Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

年齢が高くなってからの転職は簡単ではなく、家族がいる人の割合が多く自分の将来もあるので、すぐに就職したいと考えます。タクシードライバーは高齢者でも現役で働ける仕事であり、年金に不安を感じている人こそ、選ぶのに適した職種であると言えます。


タクシードライバーの定年について

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

会社員として勤務すると、役員などの特別なケースを除き、いずれは定年で退職しなければいけない日がやってきます。本人が継続して勤務したいと考えていても、年齢の壁は避けられません。

タクシードライバーも会社員であるので定年が存在していますが、本人の希望で再雇用される可能性が高く、雇用形態が変更しますが働くことができます。その点からすれば、タクシードライバーの定年は他の業種より長いと言えるでしょう。

タクシードライバーに転職できる年齢は?

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーは長時間の運転に支障があるような持病が無い限り、50代後半までは多くのタクシー会社で転職が可能です。60代前半でも雇用されるケースもあるため、転職で年齢を気にする人には最適な業種と言えるでしょう。

タクシードライバーは未経験者は若い世代を求める傾向がありますが、タクシーでなくても他のドライバーを行っていたり、営業経験があれば年齢は考慮してくれる場合が多くなっています。

タクシードライバーの平均年齢

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーは20代で従事している人もいますが、多いのは40代後半から50代半ばであり、平均年齢は50歳前後になっています。ただし平均年齢は都会では下がり、地方では上昇するという傾向が強いでしょう。

タクシードライバーは学校を卒業して新卒で入社する人は少なく、60歳を区切りに退職する場合もあります。高い年齢になると視力が悪くなり、運転がきついと考えるようになるのが理由です。

タクシードライバーに必要な二種免許の取得は?

タクシードライバーに必要な二種免許は、一種免許を取得して3年が経過しなければ受験資格がなく、ドライバーとしての経験年数が増えるほど自己流の運転の癖がついてしまい、簡単には修正ができなくなるので取得は難しくなります。

二種免許はどれだけ教本に近い運転ができるのかを検定するため、運転技術の上手さは関係ありません。運転経験が多いほど、自分の悪いところがわからなくなってしまうと言えます。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

現在は年金の支給開始年齢の上昇と支給額の低下から、自分の体が持つのであればいつまでも働いていたいと希望する人が増加しています。しかし高い年齢になると就業先が減少するという問題が生じるでしょう。

また働きたい希望があっても体力面で不安を感じている場合もあります。タクシードライバーは体をほとんど動かす必要がなく、高い年齢でも雇用される可能性があるため、大きなメリットがある職種と言えます。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット1:年齢が高くても稼げる

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーは業務による売上が給与に反映され、売上が多ければ当然に給与も高くなります。タクシーでの売上は年齢は関係なく、本人の努力とやり方次第になるので、高い年齢の人でも高収入を得ている人は多くいます。

年齢が上がり扶養する家族がいる場合、その負担は大きくなる一方です。また自分自身も老後への備えが気になってくるため、年齢に関係なく収入を得られるタクシードライバーは魅力的でしょう。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット2:工夫次第で収入が上がる

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーの営業方法は基本的なルールはありますが、そのルールさえ守れば後は本人が希望する方法で業務を遂行できます。この営業方法に個人の考え方が反映されることから、自分なりのコツをつかめば収入の増加が見込めるでしょう。

タクシードライバーで高い収入を得ている人は、独自の営業スタイルを構築しています。この方法は個人の適正もあるので、早く自分の営業スタイルを見つけることが大切です。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット3:勤務時間が規則的

タクシードライバーには多くの勤務形態があり、勤務ごとに開始と終了が異なるシフトを使っている会社もあります。このような不規則な勤務シフトは、生活リズムが崩れる原因になります。

タクシードライバーは入社する際に自分の希望を受け入れやすい職種であり、固定シフトを希望すれば勤務時間が同じシフトに組み入れてもらえるでしょう。ただし会社によって考え方や人員の状況があり、必ず受け入れてもらえるとは限りません。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット4:人間関係の煩わしさが少ない

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

高い年齢の人が転職すると、転職先には自分よりも年下の先輩や上司がいる場合があり、それが年上の人ではプライドが邪魔をして、人間関係をうまく作れない場合があります。

タクシードライバーは会社にいる時間が少なく、勤務では一人で車両を運転するので、人間関係でストレスが溜まることが軽減できます。退職理由の上位に人間関係は常に挙がる問題点であり、それが軽減されるので就業しやすくなるでしょう。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット5:自分のペースで働ける

Bottom banner
タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーは自分の考えた営業方法を実行することができ、体がきついと感じたらスローペースで仕事をすることができます。これは一定水準の売上があれば、会社も勤務内容については強く言わないからです。

タクシードライバーは売上に応じた歩合制の部分が大きく、そのために勤務中にペースダウンしても自分の収入が減るだけなので、あまりに酷くなければ上司や同僚から指摘も受けにくくなっています。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット6:体に負荷がかかりにくい

