Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

転職をする際には、必ず履歴書が必要となります。転職活動の履歴書では、職歴や資格などが重視されることが多いです。ですが、志望動機も職歴や資格などと同様に重視されます。なので、志望動機は例文などを参考にして、しっかりと内容をまとめて書く必要があります。


転職での志望動機の書き方

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

以前までは、同じ職場で長く働き続けることが良いこととされてきました。しかし、今では、新しい職場環境を求めたり、ステップアップなどを理由に転職をする人も多くなりました。

その転職をする際には、必ず履歴書が必要となります。転職活動の履歴書では、職歴や資格などが重視されることが多いです。

ですが、志望動機も職歴や資格などと同様に重視されます。志望動機には転職活動をする中で、どうしてその企業を選んだのかが書かれることになります。

なので、その志望動機容からは仕事に対する意欲や、その人の人間性などがある程度は判断することができます。そのため、志望動機は書き方は例文などを参考にして、構成を理解して書く必要があります。

その企業を選んだ理由

応募をしている企業は非常に多くあります。また、同じ業界でもいくつもの企業があり、別の業界であっても似たような仕事内容の企業があったりなどします。そのため、転職者はどの企業の採用試験や面接を受けるかを選択する必要があります。

同じような仕事ができる企業がいくつもある中から1つの企業を選ぶということは、その企業を選んだ理由があるはずなので、その企業を選んだ理由を志望動機に含めるようにしましょう。

同じような企業がある中で、その企業で働きたいという明確な理由がなければ、面接官からは他社でも同じ仕事はできるため、自社を選ぶ必要はないと思われてしまう可能性があります。

その企業を選んだ理由は例文には含まれないため、自分でその理由を例文に補う必要があります。

資格や技術をアピールする

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

転職活動をしているということは、今までに別の仕事をしてきたということです。仕事をしていれば、資格や技術、知識や経験などが身についているはずです。志望動機にはそれらの能力についても書いておきましょう。

それらの能力をどのようにして身につけてきたかを志望動機に書いておくことで、企業側は転職者が社内でどのような仕事ができるかを判断することができます。

もし、今まで身につけてきた能力について、何も書かれていなければ、企業側は入社後にどのような仕事が任せられ、どのような結果を出してくれるかを想像することができません。

これも企業を選んだ理由と同様に、資格は人によって違うため、例文には含まれていません。うまく志望動機の例文に資格の話しをおりまぜるようにしましょう。

入社後の目標を書く

上記で述べた通り、志望動機には自分の身につけてきた能力について書いておく必要があります。能力を企業に伝えておくことで、企業側は入社後にどのような仕事をしてもらえるかを想像することができます。

また、自分からもその能力を活かして、入社後にどのような仕事をしたいかという目標を書いておきましょう。

入社後の目標が書けるということは、その企業の仕事内容を理解して、その仕事内容に対して、自分はどのような貢献ができるかということをアピールすることができます。他にも、単純に入社後の仕事に対する意欲をアピールすることもできます。

志望動機の例文には入社後の目標を織り交ぜたものは多いです。なので、その例文を参考にして、細かい部分を修正しましょう。

企業のことを理解しておく

志望動機には入社後の目標を書いておく必要があります。しかし、入社後の目標が書けるということは、その企業の仕事内容や、今後の目標としている事業展開などを理解しておく必要があります。

これらを理解するためには、その企業の持つ企業理念や事業戦略などをあらかじめ調べないといけません。そのうえで、企業理念や事業戦略に共感を持ったり、魅力を感じたということも志望動機の内容に含めておく必要があります。

これは個人としての目標だけでなく、企業としての目標も一緒に達成したいという考えを伝えるためです。

当然ながら、例文には企業のことまでは書かれていないため、志望動機の例文に付け足す形となります。

転職での志望動機を書く際の注意点

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

志望動機にはある程度の書くべき内容が決まっています。そのため、志望動機の確認されるポイントは絞られています。そのポイントが企業を選んだ理由や、入社後の目標などです。なので、志望動機の例文の多くはこれに沿った内容が多いです。

必ずポイントを抑えた志望動機の書き方をしなければならないということはありませんが、あまりにポイントを外しすぎるような志望動機の書き方をしてしまうと、評価を下げてしまう可能性があります。

事業内容を把握していない

転職活動をしている人の中には、多くの企業の選考に申し込みをする人もいます。さらに、その多くの企業に申し込みをする人の中には、仕事にさえ就ければどの企業でも良いと思っているので、志望動機にその企業の仕事や企業の持つ強みについて触れることができません。

このような人は、多くの選考を受けるため、1つ1つの企業についての事業内容やその企業の持つ特徴などを把握していなかったりすることがあります。そのため、面接などで企業の事業内容や、入社後の目標などの話した際に、その企業のことを理解していないとバレてしまうことになります。

