Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

再就職手当支給申請書の書き方・記入例・郵送方法|記入ミス/捺印

再就職手当支給申請書の書き方・記入例・郵送方法|記入ミス/捺印

失業保険などを受給中に再就職が決まった後、再就職手当という手当がもらえるのをしっていますか?この再就職手当をもらうために必要な条件や再就職手当支給申請書の書き方などを紹介しています。転職を考えているかたは是非参考にしてください。


再就職手当の制度を知っていますか?

再就職手当支給申請書の書き方・記入例・郵送方法|記入ミス/捺印

さまざまな事情で失業をした時に失業保険を受給することができるのを知っている人は多いですが、実はその後再就職が決まった時に受けられる制度として再就職手当というものがあります。この再就職手当についての詳細や手続きの仕方、再就職手当支給申請書の書き方などをまとめましたのでいざという時の参考にしてください。

再就職手当の制度について

再就職手当の制度とは失業保険を受給中に早期に再就職が決まった場合に再就職手当支給申請書を提出することで残りの失業保険の一部を受け取ることのできる制度です。再就職手当の制度を受けるためにはさまざまな条件を満たしていないといけないので注意が必要です。この条件についてひとつひとつまとめましたのでしっかり確認しましょう。

雇用保険の支給日数が1/3以上残っている

雇用保険には所定給付日数というものがあります。この日数は雇用保険受給資格者証に記載されています。日数は雇用保険の加入月数や退職理由などで変わりますのでまずは自分の所定給付日数を確認しましょう。

再就職手当の制度を受けるための条件である「支給日数の1/3以上」の判断基準は再就職の内定をもらった日ではなく、就職日の前日までが対象になります。ですから再就職先で働き始める日まで日数がある場合注意が必要です。

待機期間終了後の再就職

待期期間というのは、ハローワークへ失業保険の申請をした日から7日間を指します。待期期間に働かないことで失業者として認定されます。この待期期間も就職活動をすることは可能ですが、この間に再就職の内定をもらってしまうと再就職手当を受けることはできません。

再就職先が前職と関わりない職場である

退職した同じ会社への再就職は手当の対象にはなりません。また同じ会社でなくても関連会社など密接な関わりのある会社への就職も対象外となります。

再就職先に1年を超えて勤務することが確実である

契約社員などで1年以下のの雇用契約になっているなど、1年以上の勤務の確実性が認められない場合制度の対象になりません。アルバイトや派遣でも雇用先の事業主が1年を超えて雇用する見込みがあれば認められる場合もあります。

再就職先で雇用保険に加入

再就職手当を受けるには新たな雇用先で雇用保険へ加入しなければなりません。そのためには雇用保険に加入できる労働条件で働くことが必要になります。

雇用保険への加入要件

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上である
  • 31日以上の雇用見込みがある

求職申込前から内定していないこと

求職申込前とは受給資格決定日(離職票を持ってハローワーク申し込みをした日)より以前を指します。この受給資格決定日より前に内定をもらっている企業へ再就職した場合は再就職手当の対象にはなりません。

同様の手当を過去3年以内に受けたことがない

再就職日から過去3年以内に再就職手当や常用就職支度手当などの支給を受けている方は再就職手当を再度受けることができません。

給付制限のある場合ハローワークからの紹介での就職

自己都合などの理由で退職した場合、待期期間後3カ月間給付制限期間があります。この給付制限期間に再就職が決まって勤務を始める場合注意が必要です。給付制限期間の内最初の1カ月はハローワークや職業紹介業者の紹介で就職した場合のみ再就職手当の対象となります。

ここでの職業紹介業者とは厚生労働省の認可を受けている職業紹介業者を指します。ハローワークでも職業紹介業者でも紹介状の有無がポイントです。

再就職手当申請方法を確認しましょう

申請は再就職手当支給申請書など必要な書類を提出する必要があります。それでは具体的な申請方法を確認しておきましょう。

申請先

再就職手当支給申請書の提出は申請者本人の居住地の管轄のハローワークへ行います。再就職を機に引っ越した場合は失業手当をもらったいたハローワーク(引っ越し前の居住地の管轄)へ申請します。なお再就職手当支給申請書の提出は代理人や郵送でも行うことができます。

申請期限

再就職手当支給申請書の提出期限は再就職した日の翌日から1ヶ月以内です。しかし現在は時効期間が2年設定されているので2年間は申請することが可能です。かといってまだ日数があるからと後回しにして忘れてしまわないように早めに申請を行うようにしましょう。

申請手続きに必要なもの

再就職手当の申請に必要なものは再就職手当支給申請書など以下とおりです。1~3に関しては再就職が決まってハローワークへ就職の報告へ行くときに持っていきます。4~5は就職日以降会社へ必要事項の記入証明をしてもらいハローワークへ提出します。

  1. 雇用保険受給資格者証
  2. 失業認定申告書
  3. 採用証明書
  4. 再就職手当支給申請書
  5. 雇用保険受給資格者証
  6. 関連事業主等に関連する証明

再就職手当支給申請書の書き方(本人記入欄)

再就職手当支給申請書の中に自分で記入しなければいけない項目がいくつかあります。記入項目と記入の際の注意点を確認しておきます。

本人記入項目

再就職手当支給申請書の中で自分で記入するのは以下の7項目です。特に難しい内容の記入はありません。再就職手当支給申請書は機械で読み取るため、間違えないようにだけ注意をしましょう。もし記入の際にわからない点があるようでしたら提出当にハローワークの職員へ確認してから記入すると良いでしょう。

