Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

二次面接の質問の例・「質問はありますか」と言われたときの答え方

二次面接の質問の例・「質問はありますか」と言われたときの答え方

転職における二次面接は、配属先の上司などが直接行い即戦力として役に立ちそうか、仕事に対する熱意があるか、また配属先の同僚と協調してやっていけそうか、コミュニケーション能力はあるかなどいろいろな角度からチェックされますので対策が必要となります。

初回公開日:2018年09月04日

更新日:2018年09月04日

記事に記載されている内容は2018年09月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


転職における二次面接について

二次面接は、配属先の上司などが直接行い即戦力として役に立ちそうか、仕事に対する熱意があるか、また配属先の同僚と協調してやっていけそうか、コミュニケーション能力はあるかなどいろいろな角度からチェックされますので対策が必要となります。

転職と中途の違い

二次面接の前に「転職」と「中途」の意味をよく理解し、二次面接での受け答えに間違えないようにしておく必要があります。

転職とは現在の会社や勤務先から、違った会社や勤務先へ仕事を変えるということで、仕事を探す側の表現で、中途とは採用する側からの新卒者と違い過去の経験を自社に生かせる即戦力として採用する中途採用のことで、採用期間は必要な時にいつでも行い一般的に第二新卒や転職者を採用するのを中途採用といいます。

転職での二次面接の目的を理解する

採用側が行う二次面接の目的は本当に必要な人材であるかを、配属先の上司が質問などで徹底的に確認するという目的があることを理解しておく必要があります。

特に転職者の採用は採用期間が決まっている新規採用と違い、中途採用は年間を通じ本当に必要な人材を確保するために行われます。

応募者の過去の経験を即戦力として使えるか、また採用側が求めているスキルなどを持っているか、入社後すぐ活躍しそうか、プレッシャーなどに対応できずすぐ辞めるような心配がないかなど配属先の上司が質問により直接確認するために行います。

二次面接では応募書類との比較確認

転職で提出する応募書類に記されている内容は一般的に書類が通過できるようにマニュアル的な記載内容が多く、記載内容にある実務経験やスキル、志望動機や意欲などは直接本人に会って比較確認する必要があり、一次面接は通っても二次面接では応募書類の内容と面接での質問に回答するときの内容に違いがないかチェックします。

そのため応募書類にはマニュアルを参考にしながらも自分の考えや思いを整理して表現し、二次面接では記載している内容に沿いながら熱意を込めて質問に答える必要があります。

転職者が二次面接で心がけること

転職者は二次面接で決まると言われているだけに、二次面接で心がけることとして大事なことは、質問に対し応募書類の内容に沿って一貫性ある回答をすると同時に、転職に伴い何をやりたいのか将来へのビジョンなど明確に答えられるように心がけることが大事です。

同じような質問でも二次面接では、配属先におけるより具体的な将来のビジョンやキャリアプラン、また将来配属先が変わっても与えられた職場環境の中で自分が何をできるか真剣に考え仕事でしっかり貢献して行きたいとアピールできるように心がけしておくことが必要です。

しかし転職では内定を得たいために焦るのではなく、採用された後のミスマッチを防ぐために、気になることは質問し疑問点など解消しておくことも大事です。

中途採用の二次面接での厳しいチェック

転職希望者を中途採用するとき二次面接の質問で厳しくチェックされることは、志望動機などとの一貫性だけでなく、採用後戦力になる前に早期退職の不安がないか、経験を積みこれから戦力として期待していた時などに転職されるのではないか、お互いのミスマッチをなくすためにいろいろな質問などを通し本気度などが厳しくチェックされます。

そのため、本気度を示す対策として応募先の情報をたくさん収集し理念や業績など把握・理解することや、募集内容の条件など正確に理解したうえで、やりたいことを明確にすると同時に質問に対し意欲が本物であることを示す対策をする必要があります。