また、志望動機の例文には事業内容についてまで書かれていないため、例文を少し変えただけの場合も、企業のことを理解していないとバレてしまいます。

その企業でないといけない理由がない

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

同じ業種であったり、似たような事業内容などする企業は多くあります。しかし、同じような企業であっても、それぞれに強みや特徴があります。転職で企業を選ぶ際には、その強みや特徴などが決め手となります。

しかし、志望動機にその企業の持つ魅力に触れておらず、単に前職の経験を活かしたい、その業種に興味があったなど、転職先として、その企業である必要性はないと思われてしまうことになります。

また、その企業でなければいけないという理由が明確でない志望動機は例文を少し変えただけのものが多いため、採用担当者にもすぐにバレてしまいます。

例文をそのまま使う

志望動機は選考では重視される要素となります。そのため、転職者の中にはしっかりとした志望動機を書こうとしすぎてしまい、ネットや本などに載っている例文をほぼそのまま使ってしまうことがあります。

志望動機の例文は参考にするのであれば有効ですが、ほぼそのまま使ってしまうと、その企業の強みや魅力に沿った内容ではなく、どの企業にも当てはまってしまうような内容になってしまいます。

また、採用担当は人を採用するプロです。そのため、志望動機の例文をそのまま使っているということを見破ってしまうことがあります。もし、履歴書から例文をそのまま使っているという判断ができなくても、面接などで志望動機の内容に触れることで見破ることもできます。

年代別転職での履歴書への志望動機の例文

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

転職活動をする際には、必ず履歴書を書くことになります。その履歴書には志望動機の欄があります。先に述べた通り、志望動機は選考する際に重視される要素です。その志望動機では確認されるポイントはある程度は決まっています。

その志望動機で確認されるポイントは、どのような人でも共通のものもあれば、年代によって変わるものもあります。そのため、例文を参考にする場合には、その例文が自分に適した例文であるかを確認して利用する必要があります。

20代

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

20代で転職をするということは、前職を若い世代で早くに転職を決めたということになります。早くに転職をするということには理由があるはずです。なので、志望動機にはその理由を含める必要があります。

もし、単純に前の仕事が自分に合わなかった、人間関係でトラブルがあったなどが理由であれば、忍耐力がない人と思われてしまう可能性があります。なので、志望動機で印象を悪くしないように注意が必要です。

20代の転職志望動機の例文

新卒から入社した会社に2年勤めて、今は3年目となります。1年以上勤務しましたが、今の会社の配属先が、大学で学んできたことを活かすことのできない環境となっています。

今後、配属先を変えてもらうことができたとしても、自分の専門性や知識を活かせる環境が望めないと感じてしまいました。そのため、新しい仕事環境を求めて転職をすることを決意しました。

今の会社は配属先が決まった時点で、自分が望む環境ではないと感じましたが、実際に働いてみないとわからないこともあると思い、今まで仕事を続けてきました。しかし、新しい仕事環境を求めるのであれば、早い方が良いと思ったこと、この2年間で社会人としての基礎は身につけたと実感したこと、先輩社員などからのアドバイスなどから転職を決断しました。

30代

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

30代であれば、20代で身につけた技術をさらにステップアップさせることが目的で転職する人が多いです。採用する企業側も、30代であれば即戦力としての期待も大きいです。

なので、志望動機には今まで身につけてきた技術や知識、経験などについて触れ、その能力が企業にとってどのような役に立つことがあるかを書いた方が良いでしょう。

20代の転職志望動機の例文

現在の会社では営業を担当しています。会社には新卒から就職をして10年目となります。現在の会社の仕事環境に不満はありません。しかし、現在の仕事は既存の仕事が多く、新しいことを身につける機会が少なくなりました。

また、既存の仕事であるため、個人の仕事に対する価値や貢献度が実感しづらいということも感じていました。そのため、10年目という節目に、新たな仕事を環境を求めて転職することを決意しました。

御社では新しい取り組みを始めるに当たって、新規開拓ができる人材を求めていると知ったため、10年で培った営業の能力が活かせると感じています。また、その新しい取り組みに関する業界に対する知識も現在の会社で勉強してきた内容のため、活かせると感じています。

Bottom banner

40代

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

40代であれば、今まで勤めてきた会社でも、ある程度の実績を残している人もいます。企業側としては30代、40代の転職者には、即戦力を求めるため、今までの実績は非常に重要な要素となります。

40代の転職志望動機の例文

現在の会社では新規事業の立ち上げを行い、その市場ニーズを満たすための力を培ってきました。その事業は順調に成長させることに成功しました。事業が軌道に乗った後は部長として若手社員の育成に力を入れてきました。

