Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手への転職での留意点10個|転職がしやすい理由3つ

トラック運転手への転職での留意点10個|転職がしやすい理由3つ

トラック運転手へ転職するには必要な資格や免許だけでなく、ドライバーとしての心構えが必要になります。トラック運転手として仕事を続ける覚悟があるか、またドライバーとしての安全に配慮した作業ができるかなどが問われます。心構えを整えて転職を成功させましょう。


トラック運転手の転職を成功させるには心構えも必要である

トラック運転手の転職を成功させるには、ドライブテクニックよりも運転手としての心構えが必要になります。トラック運転手の仕事は長時間の運転や重い荷物の運搬作業などがあり、仕事をする上の心構えができていなければ勤まらないからです。

トラック運転手に転職したい人は、運転手以外の職業でも責任感を持って仕事をして、トラック運転手としての気構えを作るようにしましょう。

トラック運転手へ転職するときの留意点10個

トラック運転手へ転職する際に留意する点が10点ほどあります。そのほとんどが勤務をする上で関わってくることなので、よく留意しながら働く運送会社を選ぶ必要があります。また、自分のライフスタイルから働く運送会社を決めることも大切です。

トラック運転手の人は、資格や免許を取得して、ドライバーとしての経験を積み、好条件で雇ってもらえるようにします。そのためには日々の作業をしっかりこなしていくことが必要です。

留意点1:雇用形態

トラック運転手へ転職する場合、雇用形態を留意するようにします。トラック運転手にも非正規雇用や正規雇用があるので、家族構成や働きたい時間に合わせて勤務形態を選ぶ必要があります。

トラック運転手の転職を考えている人は、面接の際に残業にも応じられることを告げておき、正規での採用を目指すようにしましょう。もし、介護する親がいたり、手のかかる子供がいれば非正規で限られた時間働くようにします。

留意点2:勤務形態

トラック運転手へ転職する場合、勤務形態を留意することが大切です。夜勤帯での勤務や、長距離ドライバーの求人もあるので、自身の力量に合った勤務形態を選ぶ必要があります。長く仕事を続けるためには無理のない勤務形態を選ぶことが大切です。

トラック運転手に転職したい人は、今までの勤務形態に近い時間帯に仕事をしながら、他の勤務形態に慣れるようにしましょう。

留意点3:休日

トラック運転手の仕事をする場合、休日はどのように取得できるのかを確認するようにします。トラック運転手の場合、勤務時間が不規則になりがちなので労働時間に対してどれだけの休日が取れるか運送会社へ確認する必要があります。

トラック運転手への転職を考えている人で休日が取りにくい場合は、待機時間などを利用して私生活の用事を済ませるようにします。また、お酒を飲む時間をよく考えて飲酒運転を避けるようにします。

留意点4:運転車両

トラック運転手への転職をする場合、仕事で扱う車両に留意するようにします。今まで扱ったことがない車両で仕事をすれば、事故を起こしやすくなるので、使い慣れた車両を使う必要があるからです。

トラック運転手へ転職を考えている人は、大型普通免許だけでなく、けん引免許、フォークリフトの資格を取り、幅広く仕事ができるようにすると良いでしょう。

普通免許を取得した人の中には、バスやトラックを運転できるように、大型免許を取得することを考えている人もいることでしょう。

日本では、車両総重量が11トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗車定員30人以上のいずれかの条件を満たす車両を運転する場合は、大型免許が必要です。また、大型免許の取得には資格制限もあり、年齢が21歳以上で、運転経験が3年以上なければ取得できません。

出典: http://www.menmado.com/lodge/kiso/kiso27/ |

留意点5:荷物の種類

トラック運転手の転職を決めるときに運ぶ貨物はどのようなものかを知っておく必要があります。今まで扱ってこなかったものはトラブルを起こしやすく、破損させた場合にドライバーの過失になるからです。

トラック運転手の仕事をする人は、運ぶ貨物の留意点を本部に確認して、荷物に合わせた運び方をするようにします。また、破損してしまった場合の対応の仕方を本部に問い合わせるようにしましょう。

