Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

面接の趣味・特技の答え方・例・趣味がない場合・答え方|落ちる

面接の趣味・特技の答え方・例・趣味がない場合・答え方|落ちる

面接まで辿り着いた時に、質問で趣味は何ですかと問われたら、すぐに答えられる趣味がありますか。趣味がある人はいいですが、趣味がない人にとって面接でのこの質問が非常に厄介です。面接で趣味は何かと問われたらどう切り抜ければ良いのでしょうか。

初回公開日:2018年09月03日

更新日:2018年09月03日

記事に記載されている内容は2018年09月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


面接の趣味・特技の答え方とは?

面接で、趣味や特技は何ですかと質問されたらどう答えますか。どのように答えれば面接に受かるのでしょうか。

大体にして面接官は、学生に趣味を問う時、学生の人柄や熱中度というものを見たがっています。ですから趣味が読書であってもアクティブに動くスポーツであっても、本当の趣味を答えるのが適切です。

あくまでもよく見られたいからといって気取った趣味を言う必要はありません。

答え方はもちろん敬語が正しいですが、どれだけその趣味に没頭してきたのか、そしてその趣味のどこに面白さを感じているのかを伝えるのがベストでしょう。

本当の趣味がある人は、本当の面白さを知っているからこそ語れるものがあるでしょうから、自分なりの趣味の面白さを面接官に植え付けましょう。

答え方のポイント1:興味を引くエピソードを入れる

面接で趣味や特技を問われた時、興味を持たれるポイントを入れるとなおよいでしょう。趣味の話題はできるだけ長く続けておきたいですし、長く語れる場面でもあります。

長く趣味の話を面接で聞いてもらうためには、面接官が、もっと聞きたいと思えるポイントを入れておくとよいです。

読書が趣味というインドアな趣味であっても、1冊5分で読めるようになりました、など、自分が趣味にしているからこそできる特技をエピソードに持ってくるとよいでしょう。自分の得意分野の話題なので、いつまで経っても話が途切れることがありません。

答え方のポイント2:ネガティブなことはNG

面接で問われる趣味や特技の話は、自分の人柄について触れることでもありますから、あまりネガティブな発言はやめておきましょう。

例えば面接官に趣味が人間観察だ、2チャンネルを見ることだ、ということは、ネガティブな印象を受けます。あまりよいイメージを残しません。

自分の人柄、性格などを表現できる趣味を面接では話しましょう。

面接の場での趣味の例を挙げてみよう!

面接では学生たちはどのような趣味について語っているのでしょうか。他の学生がどのような趣味を語っているのか気になるところです。

多くの学生はどのような趣味を持っているのでしょうか。自分もその中に当てはまるものがあるのでしょうか。面接の場で答えられる主な趣味や特技を挙げていきましょう。

面接でゲームが趣味だと答えた場合

面接でゲームが趣味だと答える場合はどのように返答すればイメージをよくするのでしょうか。まず第1にそのゲームを通じて成長した点をアピールすることがよいでしょう。

例えばゲームを短期間でクリアするために身につけた術やゲームを始める前に行った情報収集など、ゲームをする上で自分が情報収集力があることが面接官に伝わります。

またゼミでゲームを分析したことがある学生であれば、面接官にゲームを通じて分析力も培ったことを伝えることができます。

ゲームも立派な趣味の1つで、日本のゲームはクオリティが高いといいますから、そのゲームを趣味と豪語するだけあるのなら、ゲームを極めているでしょうから、ゲームの難しさ、どこが面白いのか、大変だった点なども挙げていきましょう。

読書が趣味だと面接官に伝えた時は?

読書も立派な趣味の1つです。面接官は学生に対して趣味を尋ねる時は、学生の人柄をチェックしています。ですから読書が趣味という場合はインドアだと決めつけずに、その読書という趣味にどのような価値を感じるのかを尋ねてきます。

好きなことに熱中できる人は仕事でのパフォーマンスも高く見られますから、読書が趣味だという場合は、1日に何冊読みました、など具体的な数字を入れるとなお良いでしょう。

また今まで読んだ本の中でどの1冊が心に残ったのか、どの一文が心に残り、それが何を意味しているのかを熱く語ることによって、学生の熱意も面接官に充分伝わります。

読書が趣味と答えるのはありきたりすぎるからといって、別の趣味を挙げてみても、それほど深く知らないでしょうから、本当に熱中する趣味を面接では答えましょう。

料理が私の趣味!

