Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月12日

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞める際には、何らかの理由があります。給与面であったり人間関係であったりさまざまではないでしょうか。では、実際に会社を辞める際にはどのような手順で行えば良いのでしょうか。いつどのように伝え、どういう手続きが必要なのかについてまとめました。

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞める理由

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

働きやすい会社で給与が良ければ、辞める理由がない場合もありますが、終身雇用制が崩壊した現在では、いつどのような状況になるかなど誰にもわかりません。自分が辞めるつもりはなくても、会社がつぶれてしまったりリストラでいきなり無職になってしまったという場合もあります。

そのような場合でなくても、会社を辞めると考えている人はいます。では、会社を辞めると考えている人には、どのような理由があるのでしょうか。こちらでは会社辞める人が考えている理由について説明します。

給与面

会社を辞めると考えている人の理由の1つ目は給与面です。仕事は労働に対して報酬が支払われます。しかし、会社によっては労働条件はきついのに給与は安いし労働時間が長いというブラック企業のような会社もあります。似た条件で仕事をするのであれば、少しでも給与の良い場所で働きたいというのが会社を辞める人の考えです。

人間関係

職場で働くスタッフは、いい人ばかりであるとは限りません。嫌がらせをする人や足を引っ張る人や手柄を横取りする人など、真面目に仕事をしているのが馬鹿らしくなってしまう場合もあります。尊敬する上司や先輩がいたり自分の好きな仕事であれば、ある程度の我慢もできますがそうでなければ仕事を続ける気力すらなくなります。

会社を辞めると考えている人は、何らかの人間関係のトラブルに巻き込まれ、給与が良くて仕事が好きでもやっていけないと思っていることがあります。

キャリアアップ

会社を辞めると言うと、マイナスなイメージを持つ人も少なくありません。しかし、人によっては、今よりもワンランク上の仕事をするチャンスがあり、自分自身の成長のために今働いている会社を辞める人もいます。キャリアアップによる退職の場合は、本人が会社を辞める時期や辞めた後のお付き合いなども大切になりますので、円満退社になるように心がけます。

会社の将来性

例えば来月倒産することが決定している会社で働いていて、最後まで働こうと考える人もいます。しかし、他の仕事の募集がかかっていればすぐにリアクションを起こすでしょうし、もし採用が決まったら倒産を待たずに会社を辞めるのも現実的にはありえます。会社を辞める理由としては、今現在働く会社の将来性も重要になります。

会社を辞めるタイミング

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞めると考えた際に、いつどのようなタイミングで伝えればよいのでしょうか。会社を辞めるからと言って、明日やらなければいけない仕事をほっぽり出して会社を辞めるのは社会人として一番やってはいけないことです。労働した給与は、いきなり会社を辞める場合でも支給されますが、受け取る側も払う側もあまり気持ちの良いものではありません。

では、会社を辞める際にはどのくらい前に伝えるのが良いのでしょうか。こちらでは会社を辞める時期のタイミングについてまとめます。

何ヶ月前に伝えるか

労働基準法によれば会社を辞めるには、退職日の2週間前に退職の意思を伝えれば良いことになっています。しかし、日本の会社では基本的に1ヶ月前に退職の意思を伝えるのが一般的です。職場によっては2~3ヶ月前に言わなければ受け付けない場合もあります。

また、1ヶ月前に伝えても会社の繁忙期や人手不足の場合、すんなりと会社辞ることができずズルズルと引き延ばされてしまう場合もあります。

会社を辞める決断をするとき

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞める決断をする時は、簡単に言えば働いている会社に魅力がなくなった時です。本当に今働いている会社が大好きで魅力があれば、どんな状況になっても続けたいと考えます。いい給与や待遇がある会社にスカウトされても、魅力があれば会社を辞める決断はしません。

もう1つの会社を辞める決断としては、人生の大きなイベントで、例えば結婚や引っ越しなどでその会社に通えなくなってしまい、辞めたくはないけれど辞めざるを得ない場合もあります。

