Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

営業を辞めたいと思う時の対処法・甘えなのか・辞めたいと思う理由

営業を辞めたいと思う時の対処法・甘えなのか・辞めたいと思う理由

営業を辞めたいと思った時はないでしょうか。仕事を続けていると誰しもがぶち当たる壁があります。営業を辞めたいと思うときの対処法を業界別に紹介しています。どれもがキツイと思われる業界ですが、発想の転換をする事で気持ちが楽になるでしょう。

初回公開日:2018年09月05日

更新日:2018年09月05日

記事に記載されている内容は2018年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


営業を辞めたいと思う時の対処法

数字は取れているいるけれど営業を続けていく自信がない。売れれば売れるほど営業という仕事を辞めたくなる。営業マンの中にはこんな気持ちを抱えている人はいませんでしょうか。またノルマに追われて数字が取れないため辞めたいと感じている人もいるでしょう。仕事にもある程度慣れてコツや人脈をつかめば数字は後からついてきます。

数年仕事をすると、営業マンはある程度の実績を積み、適度にサボる事も覚えるとなんとなく虚無感に襲われる事があります。ある程度の地位と収入を得ているため、周りから見るとそのような悩みを抱えているとは誰も感じません。ある程度会社に貢献しているため、営業を辞めたいからと言ってすぐに辞めれるわけでもなく悶々とした気持ちを感じる事になります。

職種別に営業を辞めたいと感じたときの対処法について紹介しています。ご覧下さい。

保険

歩合の王道ともいえる保険会社の営業です。ネット系や外資も参入して、価格競争の波はあるものの、年配の人を中心に訪問スタイルの営業は根強く歩合も良いです。一度顧客をつかめばある程度安定した収入を見込めます。保険の営業で辞めたいと感じるのはノルマはもとより次々に販売される保険商品や、保障の内容についていけないと感じる事です。

保険の内容は正しく理解しそれを顧客に説明できないとクレームになります。商品の難しさにそう感じる人も多いのではないでしょうか。保険の営業を辞めたいと思ったときの対処法は、勉強も仕事として割り切る事です。保険の内容を理解している人は誰にでもわかるような簡単な言葉で話します。周りの人のセールストークを真似してみたり、上司に相談するのも方法です。

生保

営業の中でも生命保険は離職率が高くノルマも厳しいイメージがあります。ノルマのために家族や友達を勧誘してどんどん友達が減っていくなど、辛い思いをした事がある人も多いでしょう。生保の営業は真面目な人ほど追い込まれやすい傾向にあります。

自分を追い込んでしまう人は、いつでも辞めてもいいという気持ちで逃げ場を作る事も大事です。気楽に行ったほうが案外良い契約にめぐり合えるでしょう。

日本生命

いわずと知れた大手生命保険会社ですが、良くも悪くもアットホームな社風です。チーム一丸となってノルマを達成するという空気があるため、人によっては時代遅れに見えます。

やりての営業レディは1000万プレーヤーもいて、能力主義でもあります。自分が数字をとれずに辞めたいと感じた場合、営業手法を見直すことも一つの方法です。数字を取れている人は取れているためその人はどうやって成績をあげているのか。契約を取っている人の手法を学ぶ事も勉強です。最初は辛く感じますが学ぶ事も多いでしょう。

住友生命

日本生命と同じく、大手生命保険会社です。特に住友生命の場合は給与がインセンティブの割合が大きいため稼げる人と稼げない人の差がはっきりと出てきます。

離職率8割と言われている生保業界のため辞めたいと感じない人の方が少ないでしょう。誰しもが思う壁です。経済的に生活が難しいのなら転職を考える事も必要です。他に同じような悩みを抱えている人や、それを克服した先輩に話を聞いてみる事も一つの方法です。

不動産

保険業界ほどではないにしても離職率の高い業界です。ノルマがキツイ、長時間労働などのブラックな一面はあるものの、高額物件なため、売れれば大きな収入になります。セールストークに自信があるもののなぜか、不動産業界では全く売れない人もいます。

