Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

転職がしやすい時期は何月なのか・辛くなる時期|男女別/職業別

転職がしやすい時期は何月なのか・辛くなる時期|男女別/職業別
そろそろ転職しようかどうしようかと迷っている方や悩んでいる方も多いのではないでしょうか。転職には、転職しやすいと言われている時期があります。転職しやすい時期は求人数が多いとも言われています。スムーズに再就職するための転職のタイミングについてまとめています。

初回公開日:2018年9月13日

更新日:2018年9月13日

記事に記載されている内容は2018年9月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


転職がしやすい時期は何月なのか

転職には、タイミングや時期があると言われています。一般的には3月から4月、もしくは9月から10月がベストな時期とされています。

各企業では、一定期間の売上などの財政状況をまとめ、報告する義務があります。これを決算と言います。

決算は、1年間を2回に分けて行う場合と四半期決算と言って、1年間を4つにわけ、3カ月ごとに決算する企業があります。(決算の1年は、4月から翌3月までが、1年度となります。)

各企業の予算などの関係から、決算時期に求人数が増える傾向があると言われています。

1月

決算に当てはめて、転職のタイミングを考えると、四半期決算では1月から3月は本決算と呼ばれて、1年の中で重要な決算です。人件費などの都合から、求人を募集する企業もあります。

また、1月は年度の初めなので、新しいスタートをきるといった縁起担ぎの意味で、ボーナスを受け取ったあと、年末で辞めるという方もいます。

退職の時期としては、スマートですが、転職の時期としては、年始は動きにくいので、年末から準備して年明けには面接ができる状態にしておきましょう。

5月

新入社員が4月に入社してくるため、求人数が減る傾向があります。新人育成など何かと忙しい時期になります。

しかし、その反面、5月は新入社員が辞める確率が高い時期です。1カ月働いてみて、思っていたものと違うなど、ギャップを感じ辞める人も多いです。

また、5月はゴールデンウイークなどの大型連休があります。求人募集はしていても、面接は休み明けに実施する企業がほとんどです。

4月から転職の準備を始め、5月から入社できるように活動しましょう。

6月

四半期決算では、7月は第二四半期の始まりになります。早いところでは、ボーナス支給月です。夏のボーナスを受け取ってから、辞めるとうい人も多くいます。

また、4月入社の新入社員は、この時期になると、業務や人間関係にも慣れ、企業側も落ち着いてくる時期でもあります。

しかし、新たに、新人研修や育成する時間がない場合が多く、退職者の欠員の補充には、即戦力のある中途採用の求人が、増える時期でもあります。

7月には再就職できるよう、6月から転職の準備をしておきましょう。

12月

年末にボーナスをもらってから辞める方や、きりがいいといった理由で退職する方もいます。

年末で退職すると分かっていれば、10月中旬頃から募集を開始している可能性があります。退職者にあわせて、引き継ぎなど年内に終わらせておく方が、効率がよいからです。

転職の入社時期を、12月頃にと考えているのであれば、10月から準備しておきましょう。

転職後に辛くなる時期

再就職先が決まり、転職に成功しても、会社に馴染む、業務を覚えるまでには、誰でも多少時間がかかります。未経験者や経験者、肩書きといったものは関係ありません。

すべてが、新しい環境で始まるのですから、誰でも不安です。そのため、転職してしばらくの間は「しんどい。辛いな」と思う時期があります。

人間関係で不安に感じる方もいれば、仕事の内容が思っていたよりしんどいと感じる方もいます。しかし、これらは当然のことで、誰にでも共通して言えることです。

よほどのことがない限り、時間が解決してくれるパターンが多いので、まずは、目の前にある業務をしっかりとこなせるように仕事を覚えることが大切です。

また、コミュニケーションをなるべく取るようにして、自分を少しずつアピールしていきましょう。

占いでの転職がしやすい時期

転職するタイミングが分からず、運試しのように、いっそのこと占いに頼ってみようというい方もいます。

占いは、信じるか信じないかはあなた次第などと言われています。

結局、決めるのは自分なのですが、占いは決断力が欠けている時期に、背中を押してもらうことができたり、きっかけを与えてくれます。

当たる、当たらないは別として、迷っている時は、頼ってみる価値はあると言えます。

風水

風水では、仕事運をみてもらうことができます。職業や職種など、細かい判断はあまり得意ではありませんが、転職に吉と出る場所や方角をみてもらうことができます。

転職したら、毎日、通う場所になるので、運気の悪い場所に行くよりは、運気がよい場所に行く方がよいでしょう。

職場がパワースポットであれば、人間関係も金運も上手くいきそうな予感がします。

一度、試してみてはいかがでしょうか。

四柱推命

名前と生年月日だけで、占ってもらうことができます。中国の陰陽五行説を元にして、生まれもった命運をみてもらうことができます。

四柱推命は、生まれた年、月、日ごとに、非常に細かく分析して占うため、よく当たると言われています。

転職先や時期に悩んでいる、迷っているなら、一度占ってもらいましょう。

また、四柱推命は仕事運だけではなく、健康面や恋愛運など、広い分野で占ってもらうことができます。人生相談の窓口のひとつとして、みてもらいましょう。

六法占星術

六法占星術は、占いでは有名で、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。誕生日から、何聖人になるかを調べ、運勢を占います。

