Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

派遣の仕事は、通常の仕事と違い、簡単に登録でき、スキル次第ではいろいろな仕事に挑戦できます。その際、派遣先や面接時に履歴書が必要な場合がありますが、どのように書けばいいのでしょうか。派遣で働く場合の履歴書の書き方を解説します。


派遣の仕事って?

派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

派遣の仕事とは、その会社に就職するのではなく、別会社からのスタッフとして、派遣され、決められた仕事をすることです。派遣の仕事は、登録制になっており、職種も、特別な資格が必要なものから、未経験でも大丈夫なものまでさまざまです。また、社会保険や失業保険などは派遣する会社が対応してくれているところもあります。

通常のアルバイトよりも時間給が高く、直接派遣先に言えないことは、派遣担当者に相談できる場合もあり、いろいろな仕事を経験したい人に向いている仕事ですが、逆に言えば派遣先にはなんのしがらみもありませんので、いらなくなった時には、すぐに切ることができます。また、いい人材は、正式採用という形で雇用することもできます。

派遣の履歴書の書き方・例を教えて

派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

派遣の場合の履歴書は、通常の履歴書の書き方と少し違います。名前、住所、連絡先、取得資格などは、通常の履歴書の書き方と同じです。しかし、職歴を書く際、通常でしたら「〇〇年〇月〇株式会社入社」「△△年△月〇株式会社退社」という書き方をしますが、派遣の場合、「〇〇年〇月〇に派遣開始」「△△年△月〇の派遣終了」と書きます。

働いた期限に合わせる書き方で構いませんが、派遣先が多岐に渡る場合は、派遣会社の在職期間のみ履歴書に書き、派遣されていた期間は職務経歴書にという書き方がわかりやすいです。

種類別派遣の履歴書の書き方

派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

一口に派遣と言っても、いろいろな種類があります。ここではそれぞれの派遣の場合、履歴書にはどんな書き方をすればいいのかを解説します。

単発の場合

単発の仕事の場合、日数が1日だけという事がほとんどで、履歴書が不要な場合もあります。長期で派遣会社が採用前提での仕事でしたら、履歴書が必要になることもあります。書き方としては、通常の履歴書の必要項目を埋めていくだけです。また、単発の終了後は、職歴として履歴書に書くと、すぐに辞めてしまう人と思われてしまうこともあるので、書かない人もいます。

逆に履歴書には記載せず、面接の際に単発でこのような仕事をしていましたと、アピールする人もいます。状況を考えて使い分けましょう。

短期の場合

短期の仕事は、単発よりも長い期間になりますので、基本的に履歴書が必要ですが、仕事内容によっては、名前と連絡先だけでいい場合もあります。期間が決められていますので、別の派遣会社にこういう仕事をこれだけの期間していましたとPRするにはよいですが、普通の仕事の面接で提出する履歴書への書き方は、職務経歴書を使うようにしましょう。

ただし、1週間や2週間の短期では、面接の際に逆効果になることもありますので、派遣の仕事であったことを明記し、その後も派遣会社を続けていたことがわかる書き方をしておけば、いい印象を与えます。

転職の場合

転職の際は、履歴書は必要になりますが、次の仕事が同じく派遣会社か、それ以外の仕事かで書き方が変わってきます。それぞれについて解説します。

派遣会社に転職する場合

派遣会社から違う派遣会社に転職する場合、どのような派遣先でどのくらい働いていたかということが重要になりますので、職歴欄もしくは職務経歴書に、どんな仕事をどのくらいの期間働いて、どんな仕事をしたのかという書き方をします。会社によっては、派遣経験者にそれらを書かせる別紙がある場合があるので、登録の際に確認しましょう。

派遣会社で別紙がある場合は、職務経歴書や履歴書への記載は、働いた期間の年月日と働いた場所程度でもいいですが、余裕があるときには、詳しく書いておいても良いです。

派遣以外の職場に転職する場合

派遣以外の職場に転職する場合は、あまりに職歴が多い書き方だと、悪いイメージを持たれてしまう場合がありますので、基本的に派遣会社にいた期間がどれくらいだったという履歴書の書き方をします。

