Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ|おすすめ転職サイト

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ|おすすめ転職サイト

慢性的で深刻な人材不足に悩む運送業界は、転職しやすい業界です。現在は、少しでも人員を確保するために職場環境や待遇を改善している会社も多いです。できるだけ好条件の会社に巡り合えるように、この記事では注意したい事やお勧めの転職サイトを紹介しています。


運送業とは?

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ|おすすめ転職サイト

運送業は、荷物や人を運ぶ仕事だけではなく、荷受けや倉庫の仕分けなどの作業も含まれます。

運送方法は、経路によって「陸運、空運、海運」に分類されます。一番私たちの暮らしに身近なのは陸運で、決まった場所・決まった時間にルート配送する小型・中型トラックや、時間をかけて長距離配送する大型トラックでしょう。

また、人を運ぶバスやタクシー、鉄道業務も旅客に分類される運送業の1つとされています。

運送業に転職を検討する動機

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ|おすすめ転職サイト

運送業への転職を検討する動機には、今までの経験や生活の中で、ドライバーに求められることが何かを考えてアピールしてみましょう。

異業種からの転職であっても、接客業や営業職であれば、「対人スキルやコミュニケーション能力」を、力仕事であれば「体力」をアピールすることができます。

経歴のすべてをアピールする必要はありませんが、運送業に活かせそうなところを考え、ポジティブな志望動機を考えましょう。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ

現在、ほとんどの運送会社が慢性的で深刻な人手不足にあるので、人材確保のために待遇面を改善している所が多くなっています。

しかしながら、今でも古いブラックな体質を残している会社も少なくないのが現状です。そのため運送業を志す方は、後悔のない転職ができるように企業研究などの準備しましょう。

以下に、運送業に転職する際の9つの注意点を記しますので、参考にして下さい。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと1:仕事内容

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ|おすすめ転職サイト

運送業は、運搬する荷物によって仕事内容が変わってきます。

まずは、配送センターや倉庫から出荷された商品を小売店や購入者のもとへ運ぶ「トラックドライバー」の仕事です。

他には「旅客運送」の仕事です。「旅客運送」は人を運ぶためのもので、バス、タクシー、電車、船舶、飛行機など運賃をもらう運送すべてを指します。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと2:未経験でも応募できるか?

運送会社への転職は、未経験であっても比較的応募しやすい状況にあります。

ただし、ドライバー職は想像以上に心身ともにハードな仕事です。定められた配送時間に間に合うよう、安全面に注意を払いながら輸送することが求められます。

さらに、運転時間が長い長距離ドライバーは交通事故のリスクも高く、ルート運送であっても積み下ろ作業で腰を痛める人が少なくありません。十分な覚悟をもって応募するようにしましょう。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと3:免許について

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ|おすすめ転職サイト

運送会社で働く場合、小型トラックで勤続するよりも、中型・大型免許を取得した方が、仕事の選択肢が増え、給与も上がります

就職するなら、免許取得費用を補助してもらえる会社を選びましょう。補助内容は、一部補助から全額補助まで、会社によってさまざまですが、牽引、フォークリフト、小型移動式クレーンなどに適応されます。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと4:給与について

給与については歩合制で、働きに応じて異なるケースが多く、給与が基本給+手当という会社では、手当が大きな割合を占めることもあります。
 
一般企業のようなボーナスや、昇給制度はない会社の方が多いでしょう。運送業は、職場によって条件の良し悪しが大きく変わるので、求人票などはしっかり目を通すようにしましょう。

運送業界やドライバーの知り合いに評判を聞いて、できるだけ正確な情報を集めることをお勧めします。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと5:勤務時間

勤務時間については、特に長距離運転手の場合、8時間と記載があっても、実際はそれより長時間になることが多いです。

長距離運転手の場合、休息や睡眠時間が思うように取れないので、食事や睡眠などの自己管理が大切になってきます。

残業のない仕事を探すのであれば、近距離を回る小型~中型トラックなどで、決まった時間に決まった相手に配送する業務を探しましょう。ただし、積み下ろし作業が多いので腰を痛める人も多いです。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと6:休暇について

運送業の休みは少なく、休日出勤が多い傾向があります。大型トラックの運転手ほど休日を取得できない傾向が多く、1週間休みなしというケースも珍しくありません。

「休日が休息時間(8時間)と足して32時間に満たない」、「休日出勤が毎週ある」、「有給休暇の取得の拒否がある」などは違法ですが、守られていない会社は残念ながら多いです。

なるべく人員の多い、コンプライアンスがしっかりした大手運送会社を探しましょう。

Bottom banner

運送業に転職するときに気を付けるべきこと7:事故の場合の対応

運送業に従事している人が、仕事中に起こした事故の対応は、会社によって異なるので、就業時の契約書類を確認しておきましょう。

物損事故や、人身事故でも相手が軽傷の場合は会社が賠償金を払う場合が多く、厳重注意や反省文で収まることが多いでしょう。大きな損害事故や人身事故は、ドライバーの免許を取り消され解雇される場合もあります。

