Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

履歴書は修正方法・修正印は必要なのか・修正しても良いのか|修正液

履歴書は修正方法・修正印は必要なのか・修正しても良いのか|修正液

新しく仕事を始めようというときまず準備すべきは履歴書ですが、緊張をして何度も書き間違えてしまった経験があるでしょう。そんなとき、履歴書は修正をしても良いものなのかと考えたことがあるでしょう。修正は可能なのか、どのような修正法を使えば良いのか知っておきましょう。


履歴書の修正は可能なのか?

きちんと書かなければとおもっていてもつい緊張から間違えてしまうことは誰にでもあります。間違えないように下書きをしておこうと、下準備をしていても書き損じてしまいます。そんな時、何度も書き直しては間違えての繰り返しで、最後の1枚なんてこともあったのではないでしょうか。

履歴書はきれいな字できっちり書くことが前提ですし、もちろん書き損じなんてないのが当然なのですが、どうしても書き直す時間がないときもあるでしょう。そんなとき、修正することは可能なのでしょうか。

基本的に最初からミスをするなんて企業側にすると良い印象はありませんので修正はしないほうが良いのですがどうしてもというときには修正することは可能です。しかし使って良い修正法と使ってはいけない修正法がありますので注意が必要です。

履歴書の正しい修正方法

修正テープや修正液など修正をするときに使うグッズがありますが、果たして履歴書の書き損じを修正する方法にこのような方法を使っても良いものなのでしょうか。

まず、修正テープや修正液は基本的に使わないほうが良いです。履歴書の正しい修正方法は、まず書き損じた部分の上に二重線を引き、その二重線の部分に修正印を押します。修正印とは、通常の名前の印鑑よりも一回り小さい印鑑です。

修正印がない場合は、通常のご自身の印鑑でもかまいません。そして余白に正しい文字を書きます。余白といっても修正箇所のすぐ上か下が基本です。

間違えてしまったのは仕方がないことですが、履歴書はあせって書くと間違えやすいですので、早めの準備を心がけましょう。

履歴書に修正液は使える?

一生懸命丁寧に時間をかけて書き進め、最後の最後で間違えてしまったなんてことは多くの方が経験のあることでしょう。こんなとき、修正液で消して書き直したいとおもったことはありませんか。

修正液を使って書き直したいとおもう気持ちはわかりますが、絶対に使わないでください。間違った箇所を修正をしてはいけないということではなく、修正液を使ってはいけないということです。

ではなぜ修正液を使ってはいけないのかというと、これから雇ってもらおうという企業に出す大切な書類です。その書類に修正液で修正するということは、企業側からすると雑さやだらしなさを感じてしまいます。もし書き間違えてしまっても絶対に修正液は使わないようにしましょう。

履歴書に修正テープは使える?

履歴書を修正する際に、修正テープなら見た目もきれいだし、何なら気づかれないでしょうと安易に考えている方、書き損じても修正テープを使って修正をしないでください。確かに修正液に比べると滑らかで見た目はきれいですが、書き間違えたからと修正テープを使って修正をすると相手にいい加減な印象を与えてしまいます。

履歴書は学歴・職歴・資格など、いうならば自分をアピールするための大切な書類ですので書き損じてしまったからといって修正テープで修正するなどという適当なことはしてはいけません。

まずは間違えないことが第一ですが、万が一間違えてしまったときは、本来なら新しい履歴書に書き直すのが良いですが、どうしても書き直す時間がない場合は正しい修正法で修正しましょう。

履歴書は修正するより消せるボールペンで書く

履歴書に記入するのはちょっと緊張します。人は間違えてはいけないとおもえばおもうほど間違えてしまいます。あと少しで完成するのに間違えてしまったなんてことも経験しているのではないでしょうか。

間違えて書き直すのはいやだし修正するのも抵抗があるしと、履歴書を消せるボールペンで書く人がいます。消せるボールペンは履歴書の記入に使用してもいいのでしょうか。

ボールペンだからいいでしょと思う方が多いですが、実際には消せるボールペンは使わないほうがいいでしょう。履歴書に限らず大切な書類の記入に消せるボールペンは使わないほうがいいです。

なぜなら消せるボールペンは時間がたつと薄れてくるからです。時間といってもたくさんの日数をかけて薄れてくるのですが、やはり良くはありません。消えないボールペンで記入しましょう。

履歴書の修正に訂正印は必要か?

