Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

面接をした経験はありますか。高校入試の面接、バイトの面接、就職活動での面接など社会で生きていくにあたって面接をする機会というのは多くあることでしょう。その中で私服での面接を指定されたことはありませんか。この記事では、私服での面接の際の服装について述べます。

私服面接の服装

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

面接をした経験はありますか。高校入試の面接、バイトの面接、就職活動での面接など社会で生きていくにあたって面接をする機会というのは多くあることでしょう。その中でも私服での面接を指定されたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、私服での面接の際の服装ついて靴や鞄を中心に詳しく述べていきます。第一印象が大事と言われる面接です。第一印象で見る点としては、顔の表情や声と並んで服の身だしなみです。しっかりと身だしなみを整えて面接に臨むようにしましょう。

気をつける点

私服での面接を指定されると、何を着ていけばよいのか悩む人も多いことでしょう。私服だからといってなんでもいいわけではありません。面接という場にあった落ち着いた服を着る必要があります。

気をつける点といえば、相手を不快な気持ちにさせる服装をしないということです。シワの多い服、よれた服、サイズの合っていない服、汚れの目立つ服は相手を不快な気持ちにさせてしまう恐れがあるので気をつけましょう。面接を受けてここで働きたい、という強い気持ちが伝わると思える服装を心がけましょう。

相手からの目線を考える

私服面接の服装を考えるとき、相手からの目線を考えるようにしましょう。相手が自分の格好を見てどういう印象を持つか一度鏡の前でイメージしましょう。

一緒に働きたい、この人なら信用できると感じてくれるような服装を選ぶことが大事です。どれだけ流行のかっこいい服を着ていても、どれだけ友達から好評の可愛い服を着ていても、場に相応しくない服を着ていては面接での好印象を受けることはできません。自分では悩んでしまう場合は、面接に行く服としてどうか周りの人に確認してみると良いでしょう。

男女別面接のときの私服

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

男女別で面接のときの私服について確認していきましょう。男女それぞれの面接のときの私服について気をつける点を紹介していきます。

第一印象を大きく左右する私服についてしっかりと理解しておくことは、その面接の合否に関わることです。第一印象によって面接の雰囲気は変わるため、その場に適した服装を選ぶことを心がけましょう。今一度自分が面接官だったらどのような服装の人が良い印象を受けるか考えてみると良いでしょう。

男性

まずは、男性の服装について考えていきます。男性の面接時の最適な服装は、白いシャツに落ち着いた色のパンツ、革靴です。

トップスは白シャツがベストです。爽やかな印象になり働く姿勢が見られます。パンツは黒やグレー、コンなどの落ち着いた物を選びましょう。ジーンズやダボッとしたデザインのものは印象が悪いため避け、ベルトをしっかり着用しましょう。足元は黒や茶色の革靴を用意し、すっきりスマートな印象をつけましょう。

これらが基本的な理想ですが、持っていない場合は無理に揃える必要はありません。持っているもので用意できる範囲で近づけ、清潔さを心がけます。

女性

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

続いて、女性の服装について考えていきます。女性の面接時に最適な服装は、清楚な印象を与える服装です。パンツ、スカートの服装についてそれぞれ詳しく紹介していきます。

女性の服装に合わせて必要なことが、化粧です。化粧は薄化粧でもしていくのがマナーです。一方で濃すぎる化粧もNGのため注意しましょう。適度な化粧の方法を研究し、面接受けする化粧を学びましょう。

パンツスーツ

パンツスーツのときの私服は、トップスは淡い色のシャツを着用し足元はパンプスを履きましょう。穏やかな雰囲気をまとい、面接に臨むようにします。パンツはグレーや紺の落ち着いた物を選び、デザインも派手すぎるものは避けましょう。

また髪型は髪のくくれる人は後ろで1つくくりにし、短い人は髪を耳にかけ耳が見えるようにしましょう。前髪は眉毛の一くらいの長さにし目や鼻など顔がしっかりと明るく見えるように整えるように注意します。

スカート

スカートのときには、スカートの丈の長さを膝上くらいにするように注意しましょう。スカートが長すぎてもスッキリと見えず、短すぎてもはしたない印象を与えるため、膝上ギリギリくらいがちょうどいい長さです。足の長さや美しさを強調し、好印象を受けましょう。

