Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

自己PRでの責任感の例文・書き方|転職/シーン別/職業別

自己PRでの責任感の例文・書き方|転職/シーン別/職業別

自己PRでの責任感の例文・書き方・転職・シーン別とは、どのようなものでしょう。自己PRで責任感を記載する人は結構いますが実際に書くと難しいものです。そこで、この記事では自己PRでの責任感の例文・書き方などをまとめてみたので見てみて下さい。

初回公開日:2018年09月10日

更新日:2018年09月10日

記事に記載されている内容は2018年09月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


転職での自己PRでの責任感の例文

転職での自己PRでの責任感の例文としては、他の人と違った内容であると良いでしょう。具体的には、「私は常に自分の言動に対して責任感をもって行うようにしています。御社に入社したらこの責任感をもって品質の高い仕事をします」などとなります。

この内容であれば、少しおおげさに感じる人もいますが、このくらいで丁度良いでしょう。転職における責任感とは、基本的に仕事の中でどのように振る舞って責任感を発揮してくれるのか、採用担当者は聞きたいでしょう。

してはいけない自己PRでの責任感の例文

してはいけない転職における自己PRでの責任感の例文としては、「前職でも責任感を発揮してよい仕事をしてきました」などがあります。

この内容では、インパクトに欠けるために採用担当者もあなたの自己PRを覚えてくれないでしょう。また、他の応募者と比較しても印象に残らないでしょう。転職活動における自己PRで責任感をいうときは、新卒よりもより具体的に記載できる必要があります。

シーン別自己PRでの責任感の例文

シーン別自己PRでの責任感の例文としては、色々なケースが考えられます。どのようなシーンでも具体的なエピソードと一緒に採用担当者が理解しやすい内容で記載できると良いでしょう。

例文としては、「私は仕事での申し送り時に、相手がしっかりと申し送った内容を把握しているか責任感をもって確認するようにしています」などとなります。申し送りのシーンにおいて内容確認は重要なことなので会社の採用担当者も印象が良いでしょう。

部活

部活における自己PRの責任感の例文としては、「学生の頃は、サッカー部に所属していましたが、自分の任された清掃の担当を最後まで責任感をもって取り組んできました」となります。

清掃の担当は、部活の中でも面倒なものになりますが、最後まで責任感をもって取り組んだ人は、入社した後も期待できると思われるでしょう。

また、部活ではさまざまな担当があるので、自分の担当したことについて具体的に自己PRとして責任感をもって取り組んだ内容を記載できると良いでしょう。

雇用形態別自己PRでの責任感の例文

雇用形態別自己PRでの責任感の例文としては、どの雇用形態で何を必要とされているかを理解することがポイントとなります。具体的には、「御社で派遣社員として一つ一つの仕事に責任感をもって取り組んで、御社に貢献したいと思います」となります。

派遣社員としてのやる気や責任感を上手にまとめることができれば、採用担当者もあなたのことを認めてくれるでしょう。派遣社員は正社員とは違うと考える人もいますが、実際には面接などでは同じように発言できると良いでしょう。

アルバイト

アルバイトの場合の自己PRでの責任感の例文は、正社員を基本とした内容で良いでしょう。まったく正社員と同じ自己PRでの責任感を記載するというよりかは、責任感をしっかりともって、意識しながら仕事をする内容を書けると良いです。

例文としては、「御社に入社したら責任感をもってわからないことなどについては、一つ一つクリアにして仕事をします」となります。アルバイトであってもわからないことがあった時に対応はとても大切でしょう。

正社員とアルバイトの責任感の違い

では、正社員とアルバイトの責任感の違いとは、どのようなものでしょう。考え方としては同じであるといえますが、厳密にいうと正社員の方がより責任感のある仕事を要求されることがあります。

そのため、自己PRで責任感を記載するときも、説得力のある責任感について自己PRを正社員でも記載すると良いでしょう。とくに今までの経験から責任感を説明できると自己PRとしては、とてもわかりやすいです。