言うまでもありませんが、履歴書は書き損じた場合は新しい履歴書で書き直すのがマナーですが、もしも予備の履歴書がなく買いにいく時間もないというときには、訂正法として書き損じた箇所を二重線で引いて直します。

そのときに訂正箇所に訂正印は必要なのかということですが、基本履歴書でなくとも訂正箇所に二重線を引いた場合は訂正印を押すのが正しいマナーです。訂正印は自分の印鑑、もしくは本来の印鑑よりも一回り小さい訂正印として作られているものを使います。

とはいえ、本当は訂正するよりも新しい履歴書に書き直すのが正しい方法ですので、訂正がOKだからと何箇所も訂正印だらけになってしまうとそれもNGですので、間違えないように慎重に書くことはもちろんですが、時間がないなんてことのないように早めに準備をしておきましょう。

履歴書の修正での二重線とは?

履歴書を書き間違えてしまった場合、基本的に修正することは禁止と考えて良いでしょう。しかし時と場合により履歴書を修正することもあるでしょう。履歴書の修正での二重線とは、正しい修正法で、間違えた箇所に二重線をひき、訂正する方法です。二重線を引いた上に訂正印をおし、その上下の余白に正しい文字を記入し訂正します。

二重線を引いて訂正印なんて見た目が汚いし、修正テープか修正ペンで修正するほうがいいのではとおもうでしょうが、履歴書での修正にテープやペンは使ってはいけません。必ず二重線をひいて訂正印をおしましょう。

もし何箇所も間違えてしまったときは、あたらしい履歴書に書き直しましょう。何箇所も訂正印ではやる気のない人材に見られてしまいます。

アルバイト・パートの履歴書の修正はOK?

履歴書が必要なのは正社員だけではありません。アルバイトでもパートでも面接の際には履歴書を企業に提出します。自分をアピールするための大切な書類ですので、丁寧な文字できっちりと記入しなければなりません。

少々字を書くことが苦手な人でも一生懸命に丁寧に書いたことが伝わればやる気を感じられます。しかし、修正した履歴書では職種に関係なくいくら達筆であっても台なしです。

どんな場合でも履歴書を書き損じてしまった場合は、あたらしい履歴書に書き直しましょう。もしももうあたらしい履歴書がない場合はぜひとも買いなおすことをお勧めします。それでも買いなおす時間がないという場合は、最終の手段として訂正します。

訂正法は間違えた箇所を二重線でひきその上に訂正印をおします。訂正箇所の上下の開いているところに正しく書き直します。アルバイトでもパートでも同じで、きっちりとした履歴書を作成しましょう。

アルバイトの履歴書の学歴、職歴の修正は避けるべき

アルバイトやパートの履歴書はどこからどこまで書けば良いのか悩むところでしょう。特に、学歴は悩むでしょう。学生ならまだしも、パートの応募に対して小学校の学歴から書くべきなのでしょうか。

正解は、義務教育が終わった高校からでも十分学歴がわかります。職歴はきっちり書いておきましょう。あまりにも職を転々としているといくらアルバイト・パートでも雇う側にすれば雇ったところですぐに辞められてしまうと悟ります。

しかし時と場合によっては、短い期間であってもこんなことも経験しているんだとおもわれることもありますので、そこは自分でしっかり考えたうえで記入しましょう。注意をして欲しいのは、1度書いて、やっぱりやめておこうという場合、修正をするのではなく別の履歴書に書き直すことをお勧めします。特に職歴の修正は危険です。

履歴書で修正以外にやってはいけないこと

初めて履歴書を書く人にとっては不安でいっぱいでしょう。履歴書のタブーのいくつかを紹介します。

当たり前ですが、雑な文字での記入はタブーです。字を書くのが苦手な人もいるでしょうが、苦手ながらも丁寧に書いていることが伝わればいいですので、ゆっくりと書き進めていきましょう。誤字脱字はダブーで、いい加減で適当な人のみなされてしまいますので注意しましょう。

