Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

派遣の履歴書の職歴の書き方・在籍中の場合・多い時の対処法

派遣の履歴書の職歴の書き方・在籍中の場合・多い時の対処法

現在、正社員や派遣社員として働きながら転職を検討している方も多いことでしょう。転職をする際に必要となる履歴書、就業中の場合どのように職歴を記載するのか悩むところではないでしょうか。今回は現在就業中における職歴の記載方法をまとめさせていただきました。

初回公開日:2018年09月14日

更新日:2018年09月14日

記事に記載されている内容は2018年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


派遣の履歴書における職歴の書き方

転職をする際に職歴を書く場合、どのように記載すれば良いのだろうかと悩むことが多くあります。長い人生の中で転職をする機会が多い方もいれば、少ない方もいることでしょう。履歴書というものは、面接を受ける企業に対して自己PRをすることができる、非常に大切な書類のうちの一つです。

在職中のうちに面接を行う方もいれば、働いていた企業に見切りを付けて完全に退社を行ってから面接を行う方もいますが、このような場合でも履歴書への記載方法が変わってくることがあります。そのため今回は、場合別による記載方法や、契約の違いによる履歴書の記載方法を紹介させていただきます。

正社員の応募における職歴の記載方法

正社員の応募の場合、履歴書だけではなく職務経歴書の提出を求められる可能性が多くあります。そのため、履歴書には職歴を簡易的に記載して、職歴に対する細かい内容はすべて職務経歴書へ記載することをおすすめします。面接を受ける企業へ事前に確認をとって、履歴書のみの記載で良いのか、職務経歴書が必要なのかを確認してから履歴書の作成をしましょう。

正社員から正社員への転職の場合

正社員から正社員のへの転職における履歴書の記載方法は、企業の名称と就業していた企業の配属、簡易的な職務内容の記載だけでOKです。職務経歴書が必要ない企業での面接は、口頭で職歴をしっかり説明しましょう。

職務経歴書が必要な企業については、職務内容を細かく記載し、職務経歴書に記載していない部分へ質問が投げかけられるようになっていますので、職歴に対して受け答えができれば大丈夫です。

派遣から正社員への転職の場合

派遣から正社員への転職における履歴書への職歴記載方法は、まず所属している派遣会社の名称を記載しましょう。この時に配属先も記載するのですが、派遣社員の場合の配属先は派遣元の事業所本体ではなく、派遣先の企業となります。そのため、派遣先の企業の名称と職務内容を括弧付で記載するようになります。

派遣の方の場合、一つの派遣元で複数の派遣先への配属もあることでしょう。異動のある方は、異動をした年月日と異動をした派遣先の名称もしっかりと記載しましょう。職務経歴書を記載しなければならない場合、異動が多いと記載に時間がかかってしまいますが、事細かく記載することによって、評価に繋がりますので一つずつ丁寧に記載することが望ましいです。

契約社員の応募における職歴の記載方法

契約社員の応募における職歴の記載方法は、正社員の応募に比べると簡易的になることが多く、事細かく職歴を記載する必要はあまりないでしょう。職務経歴書を求められる可能性も正社員の応募に比べると少なく、経験や実績を口頭で説明する面接が多いです。履歴書には上記同様、就業していた企業の名称と簡易的な職務内容の記載をしましょう。

正社員から契約社員への転職の場合

履歴書の記載方法は基本的に変わりません。上記同様、就業していた企業の名称と簡易的な職務内容の記載だけでOKです。契約社員においては契約の方法で面接と面談に別れます。派遣会社が絡む契約社員の場合は、派遣会社で面接を行います。派遣会社で行う面接は簡易的なものが多く、気軽に面接ができることでしょう。

派遣会社で面接をおこなった後は、実際に就業を行う企業の担当者との面談が待っています。契約上、派遣先が面接を行うことは法律で禁止されているため、簡易的な面談と企業の案内で終了することが原則のため、緊張をする必要もありません。面談中に職歴や職務内容について簡易的に聞かれることもありますが、細かく職歴を説明する必要はありません。

