Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

就職留年になる理由・不利なのか・失敗エピソード・やり方・割合

就職留年になる理由・不利なのか・失敗エピソード・やり方・割合

大学四年生になれば多くの人が自分の入射する会社を確保するために就職活動に励みます。ここで、自分の希望の進路に進めた人はいいですが、希望通りにいかない場合もあります。そういうときに就職留年をするということもあります。まとめたので参考にしてください。

初回公開日:2018年09月28日

更新日:2018年09月28日

記事に記載されている内容は2018年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


就職留年になる理由

毎年4月から7月あたりにかけて来年度入社予定の学生に向けて、就職採用活動が多くの企業によって行われます。大学生はこの時期になるとリクルートスーツに身を包み、自分の興味のある会社の選考に進む流れです。

2018年は就職売り手市場と呼ばれていて、就活生に対して非常に有利な状況が続いています。それもあってか、多くの大学生が就職を成功させています。しかし、なかには就職先が決まらない大学生もいます。

就職留年という言葉をご存じでしょうか。 本来の大学卒業年度である年までに就職先が決まらず、大学を留年をして就職活動を続けることを言います。就職留年は親に迷惑がかかってしまう可能性も非常に高いので進んですることではありません。

ここでは就職留年についてさまざまなことを記述していきます。まずは就職留年になってしまう理由からについて説明していきます。

留学

大学生で留学をする人も近年非常に増えています。自分の英語力を磨くために海外に留学したり、海外の大学でより進んだ専門分野を学習するために留学する人もいます。留学先で人気なのはアメリカやイギリスなどの欧米やオーストラリアなどの英語圏でしょう。

多くの大学生が留学するようになっていますが、留学を理由に就職留年する人も増えています。三年生の時期に就職活動が徐々に本格化してきますが、この時期と留学の時期がかぶってしまう学生もたくさんいます。

こういう学生は就職留年をして、次年度に就職活動を始めることになります。留学が原因の就職留年はマイナスイメージにはなりませんが、できればはやく社会にでたいと考える学生も多いでしょう。

近年では英語力が強い留学生向けに採用活動をする会社も増えてきているので、帰国の時期によっては就職活動をおこなうことが可能でしょう。

卒論

卒論が原因で就職留年してしまう大学生もいます。これについてみていきましょう。そもそも大学を卒業するのは卒業論文が必須である場合が多いです。特に理系の学生は卒業が必須でしょう。文系の人でも所属するゼミによっては卒論を書かなければならない場合が多いです。

この論文が終わらないばかりに、卒業ができず、就職留年するしかない状況になってしまうパターンです。

これは、企業に内定が決まっていても就職留年することになります。多くの企業では内定取り消しの条件として、留年してしまったとき、をあげています。

このパターンは学校にも迷惑をかけてしまいますし、両親にも迷惑をかけてしまいます。なにより受け入れてくれる予定の企業に迷惑がかかります。

出席日数不足

出席日数不足のために卒業できなくて、就職留年してしまう人もいます。どんなに成績が優柔でテストが完璧であっても必要な出席日数を確保できていない場合は無条件で卒業の資格なしと判断されてしまうでしょう。

多くの学校では一日でも停学処分があれば、通常の年数で卒業できなくなります。3日停学になってしまったから、追加で3日分だけ通えばよいというものではありません。追加で1年間通わなくてはならなくなります。

その結果留年してしまい、就職もなかったことになってしまうでしょう。出席日数だけは、教授の情けでもどうにもなりません。自分でしっかり学校に通うしかありません。

また、出席が足りなくて卒業できなかったパターンというのは一番印象がよくありません。次の就職活動にも響いてしまいます。絶対にしないようにしましょう。

単位不足

単位不足で卒業できなくて、留年してしまい就職ができず、就職留年してしまうパターンもあります。単位はテスト期間にしっかりと勉強すれば取得できるはずですので、気を抜かないようにしましょう。

不本意

就職活動の結果が自分にとって不本意な結果だったために就職留年する人もいます。つまり、本命の企業にむけて来年再度チャレンジするということです。

来年もう一度就職活動を大学生としてするために、わざと留年します。こういう行為をする人は毎年一定数いるでしょう。しかし、あまりオススメはできません。なぜなら基本的に新卒採用は若い人のほうが好まれるからです。

さらに就職留年したとなれば、来年の就職活動のときにも必ず留年について深堀されます。そのときに企業の人を納得させるような回答をしなければなりません。単に行きたい会社に行けなかったから、というのはわがままな印象を与えます。

さらに、就職留年すれば必ず、行きたい会社に内定がもらえるわけではありません。1年留年した結果、結局不本意な会社にいくリスクも高いことは理解しておきましょう。

就職留年は不利なのか

就職留年についてたくさん記述してきました。人それぞれ理由があって就職留年するでしょうが、就職留年は次の就職活動のときに不利になるのでしょうか。理由も含めてみていきましょう。

理由

Bottom banner

結論から言うと就職留年は不利になります。なぜなら日本は新卒カードという強力な概念が残っているからです。新卒で企業が一括採用をしていることもあり、大学1年の春から夏にかけて就職先をきめることが大切だと思われているからです。

結果的に、1年おくれた人たちについては、疑いの目が向けられることもあります。何か問題があるから留年しなのではないかと勘違いされます。

就職留年の失敗エピソード例

就職留年の失敗エピソードについても紹介していきましょう。就職留年をしたのにも関わらず、不本意な企業に就職することになってしまうことが最大の失敗です。

また、もう1年時間ができたと勘違いしてしまい、怠けてしまうことも危険です。ダラダラ過ごしてしまい、気づけば就職活動の時期がきつぃまい、焦ってしまうなどのパターンが考えられます。

職業別就職留年のやり方

就職留年と一言にいっても、目指している職種によって就職留年のやり方も変化します。ここでは、公務員を目指す人と会計士を目指す人について具体的に紹介していきましょう。

公務員

まずは、公務員からです。公務員を目指す場合は試験に通らなければなりません。逆に言えば試験にとおりさえすれば、留年していても可能性があるのが、公務員という仕事です。

会計士

続いては会計士を目指す場合の就職留年のやり方についてです。会計士を目指すならば試験に合格しないことには意味がありません。就職留年をするにしても、TACなどの資格合格を目指す人専用の学校に通いつつ大学生をするしかありません。

就職留年の割合

就職留年をする人の割合をみていきましょう。同世代の人間がおよそ150万人ほどと言われています。その中で大学に通っている人は半分ほどの70万人から80万人ほどと言われています。この中で就職留年をする人は10万人弱と呼ばれています。

就職留年の学費はかかるのか

就職留年をしてしまった場合は当然、1年分余計に大学の学費を払わなければなりません。さらに大学生活を1年分おくるための生活費もかかりますし、社会人になって稼げていた分のお金すら稼げません。

学費や生活費は自分でバイトをするか、親に負担してもらうしかありません。自分自身にもまわりの人間にも迷惑をかけてしまう行為ということです。

就職留年は最後の手段

ここまで就職留年についてたくさんのことを記述してきました。例えば、就職留年になる理由や就職留年は不利なのか、就職留年の失敗エピソード例、などなどです。

当然ですが、就職留年はしないほうがいいに決まっています。大学を卒業できなかったパターンだろうが、本命の企業に内定をもらえなかったからだろうが、基本的にはなしです。

就職留年は最後の手段です。できるだけ通常の年度で就職活動を終わらせて、大学を卒業できるのが望ましいでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人