学歴、職歴はうそ偽りなく書きましょう。少し賢い学校を書いておこうだとか、職を転々としているからここは省いておこうとか、偽りたいときもあるでしょうが、詐称に当たる行為ですので真実だけを記入することです。修正することも避けましょう。

最後に、データ化してメールで送る場合ですが、文字の大きさがバラバラだったり枠からはみ出ていたり文字化けなんて最悪です。職種にもよりますがスキルがないとみなされますので注意しましょう。

企業が不採用即決の修正だらけの履歴書

書類選考の企業はあります。履歴書だけで不採用とされてしまうなんて納得がいかないとおもわれた方もいるでしょう。応募者多数を見込む場合は書類選考の場合が多いですが、できれば即不採用とならないためにも知っておいていただきたいことがあります。

中には目を疑うような履歴書があります。たとえば、履歴書の用紙ではなくただの便箋に学歴・職歴・自己PRなどを長々と書いているだけのものです。

履歴書を入れている封筒のあて先が間違っていたり、鉛筆で書いていたり書き損じだらけのぐちゃぐちゃの履歴書だったり、何の汚れなのか汚い履歴書だったりもちろん殴り書きのような汚い文字もいくら学歴があったとしても不採用候補者になります。

自分は絶対にないとおもっていても実際にこのような履歴書を提出する人が増えていますので注意しましょう。

修正だけではない悪い印象を受ける履歴書の特徴

履歴書が修正だらけだなんてもってのほかですが、他にも悪い印象しか与えない履歴書の特徴があります。写真を撮る際の服装はきちんと考えていますか。まさかだらしないTシャツや柄もののシャツで撮影を下なんて方はいませんか。見るのは顔だけではありません。服装もしっかりと見られています。

写真なんて顔さえわかればいい、そんな考えでは採用してもらえませんので注意してください。また、意外と気にせずに書いている自己PRですが、ネガティブな内容になっていませんか。どんな内容でもポジティブに書きましょう。

履歴書は修正しないというだけではなく、いろいろなポイントに注意しなければなりません。履歴書だけで採用不採用が決まることは多々あります。履歴書は最新の注意をはらい全力で書くことです。

履歴書のデータ化は修正しやすいから人気

Bottom banner

履歴書は丁寧に記入し履歴書用の写真を貼って面接時に提出するのが当たり前でしたが、今の世の中履歴書をデータ化してメールに添付して送るという方法ができる時代になりました。わざわざ履歴書用に写真を撮りに行かなくてもいいし、履歴書すら買わなくてもいいです。

履歴書は、企業によりフォーマットがあるところもありますが、たいていはでWordやExcelを使用し自分で作成するか、もしくは用紙での履歴書をスキャンしデータ化して送る方法もあります。WordやExcelで作成するにはちょっとした技術が必要になりますので、苦手という方もいるでしょう。

そんな方には履歴書をスキャンする方法をお勧めします。企業のフォーマットがあれば1番助かるのですが、こういった企業はまだ少ないのが現実です。データ化する履歴書は、いくらでも修正ができますので、納得いくまで作り直して完璧な履歴書を送りましょう。

履歴書をメールで送るとき修正などの注意点

履歴書を記入し間違いがないか確認して提出するという肯定は一般的な作業ですが、履歴書をデータ化してメールに添付して送るという作業についてはいくつかの注意点があります。しっかりきっちり入力はしたもののうっかり手が当たってへんな文字が入力されているのも気づかずに添付して送ってしまったなんてことは絶対に許されません。

あとあとこのような修正は恥ずかしくてできませんので注意しましょう。そして、パスワードを設定することをお勧めします。履歴書は個人情報がぎっしり詰まっています。万が一送り先を間違えてしまったなど、うっかりということもないとは限りませんので、履歴書を添付したメールの後にパスワードを送るようにしましょう。

履歴書を添付したメールには、パスワードを送りますなど一言添えておくのが良いでしょう。メールの件名の内容と名前の記入を忘れずにしてください。

メールで履歴書を送ってしまった後の修正方法

基本的に履歴書を間違えるということはあってはならないことですが、人間ですので誰にでもうっかりということはあります。万が一、間違えた内容のままメールで送ってしまった場合、どのように処理をすればいいのかということです。

間違いを訂正するには2つ方法があります。まずは面接時に訂正箇所を伝えることです。もう1つは、すぐに企業にメールで連絡をし、間違えた箇所をわかりやすく簡潔に報告をしましょう。

○○企業様、自分の名前、送付した履歴書に訂正箇所があったことを説明し、内容を入力します。この内容はダラダラとわかりにくい内容になると致命傷となります。履歴書を間違えただけでも企業側二してみればマイナスになりますので送信する前にしっかりと確認をしてからにしましょう。

修正した履歴書で採用がもらえるのか?

