Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

転職をするときの退職理由の答え方|40代/上司/転職先/クビ

転職をするときの退職理由の答え方|40代/上司/転職先/クビ

転職するときの退職理由の答え方などについての記事です。面接時や履歴書への記入など転職先への答え方や、現在在籍中の会社の上司へ退職する際の答え方、あるいは、1ヶ月で転職する場合や40代で転職する時や、実際に転職するときの理由例などについて解説します。


転職をするときの退職理由はカギを握る

会社に在籍しつつ転職する先を探す場合、転職をするときの退職理由がカギを握るといっても良いでしょう。給料など金銭的な理由や地元へのUターン、あるいは、ただ単に勤めている会社が嫌になって辞めるなど、退職理由はいろいろありますが、そのまま言っていい場合ばかりではありません。

この記事では、転職するときの退職理由について、さまざまな角度から解説していきます。

転職するときの退職理由の答え方

転職を考えている会社は、大抵の場合ですと、退職理由を聞いてきます。面接の場では当然聞かれる項目ですが、応募書類である履歴書への記入がない場合は、殊更聞かれることも考えられますので、転職にあたっての退職理由も履歴書に記入しておいた方が良いでしょう。

面接

実際に転職をした人の退職理由は、「給料が低かった」「評価や人事制度に不満があった」「残業や休日出勤が多くて辛かった」「職場での人間関係が上手く行かなかった」など、何かしらの不満がきっかけとなっていることが」ほとんどです。しかし、その不満をそのまま面接で伝えたとしても、面接官はあまり良い印象を持たないでしょう。

面接では不満などネガティブな退職理由を言うよりも、前向きでポジティブな退職理由を伝えた方が印象は良くなります。例え事実であったとしても、今の会社での不平不満は極力避け、「次は○○したいから」「新しい職場では○○で貢献したい」といった、入社後を見据えた退職理由の方が好印象となります。

履歴書への記入

転職の際に記入する履歴書へは退職理由を記入しない方が良いとされている場合がほとんどですが、前向きで応募企業にとってメリットを感じる退職理由であれば、問題ありません。例えば同じ事務職でも、一般事務から医療事務へ転職した時の退職理由や、営業職でも違う業界を選んだ時の理由に前向きなものがあれば、記入しても支障ないでしょう。

また、今後実現したい具体的な目標に関連させた退職理由も併せて記入すれば、さらに良い印象を与えることになります。

相手別転職をする時の退職理由

転職のために会社を辞める際に上司に相談する場合や、採用試験に合格してから転職先に聞かれた場合など、転職するときの退職理由は必ず聞かれることになります。在籍中の会社の上司や転職先の上司や同僚などに答える場合も、不平不満を口にしない方が良いでしょう。

在籍中の会社の上司

在籍中の会社の上司へ退職を伝える場合も、面接の時と同様、会社への不平不満を理由に挙げることは避け、個人的な理由と今後やっていきたいことなどを伝える形が良いでしょう。

在籍中の会社に不平不満を伝えた場合、不満に対する改善を切り出され辞めにくくなる可能性があります。

また、「誰になにを言われても辞めます」とか「〇月×日までには絶対に辞めます」といった言い方も、心象を悪くしますので避けた方が良いでしょう。「大変お世話になりましたが」と切り出して、「今後こういった分野での仕事を考えているので、〇月×日位の退職を考えています」といった伝え方が無難です。

在籍中の会社の同僚

在籍中の会社の同僚に退職を伝える場合も、会社の上司と同様に注意が必要となります。うっかり口がが滑って不平不満を言って、上司の耳に入ってしまったという事例も少なくありません。例え相手が気ごころの知れた同僚であっても、「やりたいことができた」とか「地元に帰って就職する」などと言った、当たり障りのない理由に留めておくようにしましょう。

転職先

転職先の上司・先輩、あるいは同僚といった人たちも、転職理由を聞いて来ることが予想されます。今までのケースと同じように、以前在籍していた会社に対する不平不満を退職理由として真っ先に挙げることは避けるようにしましょう。

上司や先輩に接しているときは、緊張感もあり、比較的不平不満を口にするの避けやすくなりますが、仲良くなった同僚の場合ですと、酒席などでつい口を滑らせて、ということも考えられます。口を突いて出た言葉はどこからどう流れるのか見当がつきませんので、気を付けましょう。