自己PRでの責任感の書き方

Bottom banner

自己PRでの責任感の書き方としては、印象に残る自己PRであることがポイントです。自分が経験してきた責任感についてのエピソードをもとに自己PRにするのが一般的ですが、ちょっとした経験でもこれは自己PRとして使えると思ったら利用してみるのも良いでしょう。

あまり深く考えると具体的な責任感について自己PRが記載できないのでいくつかのパターンを実際に記載してみて、比較してみるのも良いです。そうすることで、色々な面から採用担当者の視点を考えることができるでしょう。

職務経歴書

職務経歴書における自己PRの記載の仕方としては、基本的に履歴書と同じ内容でも良いですが、余裕のある人は職務経歴書にスペースがある場合は工夫した責任感についての自己PRを記載できます。

履歴書ではスペースの関係で記載できなかった内容を職務経歴書で補足的に説明することができます。応募している会社に提出する書類は、色々ありますが提出した書類がトータルとして自己PRになっているかが大切です。

そのような意味でも履歴書と職務経歴書の責任感についての自己PRも一貫性のあるものが良いでしょう。

年代別自己PRでの責任感の例文

年代別自己PRでの責任感の例文としては、どの年代でも責任感についてどのように理解しているかがポイントとなります。年代によって責任感についての考え方は違うことはありますが、社会で必要とされる責任感とは、決まっているところがあります。

新卒の自己PR例文としては、「大学で勉強しながらアルバイトをしたことで、仕事に対する責任感が生まれ常に責任感を意識して仕事をします」となります。

高校生

高校生の場合の自己PRでの責任感の例文としては、「部活動の中で自分が任された仕事をしっかりと行うように意識することで責任感が身についたので、御社に入社しても責任感を持って仕事をします」となります。

このような内容であれば、採用担当者はあなたと面接をして色々と質問したいと思ってくれるでしょう。高校生のおける責任感と、社会人として必要とされる責任感の基本的なところは、同じなので自己PRでも学生時代の経験をしっかりとした文章で記載できれば良いでしょう。

職業別自己PRでの責任感の例文

職業別自己PRでの責任感の例文は、自分が応募しようとしている仕事における責任感とはどのようなものかイメージすると良いでしょう。仕事内容によっては、他の仕事よりもより責任感を必要とする仕事もあります。

このような仕事の自己PRでの責任感は、採用担当者の考えをよく理解していることが大切でしょう。例えば、現場での仕事をメインとする電気工事などは、自分の仕事に対して責任感をもって一つ一つ仕事を行うことが要求されます。

看護師

看護師における自己PRでの責任感の例文としては、看護する現場での仕事内容をしっかりと把握している必要があるでしょう。

人の命に関わる仕事なので、自己PRで責任感について記載する時は、「看護学校で勉強してきたことを一つ一つしっかりと守り、自分の仕事に対して常に責任感をもって看護師としての業務を行います」となります。

この様な内容であれば、採用担当者はあなたの考える責任感を理解してくれるでしょう。

保育士

保育士の場合の自己PRでの責任感の例文としては、子供に対してどれだけ大切に対応をすることができるかがポイントとなります。責任感のうすい人に保育士で子供を任せるのは、少し怖いところもあり、責任感がある人の方が保育園としても安心でしょう。

例文としては、「子供の考えていることをくみとり、責任感をもって子供に対してよりよい保育士としての仕事をします」となります。

好印象な自己PRでの責任感の書き方

好印象な自己PRでの責任感の書き方としては、自分にしかないようなエピソードと一緒に責任感を自己PRできると良いでしょう。それが、趣味で仲間と一緒にバンドをしてきたことでも良いです。

バンドの中で自分が任されていた事に対して、どのように責任感をもって取り組んできたかが大切で、さらに入社した後にその責任感を活かして会社にどう貢献できるか記載できると自己PRとしては、好印象なものとなるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人