Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

履歴書には中学校卒業から書くのか・書き方|学科/県名/市立

履歴書には中学校卒業から書くのか・書き方|学科/県名/市立

いざ履歴書を書こうとした時に「あれっ、履歴書って中学校から書くの、それとも高校から」と悩んだことありませんか。実は、自分が置かれている状況によって履歴書は中学校から書くべき時と、高校から書くべき時の判断が分かれてきます。この記事から、どのようにして正確に履歴書

初回公開日:2018年09月04日

更新日:2018年09月04日

記事に記載されている内容は2018年09月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


履歴書には中学校卒業から書くのか

就職活動しているときに必ずと言っていいほどを書かなければならないのが履歴書です。しかし、「そういえば履歴書って中学校卒業から書けばいいんだっけ」と疑問に感じている人も多いはずです。もし履歴書の書き方を間違ってしまうと相手に悪いイメージを与えてしまう可能性があります。

就職活動している時のトラブルを避けるためにも、これから履歴書には中学校卒業と書く必要があるのかどうか詳しく紹介します。一度これから紹介される記事の内容に目を通してから履歴書を記入されることをおすすめします。

高校から

履歴書に中学校卒業から書くかどうかは、履歴書を提出する目的によって変わってきます。例えば、あなたが転職をするために履歴書を記入しようとしているとします。転職希望で履歴書を記入する場合は高校からで大丈夫です。

つまり、自分が就寝した中学校の名前や卒業した年について記入する必要はないということになります。そのため、転職をする時もしくは中途採用のための履歴書を記入するときは高校の卒業した年から書くことができます。

基本的に高校の卒業した年から始まっているよ履歴書を読んだからといって、不快に感じる面接官はいないはずです。

アルバイトの面接は中学校から書くべき

では、これからアルバイトをしたい人は、いつの学歴から書き始めれば良いのでしょうか。アルバイトをしたい人は中学校の卒業した年から書き始めると良いです。そもそも、アルバイトを始めている年代にもよりますが、自分が中学生なのであれば卒業するのはこれからのため「在学中」と履歴書に記入することができます。

「在学中」という言葉とともに中学校の名前と学年について記入すれば、相手の面接官は自分の年齢について詳しく理解することができるはずです。

また、高校生や大学生なのであれば中学校を卒業した年から書くことによって、履歴書の学歴の部分を記入し始めることができます。

就活生の場合も中学校の卒業年から

実は転職者ではなくて就活生の場合も履歴書には中学校の卒業した年から書き始めることができます。当然のことながら、大学生や高校を卒業した人が就職活動を行っている場合は、何の問題もなく中学校を卒業した年から履歴書に記入することができます。

しかし、もし中学を卒業した後に就職をしたいのであれば「卒業見込み」という言葉を使いながら、もうすぐ卒業しそうな年齢であることを履歴書に記入することが大切です。

履歴書への中学校の書き方

履歴書に中学校について記入したい時に、中学校についてどの程度の情報を履歴書の中に記入すれば良いのか迷ってしまうこともあります。これから「学科」「県名」「市立」「卒業日」のそれぞれを記入する方法について詳しく紹介します。

学科

中学校の頃から学科があることはほとんどありません。しかし、もし自分の学科について研究したいのであれば「中学校〇〇科」という書き方で記入できます。

基本的には「中学校」もしくは「高等学校」という言葉の後に学科について言及する必要があります。そうすることによって自然な流れで相手側も履歴書を読むことができます。

県名

履歴書を記入しているときに県名について正しく記入するのは大切なことです。特に、あまり有名ではない中学校や高校を卒業している場合は、件名を正しく記入することができなければ 、自分が何県から来たのか正しく使えることができません。

県名は最初に書こう

Bottom banner

県名は中学校や高校の名前について記入する前の一番最初の部分に気にする必要があります。例えば「東京都杉並区立〇〇中学校」「千葉県立〇〇中学校」という書き方で県名を記入することをおすすめします。

中学校や高校の名前の前に都道府県の名前を明らかにすることによって、自分がどの都道府県で学生生活を過ごしたのかを相手にわかりやすく伝えることができます。

市立

市立の中学校や高校を卒業している人はどのように履歴書に記入すれば良いのでしょうか。これから市立という言葉を使いながら自分の育った中学校は履歴書に記入する方法を紹介します。

市立も県立と同じような書き方

市立の場合であったとしても県立と同じような仕方で履歴書に記入をすることができます。具体的には「さいたま市立〇〇中学校」のように記入できることになります。でも、県名を書くことを忘れてはなりません。

履歴書に正確に書きたいのであれば「埼玉県さいたま市立〇〇中学校」という書き方をする方が適切です。さいたま市の場合は県名がすぐにわかる市のため、万が一県名を書き忘れたとしてもどこの県にある中学校なのか迷ってしまうことはほとんどありません。

それでも、中にはどこの県にあるのかわかりにくい市の名前もあります。相手が正確に住所を理解することができるようにするために、県名の後「〇〇市立」と書くことをおすすめします。

卒業日

中学校や高校の卒業日について履歴書の中で正確に記入することは大切です。面接官たちは、本当に面接をしている人が中学校や高校を卒業しているのか見極めたい場合もあるからです。では、これから中学校や高校の卒業日について記入する方法について詳しく紹介します。

卒業した月まで記入すればOK

卒業日という言葉を聞くと多くの人は卒業した日付を思い浮かべます。しかし、実際に履歴書に記入するときには中学校や高校を卒業した月まで記入すれば大丈夫です。というより、僕の履歴書では日付ではなく月を記入するように求められる記入欄が設けられています。

履歴書の「学歴・職歴」と書いてあるところには中学校や高校を卒業したことについて記入します。しかし、他の空欄の場所に「年」や「月」という欄がほとんどの履歴書には設けられています。その場所に自分が中学校や高校を卒業した 年と月を正確に記入します。

人によっては西暦で卒業をした年を記入していることがあります。しかし、基本的には西暦ではなく平成や昭和で記入することをおすすめします。履歴書を記入する際には年号の方が一般的に使われているので、その方がイメージも良いとみなされることがあります。

履歴書には中学校は正式名称を書くのか

履歴書に中学校の名前を書くときに、正式名称を記載したらよいのか迷うことがあります。就職活動している時には独自のルールが存在するのも事実なため、これから中学校の正式名称を履歴書に書くべきかどうかについて詳しく紹介します。

学校名は正式名称で書く

基本的に履歴書に学校名を記載する時は中学校であったとしても高校であったとしても正式名称で記載することをおすすめします。地元に生活している人の間で学校の名前が省略それていることがよくあります。しかし、省略された学校の名前ではどの学校のことを意味しているのかわからなくなってしまうことがあるのも事実です。

学校名についてわかりにくい情報を相手に伝えてしまうのを防ぐためにも、就職活動している時の履歴書には正式名称を必ず記載してください。中学校の正式名称を記載することによってトラブルに発展しまうことはありえません。

正確な書き方で履歴書を記入しよう

この記事の中でも紹介されたように、履歴書に中学校から記入しなければならないのは中途採用の場合に限ることがわかりました。しかし、もしアルバイトなどを始める際に履歴書を提出するのであれば、当然、中学校について記入された履歴書を準備する必要があります。

就職活動を効果的に進めるためにも、自分の卒業した中学校について正確な書き方をすることが大切です。自分の卒業した中学校が原因になって面接に落ちてしまうことはないものの、履歴書の書き方が間違っているゆえに落ちてしまうことは十分あり得るからです。

では、正確な書き方で中学校について履歴書に記入して、望んでいる職場に就職することができるように努力していきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人