Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

最終面接の合格率は意外と知られていません。もう少しで修飾するチャンスを逃さないために、どのくらい厳しいのか、どのような事に気をつけたら最終面接を突破しやすいのか、状況や企業によって対策や合格率は違うのかについてご紹介していきます。


転職での最終面接の合格率

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

終身雇用制が一般的だったかつての日本と違い、転職は多くの人の職業人生に起こりうることとなってきています。まずは転職の最終面接の合格率はどのようになっているのかについて見ていきます。

転職の最終面接の特徴

転職での最終面接の合格率は、意外と低く、6割程度となっています。

転職での最終面接の合格率が意外と低いのには新卒とまた違った理由が絡んできます。新卒での面接は会社関係の方との受け答えに慣れていないなどで、思った事が言えず、自分の個性が出し切れなかったというような失敗がありがちです。

それに対して、転職では社会人の経験があるために受け答えには慣れているのですが、その分前の会社で身についている癖、その人の人となりなどが最終面接で明らかになり、それが転職先の方針や雰囲気と合わないと採用には繋がりません。

そういった意味では、転職先の雰囲気や方針を事前にきちんと調べておく事が転職ではとても重要な要素になります。

新卒での最終面接の合格率

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

新卒では就職するための試験が人生で初めてという場合がほとんどなので、最終面接の合格率は非常に気になるところです。折角最終面接にたどり着いたのに、希望した企業に就職するチャンスを逃さないように、新卒の最終面接の合格率はどのくらいのものであるのか早速見ていきましょう。

新卒では規模による

憧れの企業で面接を何度か合格で切り抜けて、最終面接を受けるチャンスを得るという事は、新卒の学生にとっては嬉しいけれど緊張してしまう場面であることが、容易に想像できます。あとはここさえ潜り抜ければと、気を抜いて欲しくないのがこのたどり着いた最終面接です。

新卒の最終面接の合格率は大手企業だと50パーセント、中小企業でと70パーセント程度だと言われています。

新卒の大手企業はやはり希望者が多いため企業側も厳選するために多くの学生を最終まで保留する傾向があり、また大手の人気企業の場合は、採用されたものの辞退する人が少ないので、大目にはとらないことも影響しています。

中小企業だと、辞退する人がある程度いると予想されるために、大目に採用を行うこともあって、大手よりは高い合格率になっていますが、決して油断できない合格率となっています。

中小企業での最終面接の合格率

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

大企業への入社や転職というのが仕事人生において一つの憧れという人も多いのでしょうが、日本の企業では大企業よりも中小企業の方が数も多く、働く場所として中小企業もきちんと考える必要があります。大多数を占める中小企業の最終面接の合格率についても見ていきましょう。

辞退者を見込んだ合格率

最終面接の合格率は、採用した人の中から辞退する人の予想によって、最初に採用する人数が変わってくるので、内定辞退者の予想が多いほど最終面接の合格率は高くなります。

採用予定者が20人から30人程度の中企業では合格率は50パーセント程度、採用予定者が10名以下のような小企業では80パーセント近くの最終面接の合格率があるところもあります。このように中小企業では最終面接の合格率が高くなることを頭において、大企業にこだわらず仕事内容で就職を考えてみるのも、就職活動や転職活動のポイントです。

企業別最終面接の合格率

具体的に各企業では、最終面接の合格率は違うのか、企業によって最終面接において重視されることにはどのような違いがあるのかについて見ていきます。就職先として人気がある4つの企業の最終面接や面接全般の特徴や合格率についてご紹介しましょう。

花王

花王の面接について調べてみると、圧迫面接という言葉が出てくるのですが、これは面接官の人数が多いからということで、落とす率が高いということではなさそうです。

最終面接で気をつけなければいけない点としては、花王が海外の展開を意識している企業であるので、転勤や海外勤務が可能か聞かれることがほとんどで、可能でないと最終面接の合格は厳しくなってしまうという点にあります。

花王は社風として挑戦を続けていい商品を開発していこうというものがあるので、最終面接でもそういった意慾のある人が通る可能性が高いので、こちらも押さえておきたいポイントです。

NEC

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

NECの最終面接の合格率は低くないといわれていますが、NECの最終面接では、基本的によく聞かれるような質問を深く掘り下げて聞かれるという情報もあるので注意が必要です。