また、自身が事故に遭って働けなくなった場合の休業損害についても確認が必要です。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと8:運送会社の選び方

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9つ|おすすめ転職サイト

求人広告に記載されていることを鵜呑みにせず、曖昧な表現はきちんと確認するようにしましょう。労働環境が改善してホワイト企業も増えていますが、ブラック企業も残念ながら存在します。

会社設立10~20年以上で福利厚生がしっかりしている会社、下請けでなく元受けや荷主の会社、トラックの種類が小型~大型まで各種揃っており、免許取得応援制度のある会社や、頻繁に求人を出していない会社は優良企業であることが多いです。

運送業に転職するときに気を付けるべきこと9:転職サイトは利用すべき?

運送業界で実績を積むには、最初に勤務する会社選びの段階から慎重になる必要があります。

転職サイトを利用すると、大企業やホワイト企業の探しやすさがまったく違ってきます。会社選びだけでなく応募先企業に合った面接対策や、給与交渉も代わりに行ってくれるので、転職に対する心強い味方になってくれるでしょう。

転職サイトでは、非公開求人も紹介してもらうことが可能で、その分だけ良い条件の仕事を見つけやすくなります。

運送業に転職するときにおすすめの転職サイト5つ

大手で知名度のある転職サイトは、企業が求人掲載する際の料金が高く、それだけ人材確保に力を入れている大手運送会社が多いと考えてもよいでしょう。

ここでは、運送業に転職を考えている人にお勧めの転職サイトをご紹介していきます。

それぞれの強みなども記載しているので、複数登録して使い分けるのも優良企業への就職の近道です。

運送業転職おすすめサイト1:はたらいく

「はたらいく」は、地域密着型のサイトなので、自分の住んでいる近くで求人を探している方にお勧めです。

激務であることが多い運送業では、自宅から勤務地の距離も重要になってきますトラック運転手の求人数も多く、更新頻度も高いです。未経験者歓迎の求人も多数掲載されているので見てみましょう。

ただし、大手だけでなく中小企業も数多く掲載されているので、大手を考えている方は注意が必要です。

運送業転職おすすめサイト2:トラックマンJOB

「トラックマンJOB」は、求人票の情報が具体的で、全国の求人が掲載されており、正社員での雇用が8割を超えている転職サイトです。

会員登録をすると、希望条件に合う求人があった際にメールを通して教えてくれるサービスもあります。

特に正社員の募集があるのは嬉しいポイントです。長く安定した立場で働きたい、という正社員志望の方にお勧めです。未経験可の求人は、全求人の6割程度で、やや少なくなります。

運送業転職おすすめサイト3:ドラEVER

ドライバー専門サイトの中では、コンテンツの豊富さと見やすさがダントツと言えるでしょう。

運送業の求人は1,400件近くあり、こだわり検索、こだわり特集、給与順、家から近い順などに並べられる機能もあります。会社の様子が分かりやすい写真が多く、動画での会社紹介もあるので、職場のイメージがしやすくなっています。

難点は求人数が関東地方に偏っている点と、求人数が多く、未経験者に良い会社が見抜きにくい点です。

運送業転職おすすめサイト4:リクナビNEXT

転職決定数№1を誇る日本最大級の転職サイトで、転職者の約8割が利用しています。

大手運送会社の求人も豊富で、初心者にも敷居が低い、小型トラック~中型トラックの募集や、ルート配送の求人も多数掲載されています。

ただし、会員登録をしていないと求人に応募することはできません。無料で会員登録できますので、運送業への転職に関する新着情報が、常にメールで届くような体制にしておきましょう。

運送業転職おすすめサイト5:doda

dodaは、運送業では少ないエージェントがある転職サイトです。エージェントは、あなたの希望を聞いた上で、それに合った求人を紹介してくれる仲介者です。

会社に聞きづらいことを、エージェントが代わりに聞いてくれたり、面接のセッティング、給与交渉まで行ってくれます。

キャリアカウンセリングに時間がかかるのがやや難点ですが、入社2年間のサポートもあるので、未経験者や女性でドライバーになりたい人にもお勧めです。

運送業への転職を検討しよう

3K(きつい、汚い、危険)と呼ばれたり、ブラックなイメージがある運送業ですが、実際は深刻な人手不足なので、多くの運送会社は退職者が出ないよう、色々な面でドライバーを優遇するようになってきています。

運送業未経験でも資格取得の補助をしてくれる会社も多く、十分に働ける環境が用意されており、労働環境も向上しつつあるので、安定して長く勤められます。良い条件の運送会社への転職を検討してみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人