Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

パートの履歴書の書き方・封筒の書き方|保育士/看護師/薬剤師

パートの履歴書の書き方・封筒の書き方|保育士/看護師/薬剤師

パートの履歴書の書き方とは、正社員よりかは神経質にならなくても良いですが、非正規として働く人が多いのでライバルが多くなります。パートでも履歴書に書いたことに答えられるようにして面接を受けましょう。また基本的な書き方のルールを守るようにします。

初回公開日:2018年09月19日

更新日:2018年09月19日

記事に記載されている内容は2018年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


パートの履歴書の書き方ってどうするの?

パートでも契約社員でも正社員でも、基本的な履歴書の書き方を熟知して面接に望まなければ、採用の可能性は低くなるでしょう。写真にプリクラを使わないことや、履歴書に書く職歴や資格も相手に分かりやすく正直に書くようにします。

自分でパートの履歴書の項目を書く場合、志望動機や長所、短所などもあらかじめ受ける会社のホームページを調べておき、的を得た書き方をしましょう。医療関係の病院でも保育園でも公務員のパートでもその職場が力を入れていることにフォーカスを当てる書き方をします。

保育士の場合

保育士の場合は、今までの仕事の経験があれば職歴や自己アピール欄に書くようにしましょう。普段、自分の子供にどう接しているのかを志望動機に盛り込むようにして、自分という人間がどのような人物なのかをわかるような書き方をします。

保育士のパートを受ける人の場合、多くの資格を書くことで採用の幅が変わってくきます。勤務時間や勤務内容をなるべく向こうの希望に合わせる書き方を心がけましょう。

看護師の場合

看護師の人でも他の職業と一緒で、以前勤めていた病院でどのようなことを学んで知識として得たかを自己アピール欄や、志望動機の欄に書くようにしましょう。持っている資格もなるべく多いほうがいいですが、看護師の場合は資格が限られるのでそれほど神経質にならないてもいいです。

パートという働き方をするので、なぜ正社員として働かないのかと聞かれてもきちんと理由を述べられる履歴書の書き方をする必要があるでしょう。そのためには履歴書に書かれたことにきちんと答えを用意しておくことが大切です。

薬剤師の場合

薬剤師の人の場合も、今まで勤めた薬局のことを踏まえた自己アピールや志望動機を書くようにして、その薬局が力を入れていることをホームページなどで確認しておき、志望動機とリンクさせることが必要です。

薬剤師の場合も、患者さんやお客様への思いやりなどが感じられる履歴書の作成するような書き方をして、その薬局が力を入れていることを把握して、今までの仕事で得た知識などを面接で話せる履歴書の書き方をすることが大切になるでしょう。

パートの履歴書のそれぞれの項目の書き方とは

パートの仕事を受ける人も、正規の仕事を希望する書き方とそれほどそれぞれの項目の書き方は変わりません。自分の職歴を正直に書くことや、的を得た志望動機や勤務曜日などもなるべく採用する会社の希望に合わせる書き方をしましょう。

資格や優秀な職歴なども重視する職場もありますが、必要なのは今現在どのような気持ちでパートとして働きたいのと考えているのかが大切です。履歴書の書き方も今現在の自分の状態を正直に書くことが重要になってくるでしょう。

職歴の場合

自分が就きたいと考えている仕事にふさわしい職歴なのかを考えて、会社を受ける必要があるので、職歴について聞かれても胸をはって答えられるような職歴欄の書き方をしましょう。

転職を繰り返していても全ての職歴を書くようにして、それぞれの仕事を辞めた理由も用意しておくことも必要です。以前勤めていた職場でどのようなことを学んで自分のためになったのかを答えられるようにしておきましょう。

志望動機の場合

パートの人でも正社員の人でも志望動機の書き方で採用の可能性が変わるので、志望動機は勤める会社のことを調べておき、的を得た理由を書くようにしましょう。

どうして、受ける会社でなければいけないのか、どうしてその会社で働きたいを考えているのか将来その会社の仕事を通して、どのように成長したいのかを明確に相手の納得できる理由で志望動機を書く必要があります。そのためには今までの仕事をどのようにパートで活かしたいのかを答えれるようにしましょう。