それに合わせて、ストッキングは必ず履くようにしましょう。いくら自信があるといってもストッキングなしのスカートは常識がないとされます。ストッキングは破れやすいため、予備も用意しておくと安心です。

季節別私服の面接

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

季節別の私服面接の服装について確認していきましょう。面接の時期は1年中どの季節にも受ける可能性があるため、季節ごとの私服面接の服装をしっかりと理解しておきましょう。

どの季節も共通していえることは、清潔感のあるかしこまった服装をすることです。そういった服を着ることで、自分自身も面接に向けて身の引き締まる思いになることでしょう。

春は爽やかな印象を受ける服装を心がけましょう。春は気候も穏やかになり、心も服装も軽やかになる季節です。

私服選びの際は、七分袖から長袖のトップスを選びます。足首や手首を見せることで涼しげで明るい印象になります。色合いもパステルカラーや薄いグレーを心がけ、華やかさを強調しましょう。それに加えてハキハキと爽やかに受け答えをすることができれば、面接官に印象は残り良い結果を期待できることでしょう。

夏は明るく、清潔感のある服装を心がけましょう。夏は気温が上がり汗をかきやすい季節のため、爽やかにさっぱりとした印象を与えられるようにします。

シャツやポロシャツといった爽やかなトップスに、足首の出たパンツを組み合わせましょう。移動中に汗をかいてしまった場合は、室内へ入る前や控室でタオルや汗ふきシートでしっかりふきましょう。身なりを整えた状態で面接に臨むようにします。

秋は落ち着いた、シックな色合いの服装を心がけましょう。秋は涼しくなってくる季節のため、洋服も落ち着いた色味の服を選びましょう。

グレーや茶色などの落ち着いた色をベースにコーディネートをします。薄いシャツに寒い場合はカーディガンを羽織りましょう。もしくは、ジャケットを着用して引き締まった様子を表現します。

冬はジャケットを羽織り、しっかりとかしこまった服装を心がけましょう。スーツのジャケットまで用意する必要はありませんが、それに似たフォーマルに近いジャケットを用意できれば最適です。

また面接会場までの間に来てくるコートにも注意しましょう。トレンチコートなどの折りたたんで小さくなるものを選びます。ムートンコートやモッズゴートなどの体積の大きいものは面接の際は避けましょう。面接に持っていく鞄の上に収まるサイズにしましょう。

私服の面接のときの靴

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

私服での面接のときの靴を確認していきましょう。面接官は顔や手の動きや表情だけでなく、足元の靴までしっかり見ています。

どの靴でも気をつけることとしては、汚れた靴は履いていかないことです。土の汚れや擦れた跡、破れた跡のある靴は履いていくことを避けましょう。比較的キレイな洋服を引き立ててくれる靴を選びましょう。

革靴、パンプス

1つ目の私服での面接のときに履いていくおすすめの靴は、「革靴やパンプス」です。男性は革靴、女性はパンプスを履いていきましょう。

コーティングのある革靴やパンプスはきらびやかで、面接会場の厳正な空気にぴったりです。またフォーマルな印象を受ける革靴やパンプスは、履くことで足元から緊張感を促してくれます。

スニーカー

2つ目の私服での面接のときに履いていくおすすめの靴は、「スニーカー」です。白を貴重にした汚れのないスニーカーは、面接に履いていくことができます。

面接に最適な靴は革靴やパンプスですが、状況によってはスニーカーを履いていってもよいです。そのような場合は、派手なものは選ばず白を貴重とした落ち着きや清潔なイメージのある靴を選びましょう。

私服の面接のときの鞄

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

私服での面接の時の鞄について確認していきましょう。私服での面接のときに悩んでしまうのが、手に持っていく鞄です。

どの鞄でも共通していえることは、しっかりと自立する鞄を選ぶことです。面接のときに自分の座る椅子の横に置くため、倒れない底のしっかりとした鞄にしましょう。冬はその上にコートを置いたりするため、安定感のあるものをチョイスしましょう。

