Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシー会社は人手不足の状態が続いていますが、面接に行けば誰もが合格できる業界ではありません。今回は合格するポイントと、面接時に質問される項目を順を追って説明しているので、関心のある方は参考にして、面接に挑戦してください。


タクシー会社の面接とは?

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシー会社の面接はフランクですが、面接官はあなたの様子を見ています。

タクシー会社の面接は、フランクで肩ひじ張らないリラックスした雰囲気で行われることが多いです。これは、面接官が普段の求職者をみたいからであり、接客業として適しているかを判断しています。

タクシー会社の面接の特徴や突破する方法を項目ごとに説明していきますので、特にタクシー会社への転職を希望している方は参考にしてください。

タクシーは接客業である

タクシーは運転の仕事という固定観念は、変わりつつあります。

タクシー会社が近年最も力を入れているのが、接客業としての打ち出しとドライバ―の教育です。これは、毎年利用者が減少しているタクシー業界において他社との差別化を図るためです。この傾向は大手ほど顕著です。

挨拶に始まり、ハキハキとした受け答え、正しい敬語、身だしなみなどその項目は多岐に渡り、タクシー業界のイメージアップを図っています。

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシー会社の面接は、一般企業と大差ありません。

タクシー会社だからと、甘く考えて面接に臨むと不採用となる可能性があります。ここではタクシー会社の面接に合格する方法を7つに分けて説明していきます。

結論から申し上げると、タクシー会社の面接も一般企業とほぼ同じ内容です。聞かれることも似通っていますが、一部独特な質問などもありますので、服装などの外見から面接の内容まで説明していきます。

タクシー会社面接の合格ポイント1:服装

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシー会社の面接での服装は、スーツが基本です。

タクシー会社はお客様と応対する接客業のため、面接時の服装は厳しくチェックされており、服装には十分気を付ける必要があり、私服で面接に臨むのは避けましょう。

スーツが基本で黒や紺、グレーといった地味なものでワイシャツは白、ネクタイはレジメンタルなどが無難といわれ、イメージするとすれば、新卒の学生が就職活動を行うときのスタイルです。

スーツの選び方

スーツはシングルで、地味な色合いが好まれます。

あくまで面接に行くので、遊びで使うような派手な色のスーツは避けた方が無難であり、同じくダブルのスーツは威圧感を相手に与えてしまうので、シングルが基本です。

何度も着回ししたヨレヨレのスーツは避けて、きちんとした折り目付きが良いと考えられており、ワイシャツは白で襟や袖口に汚れがないか確認し、例えるなら街ゆく営業マンを参考にすると良いでしょう。

靴は黒で、紐靴を選択するのが無難です。

意外と見落としがちですが、靴もしっかり見られており、タクシーはお客様と応対する接客業であることを忘れず面接に臨み、良い印象を与えられているようにしましょう。

汚れを落とし、ブラッシングをして靴墨を塗って磨き、光沢を出しておくのが理想的で、そこまで時間のない人は、最低でも靴を磨くことだけはしておいた方が無難です。

タクシー会社面接の合格ポイント2:髪型や髭

髪型や髭は、接客業であることを前提に考えてみましょう。

タクシー会社は運転の仕事だけではなく、近年は接客業として各社とも打ち出しています。そのため、どのような髪型や髭などが好まれるかは想像に難くないでしょう。

まず、髭は厳禁です。印象を悪くするだけで乗務中はほとんどの会社が禁止しています。次に髪型ですが、襟足を短く刈り込み七三分けか、スポーツ刈のようなショートで整髪料をつけて面接に臨みましょう。

タクシー会社面接の合格ポイント3:履歴書

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

履歴書は、あなたの歩んできた人生の経歴書です。

タクシー会社の面接に限らず、履歴書の提出は必須です。履歴書がなければ、求職者がどんな人で何者か全くわからず、採用担当者も面接ができません。履歴書はあなたの歩んできた人生を表す書類です。

これまでの経歴などを順序立てて記載し、保有資格、長所や短所、志望動機、要望事項など重要な項目が目白押しです。特に志望動機は良く考えて記載しましょう。

記入漏れがないか

記入漏れがあると、不採用になる可能性があります。

社会人として、面接に臨む以上キチンとした履歴書は一人で書き上げたいと思う人が多いでしょう。しかし万が一にも記入漏れがあると、最悪の場合不採用となる可能性があります。

手書きの場合は、見直して記入漏れがないかをチェックしましょう。記載が済んだらできれば家族にも見てもらうのが良いでしょう。最近はパソコンで打ち込んだ履歴書も受け付ける会社が増えています。

証明写真の撮り方

証明写真は、街の写真スタジオかスピード写真がおすすめです。

証明写真は、履歴書の中でも重要項目の一つです。写真一枚であなたの印象が大きく変わり、面接官のあなたに対する印象が、良くも悪くもなるからです。

街の写真スタジオですと、コツなどを教えてくれるためおすすめですが、時間や費用をかけたくない人はスピード写真を活用しましょう。履歴書サイズを選んで撮影すれば、後は切り抜くだけで貼り付けできます。

タクシー会社面接の合格ポイント4:運転経歴書

運転経歴書は、過去のあなたの事故や違反の記録が記載された書類です。

タクシー会社の面接で、必ずと言ってよいほど提出を求められるのが運転経歴書であり、これは自動車安全運転センターが発行する証明書となり、会社が事故や違反の多いドライバーの採用を防ぐ狙いがあります。

