Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

転職での筆記試験対策・筆記試験に落ちる人の特徴・問題の例

転職での筆記試験対策・筆記試験に落ちる人の特徴・問題の例

転職をする時は、面接の他に筆記試験を受ける企業があります。筆記試験の内容は新卒の時と違うので、転職者用の対策をしっかりしなければ不合格になるでしょう。転職者はどのような筆記試験が行われているのか、落ちる人の特徴とあわせて考えてみましょう。


転職での筆記試験対策

転職を希望すると適性検査、一般常識試験、専門知識問題などの筆記試験を受けることになります。これらのテストは、目的も無く行われている訳ではありません。筆記試験の結果をどの程度参考にするかは転職先によって違います。

一次選考で面接前に筆記試験を行う場合は、多数の応募者の中からふるい落とすケーが多いでしょう。面接と筆記試験を並行して行う転職先では、多面的に人物を判断する傾向にあります。転職では面接が採用基準の判断材料になりますが、面接だけではわからない部分を判断するために筆記試験が行われます。

特に専門分野を扱う転職先では、面接だけでは知識がわからないので専門知識の筆記試験を行う所が多くあります。転職では新卒とは異なり、今までの職歴と実績を重視しますので面接第一に考え、プラスして筆記試験も合格ラインに近づけましょう。

これから、筆記試験の種類ごとに対策方法を考えてみましょう。

専門知識試験

専門知識試験は転職先の職種に関する内容が出題されます。この試験は転職の際に出題する企業が多いので、専門性の高い職種を選ぶ人は準備をしておきましょう。

筆記試験の内容は各専門職によって異なりますが、業種によっては外国語、プログラミングなど専門性の高い内容になっています。異業種に転職を希望する人は、しっかり知識を付けてから筆記試験を受けましょう。

企業オリジナル試験

企業オリジナル試験は転職の時によく選ばれる問題です。この筆記試験は、企業が独自に作成した試験なので、専門性の高い所に転職をする時に試されます。転職先の仕事内容、技術、知識に関してどの程度理解しているかを確認します。

例えば、「転職先の企業について説明してください」などの記述式の問題や状況を説明する文章問題が出題されます。実践的な筆記試験は、案内状や詫び状などをワードを使って作成する問題もあるでしょう。

自分で企業の事を良く調べて、転職エージェントに相談しつつ研究しておくと良い点数が取れるでしょう。

小論文

小論文の試験は書き方を学んでおくのがポイントです。小論文のテーマは当日までわかりませんから、決められた文字数で自分の意見をまとめ、わかりやすい書き方でまとめます。日頃から、転職先の情報をまとめたり。仕事内容について考えて文章にしてみるとトレーニングになるでしょう。

転職での筆記試験に落ちる人の特徴

最近の企業は筆記試験で採用を決めるのではなく、面接に重点を置く会社が増えてきました。少し前は、筆記試験が良ければ面接は力を抜いても大丈夫と考えられてきましたが、最近は違っています。

転職の筆記試験では、一般常識を採用している企業が多くあります。社会人として働く時、最低限の常識が求められます。転職で筆記試験を行う所は、就職後に資格を取る業種で多く見られます。いくら筆記試験が重要ではないと考えられても、きちんと勉強しないと落ちます。

筆記試験は形式だけのものではありません。面接でわからない部分を判断するので、転職先が求めている基準を満たさないと落ちることもあります。特に人気の高い企業に転職を考えるなら、筆記試験の対策はしておくべきです。筆記試験ではなるべく上位になるように努力をすると、採用される確率がアップするでしょう。

転職での筆記試験の問題の例

学校のテストと違って転職の筆記試験は問題が特殊です。どのような種類の筆記試験があるのか、例題も含めてご紹介します。

一般常識

一般常識の筆記試験は、基礎的な学力や情報処理能力、時事問題が出題されます。問題例には、ノーベル賞や芥川賞の受賞者名やその年度の国家予算額が出題されます。

筆記試験対策として、小中学校で習った基本的な問題を復習しておき、過去問題を繰り返し解くことです。時事問題はニュースや新聞をチェックして、大きな出来事は記憶しておくことが大切です。

一般常識問題例題

・オーストラリアの首都は?
・AキャンベラBメルボルンCシドニー

数学

転職の時に受ける数学試験は、リクルート社が提供する「ウェブテステイング」と言う自宅のパソコンで受けるテストが良あります。会社によっては独自のオリジナル問題を出すところもあるでしょう。

一般的に高1程度の範囲が出題されますから、難しい公式を覚える必要はありません。小中学校の文章問題が解ければ問題ないでしょう。ある程度年齢を重ねて転職する時は、頭が固くなっている場合がありますから、過去問題を解いて文章問題に慣れておきましょう。

数学例題

ある数字に7を足して6をかけたものと、ある数字に11をかけ13を引いたものは等しくなります。ある数字を求めて下さい。

漢字

転職で編集者など希望する場合は感じの筆記試験があるでしょう。面接直前に漢字試験を行う会社もあり、作文試験などと組み合わせて出題されます。編集者は言語中心の筆記試験になる傾向が強く、日ごろからトレーニングしておくと良いでしょう。

また、筆記試験の中には簡単なアンケートが含まれる場合もあります。最近感動した事や憤慨したことなど、日常で感じた気持ちを文字にしてどう伝えるかも重要です。言語を扱う業種に転職をするなら、ある程度の漢字が読み書きできなければ採用は難しいです。