火星人や土星人など、現実とかけ離れた名称ですが、占いの精度や当たる確率が高いと言われており、多くの著名人や芸能人などからも信頼を得ている占いです。

また、六法占星術は、運気が得意分野です。転職に向いている時期や、転職した後の仕事の運気など、占ってもらうには適していると言えます。

たまには占いを信じて、行動してみるのも良いのではないでしょうか。

転職の時期とタイミング

一般的に、会社を辞める時期は、ボーナスを受け取った後が多いと言われています。一般的なボーナス支給月は夏は7月、冬は12月です。

しかし、必ずボーナス支給月に辞めるとは限りません。退職する理由もさまざまなので、一概にはこの時期がよいとは言い切れませんが、ボーナス支給月前後に募集が出る確率が高くなる傾向があります。

退職前

今の会社で、働きながら転職先を探しておくと、スムーズに転職することができる傾向があります。

最近では、「在職中でも面接応じます。」や「入社時期の相談応じます。」などと書かれてある求人広告をよく見かけます。こういった企業側の配慮は、転職する側にも非常にありがたいです。

退職する方も、業務の引き継ぎなど、なるべく会社に迷惑がかからないように、辞めやすい環境や時期で、退職することができます。

仕事をしながら、他社に面接に行くのは気が引けますが、退職すれば収入もなくなります。総合的にみて、計画的に転職をすることが、最もうまくいく方法ではないでしょうか。

退職後

失業保険の給付を受けて、少しお休みしながら転職活動をしたい。という方や、スキルを身に付けて再就職したいという方もいらっしゃいます。

計画的な退職のようにも思えますが、新たな転職先をすぐに見つけるのは、思っているより、上手くいかないこともあります。

また、失業保険は、仕事が決まるまで給付してもらえるものではありません。早く就職先を探さないと焦って転職先を決めてしまうと、失敗してしまうこともあります。

また、退職した時期と、失業保険の給付期間に、募集されている求人に限定されるため、転職先の選択の幅が、狭くなる可能性もあります。

こういった背景から、転職は、退職する前から活動しておく方が、より理想に近い職場に転職することができると言えます。

男女別転職時期のおすすめのタイミング

男性は、キャリアアップのために転職を希望する方が多いと言われています。また、結婚を機に、家族を養っていくために、給料面など今よりいい待遇、条件のよい会社で働きたいと考えている方もいます。

一方、女性は、キャリアアップを望んで転職される方も中にはいますが、結婚や出産など、将来を考えた転職が多いです。子育てをしながら、働けるという環境や仕事内容などを重視して、現在の職種とは全く違った仕事に、転職する傾向があります。

転職は、男性か女性かで大きく変わってくると同時に、転職する時期や職業も違います。

男性

男性が転職しやすいといえる時期やタイミングは、転職する職種などにより異なります。一概に、この時期がベストだとは言えませんが、一般的には4月もしくは9月頃だと言われています。

ただ、キャリアアップを目的とした転職であれば、自分が理想とする会社の求人募集が出た時が一番ベストだと言えます。

また、新たに一から始める、何か技術を身に付けるような職業に転職する場合は、繁忙期に転職するのは、なるべく避けましょう。

繁忙期は各業種により違いますが、忙しい時期の求人募集は即戦力を求めている場合が多いです。育成や指導など、教える時間がとれないからです。

それでも、どうしても就きたい場合は、求人募集が終わっていても、繁忙期が過ぎた頃に、時期をみて、問い合わせてみましょう。

女性

女性は20代後半から30代前半に、転職する方が多い傾向があります。将来のことを考え出す年齢で、結婚しても働ける仕事に就きたい、という方も少なくはありません。

また、逆に、結婚願望などはなく、バリバリのキャリアウーマンや管理職を目指す女性もいます。

女性の転職には、時期というより、職業によっては、年齢を重視している所もあります。若い方が、吸収性や柔軟性、将来性があるです。しかし、ただ若いだけでは転職は成功できません。

転職には、ある程度のスキルや実務が重要視され、経験者は優遇してもらえる可能性が高いです。もちろん、中途採用で未経験でも、採用となる場合もありますが、ライバルが多い場合は不利になりやすいです。