Bottom banner
項目注意点
姓・名漢字で記入
郵便番号
電話番号
申請者の住所漢字で記入、行ごとに記入内容を確認して間違えないように注意
初出社日の前3年間に再就職手当の支給を受けたことがあるかないかに○をつけるイまたはロの当てはまる方に〇
申請年月日
申請者氏名(署名)漢字で記入、行ごとに記入内容を確認して間違えないように注意

再就職手当支給申請書の書き方(再就職先記入欄)

ここでは再就職手当支給申請書の書き方の中で再就職先へ記入してもらう部分について確認していきますので記入してもらう際の参考にしてください。

雇入年月日

再就職手当申請書の雇入開始日は仕事を始める日を記入します。この日にちは失業保険と再就職手当の受給に大きく関係します。ここの日にちで所定受給日数の残りが1/3以下になってしまうと再就職手当が受けられなくなります。またここの日にちの翌日から1カ月間が再就職手当支給申請書の提出期限になるので忘れないようにしましょう。

かといって虚偽の日にちを再就職手当支給申請書に記入してもらうのはいけません。再就職先を決める際に残り日数を気にしながら行うか、仕事の開始日を再就職先へ〇月×日から仕事がしたいと希望を出してみるなどしてみましょう。

虚偽の証明をしたらどうなるのか

再就職手当支給申請書(裏面)の注意事項に書かれていますが、再就職手当支給申請書へ偽りの記載をして提出した場合、その後失業保険などの給付が受けられなくなります。さらに不正に受給した金額の返還とそれに加えて一定の金額を納付しないといけません。また詐欺罪にとわれることもあります。

採用内定年月日

再就職手当支給申請書の採用内定年月日の欄の日にちも大事なポイントです。ここの日付はハローワークへ就職の報告を行うと「〇月△日と書いてもらってください」など指示をされるのでそのとおりに記入してもらいます。

この日付が失業手当の待期期間内などですと再就職手当を受けられませんので就職活動の際に気を付けましょう。

職種

職種に関しては採用された職種を記入してもらいます。

1週間の所定就業時間

こちらは1週間の所定就業時間を記入してもらいます。この時間が20時間を超えていないと再就職手当を受給できません。正社員などフルタイムの勤務の方は問題ないですが、パート・アルバイトや契約・派遣社員などの場合注意しましょう。

賃金月額

月額の賃金を記入してもらいます。契約が時給や日給の場合は想定される労働時間などからおおよその月額賃金を記入してもらいましょう。また再就職後6カ月間に支払われた賃金の日額が前職より低い場合「就業促進手当」の対象となる場合があります。

再就職手当支給申請書の記入例

具体的な再就職手当支給申請書の記入例はインターネットなどで検索するといろいろ出てきますので参考にすると良いでしょう。

再就職手当支給申請書の郵送方法

再就職手当の申請方法でも述べましたが、再就職手当支給申請書は郵送でも受け付けてもらえます。再就職したばかりで平日に時間の取れない場合、郵送を利用し期限内に提出するようにしましょう。

再就職手当支給申請書の送付先は雇用保険を受給しているハローワーク宛てです。受給申請ご引っ越しなどをしている場合など送付先を間違えないよう注意してください。

郵送の際の注意点

再就職手当支給申請書は機械で読み取るので汚れや折り曲げなどがあると正確に読み取れない場合があります。ですから郵送の際は再就職手当支給申請書を折り曲げずに入る大きめの封筒を利用し郵送しましょう。

再就職手当支給申請書に記入ミスがあった場合

先ほども述べましたが再就職手当支給申請書は機械で読み取ります。そのためもし記入ミスをしてしまった場合は訂正などでは正確に読み取れないため全て書き直しが必要です。書き直しとなると再就職先へ再度、再就職手当支給申請書への記入を頼まなくてはいけなくなります。

再就職先へ何度も手を煩わせることにならないよう、再就職手当支給申請書へ記入する際は記入ミスをしないよう注意を払って記入しましょう。

再就職手当支給申請書の捺印は必要か

再就職手当支給申請書への捺印は自分で記入する項目の中の「申請者氏名」の横へ行います。捺印は簡易印鑑は使えません。なお再就職先の記入欄には事業主の印鑑を押してもらわなければいけません。この時の印鑑は雇用保険適用事務所の登録印を押してもらってください。

再就職先へ再就職手当支給申請書を記入してもらったあと記入内容のミスや漏れがないか確認する際に印鑑が押されているかも忘れずに確認してください。

再就職手当支給申請書の必要書類

再就職手当支給申請書を提出する際、用意しなければならないものに「再就職手当調査書」があります。再就職手当調査書も再就職先で記入をしてもらわなければならないので再就職手当支給申請書と一緒に記入を頼みましょう。

再就職手当調査書とは

再就職手当調査書は、再就職先の前職との関連性や就職後の出勤状況や雇用期間などを雇用先企業へ確認するための書類です。この書類は雇用保険窓口によって対応が違います。再就職手当調査書がない場合、その代わりとなる出勤簿やタイムカードの写しなどが必要となる場合があります。

手続きを忘れずにしっかり手当を活用しよう

再就職手当支給申請書の記入方法など再就職手当の申請について紹介しました。さまざまな条件がありますが再就職手当をもらうために転職する際などは就職活動の時からしっかり計画的に動きましょう。そして再就職手当は自ら申請しなければもらうことができないので申請を忘れないよう気を付けてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人