Bottom banner

1ヶ月で転職をするときの退職理由

入社した会社が想像と違っていたり、職場の雰囲気が合わないと感じた時など、外から見えず、入社してから知った会社の状況に違和感を感じ、退職を決意する場合もあります。入社後1ヶ月での退職は法的には問題ありませんが、次の転職先に「またすぐに辞めてしまうのでは」といった懸念を持たれ、不利な印象となりがちです。

例え1ヶ月で辞めることになったとしても、退職理由の中で、辞めた自分自身の非を認め自分の非に対する改善策を提示して、悪い印象を変えるように試みましょう。会社に対する不平不満は、他の事例以上に悪い印象に取られやすくなりますので、退職理由には上げないようにしましょう。

40代の転職するときの退職理由

40代の場合ですと、20代30代の時と比べ、それなりにキャリアや経験も積んできた年代となります。そのため、転職理由にも良い印象だけでなく、相手を納得させる伝え方なども備わってなくてはなりません。ところが、実際に40代で転職を決意した人の多くは、評価制度に対する不満や会社の方針転換に伴うものなど、不平不満的なものが多いのも現実です。

「希望するキャリアアップを実現できる場所で働きたい」「お客様に寄り添った経営方針や営業方針の会社で働きたい」など、前向きさと向上心を感じさせる理由がよりベターとなります。20代30代に比べると、転職市場的には不利になりやすい年代でもありますので、若い人達以上に不平不満を理由にすることは避けた方がよいでしょう。

転職をするときの退職理由の例

採用時の面接の場において、退職理由を前向きで向上心を感じる印象のよいものにすることは必須事項ですが、実際に転職をする時の退職理由にはどのような理由があるのか、ということについて解説します。

会社への不平不満

会社への不平不満は、実際に退職を決意する一番多い理由になります。評価制度や異動配属など人事絡みのことや、職場に馴染めない、上司とそりが合わないなど人間関係的な事、あるいは希望する職種に付けないといったキャリア的なことなど、挙げていけばキリが無いくらい多くあります。

不平不満は簡単に口にしてしまうと、あまり良い印象を与えませんので、面接時に退職理由を聞かれた場合、たとえ事実であったとしても会社への不平不満を言うことは避けるようにしましょう。

クビ

クビ(解雇)になる理由にはいくつかのパターンがあり、会社都合によるもの、能力不足などによる肩たたき、何らかの理由による懲戒解雇などが挙げられます。会社都合による解雇の場合は、会社の倒産や経営再建を目的としたリストラであると言うことがきちんと説明できれば、印象を悪くすることはほとんどありません。

また能力不足による肩たたきの場合ですが、退職した理由と退職に対して自分自身にどういった責任があるのか、またそこからなそこから何を学び、入社後どう生かしていくかといったことを具体的に説明できれば、採用に繋がる可能性もあります。

ただし懲戒解雇となると、印象が非常に悪くなるため、印象をよくすることはかなり難しくなります。少なくとも、懲戒解雇となった理由に対する十分な反省の意は示すようにしましょう。

Uターン

家庭の事情や勤務地の希望など、原因はさまざまですが、Uターンも退職理由としてよく挙げられます。転勤や異動が当たり前である日本の企業風土ですと、単に地元に帰りたいという程度のUターンですと、「異動を命じたら簡単に辞めてしまうのでは」という疑念も掛けられやすくなります。

Uターンをした理由は、「親の面倒を見る将来のことを考えて」など、面接官が聞いて「そういう理由ならば仕方がないか」と思わせるような理由を挙げるようにした方が、好印象となります。

後ろ向きな退職理由は避けて転職を成功させる

転職する時は必ずと言っていいくらい、転職しようとする会社から退職理由を聞かれることが多く、採用する会社は、退職理由からその人が入社後きちんと働いてくれるのか否かを大きく判断します。そのため、退職理由には相手に良い印象を与え、納得させることのできるものが、よりベストです。

前職に対する不平不満といった後ろ向きな理由は、相手に悪い印象を与え、転職の失敗にも繋がってしまいます。転職を成功させるためにも、相手に良い印象を与える前向きな理由を伝えるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人