履歴書で人生が決まるといっても過言ではないほど履歴書は重要な書類です。自分をアピールするための書類ですので、間違えてしまうということはとんでもないことです。しかし、どんなに慎重に書いていても間違えることはあります。本来なら間違えたときは新しい履歴書で書き直すのが常識ではありますが、時と場合によっては修正をして提出することもあります。

人によっては修正をした履歴書なんて採用してくれるわけがないと考える人もいるようですが、そうでもありません。履歴書は間違えて修正をしてしまったけれど面接で最大限にアピールをすればいいので諦めるのはまだ早いでしょう。自分の考えをしっかりと持った人間であることをアピールしてみましょう。

履歴書の修正は命取り、書き間違えないためには

人生が決まる可能性がある履歴書はこれ以上はきれいにかけないというぐらいに丁寧に記入しなければなりません。しかし、間違えないようにとはおもっていても書き間違えてしまいます。では、書き間違えないようにするにはどうすればいいのでしょう。

もっとも大事なのは下書きをしておくことです。考えながら書くと、こう書けばよかったとなることがあります。また、書き間違えもたびたび起こるでしょう。また、入学・卒業年月日もすぐには浮かばないでしょう。

しかし下書きをしておけばあとは慎重に書き写すだけです。下書きをしていても書き写すのに失敗をすることもありますが、そこは次は間違えないように慎重にきっちりと書き直しましょう。

履歴書を修正してはいけない理由とは?

大切な履歴書に修正した箇所が見られると、企業側はがっかりです。絶対に採用して欲しいという意欲があるなら修正せずに書き直すだろうという企業側の意向があるからです。

それほど採用して欲しい意欲はないのだろうとみなされてしまいます。書き間違えることは人間誰しもありますが、その書き間違えをどう処理するかが重要です。

別の履歴書で新たに書き直すのか、二重線を引いて訂正するのか、その2つの選択になりますが、2つの方法はどちらも正しいですが、どちらがいいのかというと明らかに別の履歴書で書き直すことです。

履歴書の書き方は本人のやる気・意欲を感じられます。書き損じばかりの履歴書は相手を不快にさせてしまうだけですので、修正ではなく書き直すことだけを考えておきましょう。

修正のない好印象な履歴書を書こう

履歴書を書き進めていくうちに必ず出てくる項目が自分の長所と短所です。短所はどんどん出てくるのに以外とかけないのが長所です。皆さんここでつまづくのは自分をほめるという行為に抵抗を感じてしまうのでしょう。

長所が見つけられないという方、「すごいね」や「じょうずだね」といわれたことがあるとおもうので、それを思い出してみてください。それがあなたの長所です。その長所を今から応募する職種にどう活かせるのか、また短所もどう活用できるのかを考えながら書くと良い文章がかけます。

ただし考えながら清書をすると必ずというほど書き間違えてしまいます。履歴書は基本修正はしてはいけないものですので、必ず下書きをかいてから清書をしましょう。

履歴書の修正だけじゃない面接も要注意

履歴書は修正なく完璧に準備ができているので、後は面接だけと気合が入っている方、最終のチェックをお願いします。服装・髪型・清潔感は完璧、履歴書もかばんに入れていざ出陣なのですが、面接時のマナーは大丈夫ですか。

入室から挨拶、受け答えなど注意しなければならない点はたくさんあります。入室は第一印象です。第一印象が悪いといくら履歴書が完璧でも減点の対象となります。面接官への第一印象はとても重要です。

印象が良くても何の特徴もなく終わってしまうと印象は薄れてしまいますので、あいさつ・話し方・態度・表情(笑顔)・仕草・身だしなみとすべての項目をチェックしてから面接に挑みましょう。

