Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

英検の履歴書の書き方・何級から書けるのか・月も書くのか|正式名称

英検の履歴書の書き方・何級から書けるのか・月も書くのか|正式名称

英検は正式名称を実用英語技能検定試験と言い、子どもから大人まで幅広い年代の人が受けることができる英語の資格試験です。履歴書に書くことができるのは一般的に2級以上とされています。履歴書に書くときには合格した年月も思い出して記載するようにしましょう。

初回公開日:2018年09月19日

更新日:2018年09月19日

記事に記載されている内容は2018年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


英検の履歴書の書き方

履歴書の資格欄に英検のことを書く人は多いです。英検を取得していると、何の職種に応募するにもインパクトがあります。履歴書に記載する場合は「英検〇級取得」で十分に通じるのですが、やはりそこは正式名称で書いておきましょう。

正式名称

履歴書の資格欄に英検に合格していることを記載したし場合「英検〇級取得」でも十分に意味は通用します。それだけ英検は全ての英語の資格の中で一番認知度がある資格だからです。しかし意味が通じるからと言って、このままにしておくのはよくありません。英検には正式名称があるからです。

英検の主催者は公益財団法人日本英語検定協会です。英検の正式名称は「実用英語技能検定」です。履歴書に書くときには「実用英語技能検定〇級合格」と記載するようにしましょう。

英検の履歴書は何級から書けるのか

英検には5級から1級まであり、数字が小さくなっていくにつれてレベルが上がっていきます。5級は中学初級レベルで英語の学習を始めて間もない人が力試しに受けるタイプのものですので、履歴書に記載することはできません。それでは何級から履歴書に記載することができるのか、各級のレベルとともに解説していきます。

2級

英検の2級のレベルは高校卒業程度で、一般的には2級に合格していると英語力はある程度あると判断されます。試験問題の難易度は高く、大学入試程度かそれ以上の英語力がないと合格することは難しいです。二次試験の面接はオールイングリッシュで行われます。合格するにはある程度の準備が必要です。

英検2級に合格していると、英語に関係がない会社であっても一つの資格としてアピール力がありますので、履歴書にも堂々と記載することができます。英検2級の試験を受験する予定の人、受験して結果待ちの人は履歴書に「現在実用英語技能検定2級取得に向け勉強中」と記載しておきましょう。

準2級

もともと英検には準2級はありませんでしたが、3級と2級の間のレベルに大きな開きがあるので新設された級です。準2級のレベルは高校中級程度で、試験問題は2級に比べると難易度は高くありません。学歴が高校卒業であるのなら英検の準2級は基礎の英語力があることの証明になりますので、履歴書に記載するといいでしょう。

1級

英検1級は難易度が高く、合格率は10%程でTOEIC900のレベルよりも高い難関の英語の試験です。履歴書に英検1級を取得していることを記載すると、英語が必須の仕事においては即戦力になる人材であるとみなされます。実際に外国人相手のビジネスでも、全く不自由なく仕事を進めることができるでしょう。

準1級

英検の準1級は2級と1級の間のレベルの差が大きいために新設された級です。レベルは大学の中級程度ですが、英語を専門に学習している大学生でないと合格することは難しいです。履歴書に記載することで英語力を高く評価される強いアピール力があります。外資系の会社に就職するときには、かなり有利になる資格になります。

3級

英検3級は中学卒業程度の難易度になります。学歴が高校卒業以上であれば英検3級を取得していても履歴書に書く必要はありませんが、学歴が中学校卒業であれば履歴書に書くことはできます。英検3級は英語を使って仕事ができるという証明にはなりませんが、中学校時代に基礎的な英語の力を身に着けることができたという証明になります。

英検は3級から面接試験がありますので、書く・聴く力だけではなく、簡単な英語を話せるという証明になります。

4級

英検4級は中学校の中級程度で、5級で合格した人が次の段階として受けるレベルの試験です。5級よりはわずかにレベルアップしていますが、英語が得意な中学生や英語を習っている小学生が受験して合格することは、それほど難しくはありません。履歴書に書くことはできませんが、基本的な英語が身についているかどうかの力試しにはなるでしょう。

英検を受験するには?

どんな仕事に応募するにも英検は取得していないよりも取得していたほうが良い資格です。英検を一度も受験したことがない人も、まずは合格率が高い級から受験してみるのもいいでしょう。それでは英検を受験するにはどうすればいいのか、試験時期と内容についてご紹介します。

試験実施時期

英検の試験は1年に3回、6月、10月、1月に行われます。受験する機会が少なく、締め切り日や試験場所がわかりにくいので、英検の公式サイトなどであらかじめ確認しておくことが大切です。たとえば10月の試験を受けようとするときは8月から受付が始まります。9月の中旬には締め切りになりますので、申し込みは早めに行いましょう。

書店でも受付をしているところが多いので、近くに書店があったら問い合わせてみてもいいでしょう。受験場所は各都道府県に設置されていますので、自宅から近い場所を選ぶことができます。

Bottom banner

試験内容

試験内容は4級と5級が試験場で筆記試験とリスニングテストを受験します。4級と5級には面接試験はなかったのですが、2016年から自宅で受験できるスピーキングテストが新設されています。3級以上は一次試験と二次試験に分かれていて、一次試験が筆記試験とリスニングテスト、二次試験が面接試験です。

面接試験の内容は受験する級に合わせた文を音読し、その文についての質問に答える形式です。すべて英語だけで進んていくので、特に英語が苦手な人は事前に試験内容について確認しておくようにしないと、かなり緊張してしまいます。1級の面接試験は2分間のスピーチもありますので、かなり高度なスピーキング力が必要です。

履歴書には英検の取得月まで必要?

