Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

高卒で仕事をするときの現状・高卒におすすめの仕事・種類|資格なし

高卒で仕事をするときの現状・高卒におすすめの仕事・種類|資格なし

高卒と聞くと、いまだに給料が低く仕事も限られていると思われがちです。実際、そういった面もありますが、早くから社会経験を積み、目標に向かって努力を惜しまない人は、学歴に関係なく成功します。この記事が、進路に迷っている人の参考になればと思います。


高卒で仕事をするときの現状

高卒で、仕事をする場合の現状について、ケース別にまとめご紹介していきます。

高卒だと仕事はないのか

就職対策のサポートがしっかりしている、工業や商業などの実技系の高校は、就職がスムーズになる場合が多いです。しかし、実業系の高校でも、大企業からの求人は、現場系の仕事が多いです。工業なら製造ライン、建築・土木系なら現場作業の仕事になることが多いです。

進学校の普通科の場合は、企業からの学校指定の応募がないに等しい現状があります。学校指定のないオープン求人から仕事を探すことになりますが、ガソリンスタンドや工場の早朝勤務などが多く、肉体労働に近い仕事が多くなる傾向があります。

学歴が不十分と感じる人は、資格をたくさん取ることで、目指す仕事のエキスパートを目指すのも良いでしょう。

高卒女性の仕事の現状

高卒の女性が、働ける定番の仕事として事務職があげられます。デスクワークが中心で、社員の皆が円滑に業務を行えるようにサポートする仕事です。

事務職に就職するためには学歴はあまり考慮されません。それよりも、よく気ががつく、気配り上手であることなどが求められます。ただし、事務職は非常に倍率が高いので、WordやExcelなどに詳しいことを証明できる「MOS」という資格がある有利です。

高校に通いながら通信教育やオンラインで学ぶことができますが、なかなか独学は難しいという話も聞きます。以下にあるダブルスクールでMOSを取得できるリンクを貼りました。女性だけでなく男性も参考にしてください。

高卒男性の仕事の現状

高校で就職した新卒社会人の3年以内の離職率は、実に5割と言われています。短期で仕事を辞めた人の大半はフリーターになってしまいます。

入社したては、高卒社会人の給料は厚生年金や年金を引かれて、手取りは20万円を切ります。しかも学生と違い、長期休みが少なく、高卒の人が就職しやすい現場系の仕事や販売、サービス業は休日出勤や平日休みも珍しいことではありません。フリーターの方がいいなら仕事を辞めればよいし、責任もなく何より自由です。給料も頑張れば大差はありません。

しかしフリーターの居心地の良さは25歳が限度です。だんだん正社員に対する焦りを覚えるようになりますが、正社員短期離職しか職歴のないフリーターは、就職活動でかなり苦戦するでしょう。

高卒で、人材しっかりとした企業に勤めるには、手に職をつけること、優良企業を選ぶために転職(就職)エージェントなどを利用しましょう。

高卒におすすめの仕事

高卒の人におすすめの仕事を紹介します。

資格なし

高卒未経験で資格もないから転職は難しいのかというと、一概には言えません。資格があっても実務経験がない人は、それほど求められていません。大切なのは「やりたいことが決まっている」ということです。自分の目標、強みといった自己分析ができていない状態で、就職活動を丸腰で行っても、結果はついてきません。

高卒資格なしで就活に行き詰まっている人は、就職エージェントは、どんな職種が自分に合っているのか、自分のアピールポイントは何かを客観的にアドバイスしてくれるので、相談だけでも行くことをお勧めします。以下に高校生で就職を考える人にお勧めのエージェントを紹介しておきます。

高卒の仕事の種類

高卒の人を採用する仕事の種類についてご紹介していきます。

営業職

業種によって商材は変わりますが、「物を売る」ということに対して、学歴や特別な資格はいりません。お客様に、どう納得していただいて購入してもらえるかが重視されます。接客やコミュニケーションに自信がある人に適した職種といえます。

事務職

基本的なパソコンソフト、例えばExcelやWordを使うことができれば就職可能です。女性の倍率が高いことと、男性の場合は、昇給が少ないので、長く勤めるには額面が少ない傾向があります。

工場オペレーター

工場オペレーターは、検品などの単純作業が多めになりますが、学歴や特別な資格は必要ありません。どれだけ長く単調な作業に耐えることができるか忍耐力が求められます。入社後にフォークリフトの免許などを取得すると仕事の幅が広がるでしょう。

Bottom banner

介護福祉職

ホスピタリティの高さは要求されますが、未経験歓迎の職種なので、学歴不問で資格は後付けでも構わないところが多いでしょう。訪問介護であれば普通免許や、業界全体で優遇される介護福祉士、ケアマネージャーの資格を取得するとキャリアアップが期待できます。