年齢を重ねると身体の多くの部分で痛みや疲労を感じるようになりますが、タクシードライバーは大部分を座って勤務するため、肉体的なきつさは少なくなっています。

タクシードライバーの勤務状態はデスクワークに近くなっていて、体を全体的に動かす作業はほとんどありません。ただし座り続けると腰への負担が発生してしまうため、適度に柔軟運動などで体を動かすことが必要です。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット7:自分に適した勤務形態が選べる

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

人間は年齢や体質で体を動かしたくない時間帯というものがあり、タクシードライバーは自分が活動しやすい時間帯のシフトを組んでいる場合があり、本人の意思で選択が可能のケースがあります。

タクシー会社は車両を停車したままにすることを嫌い、柔軟な勤務形態を設定することがあります。全てのタクシー会社が実施してはいませんが、自分が勤務したい時間帯の希望については、考慮してくれるケースが多くなっています。

年齢を気にせず転職できる?タクシードライバーのメリット8:休みが取得しやすい

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

タクシードライバーは会社が個人に車両を貸与して勤務するため、突然に休んだとしても業務に大きな支障は出にくくなっていて、休みを申請しやすくなっています。

年齢が高くなると体力の低下から、体調不良が起きやすくなります。それでも自分がいなければ業務遂行が困難になると考えて仕事を優先すると、後になってどのような悪影響が発生するかわかりません。

年齢にとらわれずタクシードライバーになろう!おすすめ転職サイト5つ

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

求人広告はインターネットを活用して行うことが多くなり、人手不足が顕著な業種でもあるタクシー会社も、求人サイトを使って求職者を募集している職種です。

ネットによる求人サイトは自分の空いた時間に閲覧することができ、サイトに個人情報を入力するだけで求人に応募できるなどメリットが多くなっています。これから転職を考えている人にとって、タクシーの求人情報は選択するためのいい情報になるでしょう。

年齢にとらわれずタクシードライバーになろう!転職サイト1:タクQ

「タクQ」はタクシードライバーの求人専用のサイトであり、求職者が希望する条件を細かく設定することができ、最適なタクシー会社を選ぶことができるでしょう。またサイト利用者に対し、入社祝い金を支給してくれるのも嬉しい特典です。

タクシー会社は一つの地域に複数存在している場合があり、その勤務形態には違いがあるので、自分に適した会社を選ぶのは転職するための重要な要件になります。

年齢にとらわれずタクシードライバーになろう!転職サイト2:転職道.com

「転職道.com」もタクシードライバーの求人に特化したサイトですが、全国展開で求人情報を掲載しているわけではなく、関東を中心にした東京版と大阪圏を中心にした大阪版で構成されています。

地方在住でタクシードライバーを目指す人には、地元の求人情報が掲載していないというデメリットがあります。ただ上京して就職したい人には住宅を完備しているタクシー会社が多く掲載されていて、地元にいながら就職活動ができます。

年齢にとらわれずタクシードライバーになろう!転職サイト3:タクシー屋さん

「タクシー屋さん」もタクシードライバー専用の求人サイトであり、運営会社の代表が元タクシードライバーでトップセールスを出した人物で、高い収入を得られるタクシー会社を中心に情報提供を行っています。

タクシードライバーになる理由の上位は年齢に関係なく稼ぎたいということであり、そのためには会社選びはとても重要です。掲載するタクシー会社を元タクシードライバーの視点からピックアップしているのは注目です。

年齢にとらわれずタクシードライバーになろう!転職サイト4:はたらいく

「はたらいく」は全ての職種の求人情報を掲載している求人サイトですが、他の求人サイトでは見られない勤務する上でのネガティブな内容も掲載していて、会社を選ぶ際に重要な情報源になるでしょう。

求人情報は概ねいい情報ばかり掲載するため、実際に入社してから不満を感じるケースは少なくありません。年齢が高くなると転職することが難しくなるので、最初から悪い部分も知ることができれば十分に考えることができます。

年齢にとらわれずタクシードライバーになろう!転職サイト5:シフトワークス

「シフトワークス」は全ての職種を対象にした求人サイトですが、特に中高年以上を対象にした求人情報が豊富になっていて、年齢の高い人が転職する場合にはとても役立つサイトです。

タクシードライバーは比較的年齢の高い人も採用する職種ですが、それでも自分の年齢を考えて不安になることもあるでしょう。最初からどのような年齢層の求人を探しているのかわかれば、求職者にとっても選びやすくなるのは間違いありません。

年齢を気にせずタクシードライバーで稼ごう!

タクシードライバーに年齢の壁はある?タクシードライバーとして働くメリット8つ

会社に在籍して勤務を続ければ不満に感じるところが生じるのは仕方なく、転職は年齢に関係なく起きる事例と言えます。しかし年齢が高くなれば求職活動が難しくなり、転職を躊躇する人は少なくありません。

タクシードライバーは比較的年齢が壁にならない職種であり、年金と併用して給与を調整しながらでも勤務できるので、高い年齢の人こそ選ぶメリットのある職業になっています。

Bottom banner

Related