Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

決められたルートを走る配送業、ルート配送。トラックの大きさやルートが決まっているという安心感から、やってみたいという人が増えています。今回は、ルート配送業への転職を考えている方に、必要な免許や技能、仕事内容などを紹介していきます。

ルート配送ドライバーとは?

ルート配送とは決まった届け出先に向けて定期的に荷物を届ける業務であり、個人宅に荷物を届ける宅配とはその業務内容が異なっています。対象となるのは企業などの事業所が圧倒的に多く、個人宅にルート配送することはほとんどありません。

配送業界は人手不足が深刻な業種ですが、ルート配送には他の業種には無いメリットも多く存在しています。仕事選びはとても大切であり、事前にその情報を知ることは重要だと言えます。

ルート配送に転職を検討するときのポイント7つ

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

仕事は人間が生活するために必要な収入を得る方法であり、転職する場合には継続して働いて行けるような職種を選択しなければ、早期に退職してしまう事態が発生する可能性が高くなってしまうでしょう。

ドライバー職は比較的高い割合で採用されやすくなっていますが、何度も転職を繰り返していると会社側も採用に難色を示すようになります。ルート配送に転職を検討する場合には、どのような内容に注目すればいいのでしょうか。

ルート配送転職のポイント1:仕事内容

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

ルート配送には扱う荷物によって複数の種類が存在していて、その仕事内容にも違いがあるので、転職する前にどのような業務を行うのか把握することが大切です。

基本的には車両を使って荷物を配送するのですが、拠点間を結ぶ場合や配送先の事業形態に応じて勤務時間や荷物の内容も異なるため、ルート配送が全て同じと考えてはいけません。また冷凍車の場合もあり、寒さに弱い人はよく考えて選択して下さい。

ルート配送の運転以外の仕事は?

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

ルート配送では配送先に出向いた時に欲しい荷物の受注を受けたりするので、顧客の商品管理や荷物の積み込みなどを行う場合もあります。運転以外の業務については会社によってやり方が異なっているのが通常です。

ルート配送は営業が付帯業務になるケースがあり、これは配送先が固定されるので相手も覚えやすいことが理由になっています。そのため荷物を渡せば終了ではなく、相手先と会話をすることも必要になるでしょう。

ルート配送転職のポイント2:必要な免許や経験

ルート配送で使用する車両は普通自動車が多いので普通一種運転免許があれば大丈夫ですが、車両が大きくなれば中型や大型免許が必要になることもあり、ミッションタイプの使用もあるのでオートマ限定では業務は難しいでしょう。

転職する際にはどのような車両を使用するのか確認しなければなりませんが、求人広告では使用車種が記載されていることも多いので、自分の運転免許で対応できるのか事前に知ることができます。

ルート配送転職のポイント3:給与

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

配送業は車両の運転操作が伴うので他の業種より給料は高めになっていて、転職する場合に運転免許があれば選択の候補に加えてもいい職種の一つです。また運転も多くが同じ道路を使うので、道に迷ったり事故を起こす確率も軽減できるでしょう。

ルート配送では運転手が顧客から受注を受けることがありますが、営業職ではないのでインセンティブが発生する会社は少なくなっています。ただ営業を兼ねていることは考慮されています。

ルート配送転職のポイント4:休日

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

ルート配送は最初から配達先がわかっているので、自分の配送ルートに応じた休日が設定しやすくなっていて、休日は固定の曜日で取得できる可能性が高くなっています。

顧客が一般的な会社であればカレンダーの曜日と同じ休日になりますが、曜日に関係なく営業している業種であれば、必ずしも土日や祝日が休日になるわけではありません。しかし他の配送業よりも、希望する日を休日にしやすいでしょう。

ルート配送転職のポイント5:残業

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

配送というのは交通や取引先の事情、荷物の入り方などで勤務時間を固定しにくいという要因はありますが、ルート配送では事前に対応ができることが多く、残業は他の配送業よりも少なくなっています。

転職先を決める際は仕事での拘束時間は重要になりますが、ルート配送では転職時の求人広告や面接である程度わかります。これはほとんどが同じ時間帯で配送できて計算できるからで、ルート配送の最大のメリットでもあります。