スーツ用鞄

1つ目の私服での面接のときに履いていくおすすめの鞄は、「スーツ用鞄」です。私服にスーツ用鞄を持ってもおかしい点はありません。

直立しA4の用紙も入る大きめのスーツ用鞄は面接のとき最適です。私服とは似合わないと感じる方も多いでしょうが、フォーマルな場でフォーマルなものを持つことは何も変なことではありません。

色の落ち着いた鞄

2つ目の私服での面接のときに履いていくおすすめの鞄は、「色の落ち着いた鞄」です。スーツ用鞄のない方は、自分の私物の中から色の落ち着いた鞄を選びましょう。

黒やベージュ、グレーなどが良いでしょう。反対に赤や黄色などの明るい色は場にそぐわないため避けましょう。面接の場に可愛らしいカバンを持っていっても好印象は受けません。

私服の面接のときのスニーカー

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

私服の面接のときのスニーカーについて考えていきましょう。私服の面接のときは、革靴やパンプスを履いていくのが理想ですが、工場見学をするなどと、状況によってはスニーカーで来るように指示されることもあるでしょう。

そのようなときに履いていくべきスニーカーの種類やデザインについて紹介していきます。どのようなスニーカーを履いていくか考えていきましょう。早速見ていきます。

色の落ち着いたスニーカー

私服面接のときに履くスニーカーは、色の落ち着いたものを選びましょう。赤や黄色、青といった派手な色でなく、白や黒といった落ち着いた色のスニーカーを選びます。

派手な色のスニーカーは視界に入りやすく目がチカチカしてしまいます。面接という厳正な場には合わないため、派手な色のスニーカーは避けましょう。面接において実際に印象に残って欲しいところはスニーカーの色ではなく、あなた自身の技術や人となりです。

デザインの落ち着いたスニーカー

私服での面接のときは、デザインの落ち着いたスニーカーを選びましょう。柄や模様がたくさん入っていたりカラフルな色使いをしているデザインのものは避け、シンプルなデザインを選びます。

柄は無地もしくはワンポイントのものを選びましょう。ワンポイントのものは、ナイキやニューバランスといったブランド品をイメージするとわかりやすいです。またハイカットのスニーカーや紐が特徴ある形のものも避けましょう。特徴ある靴は自然と目線がそこにいってしまいます。くるぶしが見える形状をした、無地かワンポイントの柄のスニーカーを履いて面接にいきましょう。

状況別私服の面接でおすすめの服

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

状況に応じた私服の面接でおすすめの服を確認していきましょう。面接といっても場所や立場、種類によって準備するものや心構え、そして服装も変わってきます。

どんな面接のときにも相手を不快にさせない格好を心がけることが最優先です。その気持ちはしっかりと胸において、状況別の面接における私服について考えて行きましょう。早速見ていきます。

契約社員

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

契約社員になるための面接のときは、できるだけフォーマルな私服を心がけましょう。会社で一緒に働きたいと感じてもらえる、この人になら仕事を任せられるという服装を選びます。

どれだけ成績が良くても、あなたの採用を決めるのは人です。その人の気持ちを害すような格好で面接を受けることは相手に対して失礼にあたります。フォーマルな格好をして相手からの第一印象を良いものにしましょう。

英検

英検を受けるための面接のときは、普段よくきている私服を選びましょう。面接で受け答えしたり筆記の試験を受けたり、英検の試験の日はハードスケジュールです。

できるだけいつも通りの自分でいられるような格好を選びましょう。注意点としては、いつも通りとはいっても人に会うため最低限の配慮をした服や靴を選びましょう。せっかく注目してほしい流暢な英語も、周りに気の取られる服装をしていると面接官の耳に入ってきにくくなることもあるでしょう。注意が必要です。

状況に応じて適切な服装を心がけよう

面接のときの私服・靴・鞄・スニーカー|男女別/春/夏/秋/冬

いかがでしたでしょうか。面接のときの私服や靴、鞄、スニーカーについて適した服装や男女別、季節別で面接に来ていく私服などを紹介してきましたが、理解することはできたでしょうか。

多様にある私服ですが、場所や状況に応じて適切な服がそれぞれあります。その場に適した服装を心がけ、面接において好印象を受けましょう。どんな状況においても、一緒に過ごす相手のことを考えてどのような服が適切か考えてみると良いでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related