資格の場合

パートの面接を受ける人も、資格を重視する会社が多いので、普通免許や小さな資格でも履歴書の資格欄に書くようにして自己アピールにつなげましょう。

これからしたい仕事に合わせて、必要な知識も変わってくるので、資格を取得したのはいつなのかを正確に書くようにして、等級などもきちんと明確に書くようにします。資格欄は取得した時の年と月、資格名を書くだけなので相手に分かりやすく資格名を書く必要も出てくるでしょう。

希望する曜日を書く場合

Bottom banner

パートの人の場合、履歴書を書くときは採用側の希望になるべく沿うような希望曜日を書きましょう。パートという働き方でも、組織の一員だということを理解していなければ、採用されない可能性が高くなります。

こちらで履歴書に勤務できる曜日を書いていても、残業や休出ができることを告げておき仕事への意欲や責任感を面接で言えるようにしておきましょう。今は仕事をすること自体が厳しくなっているので履歴書に希望する曜日を書いても、違った曜日にも対応できるようにしておくことが必要です。

パートの履歴書の封筒の書き方ってどうするの?

自分でパートの履歴書を送る場合は、封筒は白いものを用意して、太すぎないマジックペンで縦書きで受ける会社名を書き、裏に自身の住所、氏名を書くようにしましょう。また封筒なども、履歴書がすっぽり入るものを用意して、できれば速達やレターパックで送るようにします。

また、職務経歴書などを送る場合は送付書なども合わせて送るようにしておくことも必要になるでしょう。パートといえど仕事への熱意や意欲が感じられる封筒の送り方をします。

パートの履歴書でも書き方次第で採用されるか決まる

パートの履歴書は正社員よりも、安易に考えがちですが、正社員の仕事を時と同じ書き方をしましょう。履歴書の志望動機や自己アピールなどでも、面接官に与えるイメージや印象が変わってくるので書き方などにも工夫が必要になります。

自分がパートの仕事を見つけて頑張りたいと思えば、相手が採用したいと思うような履歴書の書き方をしなれば採用されないでしょう。そのためには履歴書もはっきりした文字で誠意の伝わるような書き方をしなければいけません。

基本的な決まりは守ろう

パートを受ける人も基本的なルールやマナーを守って履歴書を書くようにします。自分の履歴書に載せる写真にプリクラや古い写真を使用しないことや、1文字でも間違えば全て書き直すようにしましょう。

また提出期限があれば期限を守るようにしなければ採用されないので、面接のルールと合わせて履歴書の書き方の最低限のマナーは守るようにします。

面接では履歴書に書いたことが答えられるようにする

先ほどから述べていますが、履歴書に書かれたことは自信を持って答えられるようにしておく必要があります。なぜなら自分のことを理解していなければ、仕事をする上で相手の気持ちを掴めないからです。

パートとして働きたい人も、採用後は正社員と仕事が変わらないこともあるので、自分は何ができるのかを相手に知ってもらうためにも履歴書に書いたことに答えられるようにしておく必要があるでしょう。そのためにも履歴書の書き方に気をつけなければいけません。

パートでも今までの仕事を活かすようにしよう

履歴書を上手く書いて、採用されても今までの仕事を活かせなければ仕事自体を続けるのが難しくなります。畑違いの仕事でも今までの仕事の経験があれば、職場で活躍することも可能なので、そのためには職種に関係なく仕事への取り組み方をアピールする書き方をしましょう。

パートの仕事をする人でも、今までの仕事が活かせるような自己アピールや志望動機を書くようにして採用してもらうように履歴書を書く必要があります。

仕事への熱意が伝わる履歴書を書こう!

パートの仕事でも正規の仕事の時と履歴書の書き方は変わりません。それほどパートの人にもプロ意識が求められています。本人の熱意が伝わる履歴書を書かないと採用されないので、基本的なルールを守りつつ、今までの仕事を活かした自己アピールや志望動機を書きましょう。

非正規の人も正規の社員と一緒のスキルが求められているので、たとえパートでもひけを感じないで自信を持って仕事をすることが必要です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人