女性であれば、料理が趣味だという人も多いでしょう。料理が趣味だという場合、具体的にどのような料理が得意であるかピックアップして述べてみましょう。

その際、その料理に自分なりにどのようなアレンジをしたのか、アレンジした結果失敗した点、美味しくなった点などを面接で伝えることで、創意工夫ができる人柄だと見られます。

料理にもさまざまありますが、アレンジしたレシピも数多くあります。

夏の茄子 食べ方色々アレンジレシピ

夏野菜の代表茄子をスライスし、豚肉やベーコンで巻いたレシピで、ソースは2種類あるので飽きません。

茄子は縦に切って水にさらします。その後キッチンペーパーで水気を拭いてから塩コショウをして豚バラ肉もしくはベーコンを重ねて乗せて、その上から再び塩コショウをします。

重ねたままロールして終わりにパスタを刺して留め、少なめの油でフライパンで中火で焼きます。全体に焼き色がつけば蓋をし弱火にかけて5分ほどじっくり中まで火を通し、全体がしんなりしていたら完成です。

ソースは甘辛蒲焼風タレとトマトソースの2種類で食べましょう。その他にも甘辛タレ、ポン酢でも美味しく食べることができます。

1.茄子は縦に薄く切り水にさらします。
2.1の茄子をキッチンペーパーなどで水気を拭き、塩コショウを軽く振ったら豚バラ肉6枚もしくはベーコンを重ねます。
3.2を重ねたままくるくるとロール状に巻いていきます。
4.3の巻き終わりにパスタを指し、少な目の油で焼いていきます。
5.全体に焼き色がつけば蓋をして弱火にし、3分から5分ほどじっくりと焼きます。
6.全体にしんなりしていたら完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/181785/recipe/1106661 |
Bottom banner

映画鑑賞の場合は?

趣味が映画鑑賞の場合はどのように答えればよいでしょうか。

映画をたくさん見ているということは、感受性も自然と豊かになります。映画から学んだことや名言、名シーンなどを答えるようにしましょう。映画から自分がどう変わったのか、自分の変化について語りましょう。

また実話を元にした映画を見たことがあるのなら、実際に起きたその事柄についても触れて、自分の意見も取り入れてみましょう。

裁判員制度などが取り入れられた映画であれば、裁判員制度のあり方について自分らしい意見を述べるのが好印象です。

アニメは趣味になる?

面接の場でアニメは趣味になるのでしょうか。アニメも立派な趣味の1つです。

現に日本のアニメは世界に通用するほどクオリティが高いものとされていますから、アニメが趣味と答えても何ら問題はありません。

ただし単純にアニメが好きだというだけでは面白みがありません。アニメの名シーンなどに実際に尋ねていって、その風景を見て感動したなど、具体的なエピソードを入れるとよいでしょう。

お菓子作りも立派な趣味

お菓子作りは多くの女性が趣味にしています。お菓子作りも立派な趣味です。

お菓子作りは分量をしっかり測り、正しい工程を経ることでできあがるものですから、計画性のある人柄だと見られます。

自分が今まで作ったお菓子の中でどのお菓子が最も難しかったか、どんなことを工夫したのかを面接では話すとよいでしょう。

面接で答える趣味がない場合

面接で答える趣味が全くないという場合はどうすればよいでしょうか。趣味といえなくても、日頃行っていることを伝えることで、面接官に人柄を伝えることができます。

例えばジムに通って体を鍛えている、毎日の筋トレが日課になっている、これも趣味として答えることができます。

週に何回ジムに通いトレーニングをしているのか、筋トレで目指しているのか何か、目標の達成度に対しての熱意をはかることができます。

面接で趣味について答える時はどう答えるべき?

面接で趣味について尋ねられた時は、仕事に繋がる答え方をするのが正解です。面接官は趣味について興味があるわけではなく、趣味をとおしてその人がどのような人柄かをチェックしています。

逆に注意すべき点は答える場合は根拠のある答え方をしましょう。学生の面接の中での受け答えの中で最も重要なのは、何で結果を出したかです。何となくという答えは最も良くありません。

趣味の話題で落ちることはあるのでしょうか?

余程のことでない限り、趣味の応答で面接官は学生を落とすことはありません。ですから堂々として趣味の話をしましょう。

自分が最も長く語れる、自慢できる趣味の話をすることで、自分を自己アピールすることができます。それが仕事にどう繋がっていくのかということも踏まえて話を進めていけば、面接官への印象は良くなります。

面接で趣味の話を聞かれたら堂々と趣味の話をしよう

面接で趣味について聞かれたら、堂々と自分の趣味を話しましょう。それが例えマイナーな趣味であっても、面接官にわかりやすいよう具体的に話すようにすればよいだけです。

そしてその趣味のどこに面白みや難しさ、達成感があるのか、それを仕事にどう繋げることができるのかを答えることができればよいでしょう。

趣味がないという場合でも、日課としていることを話すことができますし、趣味を幅広くとらえて面接に挑みましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人