Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

退職願の理由の例文・具体的な書き方|シーン/職業別/バイト

退職願の理由の例文・具体的な書き方|シーン/職業別/バイト

今のご時世、非正規雇用も増え退職を経験することが当たり前となりました。さて、そこで困るのが退職願に書く退職理由です。「退職します」で済ますのはちょっと社会人として考え物です。今回は退職願の理由の書き方や例文を紹介します。

初回公開日:2018年09月20日

更新日:2018年09月20日

記事に記載されている内容は2018年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

退職願の理由の例文

退職の旨を伝えるために届ける退職願ですが、書く機会が限られているためか、何を書いていいのかいまいちよくわからないという方は多いでしょう。

素直に退職する理由を退職願に書き、その理由が退職する際にトラブルになったり、納得してもらえず後味の悪い退職になってしまった、ということは避けたいです。

よって、退職願には現在の勤め先を円満に退職できる理由を書かなければなりません。その理由の伝え方や、言わないほうがいいことというものがあります。今回はそのようなことも踏まえ、退職願の理由の例文や具体的な書き方を紹介します。

退職願に書くべき退職理由

退職届を提出する際、退職理由を書く必要がありますが、その退職理由というのは人それぞれです。その理由の中には、給料が低い、通勤に時間がかかるといった退職理由もあるでしょう。

しかし、そのようなネガティブな退職理由を退職願に書くことはお勧めしません。それが本音であったとしても、退職願にはネガティブな理由を書くのは避けるべきです。ネガティブと捉えられる理由を正直に書いたことによって、自身の評判を悪くなったり、同僚らが傷つくこともあります。

その場合は「カド」が立たないような理由を退職願に書きましょう。嘘を書くのは心苦しいでしょうが、自分の立場が悪くなったり、傷つく相手がいるのなら退職願には方便を記す必要があります。

一身上の都合

退職願の最も多い理由が「一身上の都合」ではないでしょうか。退職願や退職届の見本に必ずと言っていいほど現れる理由です。

この「一身上の都合」というのは自己都合のことで、個人的な退職理由を表しています。例えば、転職や結婚、出産といったことはもちろん、自身の病気というのも一身上の都合の理由になります。

また、「家族が病気になったために看病する必要になった。」「身内の都合で引っ越すことになり、退職する。」といったことは、自分に関係する人が理由になるので、これらの理由で退職する場合は自己都合となり一身上の都合が使えます。

そして、この一身上の都合は具体的な退職理由を伝えたくない場合に使えます。そのような時は退職願に「一身上の都合により」と書いても大丈夫です。

シーン別退職願の理由の書き方

ここではシーン別に分けて退職願に書く退職理由についてまとめてみました。主な退職シーンを思いつく限り書いてみたので、相応しい理由があれば、退職願を書く際に参考にしていただけると幸いです。

パワハラ

パワハラとはパワーハラスメントの略です。パワハラが理由で退職する場合は、退職願を出す際には慎重になる必要があります。パワハラの意味を確認すると、上司が職場内で権力を利用して、部下といった立場の弱い人に指導といった名目で嫌がらせをすることです。

パワハラの意味を確認すると、上司が職場内で権力を利用して、部下といった立場の弱い人に指導といった名目で嫌がらせをすることです。

パワハラを理由で退職する際は、自己都合で退職願を出してしまうと雇用保険を貰うのが遅くなったり、給与日数が少なくなったりするので注意が必要です。また、パワハラがなければ退職することもなかったということも鑑みると、パワハラを理由で自己都合でやめるのはは不本意です。

パワハラを理由で退職というのは、辞めさせられたと、捉えられるので、この場合は会社都合ということが考えられます。その場合は退職願ではなく、退職届を出しましょう。

パワハラと退職届

パワハラによって退職に追い込まれた場合、退職願に自己都合の理由としてはいけません。先に書いたように雇用保険に影響します。また、退職願ではなく、退職届を出しましょう。

退職届とは退職する意思を会社側に伝えるものですが、退職願と異なり原則として、退職することを撤回することができません。

退職理由がパワハラの場合は退職届に退職日を記載し、パワハラを理由に退職する旨を書きましょう。そして、会社名と代表者名、提出日を書きます。部署と役職、氏名を書いたら署名をして提出します。

これで離職票が会社都合となるかはわかりません。しかし、パワハラによる退職理由
をきちんと明記し、会社に伝える必要があります。それが証拠となるので、退職理由がパワハラの場合は絶対に「一身上の都合」と明記してはいけません。

転職

転職による退職は自己都合になります。退職願には「一身上の都合により何月何日をもって、退職いたしたくここにお願い申し上げます。」と書けば大丈夫です。

しかし、転職が退職理由になる場合は、転職先を明らかにするのは控えたほうがいいでしょう。なぜなら、転職先が今勤めている会社のライバル会社や同業会社の場合ならば、知的財産や機密情報が流出する恐れがあると心配になるからです。