転職における二次面接での質問例

転職の場合には中途採用する業界や職種、公務員や民間などによって二次面接での質問内容が異なりますが、共通する質問例をあげます。

採用された後何をやりたいですか

二次面接での質問は、採用する職場の上司が具体的に目的意識や適性、向上心や協調性などがあるかなど確認するために質問してきます。

ここでは、やりたい仕事が明確になっており、応募するまでには複数比較検討し仕事内容をよく理解した上で応募していること、自分は仕事のこの部分で戦力になれると自信をもっているなど熱意が伝わるように話をすることが大事です。

仕事をする上で大切なことは何ですか

仕事をする上で大切なことという質問には、与えられた仕事に責任を持ち最後まで努力することなどは当前のことで、二次面接ではさらに違った答え方を工夫する必要があります。

職種などにもよりますが取引先やお客様との信頼関係を大事にすることや、謙虚さを出すためには、分からないことは同僚や上司に積極的に聞きながら信頼関係を築いていきたい、また次の仕事のために必要なスキルアップを目指し計画的に取り組みたいなど質問の意味をよく理解しながら謙虚さの中にも意欲を感じてもらえるようにすることも大事です。

二次面接で「質問はありますか」の答え方

Bottom banner

二次面接の対策として面接後半でさりげなく「質問はありますか?」と言われることがあります。

緊張しながら面接に臨んでいるとさりげない質問を聞き逃してしまうことがありますが、この質問は面接官にとってとても重要な意味を持つ質問になり、また応募者にとっても大事な質問となり、逆質問とも言われています。

転職で逆質問の意図

二次面接での逆質問の意図は、応募に際しまた採用後などについて必ず不安や疑問があるはずで、この機会に気になることは何でも質問して確認してほしいという意図があります。

逆質問をする際は今までの話の延長で質問するというのが定石ですが応募先の資料やホームページを読めばわかるような逆質問ではマイナスになります。

転職にあたり応募先の情報収集などで不明だったことや疑問点、また将来構想に対する質問や、自分のスキルで不足しているところが何かなどの質問、また質問されなかったが自分でしっかりアピールでき、面接官の記憶に残るようなヒット性のある逆質問を準備しておくことが大事で、これまでの質問に対する回答の評価が悪くても逆質問で逆転することもあるほど影響があります。

業界別二次面接の質問

二次面接の質問内容で業界や職種、民間や公務員などでも共通する質問のほかに、採用先による特別な質問をされますので、しっかりした対策が必要です。

病院での二次面接質問例

転職で病院を志望する仕事には医療事務などの事務や看護師など直接医療現場にかかわる仕事があります。

どちらの仕事でも共通した質問には、転職理由やこの病院を選んだ理由、この病院で何をやっていきたいかなどの質問があります。しかし二次面接での質問では事務と看護師では質問内容も当然違ってきます。

医療事務に対する質問例

医療事務の転職で二次質問には、以前の職場でのたずさわっていた内容で改善点はありますか?また電子カルテを導入していますがパソコン操作は得意ですか?レセプト期間は残業が増えますが、月にどれ位の時間が可能ですか?などがあります。

看護師に対する質問例

看護師になる前に考えていたことと、現実とのギャップにどのようなことがありましたか?あなたが考える看護観はどのようなことですか?看護師として今後どのような技術や仕事をしたいですか?難しい患者さんを担当した時に配慮することは何ですか?などがあります。

公務員での二次面接質問例

公務員でも国家公務員や地方公務員、事務職や技術職、警察や消防などいろいろありますが一次試験をクリアした二次面接ではそれぞれの職務に関して公務員としての認識や自覚を問う質問があります。

質問には希望する職種において公務員として具体的にどのように貢献したいですか?担当する行政サービスで改善が必要と思うことは何ですか?前職での経験をどのように活かせますか?などがあります。

二次面接に対する準備が大切

二次面接は採用に直結する大事な面接です。二次面接での面接官は配属される部署の上司の場合が多く、即戦力として役に立ちそうかいろいろな角度から質問されます。

質問に対し反応が早く的確な回答ができるか、協調性やコミュニケーション能力があるか、
意欲や熱意が本物であるかなど回答内容から判断されます。

そのためには情報収集を十分に行い、やりたい仕事であることを明確にすると同時に二次面接の厳しい質問に自分の言葉で応えられるよう想定問答を作成し、対策をしっかり準備しておくことが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人