会社を辞める方法

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞める方法は、その意思がある場合に限りますが簡単と言えば簡単です。一番手っ取り早いのは、会社に行かないようにすることです。早ければ1週間くらいでクビになります。しかし、社会人としてそのような辞め方は後々信頼感の欠如にもつながりますのでやめましょう。

会社を辞めるには、まず上司に退職の意思を伝えその後退職に必要な手続きをしていきます。その中には、自分が手掛けている仕事の引継ぎや次の職場へ提出する書類などもありますので、きちんとしておきましょう。

会社を辞めるときの言い方

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞めると決意しても、いざ伝えようとすればなかなか言い出せないのも現実です。こちらでは、会社を辞める時の言い方についてそれぞれ説明します。今現在、会社を辞める意思がなくても先でどうなるかわかりませんので知っておいて損はありません。いざという時のために、まずは勉強しておきましょう。

電話

会社を辞める際の手段として電話を使用する人もいますが、電話で伝えるのは体調が悪くない限りやめておきましょう。「今度お話したいことがあるのですが。」や「お時間いただいてもよろしいでしょうか。」など、直接退職の意思を伝える時間を作ってもらえるかどうかのおうかがいを立てるだけにしておきます。

時間を作ってもらえたら「お忙しいところありがとうございます。」と感謝の気持ちを伝えた後に、会社を辞める意思を伝えましょう。

上司

会社を辞める意思を伝えるのは、直属の上司です。当然ですが上司も仕事をしています。辞めるからと言っていきなり上司の机に退職願を叩きつけるのではなく「少しお時間よろしいでしょうか。」「ご相談したいことがあるのですが。」など丁寧な言葉で時間を取ってもらい、なるべく他の人がいない場所で会社を辞める意思を伝えましょう。

取引先

営業の仕事をしている場合など、取引先があることがあります。会社を辞めるとなれば、当然取引先に担当が変わることを伝えなければいけません。自分が積み上げてきた信頼関係を、今後会社で生かしてくれそうな人に後任をお願いしましょう。取引先は上司に会社を辞める意思を伝えた後に、新しい担当者を連れて挨拶に行くようにしましょう。

挨拶の際には「お世話になりました。」とお礼の言葉を伝え、新しい担当者ともどもこれからも会社をよろしくお願いしますという言葉を忘れないようにしましょう。

家族

会社を辞めるということをなかなか伝えられないのが家族です。人によっては、会社を辞めるどころか数か月経ってから家族に伝えるという人もいます。しかし、勢いだけで会社を辞めた後には収入が安定しない場合もあります。

会社を辞めるというのは言い出しにくい事でもありますが、まずは家族と相談するようにしましょう。その際には「今、ちょっと考えていることがあって。」など伝えておくと、一緒に将来についても話し合うキッカケになります。

会社を辞める手続きの方法

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞める手続きは、まず上司に退職の意思を告げて退職願を提出します。その後、退職日を決めその日までの有給消化や社会保険や厚生年金についてどこまで会社が対応してくれるのかを聞いておきましょう。時期によっては、源泉徴収票が必要になることもありますのでいつもらえるのかも確認しておきます。

各種手続きのめどがついたら、退職届を提出します。退職願であれば、考え直せば復職できますが退職届は絶対的なものですので間違えないようにしましょう。次の仕事が決まっていない場合には、失業保険の手続きも必要になりますので、必要書類がいつもらえるのかなども確認しておきましょう。


会社を辞める手続きは、こちらから言わないと会社がやってくれないものもありますので、事前に何が必要なのか確認しておきましょう。

どんな理由でも円満退社をしよう

会社を辞める理由とタイミング・決断をするとき・辞める方法・手続き

会社を辞めるという時には、いろいろな状況が考えられます。どんな状況で会社を辞めるにしても円満退社ができるようにしましょう。問題やトラブルを抱えて会社を辞める場合、新しい職場の取引先が前職だったという可能性がゼロではありません。そうなってしまうと、気まずいばかりか新しい職場ともぎくしゃくする原因になってしまいます。

働きやすかった会社ならもちろん、嫌なことが多かった会社も辞める際には笑顔で円満退社できるようにしましょう。

Related