運輸交通

交通運輸は、特別な技能や資格は要求されませんが、体力があり不規則な生活にも耐えることができることが重視されます。

トラックやバスの運転手であれば、大型二種免許などを取得しなければなりませんが、この業種は慢性的な人手不足なので、青田買いもあります。就職してから、免許取得のサポートををしてくれる会社も多いでしょう。

高卒でも働ける仕事

高卒でも働ける仕事は、たくさんあります。逆に大卒でないと就くことのできない職業を上げた方が早いといえます。高卒で就けない職業は、医師、薬剤師、獣医師、研究職など医療系の職業、また教員免許の取得するためには大学の特定の学部で単位を取る必要があるので、大卒は必須になってきます。

意外と海外は、日本以上に学歴社会なので、欧米外資系の会社は大卒を採用条件にしていることが多いでしょう。しかし、たいていの仕事は、高卒にも門戸を開いています。

高卒でも稼げる仕事

一般的に高卒の人の給料は、大卒の人より低くなるのは、学歴別の年収や生涯賃金のデータを見ても明らかです。しかし、高卒でも高い給料をもらったり、中には1,000万円以上もらえる職業もあります。ここでは、その点についてご紹介していきます。

給料が高い

高卒でも、学歴関係なく高い給与が期待できる職業について説明していきます。

営業職

営業職は難しい知識は必須ではなく、コミュニケーション能力やフットワークの軽さが重視される業種です。販売や接客などのアルバイトの経験があれば、アピール材料になります。100%歩合制という所も多く、学歴や経験問わず結果を出した人が稼ぐことができます。ただし採用されても売り上げが0ならば収入もありません。

自動車販売の世界は競争が激しく実績重視です。学歴はあまり問題にされていません。高卒でものし上がれるチャンスは大いにあります。住宅販売員も大企業だけでなく中小企業も手掛けているので、高卒の営業マンも多く見られます。実績を上げれば、より待遇のよい会社に転職することもできます。

ガテン系の現場職

業界で人手不足なので就職しやすい業種です。現場職は専門的な免許を取得すると手当が上乗せさるので、努力が反映されやすい仕事といえるでしょう。

高所などで建築作業に従事するとび職人の大半は中卒、高卒者で占められています。危険が伴う分、高い給料が支払われます。また、大型クレーンやシャベルの操作を担う重機オペレーターも、熟練した技術が求められ、高い給料を得ることができます。

公務員

高卒で就ける公務員の仕事は、警察官や自衛官など、体力が求められる仕事が中心になります。高卒の場合は専門の寮で、必要な知識や技能を身に着けられます。解雇の心配がなく、安心して働けるのが最大のメリットです。

自衛官は、体力があり順応性の高い若手高卒者を必要としています。給与水準は高くはありませんが、定年まで勤めて退職金や年金をもらうことができます。警察官も自衛隊と似た要素があり、毎年高卒者を大量に採用しています。出世第一主義で、昇認試験をクリアしていけば、高卒でも県警部長クラスまで昇格できるでしょう。

年収1000万円

高卒で仕事をするときの現状・高卒におすすめの仕事・種類|資格なし

高卒で年収1,000万を目指すのであれば、起業して高収入を目指す、経験を積んで独立するという道が考えられます。大卒でも1,000万円は難しい数字ですが、けして不可能なことではありません。

起業といっても、ネットワーク社会なので、社会のニーズを敏感に読み取ってパソコンひとつ、在宅ワーカーとして副業から始めた事業を大きくする流れになるでしょう。また、高卒でも受験資格があり、取得後に高収入が期待できる国家資格に挑戦する方法もあります。

例えば、ファイナンシャル・プランニング技能士、社会保険労務士、中小企業診断士などです。企業に勤めて資格を活かすことで高い給与を得られるだけでなく、独立開業も努力次第で可能です。

また大工や電気工事士、配管工は高卒から始めることができ、将来的には独立を目指すことができます。他にも生保レディや運行管理者などは、歩合や肩書によって、高所得になる傾向があります。

学校では学べない4年間で経験を積もう

高卒と聞くと、なんとなく「できる仕事が限られているのでは」、「給与が少ないのでは」とイメージしがちです。実際、無計画に就職し、社会人生活に馴染めず退職する高卒社会人の半分は3年以内に退職しています。フリーターになる人も多く、その期間が長いほど正社員を目指すのは難しくなってきます。

高卒社会人は、大卒よりも給与の差は事実あることが多いのですが、社会人としての4年間の経験はお金では買えません。早くから社会に出た分、社会人としてのマナーや経験が、将来的なステップアップに繋がることも大いにあります。

大切なのは、目的をもって行動することです。資格取得でも、仕事を懸命に覚えるのでも、目的に近づくことならどんどんチャレンジししましょう。そうすれば大卒の社会人よりも、経験も給与も多くなっていく可能性があります。学校ではできない社会勉強や経験を積むことも立派な選択肢です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人