また、意外と気にするのが靴の汚れです。靴が汚れていると中身までだらしないとみなされてしまいますので、靴は見えないだろうではなく頭の先から靴の先までチェックをしましょう。

履歴書での職務履歴を修正なく好印象に書く方法

書類選考で落とされるなんてめったいにないことでしょと軽く考えてはいませんか。採用担当者はあなたの履歴書を隅から隅までしっかりと見ています。その中で修正だらけの履歴書は問題外ですが、1箇所ぐらいの修正であればしっかりと書いている履歴書なら最後まで目を通してくれます。そこで、職務履歴です。

短い文章でしっかりアピールしなければなりません。新卒入社から今に至るまでを事細かく文字にするのですが、仕事内容や実績など箇条書きで簡潔に書いていきましょう。ここは自信があるという経歴についてはしっかりアピールできるところですので、自分がこういう分野は得意ですという部分を前面に出していきましょう。

ただの職歴ではなくここでも自分をアピールできるところです。意外と注目されるところですので適当にだけは書かないようにしてください。

履歴書の修正箇所ではなくどの部分を1番見ている?

書類選考という企業はあります。これは応募者が多数であることも理由なのですが、なんといってもまずは書類を見てこの人にあってみたいという人を選んでいます。そんな中で履歴書のどの部分を必ず見るのか企業によって決まっているといいます。

もっとも重視して見られるのは、職歴です。中途採用の場合は経験をじっくり見られます。自分が経験した職歴を技術面であったりすべてを細かく記入しましょう。文章が長く説明されているからということは関係ありません。完結にまとめていてかつ内容が詰まった文章を期待しています。

企業は1枚あたり5分程度目を通します。見るポイントを決めていますのでその5分でどう決まるかです。内容が詰まった履歴書を作成しましょう。

履歴書以外の別紙に職歴、修正はあり?

たくさんの職歴がある方にとっては履歴書に記入する際にすべてを知ってもらいたいとおもうでしょう。その上、どんな職種でどのような仕事内容で、退社理由もすべてこまごまと記入をする方がいます。

もちろん履歴書には書ききれませんので、別紙にパソコンで作成をし提出します。これは正しい方法なのでしょうか。間違いではありませんが、せっかく事細かく記入しても企業はあまり目を通していません。

実際には職歴とどんな仕事に携わっていたのかがわかればいいので、そこまで細かく書かなくてもいいです。また、別紙の修正についてですが、やはり修正はしないほうが印象は良いでしょう。どんなものにしろ、これから仕事をしたいとおもい履歴書を出すのですから修正をするとあまり良い印象はうけません。

履歴書の証明写真の修正はどこまでOK?

最近は写真加工アプリが大流行で、SNSを見ていても無修正の写真は載ってないにひとしいほど加工だらけのネット社会です。メールで履歴書を添付する場合に、携帯で写真を撮って加工をして履歴書に載せてしまう人もいます。その加工は誰だかわからないほどのでき栄えだとか。このような修正された履歴書はどうなのでしょう。

書類選考で合格をしていざ面接というときに、別人が面接に来たという例もあるほどです。本当は本人なのですが、あまりの加工ぶりに別人にさえなりかねないということです。

かわいく見せたいのはわかりますが写真の修正はほどほどにしなければ、詐欺にもなりかねまんし、少々の修正は問題ないですが、誰だかわからないほどの修正はいけません。

履歴書の修正で人生が決まるかもしれない

履歴書は修正方法・修正印は必要なのか・修正しても良いのか|修正液

履歴書は自分の学歴や職歴、志望動機などを記入し自分の良いところをアピールしましょう。企業はこの履歴書をもとに採用するかを決めます。そんな履歴書ですので適当に書いとけばなんて考えでは職は決まりません。

丁寧な字できちんと書かなければなりません。というのも、職種にもよるのでしょうが、企業によっては履歴書に万が一間違いがあれば、いい加減な人とみなし採用してもらえない場合もあります。特に事務などの職種ではこのようなミスを嫌います。本来なら間違えないのが1番ですが、間違えても書き直せるように早めに準備をしておきましょう。

ここで働きたいと応募するのですから、履歴書の修正で不採用になるなんてもったいないことはありません。完璧な状態で面接に挑みましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人