Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

座談会での質問例・すべきこと|立場別/相手別/業界別/企業別

座談会での質問例・すべきこと|立場別/相手別/業界別/企業別

座談会ではいざ質問をしようと思ってもなかなか自分からは切り出しにくいものです。そこで座談会での質問例と、座談会でのすべきことを立場別や相手別に挙げてみました。ぜひ、あなたが座談会の予定を作っている時にこの記事を参考にしてみましょう。

初回公開日:2018年09月13日

更新日:2018年09月13日

記事に記載されている内容は2018年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


立場別座談会での質問例

就職活動をしていく上で、座談会という言葉をよく聞くことがあります。座談会とは、読んで字のごとく、座りながら面と向かって喋理、質問を直接相手に聞いていく場のことを指します。内定者へ向けての座談会や、インターンや会社説明会の場に設けられることもあります。

そんな座談会は、企業があなたを採用する上でどんな人物なのかを質問をしていくことで確認できる場でもあれば、逆にあなたも企業に直接質問をぶつけることであなたの疑問点を解決できる場でもあり、非常に一石二鳥なものとなっています。

しかし、相手に質問をしていくことは勇気がいることが多いはずです。今日はそんな座談会での質問例を立場や、相手別に例を挙げていきます。

あなたの環境に合わせた例を参考にしてぜひ座談会で質問をしてください。それではまず、立場別の座談会の質問例を挙げていきましょう。

内定者

内定者が座談会で質問をする場合は、内定者はある程度内定先のことを理解していると考えられがちなので内定者は内定先への質問は、業務の具体的な内容などの詳細を詳しく聞いていく必要があります。

非常に聞きにくいようで重要なことを聞いていく必要があるので、内定辞退を考えていても、座談会にいる以上は何か質問をしないといけません。具体的な例を挙げていきます。具体的には、就業時間外で業務のために何かやっていることはあるのかや業務内容の中で今から勉強していた方がいいことはあるのかということが質問として的確でしょう。

自分がやる気があるということ、そして自分には早く即戦力になりたいという意思があるということを相手に感じさせた上で、業務内容について少し触れてもらうくらいが良いでしょう。

インターン

インターンでの座談会の質問は、純粋なインターンを通しての疑問点をぶつけると良いでしょう。インターンで行われる座談会は、疑問点を解決するために用意されているケースがほとんどです。そして、座談会の中であなたを選考しているよりは、あなたのため疑問点が今後の参考になることもあるかもしれないのであなたの質問が欲しいというところで用意されています。

なので、あまり気負いすることもなくあなたが聞きたいことを聞いてみると良いでしょう。また、あなたにとっての採用担当に向けての絶好の名前を売る場所であることも違いはないです。ぜひ、ここで積極的に質問をすることで意欲を見せましょう。

相手別座談会での質問例

座談会で質問をする相手によって質問内容は変えていくべきです。考え方によっては極端ですが、採用に権限のある人にしてはいけない質問と逆にしなければいけない質問もあります。相手の性格も、もちろん考慮しなければいけないこともありますが、1番は相手に良い印象を与えるための質問をしなければいけないということを念頭に置くことです。

しかし、逆に相手が持っている立場から出ないと話せない質問もあります。相手の立場じゃないと答えられないであろう質問をぶつけてみると面白いでしょう。そうすると、相手からは面白い質問だと認知され、今後の参考になる返答をもらえたりして、自分が今後選考を進んでいく上にでも役に立つでしょう。

社員

座談会で社員相手に質問をする際にはここだけでしか聞けないことを質問してみると良いでしょう。社員は、あなたがもし入社をした場合にはあなたと同じ立場の人です。なので、社員に対してやりがいや、ここだけの話などを質問をしてみると、その企業の裏側や、その企業で働くやりがいが聞きだせることができるでしょう。

さらに、社員はその企業で働いている中で、1番あなたの身近な存在と入社後は立場上なるでしょう。なので、あなたと同じように就職活動戦線をくぐり抜けてきた人もいるはずです。そういった経験から、あなたに対してあなたのためになる話を親身にしてくれる社員もいるでしょう。なので社員には積極的にあなたの疑問点を躊躇なくぶつけてみましょう。

