Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

転職エージェントとの面談におすすめの服装・キャンセル方法

転職エージェントとの面談におすすめの服装・キャンセル方法

転職エージェントとの面談は企業との面接とは違い、採用には直接関わってきません。しかし転職を成功に導くための大切な機会です。なので何も用意をしないで面談に向かうのはとても損なことです。まずは面談に向かう服装から一緒に見ていきましょう。

初回公開日:2018年09月05日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別転職エージェントとの面談におすすめの服装

転職エージェントとの面談ではどのような服装がいいか迷います。

直接の採用面談ではないのでラフな格好でいいのか、しかし就職関係のことなのでかしこまった格好がいいのか、どんな服装がいいのかは面談のシチュエーションによって考えましょう。

私服

転職エージェントとの面談では大抵が服装指定がないことが多いです。なので特に指定のない場合は、私服で行っても大丈夫です。

しかしあまりにラフすぎる格好ですと場に適さないので注意が必要です。サンダルやゆるいジーパンなどはなるべく避けましょう。

あなたの転職を支援してくださる転職エージェントの方に悪い印象を持たれない服装を心がけるといいでしょう。

スーツ

服装に困ったら、スーツで面談に向かうのが無難です。服装に指定がある場合はそれに従い、また無い場合でもオフィス使いできるような服が無い場合はスーツをきて転職エージェントとの面談に挑みましょう。

またスーツも黒や紺、灰色などの地味な色のものを選ぶと良いでしょう。夏場はクールビズな格好でもいいでしょう。スーツであっても派手すぎず清潔感のある服装を心がけるのがポイントです。

転職エージェントとの面談のキャンセル方法

急な用事などで転職エージェントとの面談をキャンセルすることは多々あります。早めの連絡と誠実な断り方で相手に悪い印象を持たれないようにしましょう。

転職エージェントは同時に複数人の方の世話をしていることが多いです。なのでキャンセルをする場合は予定がわかった時点での対応が大切です。

またできれば電話で連絡をすることは大事です。電話ですとメールよりも早く、そして自分の意思を伝えられやすいです。

転職エージェントとの面談方法

転職エージェントとの面談方法は、その時々でやり方が変わってくることが多いです。中には直接会って面談をしない場合もあります。

最近ではスカイプなどテレビ電話を活用した面談もありますが、もっと間接的な面談の場合も想定しておきましょう。

電話

電話での面談は結構多いです。こちらから日時を指定して電話をしてもらうパターンが多いですが、転職サイトなどに登録したことで転職エージェントから不意に電話がかかってくるということもあります。

また電話での面談は初めての面談の場合も多々あります。相手がどんな転職エージェントなのかも定かでは無い中で少し不安です。

そこで冷静に面談するために自分の意思を伝えられるように日頃から考えておきましょう。

メール

面と向かって話せず、また電話とも違いリアルタイムでの面談のやりとりが難しいことが難点ですが自分の時間に沿ってやりとりができることはメリットです。

特に現在も仕事をしている中での転職活動はなかなか時間を割くことができない場合が多いです。そんな時はメールでの面談をすることもあるでしょう。

メールでの面談では、相手の転職エージェントにもわかりやすいような文面や言葉遣いを心がけることが大切です。

転職エージェントとの面談におすすめの持ち物

いざ面談の約束はしたものの、当日にどんなものを持っていけばいいのか迷います。当日に慌てて準備してはしっかりとした気持ちで面談に望むことができません。

せっかくの限られた転職エージェントとの面談なので1回の面談で多くのことをモノにしたいです。そこで必要な持ち物のおすすめをご紹介します。

履歴書と職務経歴書

まずは履歴書と職務経歴書を用意しましょう。転職に向けてこの2点はとても重要です。

転職を始めたばかりで、特に職務経歴書の書き方などがわからないという方も転職エージェントとの面談に向けてまずは作成してみましょう。書いていくうちに自分の経歴をうまくまとめられるようになっていきます。