結婚

結婚による退職は円満に会社を辞めれる理由の一つです。もちろん、自己都合の退職になるため、退職願には「一身上の都合により」と書いて提出しても大丈夫です。

しかし、会社によっては結婚祝い金をもらえることもあり、退職が結婚による理由なら記載を求めてくる場合もあります。その場合は「結婚により」や、もっと具体的に「結婚により相手が家庭に入ってほしいと要望がありましたので、退職いたしたくお願い申し上げます」といったように書きましょう。

出産

出産は自己都合の退職理由になるため、基本的に一身上の都合となり、詳細を伝えたくない場合は理由を退職願に書かなくても大丈夫です。しかし、会社によっては出産一時金などといった福利厚生がある可能性もあり、差し支えなければ退職理由を退職願に書いたり、口頭え伝えるなりしましょう。

明記する場合は「出産準備のため、何月何日をもって、退職いたしたくここにお願い申し上げます」で大丈夫です。

Bottom banner

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

退職願の理由の具体的な書き方

退職願に記載する理由は「一身上の都合により、何月何日をもって退職させていただきます」というのが一般的ですが、会社によっては退職願に具体的な理由を記載するように求められます。

これにはいくつか考えられる理由があります。最も有力な理由として離職票に退職理由が必要だからということが挙げられます。

離職票には「離職者から把握できる範囲で可能な限り、離職に至った具体的な事情を記載してください」とあり、人事部の人は手続き上退職理由を把握しようとします。

このような場合は手続き上は必要なことだと割り切り、具体的な理由を記載しましょう。離職票には「具体的事情記載欄」というものがあり、そこには転職や疾病のほかに「一身上の都合によるもの」があります。離職票が知りたい退職理由とは自己都合なのか会社都合なのかなので、パワハラや倒産といったこと以外の退職の場合は素直に理由を書きましょう。

退職願の理由を書きたくない場合

退職理由を退職願に書きたくない場合や、具体的に伝えたくない場合があります。その場合は、当たり障りのない理由を書きましょう。しかし、雇用保険を貰うことを考えている場合は注意が必要です。

雇用保険手当というのは基本的に就職できる状態にある失業者が対象なので、理由によっては雇用保険手当の受給対象から外される可能性があります。なので、すぐに働けない理由である、「疾病」や「親含めた家族の介護」という理由は避けたほうがよいでしょう。

職業別退職願の理由の書き方

退職理由には職業特有の理由があります。ここではいくつかの職業別退職願いの書き方について紹介します。

看護師

人命を預かるという職業の看護師さんにはストレスやプレッシャーが付きまといます。また、女性が圧倒的に多い職場という事もあって人間関係に悩み、それらが退職理由になることもあります。

「患者さん(人間関係)とうまくコミュニケーションが取れないのでやめたい」、「看護の仕事に自信がなくなったのでやめたい」が多く見られます。

人命を預かることや、人との関係が密接になりやすく、女性が多く閉鎖的な職場ということもあって、そのようなことがストレスになり、退職理由になるのでしょう。

会社員

会社員は幅広く退職理由があるでしょう。人間関係から給与、待遇といった会社員特有の理由で退職する場合は、差し支えなければ退職願にそれらの理由を書きましょう。

先にも書きましたが、退職理由よって自身の立場が悪くなる可能性があります。不本意な理由で退職する場合、会社に対しての気持ちが表れやすくなります。退職願に具体的な退職願いを書く場合は、自分の評判が悪くならない理由を書きましょう。

よって、建前でも前向きな理由の方がよいでしょう。例えば、「開業、独立を考えるようになり、そのために時間を費やすために退職という考えに至りました。」、「○○という仕事に就くための資格勉強するため退職したい」といった理由なら前向きに捉えられるでしょう。

雇用形態別退職願の理由の例文

働き方が多様化し、非正規雇用で働く人も多いです。フルタイム勤務なら雇用保険に加入ができますので、退職理由を具体的に聞かれることも多いです。

派遣・契約社員

派遣や契約社員の退職は、基本的に期間満了です。ここでは期間満了による退職を説明します。この場合、退職願には「契約期間満了により退職」と記載しましょう。また、契約期間満了は会社都合となります。

アルバイト

アルバイトは口頭で退職を伝えればいいと思われがちですが、雇用保険のことや大手企業が経営するチェーン店の場合は、退職願の提出を求められることがあります。

アルバイトもネガティブな理由を伝えることはおすすめしません。前向きな理由や、自身ではどうにもならなくなったこと理由を退職願に書いたほう無難です。

例えば、「資格勉強を真剣にするため」や「やりたい仕事が見つかったため」という理由や、「家庭の事情のためやめなければならなくなった」という理由がよいでしょう。

退職願には円満に退職できる理由を書きましょう

一つの会社に居続けるというのは現代では大変難しいことです。転職や資格勉強といった前向きな退職理由は問題はないですが、会社に不満があって退職を考える人もいるでしょう。

会社に残る人のことや、自分自身の評判を考えると、不満をそのまま退職願書くのは避けましょう。トラブルなく退職するために、ここで書いたことを参考していただければ幸いです。

ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人