ただし、転職先の面接で、どのような派遣先に行ったことがあるかを聞かれた際は、その期間よりもどんな仕事に携わったのかをきちん伝えましょう。

業種別派遣の履歴書の書き方を教えて

Bottom banner
派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

派遣の仕事は多種多様ですので、派遣元がその仕事専門のスタッフを募集している場合もあります。単発や短期の場合は別として、専門の仕事募集の場合は、資格の確認もありますので、履歴書の提出が必要になり、書きかたが少しずつ変ります。それぞれの場合について解説します。

看護師の場合

看護師の場合、資格が必要になります。当然、募集している派遣会社にも看護師資格の有無を伝えなければいけません。そのため履歴書には、通常の名前や住所だけではなく、看護師資格の取得年月日はもちろん、看護師として働いていた経験があるなら、きちんとPRできる書き方をしなければいけません。

また、面接によっては、看護師資格を証明できるものが必要になることもありますので、念のために持って行っておくと良いでしょう。

飲食店の場合

飲食店の場合は、ホールかキッチンスタッフかで変わってきますが、派遣会社に提出する履歴書にはホールやキッチンで、どのような仕事にどのくらいの期間、携わっていたのかがわかるような書き方をします。

その際、飲食店に関係する資格や特技がある場合は、履歴書に忘れずに書いておきましょう。書き方は、その資格を取得した年月日で、特技は分かりやすく詳しくどのようなものなのかを書いておきましょう。特に家事で料理をしている経験などは、特技にあたると考えている会社もありますので、書いておきましょう。

工場勤務の場合

工場勤務の場合は、工場が作る物によっては、資格が必要なものもありますが、基本的に名前と連絡先、工場で働いたことがあるかないかがわかるような書き方をします。また、工場は時間が管理されていますので、余程の事情がない限り、基本的に工場のシフトに希望時間帯が合うような書き方をしておきましょう。

スーパーや小売業の場合

スーパーや小売業の場合、仕事の大変さから、すぐに辞めてしまう場合がありますので、履歴書の書き方は、名前や住所、志望動機など、通常で構いません。

ただし、スーパーなどの場合、部門によって時間帯や作業内容が変わってきますので、派遣希望時間と合う部門になるようにしましょう。会社によっては、派遣スタッフにも短期間研修をしてくれる場合もあります。

履歴書の派遣履歴の書き方

派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

履歴書に派遣の履歴を書く際、書き方は、最初に派遣された派遣先から順番に書いていきます。その際、派遣先の期間は、「派遣開始日」「派遣終了日」という書き方をします。また、経験した仕事の中で、次に働く職場で100%関係ないと思う仕事は、履歴書には記載せず、面接の際にこのような経験がありますとPRする場合もあります。

複数の場合

複数の派遣会社から、いくつかの派遣先で働くことはよくあります。履歴書への書き方は、派遣終了していなければ、各会社ごとに記載し、時間的に続けられない派遣会社の項目には、「派遣終了見込み」と書き、終了年月日を明記しておきましょう。

また、派遣会社によっては、かけもちがダメな場合もありますので、最初のお問い合わせ時にきちんと確認しておきましょう。

履歴書や職務経歴書で経験をアピールしよう

派遣の履歴書の書き方の書き方・例|単発/短期/転職/看護師

派遣の仕事は、どれだけ多くの仕事を、どのくらいの期間働いていたかということが重要です。一般的には、派遣会社で1年以上働いた経験があれば、少なくともその会社ではベテランスタッフとして扱われます。仕事をすぐ変るのは根性がないと言われがちな世の中ですが、派遣スタッフでいろいろな仕事を経験することは、派遣業界ではプラスになります。

また、派遣の仕事でいい評価を得ていれば、派遣先に就職できることもありますし、他の派遣会社で働く場合にも有利です。その際は、履歴書や職務経歴書で、派遣経験をしっかりとアピールしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人