面談でのアドバイスのポイントにもなるのでこの2点の書類は初めに用意しましょう。

Bottom banner

筆記用具とメモ用紙

転職エージェントとの面談では1回ごとに自分の理想の職に近づいていけることが大切です。

そこで毎回の面談でどんなアドバイスをもらったのか、また気になった点やこれからやるべきことなどを逐次、面談中でも終わった後でもメモを取るようにしましょう。

人の記憶はそんなに長く持ちません。次の面談で同じ内容の堂々巡りを防ぐためにもメモをしっかりとり、前に話を進めていく努力をしましょう。

自分についてのメモ

転職エージェントとの面談では自己紹介や趣味なども聞かれることがあります。また自分から転職エージェントに質問することもできます。

そのためにも自分のことや考えをメモして持っていくことは大切です。面談時間は大体30分〜1時間程度です。その時間内でいかに自分の伝えたいことを伝え話を進めていけるかがポイントです。

自分の考えを的確に伝え、転職エージェントとの言葉のキャッチボールで転職を成功へ近づけましょう。

転職エージェントとの面談での質問例

転職エージェントとの面談の前に何を聞きたいのか用意しておくとスムーズに話が進みます。
また転職エージェントもどうアドバイスしていけばいいのか明確になっていきやすいです。

ではどのような質問をすれば効果的なのか例を挙げてみていきましょう。

履歴書・職務経歴書の添削

まずは自分の履歴書と職務経歴書についてアドバイスをもらうことが大切です。転職のプロに自分のアピールの仕方などを教わることは転職を成功させることに大きく繋がってきます。

履歴書と職務経歴書は応募する企業が初めてあなたのことを知るための大切なツールです。選考に大いに関わってくるものなのでしっかりしたものを作成したいです。なので面談がある際は、必ず履歴書と職務経歴書の添削をしてもらいましょう。

自分に向いていそうな業界

転職エージェントは日頃からさまざまなタイプの人と接しています。いわば、その人がどんなカテゴリーの人なのかを判断する目を持っています。

そんな転職エージェントには自分がどんな業界に向いていそうなのか率直に聞いてみるといいでしょう。

誰でも転職で成功したいと思っています。少しでも自分に適した職を探すことがその鍵になるので、ぜひ自分はどんな業界に向いているのか質問してみましょう。

ネガティブな質問

転職エージェントとの面談は直接の採用に関係していません。そこで企業には直接聞きにくいようなネガティブな質問をしてみるといいでしょう。

例えば実際の残業時間についてや給与面、女性の働きやすさなどについて質問して見ましょう。目星の企業がある方はその企業について聞いてみてもいいですし、ない方も聞きにくいけど知っておきたい大切な事柄は質問しましょう。

転職エージェントは転職のプロなので転職の際に聞いておかなければならない質問は用意しておきましょう。

転職エージェントとの面談におすすめの場所

転職エージェントとの面談は基本的には、転職エージェント側の会社の面談室などで行われることが多いです。

しかし面談時間や場所がなかなか合わない場合には、オフィス以外での面談になることがあります。そうなってしまった場合のおすすめをご紹介します。

カフェ

カフェは転職エージェントとの面談では無難な場所と言えます。またカフェの中でも落ち着いた雰囲気でカウンターではなく、正面に座れるような場所がいいでしょう。

カフェならば話をしていても大丈夫ですし、お茶を片手に話せるので緊張を和らげながら面談ができます。

会社の近くなどに適切なカフェを見つけておくといいでしょう。

転職エージェントと面談へ

転職エージェントとの面談に向けて服装や何を準備したらいいのかを見てきましたが、一番大切なことはあまり気を追いすぎないことです。

気を追いすぎてしまうといらぬ緊張から自分の転職への希望やこだわりなどを伝えそびれてしまいます。せっかくの面談の機会を台無しにしてしまいかねません。

そうしないためにもさまざま準備や下調べをしてきましたが、気持ちはリラックスして転職エージェントとの面談に臨むことが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人