Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Web担当者の仕事内容・悩み・おすすめの本・資格・育成方法

Web担当者の仕事内容・悩み・おすすめの本・資格・育成方法

もしあなたが会社の「Web担当者」になってくださいと言われたらどうしますか。「会社のホームページを作成・変更・維持・管理する人」と簡単には言えますが、その仕事内容や習得すべき技術は多岐に渡ります。この記事では、Web担当者の業務について紹介します。

Web担当者の仕事内容

Web担当者の仕事内容・悩み・おすすめの本・資格・育成方法

Web担当者の仕事内容は、会社のホームページの作成・変更・維持・管理になります。ここでは、各々の仕事について説明します。

ホームページの作成

会社のホームページでユーザーに紹介する内容は多岐に渡ります。Web担当者は内容や役割を把握し、それをホームページで表現する必要があります。また、会社のコーポレートカラーに合ったデザインを考えることも重要です。

近年は、無料のホームページ作成サイトやツールで、ホームページを作成することもできますが、デザインなどを工夫する必要がある場合は、HTML(Hyper Text Markup Language)などのページ記述言語でWebページを作成する必要があります。

ホームページの変更

ホームページの作成だけでなく、ホームページを変更するのも、Web担当者にとって重要な仕事になります。

例えば、会社が新しい商品やサービスを出したり、会社の拠点などが変わったり、といった会社の状況の変化に対して、ホームページは追従していく必要があります。つまり、Web担当者は常に会社の状況を把握しておくことが重要です。

ホームページの維持・管理

ホームページの維持・管理とは、Web担当者が、ホームページへのアクセス状況やホームページが使用しているシステムのディスク容量の状況などのリソース監視を行い、必要であれば、ホームページが利用しているシステムをチューンナップする業務です。

ホームページへのアクセスが遅いと、ユーザーはホームページから離れて行ってしまいます。また、ディスク容量が不足していると、ユーザーが入力した重要な情報が消えてしまい、会社としては大きな損失になる可能性があります。

会社のホームページで紹介する内容

Web担当者の仕事内容・悩み・おすすめの本・資格・育成方法

Web担当者は、以下の6つを必ず考慮して会社のホームページを作成します。他に紹介する内容があれば、もちろん追加しますが、ホームページが煩雑にならないように注意する必要があります。ユーザーは煩雑なホームページからは離れて行きがちです。

トップページ

ホームページの拠点となるページで、ほとんどのユーザーは、まずこのページを目にすることになります。ユーザーの関心を引くために、Web担当者はこのページのユーザーに強く印象付けることがとても重要です。

また他のページへすぐに遷移できるデザインにすることも心がけます。トップページには、少なくと「会社名」と「会社のビジネスの概要」を含める必要があります。

会社概要ページ

会社概要ページには、必ず「会社名」「本社所在地」「連絡先(電話、Email)」「代表者名・役員名」「事業内容」「資本金(法人の場合)」を記載します。

必要に応じて、「会社の沿革」「会社のビジョン」「代表挨拶」なども記載します。あまり長くなりすぎず、ユーザーが読みやすいように工夫することに、Web担当者は心がける必要があります。

商品・サービスの紹介ページ

会社で販売している商品やサービスを紹介するページです。商品やサービスのコアとなる仕様は必ず記載します。また、会社の方針にもよりますが、可能であれば商品やサービスの価格も記載します。

複数の商品やサービスを提供している場合は、メインとなる機能や特徴でカテゴリー分けして、ページが煩雑にならないように、Web担当者は商品やサービスを紹介する必要があります。

問い合わせページ

ホームページを見ていたユーザーが、会社や商品・サービスについて疑問や質問があるときに利用するページになります。

Web担当者として、このページを作成する上で一番重要なことが、この問い合わせが入った時に、会社のどの部門またはどの担当者に問い合わせ情報を入れるかを明確にすることです。

ユーザーからの問い合わせに対する回答は、会社とすれば一つの業務になりますので、その業務プロセスをあらかじめ決めておく必要があります。

フッター

フッターの役割はさまざまです。一般的には、ホームページの作成日・利用条件・個人情報保護方針・サイトマップ・著作権表記などをフッターに記載します。

また、フッターはユーザーが見る最後のエリアになりますので、近年では、ユーザーをホームページに滞在させるために、ユーザーが気になる情報を記載することが多くなってきています。

CTAボタン

ユーザーのクリック促進とアクションを完遂させるためのボタンをCTA(Call to Action)ボタンと言います。

hユーザーのクリックを促進や、ユーザーのアクションを完遂させるため、Web担当者はホームページにCTAボタンを適切に配置することを心がけます。

Web担当者の悩みの例

Web担当者の悩み事には色々あります。例えば、「アクセス数が伸びない」「ホームページからの売り上げが伸びない」「更新に手間と時間がかかる」「どんな内容を載せたらよいか分からない」「IT事情に追従できない」などが代表的です。

