Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

退職願を出す時期・退職申し出のベストな時期・退職金振込の時期

退職願を出す時期・退職申し出のベストな時期・退職金振込の時期

退職願を提出するのにベストな時期があることをご存知ですか。夏・冬の賞与や、出産育児一時金をしっかり受け取れる時期に退職しないと、かなり損をしてしまいます。今回は、退職願を出す時期・退職申し出のベストな時期などを調べましたので、退職時の参考にしてみてください。


退職願を出す時期

退職願を出す時期・退職申し出のベストな時期・退職金振込の時期

退職を決意したら、どれぐらい前に退職願を出すのがベストなのでしょうか。会社を円満に退職するためには、業務の引継ぎや社内外への挨拶もきちんとしなければなりませんし、有給休暇を消化したい場合は、その分早く退職意思を伝える必要があります。今回は、退職願を出す時期について紹介します。

退職の申し出については、独自のルールを設けている会社もあるため、就業規則をよく確認し、退職希望日の1~2か月前までには、直属の上司に退職の意思を伝えましょう。

退職願と退職届の違い

「退職願」と「退職届」は、名前は似ていますが大きな違いがあります。

●退職願 会社に対して退職を願い出るための書類であり、場合によっては却下される可能性がある

●退職届 退職の可否を問わず、会社に対して自分の退職を通告するための書類

会社とトラブルにならず円満に退職するためには、会社にいきなり退職届を提出するのではなく、上司に退職の意思を伝え、会社の内諾を得てから退職願を提出するという形を取るのが望ましいです。

妊娠

育児と仕事の両立が難しく、妊娠を機に退職を考える女性は多いです。身体的・精神的にハードな職業に就いていて、妊娠継続のために退職を決意する女性もいるでしょう。ここでは、妊娠を機に退職する場合の流れを紹介しますので、妊娠により退職願を出す時期の参考にしてください。

上司への妊娠報告

妊娠初期の段階では、流産の可能性も高いため、周囲に知られたくない人もいるでしょう。しかし、悪阻が酷くて会社を休む場合や、仕事で重い物を持ったり、無理をしないようにするには、上司の理解が不可欠です。

同僚に妊娠を知られたくない場合は、その旨を上司に伝え、安定期に入るまで口止めをお願いしておきましょう。

退職時期を考える

健康保険料を1年以上納めている人は、出産すると健康保険から「出産育児一時金」という手当を受け取ることができますが、出産育児一時金は退職してから半年以内に出産しないともらえないので、一時金をもらいたい人は出産予定日の4か月前ぐらいを退職時期にしたほうが良いでしょう。

産休・育休は、復職を前提としている女性のための制度ですので、産休や育休を取得してから退職するのは止めましょう。また、会社の業務が忙しい時期が分かっている場合は、忙しい時期に退職するのは避けるのが無難です。

安定期に入ったら、周囲に妊娠報告と退職意思・退職予定日を伝え、退職予定日の1か月前までに退職願を書いて上司に提出します。円満に退職するため、引き継ぎと挨拶はしっかりとしましょう。

退職の申し出の時期

退職願を出す時期・退職申し出のベストな時期・退職金振込の時期

退職時期として選ばれるのは、12月と3月が多いという統計が出ています。12月や3月は、年末や年度末という区切りの時期にあたるため、退職時期として選ばれやすい傾向があります。

退職する1~2か月前までには会社に退職の意思を伝える必要があるので、退職を申し出る時期は、10~11月と1~2月に集中します。退職を申し出る時期によっては、賞与算定や税金面で損をすることもあるので、なるべく損をしないよう、退職にベストな時期を選びましょう。

ここでは、退職を申し出るのにベストな時期と、税金面で損をしない退職時期について紹介します。

ベスト

退職を機に配偶者の扶養に入る場合や、転職の予定が無い人は、12月末を退職時期とするのがベストです。理由は、税金は1月1日から12月31日までの所得を基準として課税されるからです。

12月末で退職してしまえば、翌年の1月1日からは給与所得はゼロという事になり、翌々年からの所得税・住民税は非課税となり、健康保険料は安くなります。また、12月は冬の賞与が支給される会社が多いため、貰えるものは貰ってから退職するのがベストです。