漢字問題と合わせて、自分が興味のあることはスラスラ800文字くらい書けるようにしておくと本番に慌てないでしょう。

漢字例題

Bottom banner

次の四字熟語を完成しなさい。

酒□肉林・七転八□・自□自得

SPI

適性検査では転職希望者の能力や人となりを把握するのが目的です。多くの適性検査がありますが、SPI試験は、リクルートキャリアが開発した筆記試験です。この筆記試験は、人柄や仕事への適性、どのような組織に馴染みやすいのかを判断する材料になります。

入社後の配属先を決めたり、担当部署の上司に理解してもらうための人物情報として活用します。SPIの試験は「能力検査」と「性格検査」が行われます。能力検査は原語分野と非言語分野の2種類を出題し、問われていることを正しく理解しているか、どのような考え方で答えを導き、効果的で効率よく解答する事を求めます。

言語分野では言葉の意味や話の趣旨を的確にとらえる問題が出題され、非言語分野では数的な処理や論理的思考力を測る問題が出題されます。筆記試験の結果は、企業が求める基準を満たしていればOKです。

SPIの例題

非言語分野では鶴亀算が多く出題される傾向です。

・鶴亀算の例題
50円切手と80円切手が合わせて35枚あり、合計の金額は1900円です。この時50円切手は何枚あるでしょう?

・二後の関係例題
例で示された二語の関係を考え、これと同じ関係になるものを選びなさい。

例)鍋とフライパン
朝顔とA観察BチューリップC夏D花E種

性格試験

性格テストはクレペリンテストのように1ケタの数字の足し算を繰りかえすものと、性格や行動に関する短文を読んで自分にあてはまるか選ぶものがあります。数字の足し算は、回答数が少なかったり間違いが多いと悪い結果になるでしょう。

性格検査の対策は、面接官が矛盾を感じないように普段からの自分に照らし合わせて正直に答えましょう。性格試験には、嘘をついていないかチェックするライスケールと呼ばれる設問があります。例えば、「これまで一度も嘘をついた事が無い」と聞かれるもので、このような質問は誰でも嘘はついた事があるので正直に答えた方が好印象です。

転職での筆記試験のおすすめの問題集・対策本

転職を希望する場合、新卒者対応の対策本を解いても内容が違います。必ず転職者用の対策本を購入して繰り返し解きましょう。それでは、どのような対策本があるのかを見ていきましょう。

転職者用SPI3攻略問題集

実際の出題範囲と出題内容を忠実に再現した問題集です。転職者用の採用テスト本の中で効率よく学べる内容でしょう。問題をいかにして早く解くかアドバイスも書かれているので、繰り返し解くことでスピードアップできるでしょう。

購入者のコメントにもあるように、時間が無い人はこの一冊でもかまいませんが、第一希望の会社に落ちたくないならテストセンター版も解いておくと心強いです。二冊購入しても10日位で解けるので、時間が無い人は早めにスタートすれば問題ないでしょう。

同社のSPI3テストセンター2020版とこちらを2冊購入。難易度も違い、ちょうどよかった。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E3%83%86%E3%82%B9%E3%8... |

3日で完成! 転職者のためのSPI&玉手箱対策

数学や漢字が苦手な人向けに基礎の基礎から学べる対策本です。SPIは新卒と転職では内容が異なるため、転職者用の対策本を繰り返し解くことが必要になってきます。企業によっては、パソコンを使った適性検査が行われるため、受け方のコツを知っておくことも重要です。

この対策本は、転職試験によく出るSPI3と玉手箱を3つのパートに分けて構成しています。1日1パートずつ進めていけば3日で終わります。基礎が苦手だと感じる人は、この対策本を3日間やってから、次の対策本に取り組むと理解度がアップするでしょう。

ホントに基礎の基礎から思い出すには丁度いいです。
内容としては非言語が割かし多い気がします。

出典: https://www.amazon.co.jp/3%E6%97%A5%E3%81%A7%E5%AE%8C%E6%... |

転職での筆記試験の長さ

転職の際、筆記試験の種類は案内してもらえない事が多いでしょう。所要時間がわかる場合は、どのような筆記試験が行われるか推測できる事もあります。それぞれの筆記試験井かかる時間を考えてみましょう。

30分

ひとつの筆記試験にかかる時間は30~40分くらいと考えられています。一般常識や専門知識試験など、ひとつにつき30分程度かかりますから、転職の際筆記試験にかかる時間を知っておきましょう。

筆記試験の時間が1時間~2時間程度あるなら、適性テストに他の試験が組み合わせられていると考えられます。転職の時は、専門知識試験がプラスされ試されることが多いでしょう。筆記試験の時間から考えて、どのような種類が行われるかある程度予測をしてから当日を迎えましょう。

筆記試験対策はしっかり行う

転職だからと言って、筆記試験をおろそかにしていると希望者の多い企業では不合格になります。最近は面接試験に重点を置く会社が増えてきましたが、ふるい落とす手段として筆記試験を採用している企業もあります。より合格に近づくためには筆記試験が重要になってきます。

特に、漢字や数学が苦手な人は繰り返し対策本を解いて勉強しましょう。また、専門的な企業に転職を希望するなら専門知識を学びましょう。わからない点はエージェントと相談しながら、対策法を見つけて合格を目指しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人