履歴書に英検を資格として記載するのは取得した年と月も記載する必要があります。合格証に書いてある年と月をそのまま記載すればいいのですが、問題は合格証が見当たらないとき、紛失したときです。そういう場合は試験を受けた時期を思い出すしかありません。英検の合格証書が発行された日を一覧にした表も存在しますので、検索して利用してみましょう。

英検には有効期限があるのか?

英検を資格の一つとして履歴書に記載する場合、特に有効期限はありません。高校時代に2級を取得して、大学を卒業して十数年経ったから書けなくなるものではありません。ただし会社によっては決まりがある場合もありますので、履歴書を書く前に確認するようにしましょう。

履歴書に英検取得と記載することで評価は変わる?

英検は英語の資格の中で一番日本で認知度が高く、そのレベルについても知らない人はいないでしょう。一般的に履歴書に書くことができるのは2級以上ですが、高校卒業程度のレベルですので、英語力がある人という評価につながります。特に1級を取得していると英語に関しては一目置かれる存在になることは言うまでもありません。

英検の他に履歴書に記載できる英語の資格とは?

英検は英語の資格試験の中でも日本では一番認知度が高いものですが、英語の資格試験は英検だけではありません。企業によっては英検よりも、もっとビジネスに役立つ資格を求めている場合もあります。そこで外資系企業や貿易会社などに、よりインパクトがある英語の資格試験にはどういうものがあるのか、ご紹介します。

TOEIC

TOEICは英検に次いで日本で認知度が高い英語の資格です。難易度が高いので、受験した人の数も英検に比べると圧倒的に少なくなります。TOEIC(トーイック)というのは通称で、正式には「国際コミュニケーション英語能力テスト」といいます。英語を母国語としない人を対象にしていて、英語でのコミュニケーション能力を判断するための試験です。

TOEICは英検のように級が分かれているのではなく、試験問題は受験者は同じです。試験で取ったスコアで判断します。合格・不合格という判定はありませんが、履歴書に記載するのなら600点以上のスコアを目指すといいでしょう。600点あれば通常の会話には不自由しないレベルであると判断されます。

外資系企業などで英語を使ってビジネスをする場合には800点以上のスコアが求められることもあります。

日商ビジネス英語検定試験

日商ビジネス英語検定試験は、ビジネスに特化した英語の検定試験です。外資系企業や貿易関係の会社では履歴書に記載することで大きなアピールになります。試験は英語でのビジネス文書の作成、海外取引に関する実務的な英語の理解力を判定します。級は3級から1級まであります。

履歴書に記載するのなら2級以上を取得してからがいいでしょう。2級の取得で就業後1~2年で身に着ける英語によるビジネスコミュニケーション力を身に着けていると判断されます。

国際連合公用語英語検定試験

「国際連合公用語英語検定試験」は通称「国連英検」と呼ばれている英語の検定試験です。国連の公用語の一つである英語の能力を判定する試験で、特A級からE級まで6段階の級に分かれています。主催は国連ではなく、日本でのみ行われている検定試験であり、英語力を問うだけではなく、時事問題や一般教養も問われます。

履歴書にはB級以上の取得で記載することができます。特A級の試験は日本で受ける英語の試験の中で最難関と言われるほど難易度が高いです。国際公務員などの国際機関に就職を考える人には必須の試験であり、警視庁の採用試験でも評価されます。履歴書に記載することで、外資系企業でも英語力と国際意識の高さをアピールできる資格です。

BULATS

BULATSは日本では認知度が低い英語の試験ですが、世界ではビジネス英語力を測ることができるとして、広く普及しています。BULATSでハイスコアを取ると、外資系企業では即戦力がある人材として高いアピール力があります。「読む」「書く」「聴く」「話す」の4技能をバランスよく判定できる試験内容になっています。

判定は100点満点換算のスコアと欧米で導入されている語学力基準のCEFR、ヨーロッパの語学力基準のALTEが併記されます。履歴書には100満点換算の75点以上のスコアであれば記載できます。外資系の企業を目指す人には英検やTOEICよりも注目すべき英語の試験だと言えるでしょう。

英検2級以上なら職種に関わらず履歴書に記載を

英検は日本でだけ行われる英語の資格試験ですが、英語のレベルを知るにはわかりやすく、誰もが知っている試験です。履歴書に記載できるのは一般的に2級以上だとされていますが、特に英語が必要ではないと思われる仕事を志望する場合でも、履歴書の資格欄にはぜひ記載しておきましょう。

英検以外にも英語の資格はいろいろなものがありますので、特に英語を使う仕事を目指している人は英検以外の英語の試験も積極的に受験して履歴書に記載しておくようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人