留意点6:距離

トラック運転手へ転職するときには、仕事でトラックを動かす範囲を確認しておきましょう。長距離での運搬に慣れていなかったり、土地勘がないのに広い範囲で仕事をすることになっても満足な仕事ができません。そのため仕事で移動する距離を確かめておく必要があります。

トラック運転手として仕事をする人は、面接の際に担当する距離を聞いて確かめながら、後日、マイカーを走らせて道の確認をするようにします。

留意点7:給料形態

Bottom banner

トラック運転手へ転職する際は給料形態を留意して決めることも大切です。給料自体が日払いなのか月払いなのかを確認しておけば安心して仕事に打ち込むことができます。また、残業代の支払い方法を確認することも大切です。

自分で運送会社へ給料の支払い方法を聞いておき、不明な点をなくして納得して入社を決めるようにします。また、その際に事故が起きた場合の車両などの保証なども確認するようにしましょう。

留意点8:固定給以外の給料

トラック運転手へ転職する際、固定給以外の給料はどう支払われるか確認することも大切です。トラックの仕事は物流の仕事なので、突発の仕事が入ることが多く、その際の支払い方法についてはっきりさせておく必要があるからです。

トラック運転手へ転職を考えている人は、面接の際に突発の仕事に対する給料の計算法を確認するようにします。また、残業代などはどのような計算法で支払われるか聞くようにしましょう。

留意点9:各種保険

トラック運転手へ転職する際、どのような保険に加入できるか確認するようにします。ドライバーも生身の体で仕事をしていくので、厚生年金や健康保険が完備されているのかを確認する必要があります。

トラック運転手へ転職を考えている人は、厚生年金や健康保険、失業保険が完備されている企業を探して入社するようにします。また、結婚や出産などの手当てを受けられる企業を選ぶようにします。

留意点10:教育体制

トラック運転手に転職する際、運送会社がどのような教育体制を整えているかに注目するようにしましょう。トラックの仕事は危険が伴う仕事なので、職場教育が行き届いていない場合、仕事がしづらくなり、怪我をしやすくなるからです。

自分で運送会社の面接を受けた際、面接官へどのようなドライバー教育がなされているのかを聞くようにします。

トラック業界への転職がしやすい理由3つ

トラック業界は転職がしやすいと言われています。ドライバーの確保が難しいことが主な理由になっており、人員確保のため未経験の人でも採用されやすくなっています。どの職種でも人手不足が問題になっており、トラック運転手も例外ではないです。

トラック業界へ転職を考えている人は、今までの職務経験の共通点を活かしてドライバーの仕事をするようにします。

1:人材が不足している

トラック業界へ転職しやすい理由に人材不足の問題が挙げられます。ドライバーの仕事はハードな仕事なので、運転手として働きたい人が少ないためです。そのため、採用される確率が高くなり努力次第では収入を上げることもできます。

トラック業界へ転職を考えている人は、職場教育が徹底している運送会社を選び入社するようにします。ドライバー教育が徹底している会社ならば、長く勤めている人が多く、働きやすいからです。

2:年齢が関係ない

トラック業界へ転職がしやすい理由にさまざまな年齢の人が活躍できる点があります。ドライバーの仕事は免許さえあれば仕事が成り立つので、健康に留意すれば長く働くことができます。

ドライバーとして仕事をする人は、自分で食事を管理して、健康寿命を延ばして長く働けるようにしましょう。

3:未経験でもなれる

トラック業界の仕事は未経験の人でも採用してくれることが多く、転職がしやすいです。トラック運転手の職業が細かいことを覚える必要がないため、未経験の人でも仕事がしやすいですが、危険が伴う仕事なので安全を考えた作業をする必要があります。

トラック業界へ転職する人で、ドライバー業務が未経験の場合は必要な免許を取得しておき、体調を留意して仕事をするようにします。

トラック運転手への転職の際には事前に情報を収集しておきましょう

トラック運転手に転職するには勤務形態や雇用形態の情報を集めて、運送会社を探すことが大切です。自分で事前にトラック運転手の仕事内容や勤務形態などを詳しく調べておかないと、入社してから後悔することになるのであらかじめ調べておく必要があります。

トラック運転手へ転職を考えている人は、入社を考えている企業の情報を集めて、自分のライフスタイルやドライバーとしての力量に合う会社を選ぶことが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人