Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

地方公務員になるには・おすすめの資格・学部・本|学歴別/転職

地方公務員になるには・おすすめの資格・学部・本|学歴別/転職

地方公務員になるには、学歴に応じた試験を受験し合格しなければなりません。「総合職」「一般職」「事務職」とランク付けされており、「総合職」に近いほど試験の難易度が高いです。この記事では、地方公務員になるために必要な学歴や資格など、さまざまな情報を記述しています。

初回公開日:2018年09月13日

更新日:2018年09月13日

記事に記載されている内容は2018年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


学歴別地方公務員になるには

地方公務員になるには3つの方法があります。

1つ目は、大卒程度の試験に合格することです。この試験に合格することで総合職や幹部候補として働くことができます。

2つ目は、短大や専門大学程度程度の試験に合格することです。この試験に合格することで事務職の公務員として働くことができます。

3つ目に、高卒程度の試験に合格することです。この試験に合格することで、一般職として働くことができます。

上記のように、学歴によって多少異なりますが、「高卒」「大卒」で働くことができる地方公務員の職務は何でしょうか、解説します。

高卒

地方公務員になるには、「高卒」程度の試験に合格する必要があります。この試験に合格することで一般職として働くことができます。具体的な職業は以下のようになります。

・学校事務
・窓口勤務など

知事や副知事などの特別職以外の職務を行う人を一般職と呼び、多くの地方公務員がさまざまな一般職の職務を行っています。

大卒

地方公務員になるには、「大卒」程度の試験に合格する必要があります。この試験に合格することで総合職や事務職として働くことができます。具体的な職業は以下のようになります。

・市役所などの事務
・栄養士
・保育士
・行政職など

大卒の学歴がある人が受ける地方公務員試験は、国家公務員の一般職とほとんど同じぐらいのレベルと言われており、難易度が高いのが特徴です。

地方公務員になるためにおすすめの資格

前述したように、地方公務員になるには、「大卒」「短大・専門学校」「高卒」とそれぞれの学歴が必要であり、各試験を合格することで働くことができます。そんなときに何かしらの資格を持っていることで、面接を有利に進めることができたり、就職後に役立つことがあります。

では、地方公務員になるためにおすすめの資格は何でしょうか、紹介していきます。

TOEIC

地方公務員になるためにおすすめする資格1つに「TOEIC」が挙げられます。TOEICは、国際的な仕事を請け負うこともある地方公務員にとってこれから必要になってくる資格です。近年、英語を使う業務も多く、地方公務員に限らず、取得しておいた方が良い資格です。

また、2020年の東京オリンピックに向けて、英語力が必要となりますので、ぜひ取得しておきたい資格です。

簿記2級

地方公務員になるためにおすすめする資格1つに「簿記2級」が挙げられます。簿記2級は、経営の成績や財政の状況についてわかりやすく記帳する資格です。税務や決算書に関わるような業務もあるので、この資格を持っておくことで仕事上とても役に立ちます。

また、地方公務員だけでなく、一般企業でも必要とされている資格ですので、ぜひ取得しておきたい資格です。

情報処理技術者

地方公務員になるためにおすすめする資格1つに「情報処理技術者」が挙げられます。情報処理技術者は、情報処理に関して必要な知識や技能を持っている人のことです。地方公務員の業務の中には、IT関係の業務することもあるため、この資格を持っておくととても役に立ちます。

ですが、この資格は、独学では取得が困難であり、資格予備校などの講座を利用することで試験を突破している方が多いです。

秘書検定

地方公務員になるためにおすすめする資格1つに「秘書検定」が挙げられます。秘書検定は、ビジネス秘書の能力において知識や技能を試験する資格です。この試験のために勉強することで、正しい言葉遣いや電話対応などが身に付き、一般業務を行うことが多い地方公務員の方にはとても役立つ資格です。