具体的な質問例としては、どんなスケジュールで1日を過ごしているのかや、どんな風に業務をこなしているのかという業務内容を確認しましょう。

社長

座談会で社長に質問をする際には、企業のことを積極的に質問をしていきましょう。企業のホームページや社員からの話の中で座談会に行っている企業の社風などのある程度の情報を得ることはできるでしょう。しかし、今後その企業がどうなっていきたいのかや、今の現状をどう捉えていてどのような人物が向いているのかということなどを積極的に質問してみましょう。

社長としては新入社員となる可能性がある若者と話ができることに対してメリットを感じている人もいるでしょう。しかし、立場が人を作るという言葉が世の中にはあるように、社長となっている人物ですから、それなりの器量を持っています。なので、言動や作法に非常に気を使う社長も多くいます。言動や作法には座談会という場合でも気をつけるようにしましょう。

Bottom banner

企業別座談会での質問例

企業によって座談会の質問内容は業種も違うことから異なってくるでしょう。その企業の社風をきちんと理解ができている上で、質問をすると質問をした相手には非常に好印象を与えることができるでしょう。実際に企業の担当からの話の内容などで質問内容の特色も変わっていきます。

みなと銀行

みなと銀行は質問会という名目で座談会のような面接を複数回行う傾向があります。そんなみなと銀行での質問はその時の担当者に合わせてみなと銀行のことを聞いてみましょう。例えば、どのような未来をみなと銀行に抱いているのかや、どのような形で港銀行は社会貢献をしているのかということなどでしょう。

業界別座談会での質問例

座談会で質問する内容は業界別で変えていくべきです。座談会での質問を業界別に変えて、業界の具体的な問題に対しての対策を聞いてみると、あなたがしっかりと調べて座談会に望んでいるという感想を持ってもらい、あなたの印象が上がり、企業は座談会の参加者に自分達のことを知ってもらえるというメリットになります。

銀行

銀行では昨今の状況を踏まえて、業界の話をするとより良い印象です。例えば、昨今は電子マネーが世の中を動かしてきて1円玉が使われることが端数での支払い自体が電子マネーを使うことからなくなってきていると言われています。そんな世の中での銀行の役割はどうなってくるのかなどを伝えていくと良いでしょう。

そうやって、金融とお金といった自分の中の単純な疑問をぶつけてみて、将来のその銀行の社会に対する役割などを聞き出すことによって自分が将来その銀行に勤めた時にどういう風になっていけるのかを想像することもできます。

公務員

公務員という仕事での座談会での質問は、どういう仕事が公務員なのかを明確に考えた質問をすることを考えましょう。

公務員は、公務という行政の立場に立った側となり、市民を相手にサービスや行政が世の中にしなければならない仕事を全うする役割を持っています。社会貢献をどのようにしていくのかということを自分の業種から考える企業とは違い、仕事は社会貢献に必ず通ずるものとなります。

そこで座談会で出していきたい質問例としては、社会問題を軸にした質問をぶつけてみると良いでしょう。例えば、公務員はどのように災害時には対応するべき仕事を持っているのかということなどでしょう。

座談会で質問すべきこと

座談会で質問するべきことは相手も自分も一石二鳥になるものが有効です。相手には、自分を感心させ、自分は相手への対策や、相手の会社への入社意欲をアピールすることをでお互いが良い印象で終わることがその日の意味があると言えるような座談会となります。決して興味本位で失礼な質問をするような相手に不快感を抱かれるような行動や言動は控えるようにしましょう。

座談会で自分をアピールしよう

座談会は自分のアピールの場です。いくら選考に関係の無い場合は多くても、自分の印象を相手に残すことはできます。なので、相手に本当の選考に入った時に顔と名前が一致してもらえることで少しは有利には心情面でなっているはずです。さらに、あなたが事前に企業の担当に質問をしておくことによって、あなったが抱いている疑問点を解決できます。

疑問を解決してあなたの名前を覚えてもらった上でその企業の採用試験に進むとあなたへのメリットしかないので、ぜひ座談会の機会は質問を積極的に行うようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人