税金

会社員が給与から徴収されている税金は、所得税と住民税です。この2つの税金は、退職後の対処の仕方が異なりますので、個別に紹介していきます。

退職後の所得税

所得税は、1年の総収入をあらかじめ想定し、それを月割りにして給与から源泉徴収されています。退職後に1か月以上の失業期間があるなどの場合は、所得税を多く納めていることになるので、確定申告をして還付を受けたほうが良いでしょう。

退職後の住民税

Bottom banner

住民税は1月から12月までの年間所得に対して課された税額を、翌年6月から翌々年の5月まで「後払い」で納める仕組みになっており、納税方法は退職時期によって異なるため注意が必要です。

6月から12月の間に退職した場合、翌年5月までに納めるべき残額を、退職時に一括で支払うか分割で支払うか選択することができます。最後の給与や退職金から住民税残額を天引きしてもらうこともできるので、会社に相談してみましょう。

1月から5月の間に退職する場合は、5月までに納めるべき残額(前々年度分)を退職時に一括で支払います。6月からは、前年度の所得に対して課税される額を、役所から送られてくる納税通知書にしたがって自分で納税します。

確定申告

退職後に再就職した人は、再就職先で年末調整をしてもらえるので税金の過不足を調整できますが、年内に再就職しなかった人は確定申告が必要です。なぜなら、所得税は1年間の総収入を想定し、それを月割りで源泉徴収されているため、再就職しなかった人は多く納めているケースがほとんどです。

余分に支払った所得税は還付を受けることができるので、勤めていた会社の源泉徴収票と、生命保険・医療費などの控除証明書、印鑑を持参して確定申告しましょう。

退職金の振込の時期

退職金制度のある会社に勤めていた人は、退職後に退職金を受け取ることができます。勤続年数が長くなるほど多くの額を受け取ることができるので、長く勤めていた人ほど退職金の振込時期が気になるものでしょう。誰もが気になる退職金の振込時期について紹介します。

退職金の振込時期は千差万別

退職金の振り込まれる時期は、会社によって異なります。会社の就業規則に振込日について明確な記載があれば規則に則って振り込まれますが、事務手続きの都合で、振込までに1か月以上かかるケースがほとんどです。退職金原資を外部に預託している企業では2か月以上かかることもあります。詳しくは会社の給与事務担当者に確認してみましょう。

退職の時期別源泉徴収票の発行時期

別の会社に転職したり確定申告する際に、源泉徴収票が必要になりますが、源泉徴収票はいつ発行してもらえるのでしょうか。ここでは、退職の時期別源泉徴収票の発行時期を紹介します。

源泉徴収票の発行は退職後1ヶ月以内

法律では、原則として退職後1か月以内に源泉徴収票を発行する決まりになっています。年末や年度末は退職者が集中し、事務処理が遅れることがありますが、いつまで待っていても郵送されない場合は、電話や手紙で会社に請求しましょう。

退職の交渉を始めるおすすめの時期

退職の交渉を始めるのにおすすめの時期は、「賞与の査定が終わった頃」や、「退職希望日の1~2か月前」です。賞与の額が決まる前に退職を申し出ると、査定にひびくことがあるので注意しましょう。転職希望者は、3月が求人数のピークなので、1月末頃に退職交渉をするのがおすすめです。

教員

教員の仕事は大変ハードで離職率は48%と高く、実際に多くの教員が退職しています。体調を崩してしまった場合はいつ退職しても仕方ありませんが、学校側の都合を考えると、1月に退職交渉を始めて3月(年度末)に退職するのが望ましいでしょう。

退職の申し出は1~2か月前までに

会社を退職したい場合、法律では14日前までに退職を申し出れば良いという決まりになっています。しかし、後任者の確保や業務の引継ぎなどの都合上、退職希望日の1~2か月前には会社に伝えるのが円満退職するコツです。

退職時期によって、税金や賞与、受け取れる手当などが違ってきますので、自分のライフスタイルに合わせて、ベストな退職時期を選びましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人