20代や30代は、まだまだ若い世代です。選択肢はたくさんあるので、焦らずに転職活動をすることをオススメします。

年代別転職しやすい時期

最近は、転職に「年齢は関係ない」と言わる傾向が高くなりつつあります。そのため、年齢不問の求人募集もよく見かけます。

しかし、その一方で「何歳まで」のように、年齢制限をかけている企業も存在します。

企業側の求人募集が出る時期も、転職には必要な情報ですが、転職適齢期があることも頭に入れておきましょう。しかし、その一方で35歳までのように、年齢制限をかけている企業も存在します。

人を育てるといった意味では、若い方が順応性や柔軟性はありますが、教える側に立った時、年下の方が教えやすいといった、年功序列や上下関係などが背景にあると考えられます。

企業側の求人募集が出る時期も、転職には必要な情報ですが、転職適齢期があることも頭に入れておきましょう。

20代

20代前半は、初めての就職で、不安になりながらも、仕事を覚え始める年齢です。また、理想と現実のギャップを知る年代のため、挫折しやすい人も多いです。

20代後半になると、会社に馴染み、仕事の流れやコツも掴みはじめ、仕事が面白いと思うようになる年齢です。

ただ、仕事ができるようになると、給料面などで不満が出てくる傾向があり、スキルと経験を持って、条件のよい会社に転職したいと希望する人も増えてきます。

やりたいことがある場合や仕事が合わないと思った時は、早めに見切りをつけて、転職しましょう。

30代

軌道に乗り出すのが30代です。会社によっては、大きな仕事を任されたり、それなりの位置にいる年齢です。また、ビジネスマンとしても認められる年齢でもあります。

転職では、30代は即戦力とされやすい年齢です。

自分の経験やスキルに磨きをかけて、キャリアアップを考えているのであれば、30代前半のうちに、転職するのがオススメです。

40代

40代の転職は、よほどのスキルや独占資格などを持っていない限り、再就職は難しいと言われています。年齢や経験より、育成、教育に力を入れている企業も多いからです。

年齢制限をされることで、選択肢も少なくなり、転職できる職種も限られます。

40代からの転職は、求人募集などをよくリサーチして、考えてから行動するようにしましょう。

職業別転職しやすい時期

転職するチャンスは、誰にでもあります。しかし、転職しにくい職業もあります。人材が不足しているからといって、必ず転職できるとは限りません。

人材不足の背景には、忙しいといった問題だけではなく、専門性を要する職種が多く、できる人がいないため、人材不足になっている場合があります。

新しい職種に転職しようと考えている方は、転職の時期やタイミングより、先に情報収集をしておくことが必要です。

理学療法士

仕業と呼ばれる職種、医者や弁護士などへの転職は難しいと言われています。これらの職業は国家資格が必要で、専門的な知識を身に付ける必要があります。

なりたいからといって、簡単に転職できる職業ではありません。

転職時期やタイミングも重要ですが、まずは資格習得に専念しましょう。

大手企業

ヘッドハンティングや縁故などの特別な理由を除いて、中途採用をとらないのが大手企業です。

基本的に、採用するのは第一新卒のみで、第二新卒でも採用しないと言われています。

日本の大手企業は、昔ながらの人材が多く「転職は逃げていることと同じ」といったマイナスのイメージを持っています。そのため、転職活動をしても、中途採用というだけで落とされてしまうことがあります。

表向きでは、中途採用など募集要項に記載があっても、こういった背景がある場合もあるので、安易に転職するのは、やめておきましょう。

金融業

大手企業より、新卒の採用率が高いのが、大手金融業界です。中途採用が入れる枠が、そもそもないと言われています。

金融業界に転職希望の方は、DODAファイナンスがオススメです。金融業界合格診断や相談、セミナーなどが開催されています。

金融業界も専門性にある職業なので、そういった制度に登録、利用するなどして、転職する前にまずは、情報を集めておきましょう。

DODAファイナンス 銀行法人営業、投資銀行業務など、金融業界の転職・求人情報

出典: https://doda.jp/finance/ |

転職と注意点

転職するとなると、今の会社を辞める必要があります。会社を退職すると、いろいろな手続きが必要となってきます。

その中で、特に注意しておきたいのが、健康保険です。健康保険は、退職した翌日から使用できません。そのため、失業中に、もしケガや病気をした場合は、自費になります。

年末は、辞めるタイミングとしては、年度のくくりとしては良いですが、年始は遠方に行く機会も増えやすい時期です。

また、国民保険は、お住まいの各市町村で加入手続きすることができますが、年末年始はお休みなので、注意しましょう。

転職は焦らずタイミングよく

仕事をしながら、転職活動をするのは、なかなか難しいですが、転職をしようと思った日から、何かしらのアンテナを張っておきましょう。求人もタイミングを逃せば、募集していることにも気づくことができません。情報収集だけでもしておきましょう。

また、転職は、すんなり転職できる人もいればそうでない人もいます。誰でも簡単に転職できるとは限りません。

転職活動で、精神的に疲れてしまわないよう、焦らず計画性を持って、転職することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related