「アクセス数が伸びない」や「売り上げが伸びない」といった場合は、ホームページのデザインや操作性が悪いため、それを見直す必要があります。

「更新に手間と時間がかかる」や「IT事情に追従できない」といった場合は、ホームページを簡単に作成・変更するツールやサービスの導入を検討します。

「どんな内容を載せたらよいか分からない」のは、Web担当者の怠慢によるものですので、積極的に会社の情報収集することを心がける必要があります。

Web担当者におすすめの本

ここではWeb担当者におすすめする本を紹介します。

ホームページ担当者が最初に覚える基本100+α

タイトルのとおり基本を学ぶ上で非常に重要なことが書かれています。特にホームページの担当者になったばかりの方におすすめです。

Web担当者に必要なスキル

Web担当者の仕事内容・悩み・おすすめの本・資格・育成方法

Web担当者に必要なスキルは多岐に渡ります。ホームページ作成と簡単に言いますが、サービスソフトウェアの開発と同じ開発プロセスが必要になり、ホームページ作成後の運用に関しても、サービスソフトウェアと同じ運用をする必要があります。

規模の大小はありますが、サービスソフトウェアの企画から運用に至るまでに必要となるスキルが、Web担当者にも必要です。

Web担当者におすすめのサービス

Web担当者の仕事内容・悩み・おすすめの本・資格・育成方法

ホームページを作成するために利用できるサービスを紹介します。初めてホームページを作成するWeb担当者にはおすすめで「WIX」というホームページ無料作成サービスです。

ちなみに無料で利用できますが、無料版には制限があります。制限を解除するためには、有料版ライセンスに変更する必要があります。

また、ビジネスでの利用が可能です。詳細はサービスの仕様を参照してください。

Web担当者におすすめの資格

ここではWeb担当者におすすめの5つの資格を「Web制作系」と「Webマーケティング系」に分けて紹介します。

Web作成系

Web作成で必要となる「PhotoshopやIllustratorの利用スキル」「Webデザイン技術スキル」「サイトの運営・管理などのスキル」を証明する資格です。

「アドビ認定アソシエイト (ACA)」
Adobe PhotoshopとAdobe Illustratorを使いこなせるかどうかを認定する資格になります。

「Webクリエイター能力認定試験」
「Web作成に必要な技術開発」と「Web業界で世界最高位の団体「W3C」に準拠したマークアップスキル」を認定する資格です。

「ウェブデザイン技能検定」
Web作成に必要な知識やスキルを問う試験です。試験内容は、Webデザインの技術、サイトの運営・管理などを学科と実技の両面から評価します。

Webマーケティング系

多くの企業でWebサイトを用いたマーケティングが重要視されています。競合他社から少しでも優位に立つために、Web担当者には戦略的なWebマーケティングの知識やスキルが必要となります。以下はそれらの能力を証明する資格です。

「Google アナリティクス個人認定資格 (GAIQ)」
Google アナリティクスの習熟度を認定する資格です。「Googleアナリティクス」は、Webサイトにアクセスするユーザーの行動を視覚化し、分析するツールです。

「Google 広告認定資格」
Google 広告に関する基礎知識や応用力、実務能力を認定する資格です。オンライン広告のエキスパートだということをGoogleが証明します。

Web担当者の育成方法

企業にとってWebの重要性は高まってきていますが、ウェブ担当者をどの部門に配置し、どのような人材として育てるか、教育はどうすべきかが、明確になっていない会社はまだまだ多いです。

「情報」が経営資源として位置づけられている昨今は、Web担当者を会社の情報責任者の重要な人材と考え、「技術」だけでなく、「マネジメント力」「マーケティング力」「チームビルディング力」を身に着ける教育をしていく必要があります。

Web担当者への転職方法

昨今、Web担当者の求人はかなり多くなってきています。会社の大小を問わないのであれば、リクルーティング関連サイトの求人情報を検索すれば、すぐに見つけ出すことはできます。

今までに紹介したWeb担当者に関する知識をある程度持っていれば、採用に至る可能性は高いです。ただし、採用後の業務が多忙になることは覚悟しておいてください。

Web担当者の課題

会社のWeb担当者の課題の代表的なものは、「ユーザーの反応が良くない」と「トラブルが頻発する」です。

「ユーザーの反応が良くない」については、確かに「良いWeb」を作成することでユーザーの反応が良くなる可能性がありますが、「良い」とは何かをきちんと定義できていないことが多いです。

一般的な営業では商品やサービスが売れるが、Webを利用した販売が好調でないのであれば、そもそも企業の理念がWebに反映できているかを見つめなおす必要があります。

「トラブルが頻発する」については、Webの運営体制が構築できているかを見直してください。Web作成後は放置されているのであれば、トラブルが頻発します。

今後重要な位置づけとなるWeb担当者

Web担当者の仕事内容・悩み・おすすめの本・資格・育成方法

「販売店には行かずにWebで商品を購入する人」「営業と話す時間がないからWebでサービスを購入する人」が増えています。さらに、物流システムも整いだしているので、このような人が過半数を占める時代がすぐにやってきます。

同業他社に負けない、そしてユーザーにとって価値があるWebを作成するために、会社にとってWeb担当者は重要な位置づけになります。ここで紹介した内容を参考にし、Web担当者のプロを目指してください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related