Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

これから運送会社に転職をしようとお考えの方、必見です。この記事では運送会社の面接に適した服装に加えて、NGな服装について徹底解説しています。また、面接で担当者に良い印象を与えるためのポイントについてもご紹介しているのでぜひご覧ください。

運送会社の面接にはどんな服装で行くべきか?

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

昨今ではネット通販の利用者が急増しており、それによって運送業界は恒常的な人手不足に悩んでいます。

そのため、未経験者であっても運送会社では正社員として採用される確率が高く、運送業界は転職先として人気を集めています。

運送会社に応募する方にとって気になるのが、どんな服装で面接に臨めばよいのかということでしょう。ここでは、運送会社の面接時のマナーについてチェックしていきましょう。

会社によって違うので問い合わせしてもよい

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

結論を先取りしてしまうならば、運送会社によって面接に適した服装は異なってくるので、事前に服装に関する指定がないのならば運送会社に問い合わせてもOKです。

スーツの着用が必須のところもあれば、カジュアルな服装が望ましいとするところもあり、面接の服装に対する考えは運送会社によってまちまちです。

いざ面接時に服装でミスマッチを起こさないように、事前に運送会社に確認しておきましょう。

運送会社の面接に適した服装3種

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

運送会社によって面接に適した服装はまちまちとは言え、その傾向は3つに大別することができます。

ここからは、運送会社の面接を受ける際にふさわしいおすすめの服装を3パターンご紹介していきます。

面接官によい印象を持ってもらうためにも、まずは応募した運送会社の雰囲気に合う服装を着用することからスタートしましょう。

運送会社の面接に適した服装1:大手運送会社の場合はスーツにネクタイ

大手の運送会社の面接を受ける際には、スーツにネクタイという服装で行くのが基本です。

大手の運送会社はビジネスパーソンとしてきちんとした見た目であることを応募者に求めているため、カジュアルな服装は避け、ビジネススーツを着用しましょう。

また、おしゃれな色や柄のスーツ・ネクタイも避けるべきです。リクルートスーツのような堅苦しい服装で行く必要はありませんが、ダークスーツに控えめなネクタイを選びましょう。

運送会社の面接に適した服装2:夏場はクールビズ

夏場に運送会社の面接を受ける際には、クールビズの服装で行くのが望ましいでしょう。

夏素材の風通しのよいジャケットとパンツに、白の無地のシャツを合わせるのが基本であり、ネクタイはつける必要はありません。

夏に通常のスーツスタイルで面接に臨むと汗がダラダラと流れて暑苦しい印象を与えてしまいます。

そのため、服装の指定が特にない場合は、爽やかで清潔感のあるクールビズスタイルで面接に行きましょう。

運送会社の面接に適した服装3:スーツでない場合もきちんとした格好であること

運送会社によってはスーツ以外の服装で来るように指定するところもありますが、この場合はカジュアルすぎる服装は避け、きちんと感のる服装を心がけることが必要です。

たとえばグレーやネイビーの落ち着いた無地のジャケットにダークカラーのパンツ、控えめなデザインのシャツなどを合わせれば問題ないでしょう。

きちんと感と清潔感を兼ね備えた服装であることが大切です。

運送会社の面接に適さない服装5種

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

運送会社に限らず、面接においては応募者の人物像や経歴、仕事への適性のみならず、常識的で面接にふさわしい服装をしているかということもチェックされます。

運送会社に採用されたいのならば、面接官に悪い印象を持たれるような服装は絶対に避けるべきです。

ここからは運送会社の面接にふさわしくないNGな服装を5パターンご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

運送会社の面接に適さない服装1:会社によってはスーツがNGの場合も

運送会社によっては、面接時にスーツの着用をNGとしているところもあります。

大手の運送会社がスーツの着用を求めるのに対し、小規模な運送会社ではカジュアルな雰囲気の中で面接を行うため、スーツのような堅苦しい服装を避けるように事前に指定してくるところも少なくありません。

だからと言って、ラフすぎる格好はNGです。清潔感のあるオフィスカジュアルスタイルで面接に臨みましょう。

運送会社の面接に適さない服装2:前の会社の作業着

運送会社の面接にふさわしくない服装のひとつとして、前の会社の作業着も挙げられるでしょう。

作業時自体ラフすぎる服装ですので、面接にはふさわしくありませんが、それが前の会社のものであればなおさら、面接官に悪い印象を与えてしまうでしょう。

前の会社から支給されたユニフォームは、前の会社の中でのみ着用すべきです。

運送会社の面接に適さない服装3:Tシャツや半ズボン

Tシャツや半ズボンといったカジュアルすぎる服装も、運送会社の面接時にはふさわしくありません。

確かに運送会社の面接は他の職種と比べてもカジュアルな雰囲気であることが多いですが、だからと言ってビジネスパーソンとしてふさわしくないラフすぎる服装で行くと、常識を疑われてしまいます。