例えば、過去5年間の運転経歴書を提出してくださいと言われた場合、運転経歴書には該当期間の事故や違反、行政処分が記載されています。

タクシー会社面接の合格ポイント5:遅刻厳禁

Bottom banner
タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

面接日の当日は、時間に余裕をもって行動しましょう。

一般社会において遅刻は大きな減点要素となり、信用を失うばかりか最悪の場合会ってももらえない可能性もあります。日本は特に遅刻やマナー違反に厳しく会社においても同様のため注意しましょう。

あまり早く着きすぎても会社に迷惑をかけるため、可能であれば10分前、遅くとも5分前には面接会場に到着できるように行動することをおすすめします。

タクシー会社面接のポイント6:入室や退室時のマナー

面接時の入退室マナーは、社会人の一般常識の一つです。

タクシー会社の面接は、一般企業と何ら変わりはなく、特別ば対応ではなく普段のあなたに面接官は着目しており、緊張しすぎずリラックスしてありのままの自然体で臨むのが良いでしょう。

タクシー会社に限らず、面接時の入退室のマナーは新卒で面接した頃を思いだすとイメージしやすく、例えば笑顔で挨拶、ハキハキと返答し、ドアの開け閉めを丁寧に行えば問題ないでしょう。

タクシー会社面接の合格ポイント7:言葉遣い

タクシー会社は接客業のため、言葉遣いは厳しくチェックされます。

些細な一言がクレームに発展しかねないのが、接客業の厳しさですがそのためタクシー会社も、言葉遣いは面接時に厳しくチェックされています。

正しい敬語を使えている人は問題ないですが、乱暴な言葉遣いや周囲から口が悪いと言われている方は特に注意し、普段から丁寧な言葉遣いを意識して習慣づけて、自信をもって面接に臨みましょう。

タクシー会社の面接で確認されるポイント5つ

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシー会社の面接は、一般企業と違う質問をされることがあります。

ここまで、タクシー会社の面接に臨む姿勢と心構えといった重要なポイントを項目ごとに順を追って説明してきましたが、タクシー会社の面接で、どのようなことが確認されたり、質問されるかは気になるところです。

ここではタクシー会社の面接で確認されるポイントとして、必ずと言ってよいほど質問や確認される項目を順を追って説明していきます。

タクシー会社の面接で確認されるポイント1:事故や違反歴

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

事故や違反歴は、毎日の業務に影響するので必ず質問されます。

タクシー会社では面接時に、過去の事故や違反歴を質問されることが多く、必ずと言ってよいほど聞かれる可能性が高く事前に回答を準備しておく必要があります。

また会社によっては運転経歴書の提出を求められるため、嘘をついても必ずわかりますので正直に答えることが必要となり、特に過去5年以内に事故や違反、行政処分などが複数ある方は注意してください。

タクシー会社の面接で確認されるポイント2:健康面

タクシー会社の面接では、健康面も重視されています。

毎日の業務で、万が一病気によって事故を起こしたら本人だけではなく会社側も責任を追及される可能性が高いため、タクシー会社では必ずと言ってよいほど健康面での質問はあります。

こちらも嘘をついても、面接後または入社時の健康診断で必ずわかりますので正直に答える必要があり、心配な方はかかりつけの医師などに相談されるのが良いでしょう。

タクシー会社の面接で確認されるポイント3:前職の退職理由

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

前職の退職理由は、必ず聞かれますので対策を練りましょう。

タクシー会社に限らず、前職での退職理由は志望動機と並んで必ず質問される項目の一つで、求職者が頭を悩ませる箇所になります。前職を悪くいうのはマイナスになるので避けた方が無難です。

同じ退職でも前向きな理由として回答できるように工夫し、今回の転職で前職ではできなかったこういったことを実現したいと志望動機にも通じるような言葉を考えると良いでしょう。

タクシー会社の面接で確認されるポイント4:笑顔や言葉遣い

タクシーは、密室でお客様に背中を向けて接客する特殊な業態です。

乗車時の笑顔や言葉遣いはとても重要となり、その一瞬でその人の印象が決まってしまう可能性が高いので、この二つは重要で各社とも教育に力を入れています。

お客様に乗車していただく仕事なので、無愛想な対応でお客様を不機嫌にさせることなく、運転技術も正確でスマートに目的地に到着し、会計後にお礼と笑顔を向けることがドライバ―には求められます。

タクシー会社の面接で確認されるポイント5:コミュニケーション能力

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシードライバ―はいろいろなお客様を乗せるため、万人に合わせられるコミュニケーション能力は重要です。

タクシーは接客業のため、お客様に乗車していただき、問題なく目的地に到着してお金を支払っていただく仕事になるため、お客様に好感を持っていただくか、不快にさせるかはコミュニケーション能力にかかっています。

コミュニケーションを取るのが苦手な人は、入社が決まったらそれまでに苦手を克服する努力が必要です。

タクシー会社の面接に合格しよう!

タクシー会社の面接に合格するためのポイント7つ|スーツの選び方

タクシー会社には、一般企業にはない魅力がたくさんあります。

ここまで、タクシー会社の面接に合格するポイントや面接時に質問される項目について項目ごとに順を追って説明してきましたが、最後にお伝えしたいのはタクシーは他社にはない魅力ある仕事だということです。

車の運転が好きで、人と話すことが好きな人にとっては正に天職となる可能性を秘めた仕事でもあるので、関心のある方はチャレンジされることをおすすめします。

Bottom banner

Related