ただし、派遣会社を介さず直接雇用の契約社員については面談ではなく面接を実際に行いますので、事前に準備が必要になります。しっかり受け答えができるように練習をしておくことをお勧めします。

契約社員から契約社員への転職の場合

こちらも同様、大きく違いはありません。現在、所属している派遣会社の名称を記載した上で、実際に就業している企業名を記載しましょう。契約社員の方で直接雇用をされている方については派遣会社を介していないため、そのまま企業名を記載で大丈夫です。

派遣会社に登録を行っている方の場合、実際に就業する企業の状況により、現場異動などがありますので、転職に近い形の異動も経験することができるのではないでしょうか。現場を異動する際は、面談を改めてする必要もありますが、派遣会社の場合は現場担当が必ずいるため、異動に関する細かい部分は、しっかりと担当からサポートを受けることができます。

アルバイトの応募における職歴の記載方法

アルバイトの応募における履歴書への職歴記載方法は、場合別で状況が大きく変わってきます。現代社会では働き方が大きく変わり、サラリーマンの方でも副業としてアルバイトをされる方が多いでしょう。この場合、履歴書の書き方が少し変わってきますので注意が必要です。アルバイト一本ではなく、あくまでも副業として就業しますと明確にする必要があります。

正社員からアルバイト

正社員からアルバイトへの転職は、そう珍しいことでもありません。家庭の事情などで、どうしても正社員として就業できなくなってしまった場合などが例に挙げられます。アルバイトはシフトが自由に決められたりするため、事情のある方が働きやすい環境になっています。履歴書への職歴や退社理由も正直に書いて大丈夫でしょう。

在職中の場合における履歴書の職歴記載方法

Bottom banner

在職中の場合の履歴書の記載方法は、現在の就業先を退社する場合と、アルバイトを副業として働く場合や、その他の働き方によって記載方法が変わってきます。それぞれ違った記載方法がありますので、注意が必要です。

履歴書への記載方法:退社予定の場合

退社予定の場合の記載方法について、正社員、派遣社員、パート・アルバイトなどたくさんの働き方がある中で、現在の就業先を退社して、自分の興味がある分野で仕事をしたいため転職を検討する方も多いのではないでしょうか。

一度退社をして就業先を探す方もいれば、新しい就業先がすぐに見つからない可能性を考え、退社をせずに仕事をしながら転職先を見つける方も中にはいらっしゃることでしょう。現在の就業先を退社せずに仕事を探す場合、どういった記載方法をすれば良いのか悩んでいる方へ、退社予定の場合について履歴書の記載方法を紹介させていただきます。

退社時期の詳細を履歴書に記載しよう

現在の就業先を退社する場合、正社員の方ですと引き継ぎなどがあるため、退社に時間がかかります。まず履歴書へ現在の就業先の記載を行い、簡潔に仕事内容の記載を行います。その下に「現在に至る」の文言を記入して完了なのですが、退社の時期が明確になっていません。この場合ですと、大事なポイントである「いつから就業できるのか」が、はっきりとしません。

こういった場合どうすれば良いのかと言いますと、履歴書には職歴の項目以外に特記事項などを記載する部分がありますので、そちらに退社時期(仮予定でも良い)の記載をしましょう。退社時期を明確にすることにより、面接をする人事担当が入社時期の計算をすることが可能なため、第一段階である書類選考などをパスしやすくなります。

正社員・派遣社員・アルバイトの兼業

本業の収入が少なくて、アルバイトをしないと生活ができないという方も中にはいらっしゃることでしょう。この場合において職歴はどのように記載するのかと言いますと、まず過去の職歴を記載すること、現在の就業先や簡易的な職務内容の記載を行い、上記と同じく「現在に至る」の文言を記載します。