たとえばTシャツの代わりにきちんと感のあるポロシャツを選び、上品な長ズボンを合わせるとよいでしょう。

運送会社の面接に適さない服装4:ジーンズ

運送会社の面接に適さない服装のひとつに、ジーンズも含まれるでしょう。

今でこそジーンズはおしゃれなアイテムとして認知されていますが、年代が上の方にとってジーンズは労働者の着用する作業着として認識されていることも少なくありません。

運送会社の面接とは言え、それなりにフォーマルな服装で臨むべきですので、ジーンズを履いていくのは絶対にNGです。

運送会社の面接に適さない服装5:汚れている服装

汚れていて清潔感のない服装も、運送会社の面接にふさわしくない服装として挙げられます。

面接時にはビジネスパーソンとして必須の常識や清潔感があるかということが服装を通じてチェックされるため、ヨレヨレでシワのある服や汚れのついたままの服を着て行けば、面接官にかなり悪い印象を与えてしまうでしょう。

また、そのような服装をしていれば、性格もだらしないと思われてしまいかねません。

運送会社の面接で服装以外に気を付けるポイント5つ

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

以上では、運送会社の面接時に注意すべき服装のポイントについて解説してきました。このように服装に気を配ることも大切ですが、面接官に良い印象を持ってもらうためには、他にも気を配るべきことがいくつもあります。

ここからは、運送会社の面接時で気をつけるべきポイントを5つピックアップしてご紹介していきますので、面接を受ける前にぜひ参考になさってみてください。

運送会社の面接ポイント1:履歴書の書き方

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

運送会社の面接を受ける際には、面接官に良い印象を持ってもらうために、履歴書を丁寧に美しい字で書くことが必要です。

履歴書の字が汚かったり雑だと、いい加減な性格をしていると判断され、責任ある仕事を任せられない人物だというレッテルを貼られかねません。

字を美しく書くことはもちろん、学歴や職歴を省いたり手抜きをせずに、規定に沿って全てをきちんと記入することが大切です。

運送会社の面接ポイント2:職務経歴書を持参すること

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

職務経歴書を持参するというのも、運送会社の面接を受ける際に気をつけたいポイントのひとつでしょう。

事前に運送会社から職務経歴書を持参するように連絡がなかったとしても、気を利かせて持参するのがマナーです。

素のままで持参せず、履歴書を一番上にし、その次に職務経歴書を重ねて封筒に入れた状態で持参するようにしましょう。

運送会社の面接ポイント3:免許証を持参すること

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

運送会社の面接時には、免許証を持参することが必要です。運送会社によっては採用後に免許証の取得支援を行ってくれるところもありますが、それでも運転に必要な免許証を持っていれば大きなアピールポイントとなりえます。

また、免許証は本人確認の一環としてもチェックされるので、忘れずに持参しましょう。

運送会社の面接ポイント4:時間厳守

絶対に遅刻しないということも、運送会社の面接を受ける際に気をつける点として挙げられるでしょう。

運送会社で働くということは決められた時間を守って荷物を輸送せねばならないということであり、時間にだらしない人はそれだけで採用されるのが難しくなってしまいます。

少なくとも、面接が始まる15分前には余裕をもって会場入りをしておきましょう。

運送会社の面接ポイント5:タバコなどの臭いに気をつける

運送会社の面接時には、体臭に気をつけることも大切です。ヘビースモーカーの方の場合、タバコの臭いをぷんぷんとさせながら面接を受けてしまい、面接官に悪い印象を与えてしまうこともありえます。

面接前にはタバコを吸ったり臭いの強い食べ物を採るのは避け、また夏場にはボディシートなどを使って体臭ケアを行っておきましょう。

運送会社の面接に適した服装は会社によって違う

運送会社の面接に適した服装3種と適さない服装5種|面接のポイント

今回は運送会社の面接の服装について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

運送会社によって面接時に適した服装が異なってくるので、自分が応募した運送会社がどのような服装を求めているのかを事前によく確認しておきましょう。

Related