ルート配送転職のポイント6:福利厚生

ルート配送は取引先が安定している関係で福利厚生が手厚い会社が多く、従業員をとても大切にする傾向が強いと言えるでしょう。そのため転職で業種を選ぶ場合に福利厚生を重視するのであれば、ルート配送を一考する余地はあります。

ルート配送はドライバーがいなければ業務が遂行できず、退職されると配送業者にとって痛手になるのは間違いなく、長く在籍してもらうために会社側も努力を行っています。

ルート配送転職のポイント7:会社選びの重要性

ルート配送では取引先によりその業務内容が異なるため、転職する場合は会社の規模や業務の遂行方法を知ることは大切です。仕事は継続することに意味があり、適当に会社を決めると退職も簡単に考えるようになってしまいます。

ルート配送ではドライバーは頻繁に変わると顧客が不信感を持つこともあり、転職で入社してもその責任は感じて行動しなければいけません。

ルート配送に転職しよう!おすすめ転職サイト5つ

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

現在は求人広告を行う場合にインターネットを活用する場合が多くなっていて、ルート配送などの配送関係の求人を中心に掲載するサイトも増えています。

全ての職種を掲載する求人サイトも選択肢が広がるというメリットがありますが、ルート配送に転職することを決めたのであれば、専門的に配送関係の仕事の求人を扱っているサイトの方が役立つことが多いと言えるでしょう。

ルート配送に転職しよう!おすすめ転職サイト1:トラックマンJOB

トラックマンJOBはトラックのドライバー求人を掲載しているサイトであり、トラックを使った配送業であれば、その種類を問わず情報を提供しています。ドライバー職に転職したい人には、業種を選ぶ際の資料にすることもできるでしょう。

このサイトでは細かく設定して求人先を選定することもでき、ドライバーに転職するのに疑問に感じている内容は質問すれば答えてもくれるので、とても役立つサイトの作り方になっています。

ルート配送に転職しよう!おすすめ転職サイト2:はたらいく

「はたらいく」は配送の業種に特化した求人サイトではありませんが、求人数が多く業務内容を詳しく説明しているので、転職活動で使うには有効です。

求人サイトは良い内容ばかりを掲載し、求職者の目に止まるようにすることがありますが、それでは実際に業務に就いた場合に不満に感じるケースが生じることもあるでしょう。このサイトでは最初から悪い部分も掲載していて、とても良心的です。

ルート配送に転職しよう!おすすめ転職サイト3:ドラピタ

「ドラピタ」はドライバー職の求人専用のサイトであり、ドライバーの仕事であればほとんどの業種が揃っているので、どのようなドライバー職に就くのか絞り込む場合に役立つでしょう。

このサイトはドライバーではないフォークリフトなどの求人も掲載していて、ドライバーではない配送関係の仕事を探す場合にも有効になっています。

ルート配送に転職しよう!おすすめ転職サイト4:タウンワーク社員版

「タウンワーク」は全ての業種に対応している求人サイトですが、この「社員版」は正社員限定での求人を掲載していて、ルート配送で長く従事する希望がある人に正社員の求人情報を提供してくれます。

配送関係の仕事は正社員を前提にする場合が多いのですが、大手を中心に正社員ではない雇用形態の種類が増えているのが実情です。転職では雇用の安定も重要であり、正社員を目指すのであればこのサイトを利用するといいでしょう。

ルート配送に転職しよう!おすすめ転職サイト5:マイナビ転職

「マイナビ転職」は転職サイトでは大手で利用者がとても多く、求人数が豊富なので自分に適したルート配送の会社を選べることができます。また利用者が多いので、信用度も高いと言えます。

このサイトでは転職で採用されるためのノウハウや方法を情報提供していて、早期に転職を成功させたい人には最適な求人サイトの一つです。他の業種の可能性を模索する人にも、どのような仕事があるのか知るためのいい機会になるでしょう。

ルート配送ドライバーに転職しよう!

ルート配送ドライバーに転職を検討するときのポイント7つ|必要な免許

転職は給与ばかりでなく、仕事とプライベートのバランスや安定性など、総合的に判断して仕事と会社を選らばなければいけません。事前によく考えずに転職を行えば、また退職と転職を繰り返すだけです。

ルート配送は配送業ですが配送時間が計算でき、どこに配達すればいいのかという不安も再配達の確率もほとんど無いでしょう。

配達の業種は多いのですが、どれが自分に適しているのか判断して行動することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related