そのため企業研究などの綿密な準備、そして深く聞かれてもきちんとこたえられるコミュニケーション能力が必要とされるので、自信を持って最終面接に臨める状態を目指してきちんと準備することが必要です。

ニトリ

Bottom banner
最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

ニトリの最終面接の特徴は1対1で行われ、その場で最終面接の合格かどうかを知ることができるという点があり、合格率は、ニトリの志望順位が一番であれば低くないと言われています。

ニトリでは最終綿滅の前の面接段階においても、志望順位を重視する傾向にあるそうなので、ニトリへの入社を切に希望してることをきちんと伝えることができる準備をしておく必要があります。

竹中工務店

竹中工務店はかの東響タワーを建てた会社でもあり、ゼネコンの中でも革新的な建物に強い会社です。そんな竹中工務店のもとめる人材は、器の大きい熱意のある人物であることが多く、面接回数は3回と少なめですが、深く聞かれるので準備が大切です。

竹中工務店の最終面接の合格率は30から50パーセント前後なので厳しめです。ただし面接のペースが早く、結果も早く出るので受ける側としては有難い面もあります。

三菱重工

三菱重工では最終面接の合格率はとても高いといわれていますが、その理由は三菱重工では最終面接は入社の意思の確認と役員との顔合わせと位置付けられていることにあります。

そのため三菱重工の面接では最終前にきちんと自分をアピールして、三菱重工で重視される学生時代のグループ活動をきちんと行い話せるようにしておくことをおすすめします。

業界別最終面接の合格率

業界が違えば最終面接の合格率は違うのでしょうか。業界別の最終面接の合格率について見ていきましょう。

金融

銀行は給料も高くて憧れの就職先であるので、面接はやはり困難な道になります。

銀行では最終面接にたどり着くまでの道のりが長いこともあり、最終面接自体の合格率は50から70パーセントと高めとなっています。 ただし就職活動全体としては銀行に入るのは険しい道と言えます。

飲食業

飲食業は仕事内容に肉体労働系が多いこともあり、人手不足の状態が続いている業界です。そのため、面接の回数も少なめかつ、辞める人も見込んで多く採用する場合がほとんどです。飲食業の最終面接の合格率は60から80パーセントとかなり高いので、体力に自信のある方にはおすすめです。

状況別最終面接の合格率

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

最終面接といっても、一般受験で入社するのと、推薦や縁故で入社するのでは、大学入学のように違いはあるのでしょうか。大学から推薦を頂けて企業の面接に臨むことのできた場合の最終面接の合格率などについても見ていきます。

推薦

推薦で企業に就職活動を行う場合は、きが自分の大学から人材を欲しがっていて、かつ大学側からも推薦する人物として認められている事になるので、最終面接の合格率はある程度高いといえます。

しかし、逆に言えばある程度の人がくると思われている中、面接をしていって志望動機や性格などに疑問を持たれてしまうと、一般の面接と同様かそれ以上に、推薦をもらって最終面接に行っているのに落とされてしまう危険性もあります。

そんな事を避けるためにも、同じ大学から推薦で入社しているOB訪問を、最終面接を受ける前には訪問するようにしましょう。面接では何を聞かれることが多くて、何に気をつけて答えればいいのか、また入社後のことで気になることも聞いて不安を解消し、100%の思いで面接に臨めば、不採用を避けられる可能性は上がるでしょう。

縁故

昔はよく聞いた縁故による就職ですが、最近数は少なくなってきてはいますが、いまだに存在はします。

縁故の強さにもよりますが、よほど問題がない限りは縁故による最終面接の合格率はほぼ100パーセントに近いのが普通です。経済状況が悪く、一般の就職が厳しいときは縁故での就職を考えてみるのもひとつの方法です。

最終面接にも真剣に臨もう

最終面接の合格率|転職/新卒/中小企業/企業別/業界別/推薦

最終面接は面接される人の状況や志望する企業の規模により率などは変わってくるものの、最終面接の合格率は想像よりも高くない場合も多く、最終面接こそ綿密な準備が必要な場合があることもわかりました。

最終面接はまさに自分がどのような仕事をしていけるのかが決まる場所であるので、自分の気持ちに正直にまた自分の能力をきちんと出せる場であることも大切です。企業によって最終面接で求められる答えも本当に違うので、きちんと企業研究をして、自分に本当にあった会社の最終面接を突破できるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related