Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

車好きにおすすめの仕事13選|好きな仕事に就くメリット

車好きにおすすめの仕事13選|好きな仕事に就くメリット

車好きならば、その趣味を活かした仕事に就いてみてはいかがでしょうか。この記事では車好きの方におすすめしたい、車に携われる仕事を13選ご紹介しています。また、車関連の仕事に就くことのメリット・デメリットについても解説しているのでぜひご覧ください。


車好きに向いている仕事とは?

車好きで、休日は自分の運転する車でドライブに出かけたり、車の展示会に行って好きな車をチェックするという方も多いことでしょう。

とりわけ男性の中には、車好きの人が一定数存在します。車好きならば、その車への情熱を活かして車に関連する仕事に就いてみてはどうでしょうか。

本記事では、車好きにおすすめの仕事について特集しています。ここではまず、車好きに向いているおすすめの仕事について概要を見ていきましょう。

車のどんなところが好きか?

車好きに向いている仕事を考える上で重要なのが、車のどんなところが好きかということです。

車好きと一口に言っても、車を運転することが好きな人もいれば車自体がすきな人、あるいは車をいじるのが好きな人もいます。

たとえば車を運転することが好きな人ならば憧れのカーレーサーの仕事や、タクシードライバー・トラック運転手などの仕事が向いています。

また車いじりが好きな人は、機械工や整備の仕事が向いているでしょう。

どんなことが得意か?

車好きだからと言って、それだけで車に関連する仕事に就けるわけではありません。車に関わる仕事がしたいならば、そのような仕事に就けるだけのスキルや知識を身につけていることが必要です。

たとえば運転が得意で、高い運転技術を持っている人ならば、カーレーサーや操縦の難しい大型トラックの運転手などの仕事が向いているでしょう。

また、車に関する豊富な知識を持っている人ならば、車の評論家のような仕事もおすすめです。

車好きにおすすめの仕事13選

以上で見たように、車好きの人に向いている仕事はさまざまです。自分の適性や能力によって、無機・不向きも変わってきます。

ここからは、車好きの人に向いているおすすめの多種多様な仕事を13個ピックアップしてご紹介していきます。

機械に関する知識が必要な仕事もあれば、繊細な技術が必要な仕事、あるいは高い運転技術が求められる仕事もあります。

車好きの方はぜひ以下の仕事を参考にしながら就職先を見つけてみてください。

仕事1:自動車整備士

車好きにおすすめの仕事としてまずご紹介したいのが、自動整備士の仕事です。車の部品や機械に関する知識があり、なおかつ車をいじるのが得意な車好きには、自動整備士の仕事は天職とも言うべき存在でしょう。

なお、自動整備士になるためには車好きという適性のみならず、自動車整備士技能検定試験を受験し、合格することも必要です。

この資格は4種類あり、それぞれの種類によってできる仕事や難易度が異なってきます。

仕事2:自動車メーカー社員

自動車メーカーの社員も、車好きにおすすめの仕事のひとつとして挙げられるでしょう。自動車メーカーに勤めれば、車に関するマーケティングや新車の企画など、幅広く車に関わることができます。

なお、大手の自動車メーカーの正社員として就職することができれば、稼ぎもよくなるというのもおすすめのポイントです。

例えばトヨタ自動車の正社員の平均年収は約845万円であり、高給取りの仕事であると言えるでしょう。

仕事3:自動車ディーラー

車好きにおすすめの仕事の種類のひとつに、自動車ディーラーも含まれるでしょう。自動車ディーラーは新車や中古車など、さまざまな種類・価格帯の車の販売に関わる仕事です。

仕事中にたくさんの車を見たいという車好きにとっては、自動車ディーラーの仕事はピッタリと言えます。

なお、自動車ディーラーは接客業でもあるので、お客様に車のおすすめポイントを魅力的に伝えられるコミュニケーション能力やトーク術が必要でしょう。

仕事4:中古車販売

中古車販売の仕事も、車好きにおすすめの職業のひとつとして挙げられます。自動車ディーラーが新車も扱うのに対し、中古車販売の仕事は中古車に限定して販売することになります。

中古車とは言え、さまざまなメーカー・デザイン・年代の車を仕事を通じて見ることができるため、車を見るのが好きという方には楽しい仕事だと言えるでしょう。

なお、中古車販売の仕事には、自動車ディーラーと同様に接客術や対人スキルが必要です。

仕事5:ガソリンスタンド従業員

車好きの人に向いているおすすめの仕事のひとつが、ガソリンスタンドの従業員です。ガソリンスタンドの従業員は仕事中、スタンドを利用するお客様のさまざまな車を近くで見ることができる仕事です。

