Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

履歴書での短所の書き方・例文|心配性/優柔不断/職業別/転職

履歴書での短所の書き方・例文|心配性/優柔不断/職業別/転職

短所というのは履歴書だけでなく面接などにおいても尋ねられる要素です。特に履歴書は短所の書き方によってプラスにもマイナスにも繋がります。今回は、履歴書における短所の上手な書き方や、短所別にまとめた例文も合わせて紹介していきます。

初回公開日:2018年09月06日

更新日:2018年09月06日

記事に記載されている内容は2018年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


履歴書での短所の書き方

履歴書における短所の書き方というのは、伝えるときにプラスに働くようなテクニックが必要です。短所というのは誰しもが持っている要素ですから、なにも不屈に捉えることはありません。伝えるときは隠したり誤魔化すのではなく、伝え方を工夫していきましょう。

なぜ短所を書く必要があるのか考える

短所は面接においても人材を評価する際に使用されるポイントです。特に短所と言うのは履歴書だけでなく面接などの場面で尋ねられる要素でもあります。

尋ねられる側にとって、短所というのはデメリットに感じますが一概にそうとは言えません。企業や人事にとって、短所は応募者がどんな人間か、または企業にとっての相性を知るためのポイントとして考えています。

そういった点を踏まえて、短所を書く際は「なにを求められているか」をしっかり意識して書くようにしましょう。

自分の短所を明確に把握しよう

履歴書にうまく短所を書くためには、しっかり自己分析することが大切です。その理由として、企業は短所を知ることでその人がしっかり自分自身を客観的に見つめていることができているかを求めています。

そして短所をうまく伝えるためにも、自己分析することは履歴書へ書くために行う最初の工程です。そのとき、いきなり履歴書に書くのではなく、メモやノートに書き記しておくと良いでしょう。

そうすると、しっかりと情報をまとめることができるので、履歴書に上手に書くことができます。

履歴書での短所の例文

履歴書における短所の上手な書き方は、最終的に長所へ繋げていくことでが大切です。そうすることで、読み手にとって良い印象を与えることができます。

この項では、代表的な短所をいくつかピックアップし、長所へ繋がるような例文を紹介していきます。

心配性

心配性という性格は、言い方を変えればあらゆる不安要素を取り除くために計画的に行動することができる人です。そのため、短所を書くときは「計画的である」ことを長所としtアピールすると良いでしょう。

例文としては、「目標を達成するために必要な行動を見極め、適切に動くことができます」といった内容を履歴書に書くと良いでしょう。

優柔不断

優柔不断な性格というのは、物事に縛られ過ぎない柔軟な思考であると言い換えることができます。職場において、頑固な性格は時に人間関係のトラブルを引き起こすことがある要素です。しかし優柔不断な人は、柔軟な思考で対応することができることアピールしていきましょう。

履歴書に書く例文としては、「基本的なマニュアルや決まりを守ることはもちろんですが、あらゆる物事に対して柔軟な思考で適切な対処を判断し、対応することができます」といった内容にするとプラスに伝わります。

頑固

頑固な性格というのは、裏を返せば何事にも揺らがない精神の持ち主であるということです。そういったことを活かして、履歴書でアピールしていくと良いでしょう。

内容としては「わたしは定めた目標に向かってしっかりと突き進んでいくことができます。辛いことがあっても、それを乗り越えていく強い意思があることが頑固の強みでもあります」といった内容にすると良いでしょう。

マイペース

マイペースな性格というのは、上手にアピールできないと誤解を生んでしまうこともある要素です。一見すると頑固と共通した部分がありますが、自身の体験談を絡めて履歴書でアピールする場合は、仕事においてもマイナスにならないことを同時にアピールしなければいけません。

そういったことから履歴書に書く例文としては「他者の意見に流されず、しっかりと目標に向かって突き進むことができます。」といった内容にすると良いでしょう。

慎重

慎重というのは、履歴書で書くうえで短所としても長所としてもアピールできる要素です。短所として書く場合は、どのような場面においてそういった性格が出てしまうのかエピソードをつけることでプラスアピールに繋げていくことができます。

例文としては、「わたしは物事を起こすうえで慎重に判断した結果、チャンスを逃してしまいがちです。しかしそうった失敗を通して、判断すべきタイミングを理解し、適切な行動をすることができます」といった内容にすると良いでしょう。

Bottom banner

職業別履歴書での短所

履歴書における短所というのは、企業によってマイナスアピールに繋がってしまうこともある要素です。この項においては、職業別に正しい短所の書き方について解説していきます。

看護師

看護師というのは、医療だけでなく患者とのコミュニケーションをとる機会の多い仕事であることが特徴です。そういったことから、積極性やコミュニケーション能力、仕事に対する姿勢を判断されます。

こういった点を踏まえて履歴書に短所をアピールする場合は、人見知りや落ち込みやすいといった内容は避けると良いでしょう。もちろん伝えても構いませんが、その場合はプラスとなるようなアピールをすることが大切です。

営業職

営業職はコミュニケーション能力だけでなく、ノルマ達成に繋がるあらゆる能力を求められる仕事です。そういった点から、どんな短所においてもアピールする時はテクニックが必要になってきます。

上手に伝えるには、希望する営業職の業界をしっかり研究しておきましょう。仕事内容は同じでも業界によって求められる人材は異なります。全てを通していえるのは、人見知り、消極的といった短所は避けるのが無難です。

事務職

事務職というのは、書類作成や電話対応といった裏方の能力が求められる職業です。そういった点において、履歴書に短所を書くときには希望する企業の業界を鑑みてアピールしていく必要があります。

しかし基本的には、どこの業界の事務職も正確性が求められる職業です。短所をアピールするときは、そういった内容に繋げていくと良い印象を与えることができるでしょう。

転職での履歴書での短所の書き方

転職する人にとっても、短所は自分自身をアピールできる大きなポイントです。しかし通常の就職活動とは異なり、これまでの経験などを踏まえてアピールしていくテクニックが必要となります。

この項についえは、転職する人における短所の書き方について解説していきます。

これまでの経験を絡める

転職する人が履歴書に短所を書くときに大切なのが、これまでの経験を絡めてアピールすることです。通常の就職活動と違い、転職する人に対して企業はこれまでどのような経験をして、どのようなことを学んだかにとても興味を持っています。

ですから、短所を書くときは過去の仕事で得た経験を絡めていきましょう。そうすることでプラスの印象へ繋げるだけでなく、これまで自分自身がやってきたことをしっかりアピールすることができるでしょう。

嘘はつかない

転職希望の人に対して、企業はこれまでの経験に興味を持っています。先にも触れた通り、短所を書くときも経験を絡めていくことで予想以上のアピール効果を発揮することがあります。

しかしこの時に気を付けてほしいのが、「嘘をついてはいけない」ことです。良い印象を与えることに躍起になって、実際とは異なる架空の経験を語ったり、実際よりも誇張するような表現はご法度です。

履歴書に短所を書くときは、「できるだけ嘘がないように素直に書く」ことを忘れないようにしましょう。

履歴書に書く短所を通して上手にアピールしよう!

履歴書における短所は、自分自身をアピールすることができる要素のひとつです。一見するとマイナスになってしまう短所ですが、伝え方によっては自身の魅力をアピールすることができます。

そのためには、自身の性格をしっかり自己分析して短所を理解しましょう。そうして履歴書へ書くときはプラスに繋がるような書き方をしていくことが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人