不動産業界で成功する人は実は無口な人が多いです。家を買うと言う事はほとんどの人にとって一生に一度の買い物です。口の上手い軽薄に見える人よりも口下手な人のほうが信用されます。不動産業界を辞めたいと感じた場合はまず自分の営業方針を見直しましょう。

リフォーム

意外と闇が深いのがリフォーム業界の営業です。見栄えを整える事で逆に不便になり使い勝手が悪くなる事があります。特に高齢の人のいる家庭では、そのような問題が起こりやすく、なんのためのリフォームなのか営業マンも割り切れない気持ちを抱える事になります。

それでも数字を出す事を求められる営業マンは常に辞めたいという気持ちと隣り合わせではないでしょうか。辞めたいと強く感じる前に、リフォームの提案に改善方法を見つけることです。顧客の目線に立って自分が住みたいと思うようなリフォームを提案する事でジレンマを感じなくなるでしょう。

SE

Bottom banner

SEの営業を辞めたい理由として、知識不足からくるトラブルがあります。人手不足の今、取ってくる仕事に困る事はありませんが、クライアントと社内での板ばさみになります。無茶な納期や高すぎる要求なども受け入れざるも得ない事があります。

案件を受注したとしてもキャパオーバーで納品の延長やシステムトラブルが発生した場合、営業が矢面に立たなければいけません。このようなトラブルを防ぐにはまず社内のコミュニケーションを円滑にすることです。営業と現場の間には越えられない壁がありますが、その距離を縮める事が上手くいく方法です。

営業を辞めたいと思うのは甘えなのか

あなたが営業を辞めたいと感じるのは決して甘えではありません。辞めたい、辛いと感じる事は決して努力不足ではなく、他に根本的な要因がある事が考えられます。営業方針を見直す、先輩にやり方を相談するなどしても結果がでない場合もあります。辛くなって体調を壊す前に、まずは上司に相談をする事です。異動願いを出す事も考えましょう。

営業を辞めたいと思う理由

営業マンが辞めたいと感じる理由として主に4つの理由があります。

4つの理由はストレス、辛いと感じる、数字がすべて、ノルマに追われる事です。それぞれの理由について見てみましょう。

ストレス

営業マンはお客様回りだけではなく、資料づくり、テレアポといろいろな仕事をこなさなければなりません。また数字が思うように取れない場合に暗黙の了解としてサービス残業を強いられます。勤務時間の決まりはないといって良いでしょう。心身ともに疲れ果て、出口が見えず辞めたいと感じます。

辛い

顧客にとって本当に良いものを売っているのかと感じた時、辛い、辞めたいという気持ちが強くなります。ある程度数字を取っている営業マンが感じるジレンマです。商品が売れれば売れるほど辞めたい気持ちが強くなります。

この場合は全く数字が取れないわけではなく、数字が取れており営業スタイルも確立しているため、精神的に追い詰められる前に転職を考えても良いでしょう。

数字がすべて

営業マンは数字ですべてが評価されます。努力したプロセスやその人の仕事に対する考え方や姿勢などは全く評価されません。ある意味数字さえ取れていればどのようなやり方をしても良い事になります。最初は営業という仕事に魅力を感じていたものの、そのような会社の考え方について行けずに辞めたいと感じるようになります。

ノルマに追われる

営業は常にノルマとの戦いです。ノルマを達成できないと厳しく叱責されたり、長時間残業を強いられたりと、会社によってはいまだにブラックな風土が漂っています。数字を取れる人は優遇され、去るもの追わずの方針の会社も少なくありません。職場のやり方に不満を感じる人は、辞めたいのに無理に頑張ろうとするのではなく違う道を考えるのも一つの方法です。

営業を辞めたいと思ったら抱え込まずに相談しよう

結果が出せない事を自分のせいにして、悩みを抱え込んでしまう人も少なくありません。あなた自身に問題があるのではなく、会社の方針に問題があったり、営業方針が合っていない場合もあります。営業を辞めたいと感じる人は1人で悩まずに信頼できる人に相談しましょう。客観的に自分を見つめなおす事でよい結果が生まれるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人