ガソリンの補給や車の清掃など、ガソリンスタンドの従業員は何かと体力のいる仕事ですが、その分やりがいもあるでしょう。

また、学歴や職歴があまり重視されないため、これまでのキャリアに自信がないという方にもおすすめできます。

仕事6:ドライバー

ドライバーの仕事も、車好きにおすすめしたい車に関する職業のひとつです。特に車を運転するのが好きな方ならば、ドライバーに就職すれば好きなことを仕事にすることができます。

なお、ドライバーと一口に言っても、接客業の側面が強いタクシー運転手やバス運転手もあれば、仕事中の大半は一人で過ごすトラック運転手の仕事もあります。

人とコミュニケーションを取るのが苦手な方や、一人が好きな方は後者が向いているでしょう。

仕事7:空港グランドスタッフ

空港グランドスタッフの仕事も、車好きに向いている職業のひとつとして挙げられるでしょう。

車好きの中には飛行機が好きな人も多く、それゆえ多くの飛行機が離着陸する空港のグランドスタッフになれば、職場で間近に車や飛行機を見ることができます。

なお、グランドスタッフの仕事は、飛行機に乗車する人への接客業がメインです。そのため、コミュニケーション能力が高く、笑顔で愛想よく接客できることが必要でしょう。

仕事8:カーレーサー

カーレーサーも、車好きに向いている人気の仕事として挙げられます。高スピードで車を走らせた時の躍動感や爽快感がたまらないという車好きにとって、カーレーサーは憧れてやまない職業でしょう。

車好きの男性の多くは、おそらくF1ドライバーに憧れを抱いているのではないでしょうか。カーレーサーやF1レーサーになるのにはお金も必要で、門戸は非常に狭いです。

また、卓越した運転技術も必要になってくるでしょう。

仕事9:車関係雑誌編集者

車好きに向いているおすすめの仕事のひとつとして挙げられるのが、車に関する雑誌の編集者です。

車雑誌の編集者ならば、インタビューや取材を通じて、まだ販売されていない新車のお披露目会にいち早く参加することもできます。

また、大手自動車メーカーの広報とのコネクションもできますし、新車に関する多くの情報を得ることもできるでしょう。

文章力に自信があり、なおかつ丁寧な取材やインタビューができる人におすすめです。

Bottom banner

仕事10:車関係ライター

車関係のライターも、車好きにおすすめしたい仕事のひとつとして挙げられます。車専門の雑誌の編集者でなくとも、車をメインにしたフリーランスのライターならば、仕事を通じてさまざまな車に触れることができます。

新車の発表会に立ち会うこともできますし、何より大好きな車に関することをそのまま仕事にできるため、毎日が楽しく感じるはずです。

編集者と同様に、高い文章力と車の魅力を読者に伝えられる技術が必要です。

仕事11:車評論家

車好きにおすすめの仕事のひとつに、車の評論家も挙げられるでしょう。車の評論家は、車に関する豊富な知識を持っている人にピッタリの仕事です。

新車に関していち早い情報を入手するだけでなく、過去に販売されたさまざまなメーカー・年代・種類の車に関しての詳細な知識を持っていることも必要になります。

多くの場合、自動車メーカー社員や車雑誌の編集者などの仕事を経た後、車の評論家になることができます。

仕事12:車写真家

車の写真家も、車好きにぜひおすすめしたい仕事のひとつとして挙げられるでしょう。車の写真家は、車の美しさやカッコよさを熟知していなければなりたたない仕事であるため、車を見るのが好きという方にピッタリです。

また、車のフォルムの素晴らしさやクールさを写真という形で人々に伝えるためには、芸術的なセンスが必要になってきます。

どう撮れば一番車を素敵に見せることができるのか、写真のセンスが問われるでしょう。

仕事13:おもちゃ会社社員

車好きにおすすめの仕事のひとつとして挙げられるのがおもちゃ会社の社員です。おもちゃ会社の社員としておもちゃの開発や企画に携わることができれば、男の子向けの車のおもちゃを作ることができるでしょう。

車好きだからこそ、子供が夢中になるような魅力的な車のおもちゃを作ることができます。車に直接かかわる仕事ではありませんが、遊び心のある仕事であり、間接的に車に携われるのでおすすめです。