ここでポイントなのが「あくまでも副業として働く」ということを明確にすること、就業可能な時間帯や曜日をはっきりさせることがポイントです。本業の就業時間が終わってから支度などをする時間を検討し、無理のないシフト組みができるように、特記事項としてこの時間であれば働くことができると記載することが重要です。

履歴書の職歴が多い場合の対処法

職歴をしっかりと記載することは、自分のスキルをアピールするために有効な方法です。ただし、職歴の数があまり多すぎると面接官によっては「この人は、仕事が続かない人なのだろうな」と判断されてしまう可能性があります。

では職歴の数が多い方の場合、極端に短いものを隠せば良いのかと言いますと、そうではありません。ここでは、そういった場合の対処法として有効な方法を紹介させていただきます。

転職を繰り返している正社員について

転職を繰り返すことによって、履歴書に書かなければならない職歴がどんどん増えて行くことがあります。巷では3ヶ月以内の退社であれば、職歴の記載をしなくても良いという噂が飛び交っていますが、そんなことは間違ってもありませんので、注意が必要です。調べようと思えば働いていた職歴はすぐにわかってしまいます。

なぜ職歴が簡単にわかってしまうのかと言いますと、雇用保険や健康保険などの所謂、社会保険関係の継続期間などを調べて行くうちに、履歴書から見る職歴と加入期間の辻褄が合わないというところから、判明するようになっています。

どのように対処を行えば良いのか

履歴書へ記載する職歴は、偽りなくしっかりと書きましょう。一枚目の履歴書では足りないという場合は、二枚目の履歴書に記載する方法や、別の用紙に職歴の記載をして、一枚目の履歴書の職歴欄に別紙参照と記載することによって省く形も可能です。転職を繰り返している方は、なぜすぐに転職をしたのかという、退社理由を明確しなければなりません。

退社理由を正直に書かなければならないと考えがちですが、面接においては正直さ故にマイナスの評価を与えてしまう可能性もあります。誰が見ても納得する理由であり、その部分に対して細かく説明ができるのであれば、職歴が多くともマイナスイメージはつきにくいものと考えられますので、しっかりとした受け答えができるように準備をしておきましょう。

派遣会社で複数の企業へ派遣されている場合

現在、派遣会社にて派遣社員として働いている方は、異動が多い場合、すべての就業先を記載していると項目が足りなくなってしまう可能性があります。履歴書には派遣会社の名称を記入し、異動先については履歴書に別紙参照と記載して、職務経歴書などに詳細を記入しましょう。派遣社員から正社員に転職する場合は、一つ一つ丁寧に記載することで評価に繋がります。

派遣社員から派遣社員(派遣元の変更など)の場合は、そもそも職務経歴書を求められることが少ないため、履歴書へ派遣元の名称を記載し、同一の派遣元内の異動であれば、異動した派遣先の名称を括弧づけなどで記載するだけで大丈夫です。職務内容について聞かれることもありますが、簡潔に答えるだけで大丈夫でしょう。

ポイントを押さえて履歴書を記載しよう

履歴書は手間をかければかけるほど、良い自己PRに繋がる書類となります。簡潔に書けば書くほど、内容が薄くなってしまい与える印象も薄いものとなります。必要最低限のことだけではなく、他の人とは少し違う履歴書の作成をすることで与える印象がグッとUPすることでしょう。

職歴を簡潔に記載し職務内容は細かく

現在も就業中で転職を検討されている方は、履歴書の職歴は簡潔に記載を行い、職歴についての詳細は職務経歴書に記載を行いましょう。職務経歴書があることによって、自分のスキルをPRすることが可能です。

退社時期を明確に

現在、就業中の場合「現在に至る」の文言だけでは、いつから働けるのかがわかりません。書類選考では退社時期が明確になっていないと、転職する気が本当にあるのかと、その時点で選考から外されてしまう可能性があります。人事担当の方が入社時期を計算できるようにすることで、スムーズな面接に繋がることでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人