Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

ニートが仕事を始めることは非常に難しいです。内定をもらう事も難しい理由の一つですが、働く意欲を向上させることが最も難しいです。ここでは、ニートの人が仕事をしない理由やできない理由を詳しく紹介しているので、参考にしてください。


ニートの仕事の探し方は?

ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

ニートとは、定職についていない人のことを示しています。また全く働いていない人の全てがニートではなく、15~34までの若者に対してのみ使われ、通学や家事を行っていない場合に使用されます。そのため、フリーターなどもニートとひとくくりにされてしまう事もあります。世間的に差別の意味が込められていることも少なくありません。

ニートは世間から差別に近い扱いをされている可能性があり、仕事を探している時により差別をされることがあります。そのため、一般的な人と比べると仕事に就ける可能性が低く、就職する誰でも人苦労してしまいます。

ニートの人が仕事の探し方は、ハローワークを利用したり、派遣会社に登録する方法が一般的です。次に、ハローワークと派遣会社での仕事の探し方を紹介するんで参考にしてください。

ハローワークに相談する

就職先を見つける場合は、多くの人がハローワークを利用しています。ハローワークは、全国各所にあるため手軽に利用することができます。登録する手続きは必要になりますが、年会費などは必要なく、就職が内定するまで無料で利用することができます。そのため、ニートの人でも手軽に利用することができおすすめです。

ハローワークでは、周辺地域の求人情報を取り扱っているため、身近な場所で就職したい人は利用しない手はありません。また、ハローワークの職員は、求人情報に優れた知識を持っているため、希望する職種を伝えるだけで、自分におすすめの求人情報を提示してくれます。面接までの手続きもハローワークが行ってくれるため便利です。

派遣会社に登録する

仕事を探す方法に派遣会社に登録する手段もあります。もちろんニートの方でも登録することが可能です。ニートの人の中には定職に就いた経験がなかったり、ニート歴が長い人がいます。そのような人がいきなり定職に就き、仕事中心の生活環境に変わると対応できない場合が多く、途中で挫折してしまう可能性が高いです。

ニートの方は、まず派遣会社に登録し、自分のペースで仕事を始めるようにしましょう。派遣会社に登録すると、おすすめの案件を紹介されます。主に、短期間の仕事が多くあるため、途中で挫折してしまう可能性が低いです。また、少し休みたいと感じれば簡単に断ることも可能です。

ニートにおすすめ・向いている仕事は?

ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

ニートの人が向いている仕事は、その人の性格や能力によって変わりますが、基本的に身体を動かす仕事は向いていない可能性が高いです。その理由は、ニートの人のほとんどが部屋に引きこもっている場合が多く、運動不足な割合が高いからです。土木作業員などは、体力が一番必要になるため、体力が欠けているニートの人にはおすすめできません。

ニートの人は比較的身体を動かさない仕事が向いています。しかし、知識が必要になる事務職や接客の仕事も向いていません。特に、人とのコミュニケーション能力が劣っている可能性が高いため、人と接する機会が少ない仕事が向いています。

単純作業

単純作業は、身体を動かす回数が少なく体力もあまり必要ありません。また、作業が始まれば他の従業員と話すことも少ないため、コミュニケーションが苦手なニートの人におすすめの仕事です。さらに、単純作業の仕事内容は、一つのことを覚えることができれば問題なく仕事をこなすことができます。そのため、働くことに抵抗力がないニートの人でも対応することができます。

単純作業の仕事を続けることで、自分でも働くことができると自信を持つことができます。単純作業の仕事で自信を付けることで、知識や技術が必要になる仕事に就職しても対応できるようになります。

仕事がしたいニートとしたくないニートの違いは?

ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

ニートには、仕事をしたい人としたくない人に分けることができます。そのため、ニートの人の中には仕事をしたい意欲があるにも関わらず、ニートはやる気がないというイメージが付いていることに対してイライラしてしまう事もあります。特に、就職の際などには合否にも影響が出てしまう場合もあります。

人は他人の評価を決める際に、第一印象を重要視している場合があります。無意識に第一印象で相手の評価を決めている場合もあり、主に服装や顔つき、話し方で決めてしまう場合が多いです。

仕事がしたいニートの場合は、面接の際にスーツをしっかり着こなし、受け応えも自分なりに努力していますが、仕事をする気が無いニートの場合は、身だしなみや話し方などが幼稚な場合が多いです。

服装で違いが表れる

前述で説明したように服装や身だしなみが違うだけで、相手に与える第一印象は大きく変化します。面接官は従業員が代わりにしていることが多いため、人を見る目が特別優れているわけではありません。また、履歴書に書かれている志望動機などはこれまで散々見ているため、特に重要視する場合は少ないです。その代わりに、第一印象で決める場合が多いです。

面接官は履歴書に記入されている情報も参考にしますが、それ以上に重要視することがやる気があるかです。実際に自社の仕事ができるかやってみないと分からないため、そこまで見極めることは不可能に近く、時間の無駄にもなります。

面接時には服装や身だしなみを整え、好感を持てる第一印象にするように心がけましょう。

ニートで仕事が決まらない原因は?

Bottom banner
ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

ニートの人は、他の人と比べると仕事が決まらない割合が高いです。その原因の一つが、ニートという経歴があるからです。特に、成人になってから一度も働いた経験がないニートの場合は、それだけの情報で落とされてしまう場合があります。

選り好みが激しい

ニートの人の中には、仕事を選り好みする人が多いです。理由は、自分にはこの仕事は合わないや、こんな仕事はださいという考えがあるからです。職種を決める際は、誰でも選ぶ権利はあるため、選り好みをすることは間違っていません。

働く意欲がない

ニートの人には仕事に対する意欲がない人が多くいます。ニートによって違いはありますが、親のお金で暮らしている割合が高く、自分が働かなくても暮らしていけるため、より働く意欲が激減します。働く意欲がないにも関わらず就職活動しても、仕事が決まることはありません。

面接官は、見た目でやる気があるかないかを見極めることはできます。そのため、会社側も働く気が無い人を雇う理由はないので、面接で落とされる可能性が高いです。もし、就職できたとしてもやる気がないため、長続きすることはありません。

仕事が続かないニートの特徴は?

ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

仕事が続かないニートの特徴は、性格や仕事に対する考えが影響している場合があります。特に、仕事に対する意欲が無い場合は、就職できてもすぐに辞めてしまう場合があります。

集中力がない

ニートの人は、今まで自分中心に回っていた世界で生活していましたが、仕事を始めることでその世界も一変してしまいます。そのため、以前までは疲れたらすぐに休むことができましたが、仕事ではそういうわけにはいきません。集中力が衰えている可能性が高く、一つの作業に集中できず、辞めてしまう事があります。

ニートに仕事をさせる方法は?

ニートに仕事をさせたいと願っている親も多くいるのではないでしょうか。ニートの人に仕事をさせることで、一人でも生活できる力を身に付けることができますが、注意しなければならないこともあります。

無理強いしない

ニートの人に無理やり仕事をさせることはおすすめしません。特に、親の考えだけで「働け」と強くいってしまうと逆効果になります。ニートに仕事をさせる理由は、世間体を気にしている場合が多いですが、ニート本人には関係無いことです。無理やり仕事をさせても、継続して働ける可能性は低く、二度と仕事をする意欲がわかない場合もあります。

焦らずに仕事を探そう

ニートの仕事の探し方・おすすめの仕事・コツ・決まらない原因

ニートというだけで仕事に就ける可能性が低いため、焦ってしまう場合があります。そのため、自分に合っていない職種でも働けるのならという考えで働きだしても良いことはありません。ニートの人でも自分に合った仕事に就くことが望ましいため、焦らずにじっくり仕事を探しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人