車好きが車の仕事に就くメリット4つ

以上では、車好きに向いているおすすめの仕事についてご紹介してきました。では、車好きの人間が、自分の好きな車に関する仕事に就くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、車好きな人が好きな仕事に就くことのメリットについてご紹介していきます。

生活のためには仕事をせねばならないので、どうせ働かねばならないのならば、自分の好きな車関連の仕事を見つけてみてください。

1:毎日楽しく働ける

車好きが車に関する仕事に就くメリットとしてまず挙げられるのが、毎日楽しく働けるということです。

自分の興味のあるものや好きなことに関する仕事ができれば、毎日の仕事にやりがいや楽しみを感じながら取り組むことができるでしょう。

多くの人は、20代から60代までの40年近くにわたってほぼ毎日仕事をするので、どうせならば自分が好きな車関係の仕事に就いたほうが、きっと人生が豊かになるはずです。

2:仕事の技術を習得する意欲が高まる

仕事の技術を習得するためのモチベーションがアップするというのも、車好きが車関連の仕事に就くメリットとして挙げられるでしょう。

全く興味のないことであれば、たとえそれが仕事であっても、苦労してまで技術を習得したいとは思えません。

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、もしも自分の好きな車に関連する仕事に就くことができれば、仕事に対して意欲的かつ主体的に取り組めるようになるでしょう。

3:苦労や努力を惜しまず働ける

車好きが車関連の仕事に就くことのメリットにひとつに、苦労や努力を厭わずに仕事に取り組めるというのも含まれるでしょう。

好きなことを仕事にしていれば、そのために努力をしたり大変な思いをしたとしてもへっちゃらです。

むしろ、困難なことがあればこそ、余計に闘志が燃えて「もっと頑張ってやる」という気持ちにすらなるでしょう。

つまり、好きなことを仕事にすれば成長しやすいと言えます。

4:ストレスが溜まらない

ストレスが溜まらないというのも、車好きの人が車に関連する仕事に就くことのメリットです。

全く興味のない業種に就職すれば、毎日の仕事が苦痛で仕方がありませんが、好きなことを仕事にしていればストレスよりも楽しさややりがいのほうを強く感じることでしょう。

60代まで続けなければならない仕事だからこそ、ストレスが溜まらず、自分にとって楽しいものを選びたいところです。

車好きが車の仕事に就くデメリット3つ

以上で見たように、車好きな人が車関連の仕事に就くことには多くのメリットがあります。ですが、メリットだけではありません。

車好きな人が整備士などの車に関連する仕事に就くことで、さまざまなデメリットが生じる可能性も十分にあります。

ここからは、好きな仕事に就くことのデメリットをご紹介していきますので、仕事選びで失敗しないためにも、ぜひ最後までチェックしてみてください。

1:稼げる仕事ばかりではない

好きな仕事に就くデメリットとしてまず挙げられるのが、必ずしも稼げるとは限らないということです。

車が好きだからと言って、フリーランスの車ライターや車写真家になったとしても、生活ができるだけの稼ぎが得られる保証はどこにもありません。

好きなことを仕事にできるのは幸せなことですが、お金を得られなければ最終的にはその仕事を辞めざるを得なくなるでしょう。

2:思っていた仕事内容とのギャップ

思っていた仕事内容と実際のそれとが全然違うことがあるというのも、好きな仕事に就くデメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

車関連の仕事に就職すれば好きなだけ車に接することができると思っていたものの、実際には地味な事務作業やきつい外回りの営業しかさせてもらえないというケースも少なくありません。

3:好きなことが嫌いになってしまう可能性

好きな仕事に就くデメリットのひとつに、好きだったものが嫌いになるということも含まれるでしょう。

仕事は利益を追求する必要があり、そのためには業績を上げねばならないので、お金や業績に追われているうちに好きだったものが嫌いになってしまうということも往々にしてありえます。

好きなことを仕事にするのは、必ずしも幸せとは限らないでしょう。

車好きが楽しめる仕事を探そう!

今回は車好きにおすすめの仕事について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。「好きこそものの上手なれ」という言葉のように、自分の好きな車関連のことを仕事にすることができれば、別の職業に就くよりも努力をすることができます。

努力をすればそれだけ業績も上がり、結果としてビジネスで成功しやすいでしょう。車好きの方は、ぜひ自分に合った仕事を見つけてみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人