現在の会社で得たマネジメント力と、教育力で、御社がこれから取り組もうとしている新規事業に対して貢献させていただければと思いました。

50代

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

50代であれば、企業としては新しいことをいてもらうには難しい年齢と思われてしまうことがあります。そのため、30代、40代よりも今までの実績が重視されます。もし、大きな実績がない場合には、仕事に対する意欲をアピールすると良いでしょう。

50代の転職志望動機の例文

以前の会社では20年ほど事務の仕事をして、社内やお客様と多くのコミュニケーションを取ってきました。その20年の事務職から、コミュニケーション能力の重要性を感じ、身につけてきました。

特に、お客様との電話連絡には非常に高い重要性を感じたため、電話応対技能検定1級の資格を取得しました。入社後には、このコミュニケーション能力を活かして、御社の発展に貢献したいと考えています。

業種別転職での志望動機の例文

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

上記で例文などで述べた通り、転職をする年齢によって志望動機は変わります。そのため、志望動機の例文を参考にする場合には、自分の年齢に適した例文を参考にする必要があります。

また、年齢以外にも、希望する転職先の業種によっても志望動機の内容は変わります。そのため、参考にする例文は転職先の業種にも合わせる必要があります。

栄養士

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

栄養士は食と人の2つに関わる仕事です。なので、志望動機には食に関する面と、仕事に関する面の両方について触れる必要があります。転職の際の志望動機の例文は仕事面に関するものが多いです。そのため、食の面に関しては自分で考えるか、食に特化した例文を探す必要があります。

栄養士の転職志望動機の例文

現在は保育園で子供たちと野菜を育てたり、食に関する行事を行ったり、食育に力を入れてきました。しかし、病気によって、成長に欠かせない食事ができない子供も見てきました。

そのため、病気を治すために栄養状態を管理することも、食の重要な面と気がつき、病気を治すための栄養サポートができる病院に勤めたいと考えて貴院を志望しました。医療の知識は少ないですが、栄養面から患者の治療をサポートしたいと思っています。

システムエンジニア

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

専門性の高い技術や知識が必要なSEは、新しい仕事環境やスキルアップできる環境を求めて、転職する人が多い業種でもあります。

転職者が多いということは、採用する企業側にはどの人を採用するかという選択肢が多いということでもあります。なので、SEの場合は若い世代であっても、転職者には実力や実績を求められることがあります。

そのため、SEの転職志望動機の例文は多くありますが、自分の経験を書く必要があるため、なかなか参考にできる例文が少ないという特徴があります。

システムエンジニアの転職志望動機の例文

現在の会社ではシステムエンジニアとして仕事をしてきましたが、主な仕事は開発よりもオペレートやメンテナンスでした。ソフトウェア開発の仕事もしてきましたが、数はあまり多くありませんでした。

そのソフトウェア開発の仕事をしているときが自分にとって仕事が楽しいと感じていることに気がついていました。そのため、多彩な業界のソフトウェア開発をされている御社に転職を希望しました。

転職での志望動機の文字数

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

履歴書には志望動機を書く欄があります。履歴書は転職活動をする際に、必ず必要となります。なので、志望動機も必ず書くことになります。この志望動機は文字数が多いほど、仕事に対する熱意があるように思ってしまっている人がいます。

しかし、採用担当者は非常に多くの志望動機を読むことになります。そのため、長々と志望動機を書くよりも、まとまった内容で短く印象の強い志望動機を書く方が良い場合は多いです。

300文字

履歴書には志望動機を欄があります。この欄はたいてい3行から5行ほどです。基本的には志望動機の欄を埋める必要があるため、300文字から500文字くらいで書くことになります。

そのため、ネットや本に載っている志望動機の例文も300文字から500文字くらいのものが多いです。文字数があまり多くないため、簡単に書けると思ってしまいますが、少ない文字数で志望動機をまとめなければいけないという難しさはあります。

800文字

転職活動をしていると、履歴書ではなくエントリーシートを代わりに提出することになることもあります。エントリーシートの場合は1枚で済まないことがあったり、ネットで情報を入力することもあります。

そのため、履歴書のように様式が決まっているわけではないため、志望動機の欄が大きく取られている場合があります。欄を埋めるという点では基本的に変わりありませんが、多い場合だと800文字から1000文字ほど書かなければいけないこともあります。

文字数が多い志望動機の例文はなかなかないため、不足分は自分で例文を補う必要があります。

志望動機は重要視されている

転職での志望動機の例文|20代/30代/40代/50代/履歴書

転職活動をしていると履歴書を書く機会が多くあります。履歴書では職歴や資格を重視されます。また、その職歴や資格と同様に、志望動機も重視されることになります。なので、志望動機は例文などを参考にして、しっかりと内容をまとめて書きましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related