Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

職務経歴書への退職理由の書き方の例・書く必要はあるのか|一身上

職務経歴書への退職理由の書き方の例・書く必要はあるのか|一身上

転職の際に必要な職務経歴書に、退職理由や転職理由を書くことがありますが、人事担当者に疑問を持たれるような退職理由を書いてしまっては、せっかくの転職も上手くいきません。職務経歴書にどんな書き方をすればいいのか、よく使われる表現を紹介しましょう。


職務経歴書に退職理由を書く?書かない?

実はそもそも、職務経歴書には、退職理由や転職理由は書く必要がありません。ただし、その後の面接では必ずといっていいほど人事担当者に質問を受けるので、退職理由を答えられるようにしておかないと、自己PRや志望動機の説得力が無くなってしまいます。

自己PRに支障がない理由の場合は、職務経歴書に簡単に書いておいてもいいでしょう。

もしも明記するならば、それが転職に有利に働くかどうかを考えましょう。

退職理由を書く場合

例えば、職務経歴書の退職理由に「今の環境に不満がある」と書くよりも「こんな働き方をしたい」と表現したり、「今の会社ではできない」と書くよりも「こんな新しいことにチャレンジしたい」と書く方がポジティブな印象を受けます。要するに、退職理由というより、転職理由を書くイメージで考えてみてください。

退職理由を書かない場合

また、人事担当者にマイナスイメージを持たれるような退職理由は、職務経歴書にあまり細かく書いてしまうと印象が悪くなる可能性があるので、簡潔に書いておき、その後の面接で質問を受けた時に詳しく説明できるようにしておけば構いません。

職務経歴書の退職理由に明記する際、解雇やリストラ、また、病気や体調不良などでのブランクは、雇用主にとっては懸念材料になりますから、疑問を持たれるような書き方をするよりは、書かずに、面接でしっかり説明できるようにしておきましょう。

職務経歴書でよく使われる退職理由

職務経歴書は、履歴書とは違いますから、住所や学歴、顔写真などの個人情報は必要ありません。使える書類の枚数は限られていますから、必要ない事を書いて大切な自己アピールを書き逃さないようにしましょう。

また、職務経歴書には、これからの仕事に直結しない、趣味などのプライベートな情報も書いてはいけません。その点に注意して、マイナスイメージにならないような退職理由の書き方を紹介しましょう。

万能な言葉・一身上の都合

雇用主ではなく労働者側、つまり転職を希望するあなたの側に退職理由がある場合に使う表現で、たいていの場合、この表現で済む、職務経歴書には便利な書き方です。

例えば、「遠方へ引越しをすることになった」「両親の介護をしなくてはいけなくなった」「仕事に魅力を感じない」なども、一身上の都合、という表現で問題ありません。

会社都合の場合

一方で、会社側からの申し出があって退職した場合に使う表現が、会社都合です。経営不振や倒産、リストラなどがこれに当たります。経営不振や倒産は、社員個人の力ではどうにもならない事ですから、人事担当者も疑問に思うことはほとんど無いでしょう。

しかし、その理由がリストラなどの解雇に当たる場合、勤務態度や営業成績が良くなかったのではないかと思われる可能性がありますから、面接の際に不利にならない説明ができるように準備しておかなくてはいけません。

体調不良が理由の場合

職務経歴書の退職理由に、体調不良、という表現もよく使われますが、雇用する側としては、大きな病気ではないにしろ、季節が変わるごとに風邪をひいたり、頻繁に身体がだるくなったりして会社を休みがちになりはしないかと懸念するのは当然です。

現在は体調が戻り健康である事を職務経歴書に明記し、ブランクがあっても仕事に支障がない事をアピールする必要があります。

病気が理由の場合

病気が原因で退職した後、ブランクを経て転職する際にも、人事が気にするのは当然、病気が再発すれば、この会社もすぐに退職してしまうのではないか、という不安です。退職理由が病気によるものであることは仕方のないことではありますが、雇用主として躊躇するのは当然です。

再発の可能性がない場合は、職務経歴書にきちんと明記し、現在は健康である事をアピールしましょう。

パワハラ・セクハラが理由の場合

ここ数年、社会がさらに敏感に反応するようになった「パワハラ」「セクハラ」という言葉。ほとんどの場合、上司、会社側が加害者で、退職を決断した労働者側が被害者になります。

そういった関係から、その退職理由が致し方ない事だったとしても、会社側としては、労働者側にも非があったのではないかと疑ったり、入社後に同じようなトラブルを訴えられるのではないかと、マイナスイメージを抱きがちです。

職務経歴書の退職理由に書くだけでは、本当のところは伝わりづらいものですから、書類にはあまり詳細に書かないで、面接の際に、きちんと伝える事をおすすめします。

人間関係のトラブルが原因の場合

人間関係の問題で退職した場合も、職務経歴書の中だけでは、それが、会社側だけではなく当人にも問題があったのではないかと思われがちです。コミュニケーションをとるのが下手なのではないかと疑われる場合もあります。

以前の勤務先を必要以上に非難するようなことは明記しない方がいいでしょう。

Bottom banner

解雇・任期満了の場合

そもそも職務経歴書には退職理由を書く必要がないのですから、退職理由が解雇の場合、はっきり言って書かない方がいいでしょう。雇用主から解雇を言い渡されるということは、どんな理由があったにせよ、労働者側にまったく非がないと言うのは難しいです。

