Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

履歴書での交通機関とは・書き方|自転車/車/電車/徒歩/バス

履歴書での交通機関とは・書き方|自転車/車/電車/徒歩/バス

企業への応募する段階で、履歴書の提示を求めらることがほとんどでしょう。履歴書への記入内容はどの項目も大切ですが、今回は履歴書に記入する交通機関の記入の仕方を電車やバス、自家用車、バイクなどをそれぞれ分けて、ご紹介しました。

初回公開日:2018年09月20日

更新日:2018年09月20日

記事に記載されている内容は2018年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

履歴書での交通機関とは

皆さんは、就職を希望する会社を考えたとき、どんなことを基準に選ぶでしょうか。会社の規模や仕事内容ももちろん大切ですが、勤務時間や交通手段を見て就職先を選ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

就職活動では、まずは面接をするのが一般的ですが、履歴書を持参することが、ほとんどでしょう。履歴書に記入する交通機関とは自宅から勤務先までに使う交通手段の事を言います。自宅から会社までの順に、使用する交通手段ごとに、かかる時間と合計時間を記入します。記入する時間はおおよその時間を、片道分でだいたい5分単位で記入するといいでしょう。

会社側は、通勤時間の長さや交通経路などを採用するかどうかを判断材料の一つにします。あまり通勤時間が長い場合は、通勤途中での事故などが起こりやすいリスクがあるためです。

自転車の場合

パートやアルバイトなど主婦の方が勤務先を探す場合に多いのが、自転車で勤務できるかどうかでしょうか。最近ではおしゃれで機能的な自転車も多く、男性でも健康のため、自転車通勤を希望される方も多いでしょう。履歴書にて自転車通勤を希望する場合は、自宅から勤務先までのおおよその時間を記入します。

ただし、自転車は公共交通機関とは定義が異なりますので、会社によっては通勤手当が出ない、または危険が伴う乗り物であるため、交通期間とは認められていないケースもあります。

車の場合

少し郊外に勤務先があったり、駅から自宅が遠い場合など、公共交通機関では少し不便な場所に勤務先や自宅がある場合、車で通勤する方も多いでしょう。車通勤を希望する場合、履歴書には、実際に車を使用する時間を記入します。自宅から会社まで車を使用する場合は、自宅~会社間のおおよその時間を記入します。

自宅から最寄り駅近辺まで車を使用し、そこから電車などの公共交通機関を利用する場合は自宅~最寄り駅までの時間を記入し、最寄駅から勤務先まで使用する電車の区間とかかる時間を記入します。

電車の場合

電車通勤という交通機関とは、都心部では最も多い交通手段の1つでしょう。電車通勤を希望する場合の履歴書の書き方としては、自宅の最寄駅から会社近くの駅までで、一般的は通勤経路を記入します。

交通機関とは、合理的であることが望まれます。使用する駅が1つで有れば、問題ないのですが、使用できる電車の路線が複数ある場合、最も近い、安値であることなど、効率的な経路を記入する必要があります。

中には、新幹線通勤を認めている会社もありますが、あまり最初から通勤距離が遠い場合ですと体の負担がかかることもありますので、採用する会社側としては難色を示されることが考えらます。

徒歩の場合

子供がまだ小さい、親の介護などの理由で、遠い場所への通勤が難しく近くの職場を希望されるケースも多くあるでしょう。では徒歩圏内の場所に勤務先がある場合、履歴書にはどのように記入すればよろしいでしょうか。

履歴書には、徒歩という欄もありますから、自宅から勤務先までのだいたいの時間を記入します。だいたい15分前後でいかれる場所が理想で、30分以上かかる場合は、バスか車などを利用した方が望ましいです。

バイクの場合は?

自転車ではやや遠い、車を使用するには道が狭い、駐車場がないようなケースではバイク通勤を認めている会社もあります。履歴書にバイク通勤を希望する旨を記入する際には、自宅から勤務先までのバイクを使用した場合の通勤時間を記入します。

また、暴風雨などではバイク通勤が危険な時もあり、そのような時はどのような通勤手段で通勤可能であるのか聞かれる場合もありますので、事前に調べておきましょう。バイクという交通機関とは、電車やバスなどの公共交通機関に比べても通勤に掛かる時間が読みにくく、また事故の危険もあるため、やむを得ないケースのみ認めている会社が多いでしょう。

交通機関とは

会社は従業員を採用する基準として、勤務経験などともに、勤務時間なども参考にして判断します。例えばフルタイムの勤務で有れば、毎日の事ですし、勤務時間が長くなれば、通勤中の事故などのリスクもありますし、長時間の通勤時間は勤務態度や健康状態にも影響があるためです。

通勤で使う交通機関とは、電車やバスなどの公共交通機関が望ましいですが、公共交通手段がなく、車などの自家用車通勤をせざるを得ない勤務地もあり、合理的な通勤手段であることが前提です。

タクシーという交通機関とは?

