて賃金が払われないのは違法です。試用期間がどんなに短くても、賃金は支払われることが労働基準法で決められています。試用期間中は、会社内で情報が正しく整理されていなかった可能性も捨て切れません。悪意がない場合もあります。まず会社に問い合わせましょう。

また、試用期間中といえども、安すぎる賃金も問題です。試用期間中の賃金は、最低賃金を下回ってはいけないことが労働基準法で決められています。特例で試用期間中は最低賃金以下でもよいというルールはありますが、特例を使う場合は会社から労働基準局に届け出をすることが決まっています。

試用期間中の賃金については求人票に記載されています。納得がいかなければまず会社に相談し、誠意ある対応が得られないと感じたら労働基準局や弁護士に相談しましょう。

トラブル例2. 雇用保険や社会保険未加入

雇用保険や社会保険に未加入なのは違法です。試用期間中であっても、労働をする以上はこれらの保険に加入していないといけません。雇用保険とは、クビを含め失業したときに、生活を助けるための保険です。また、社会保険とは健康保険と厚生年金保険のことです。

せっかく失業保険の受給資格があっても雇用保険未加入の場合は、お金をもらうことができません。雇用保険未加入の理由は、うっかりミスといった悪意がない場合もあります。給与明細書をもらったら、雇用保険に加入されているか確認しておきましょう。なお、雇用保険や社会保険の保険料を会社が払いたくないという理由で意図的に未加入な場合もあります。

これらの保険に未加入だった場合は、まずは会社に雇用保険の加入手続をするよう要求しましょう。交渉しても加入手続をしてくれないときは労働基準局や弁護士の力を借りることとなります。

短期間でクビになっても慌てないで!

試用期間でクビになることは、どんな仕事でもあり得ます。勤務態度や仕事への適性がないなど自分に問題があるクビもありますが、会社が倒産したり経営不振になったり会社側の理由が大きいクビもあります。

新卒だと厳しいですが、クビになった場合は働いていた期間に応じて失業保険がもらえる場合があります。自分が働いた期間を確認しましょう。6ヶ月以上の期間働いていれば、試用期間でも失業保険がもらえます。給与明細書をもらったら雇用保険という控除項目があるかどうか確認しておきましょう。

転職活動の際に、履歴書に試用期間中のクビについて書いたほうが迷う人もいるでしょう。履歴書に書かなくても問題はありませんが、雇用保険の履歴から転職先に試用期間中のクビがわかってしまうこともあります。いつバレるかびくびくするより、素直に履歴書に書いてしまったほうが冷静に転職活動を進める場合もあります。

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related