ただし、契約社員や派遣社員など、採用期間が終わった事を理由に解雇された場合は、職務経歴書の退職理由に解雇、と書く必要はなく、むしろ「期間満了につき」という表現を使った方が正しいでしょう。

結婚・妊娠でのブランク

職務経歴書への退職理由の書き方の例・書く必要はあるのか|一身上

結婚や妊娠での退職はおめでたいことでもありますし、社会的にも認められていることですから、遠慮なく職務経歴書の退職理由に明記して構いません。ただ、悲しいことに、育児などで残業をしてもらえないのではないか、と会社側が懸念する場合があるので、もし、現在は育児が必要ないのであれば、職務経歴書にそれを書いておきましょう。

また、まだこれからも育児をしながら仕事を続けていきたい場合は、当然の権利ですから、はっきりと明記し、その上で仕事に集中できる事をアピールしましょう。

介護でのブランク

両親や家族の介護が理由で退職した人のほとんどが、ブランクを経験しています。結婚や出産が退職理由の場合もブランクはありますが、介護の問題はよりマイナスイメージを持たれやすいです。

そのため面接では、今後どの程度の介護が必要なのか、どのくらい仕事に影響するのかを必ず聞かれますので、採用されたいがためにここで嘘をついてもしょうがありません。正直に、必要なことは要求しましょう。介護をしながら社会に出ることの大変さを隠す必要はありません。

スキルアップが理由の場合

転職の際にスキルアップを求めるのは、好印象ではありますが、職務経歴書の退職理由ではよく使われる表現なので、平凡で、あまりインパクトのあるフレーズではありません。

本当にスキルアップが退職理由なら、その事実を裏付けるような根拠を、職務経歴書の自己PRや志望動機に書いておくことが必要です。

ヘッドハンティングでの転職

これまで紹介した転職の際の職務経歴書の例は、労働者側が会社に応募する形のものでしたが、ヘッドハンティングによる転職は少し様子が違います。ヘッドハンティングは、労働者側が入社の応募をするのではなく、ヘッドハンターが労働者に対して転職を勧めます。

これは逆に言えば、求められる基準に満たなければ解雇されるということです。ヘッドハンティングされて転職すると、労働者としての保障は薄くなります。これを踏まえて転職する必要があります。

職務経歴書の退職理由に定型文を使えない例

そもそも、退職理由は職務経歴書に書く必要がない、とはじめに言いましたが、面接などで聞かれた際に困らないように、上記のような定型のフレーズで簡潔に退職理由を明記しておくのもひとつの方法ではありました。

しかし、一方で職務経歴書に退職理由を書く際に、上記に紹介したような定型のフレーズを使うのは好ましくない場合があるので、確認しておきましょう。

人事が気にすること・転職回数が多い

今まで、契約社員や一時的雇用で会社を渡り歩き、転職回数が多い場合、入社してもすぐに辞めてしまうのではないかと懸念されることがあります。

一般的には、職務経歴書に退職理由を書く時には簡潔に、詳しく書く必要がないと紹介してきましたが、この場合はむしろ、転職が、仕事に対する中途半端な態度の表れではなく自分のキャリアアップのために必要な事だったという事を理解してもらう必要があります。

「他業界への挑戦」「資格を生かす」など、より具体的に、納得してもらえる退職理由を、職務経歴書に明記しましょう。

人事が気にすること・退職後にブランクがある

退職後に長期離職期間があった場合も、その理由を職務経歴書の退職理由に多少詳しく書いておいた方が良いでしょう。人事としては、ブランクがあることでスキルが落ちているのではないかと不安に思ったり、またすぐに退職されるのではないかと疑問におもいます。

離職後のブランクが今後の仕事に影響しない事をアピールし、即戦力になり得る事をしっかり明記しましょう。

職務経歴書を提出する際に気をつけたいマナー

もともとは、職務経歴書には、市販されている履歴書のような、決まりきったフォーマットは無く、自分なりにアピールすべき資格や今後の希望を必要に応じて作成します。

しかし、とはいえ、書類の紙のサイズが大きかったり小さかったりするのは人事がファイルする際に不便ですし、やたらと何枚も紙を使って分厚い書類を作ってアピールしても先方が選考する際の情報が多過ぎて逆にマイナスになりかねません。

現在、一般的な書類のサイズであるA4に統一して提出する事をおすすめします。また、手書きの書類も魅力がありますが、パソコンなどでタイプした書類の方が読みやすいので、こちらの方がおすすめです。さらに、会社によって「持参」「郵送」「メール」など職務経歴書の提出方法も異なりますので気をつけましょう。

職務経歴書を上手に書いて有意義な転職を

このように、退職理由を上手く伝える方法はいくつかあり、書かない方がいい場合もありましたが、基本的に退職、転職は、社会人にとって決してマイナスではありません。

自分に必要な転職、次へ進むための退職は、職務経歴書に退職理由を明記しようがしまいが、あなたの過去の経歴を傷つけるものではありません。あなたがやってきたことに後ろめたいことがなければ、自信を持って、上手に自己PRし、意義のある転職をしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人