加えて、正しい言葉遣いを身に付けておくことで、どんな人とでも安心してコミュニーケーションを取ることが可能になります。

ファイナンシャルプランナー

Bottom banner

地方公務員になるためにおすすめする資格1つに「ファイナンシャルプランナー」が挙げられます。ファイナンシャルプランナーは、お金に関する知識を持つことが必要とされる資格です。地方公務員の業務の中にも、税金や不動産、教育や相続など、お金に関わる業務が数多くあります。この資格を持っておくことで、これらの業務を行うときにとても役に立ちます。

加えて、お金の知識を持っておくことで、お金に失敗しない人生を組み立てることができ、また、投資や不動産に関しても正しい知識を持って取り組むことができます。

種類別地方公務員になるには

前述したように、地方公務員の中でも、「総合職」「事務職」「一般職」のいずれかの業務をすることになります。それぞれの業務は、学歴に応じた試験に合格しなければならず、特に、総合職は、国家公務員試験をほとんど同じ難易度の試験ですので、かなり苦労します。

そんな中で、職種に応じた地方公務員になるためにはどうすればよいでしょうか、「市役所」を具体例として解説します。

市役所

市役所の職員は地方公務員ですので、市役所の公務員試験を受けなければなりません。この試験には、「教養試験」「論文試験」「人物試験」の3つの試験があります。

「教養試験」の試験は、以下の内容が出題されます。

・数的処理
・文章理解
・人文科学など

市役所の教養試験は、比較的易しめと言われており、「論文試験」や「人物試験」に重点を置いて試験を行います。したがって、市役所が求めている人材は、学力よりもコミュニケーション能力が優れている人材です。

転職で地方公務員になるには

民間の企業から転職して地方公務員になるためにはある程度の条件があります。まず、年齢条件をクリアしているかということです。一般的には、30歳未満であることが多いですが、最近では、30歳以上の方でも試験を受けることができ、地方公務員へ転職できるチャンスが多いです。

他にも、職務経歴があるかどうかということも大切です。これは、地方公務員に限らず、中途で入社する人の中でも、経験の有無で採用されるかどうかは大きく影響します。

このように、地方公務員に転職するためには、「年齢条件」「職務経歴」の2つが大きく関わってきます。ですが、これらの条件に該当しなくても地方公務員に転職することができるところは必ずありますので、根気強く探してみてはいかがでしょうか。

地方公務員におすすめの学部

地方公務員になるにあたって、どの学部を卒業したかによって、採用率が大きく変化することがあります。一般的に、文系である「経済学部」「法学部」などが有利と言われています。

ですが、この学部が有利に働くのは、「国家公務員」や地方公務員でも「上級」に該当する職種です。市役所などの一般職や事務職の場合は、あまり学歴は関係ありません。

また、技術職の場合は、資格や免許が必要になりますので、理系の学部がある大学を卒業している方が多いです。

このように、一般的に、地方公務員におすすめの学部は、「経済学部」や「法学部」ですが、職種によっては、学部があまり関係しないこともありますので、事前調査をしっかりとしてみてください。

地方公務員になるためにおすすめの本

地方公務員になるためには、公務員試験に合格しなければなりません。多くの人が試験科目である教養の部分を勉強します。そんなときにおすすめする本は、「受験ジャーナル」です。

この本は、公務員試験を受けるときに、試験科目は何か、その配点はどのくらいなのかなどといった、試験を受けるにあたっての詳しい情報が載っています。この一冊を持っていることで、どのような準備をしたらいいのか、合格者はどのような勉強をしていたのか、が一目でわかるので、困ったときに頼りになる本です。

地方公務員になるには多様な能力が必要である

地方公務員になるには、学歴別によって分けられる公務員試験に合格する必要があります。学歴が高ければ高いほど試験の難易度が高く、合格するのが難しいと言われています。

大学卒業をして試験を受ける人、転職で試験を受ける人、さまざまな人がいますが、地方公務員になるために必要なことは、コミュニケーション能力です。民間企業でも重要な能力ですが、地方公務員では、特に必要な能力であり、試験勉強だけでなく、コミュニケーション能力を高めることも重要な要素です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人