交通手段として一般的なのは、電車やバスなどの公共交通機関ですが、交通機関としてタクシーは認められるのでしょうか、タクシーの利用は一般的な会社では、交通機関とは認めていないケースが多いでしょう。

タクシーが一般的な会社で交通機関とは認められていない理由として、もっとも考えられるのが運賃の高さと、公共交通機関とは定義がはずれていることが要因でしょう。公共交通機関とは、不特定多数の方が決まった経路および時刻に発着し、定められた料金を支払う乗り物である、との見解があり、タクシーという交通機関とは、かけ離れているためと考えられます。

Bottom banner

バスという交通機関とは?

電車についで多い交通機関とは、バスでしょう。電車の駅から自宅が遠く、バスを使用したり、勤務先から直接バスで通勤されている方もいらっしゃるでしょう。バスという交通機関とは、たくさんのお客を一定の時刻で決まった経路を一定の料金で通る公共交通機関の一つです。

バスという交通機関とは、安価で自宅近くに停留所があれば、利用しやすい乗り物ですが、道路の状況によって到着時刻が左右されやすく、朝や夕方では定刻どおりに発着できないケースが多く、不便な一面もあります。また通勤ラッシュ時には非常に混雑した狭いバスに長時間乗らなければならないという難点もあります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

交通機関の書き方

会社の履歴書における交通機関とは、自宅から勤務先までの片道にかかる、おおよその時間を5分単位~10分単位で記入します。電車やバスなどの公共交通機関がある都心部では、公共交通機関を使用し、通勤することが望ましいでしょう。

会社に記入する交通機関とは、一般的で効率的な通勤経路であることが前提ですので、通期経路が複数ある場合は、もっとも合理的であるかかどうか調べることが大切です。

複数の交通機関を使用する場合の履歴書への書き方

勤務時に使用する交通機関とは、一つであるとは限りません。電車通勤では、駅の近くに住んでている方の方がむしろ限られており、自宅から駅までバスを使用したり、自家用車を使用し駅の駐車場を借りて通勤している場合も考えられます。

交通機関とは、効率的な方法であることが求められますから、履歴書に記入するときに、複数の交通機関を使用する場合は、面接官に求められたときに、交通経路について答えられるようにしておくことがポイントです。

電車とバスを合わせた書き方

自宅から最寄り駅までが遠くてバスを利用しようする場合の交通手段の場合、自宅から最寄り駅まで、最寄駅から会社の最寄り駅までのおおよその時間を記入します。バスや電車などの交通機関とは、定刻が決まっており、安価で車やバイクに比べて事故のリスクの少ない乗りものと言えるでしょう。

自家用車と電車を組み合わせた行き方の場合

自家用車という交通機関とは、電車やバスなどの便が悪く、自家用車を使わざるえない場合のみ認めているという企業が多いでしょう。または、夜勤があるなど、公共交通機関を使いにくいケースも自家用車通勤を認めているケースも見られます。

自宅から最寄り駅まで、適切なバス経路がない場合などは、最寄り駅まで自家用車で行き、電車に乗るという通勤手段を取っている場合もあります。

公共交通機関とは

交通機関とは、電車や飛行機、船や道路などの運送および運輸の総称の事を言います。一方公共交通機関とは、不特定多数の人が乗り、決まった経路と時刻に発着し、一定の料金に従い、運航している乗り物であるとされています。

履歴書に記入する公共交通機関とは、電車はバスなどの一般的な公共交通機関を記入する必要があります。タクシーについては、一般的には公共交通機関とは認められないケースが多いでしょうが、高齢者や身体障碍者の方が通勤に必要であると判断されれば、企業によっては認められる事例もある可能性もあります。

履歴書には合理的な交通手段を記入しよう!

いかがでしたでしょうか。履歴書へ記入する交通経路や交通手段について、知っているようで知らないことも多いでしょう。ですが、通勤経路とは、毎日に職場に通うための大切な手段です。あまり遠い場所や、乗り換えが何度もある交通手段では、疲れが出てしまい、業務に差支えがある可能性も考えなければなりません。

応募する段階で、通勤経路が合理的な手段や経路であるかどうか今一度調べてみましょう。

ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人