Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

面接におすすめのカバン・置き方・無くてもいいのか|男女別/色

面接におすすめのカバン・置き方・無くてもいいのか|男女別/色

面接は、誰もが一度は経験することです。話す内容や服装については事前に考えても、持って行くカバンに悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では面接のシーンに合わせたカバンの選び方などについて紹介しています。これから面接を控えている方は、参考にしてみてください。


面接におすすめのカバンって?男女での違いは?

受験や就職活動の際に避けては通れないのが面接です。面接を受けるにあたり服装や髪型には気を配っても、カバンにまで手が回らなかったという人も意外と多いもの。

確かに服装や髪型は大切ですし、面接での受け答えが最も重要な部分であることは言うまでもありません。しかし、カバンにはその人の好みや生活のしかた、つまりは人間性が大きく表れます。面接官はカバンを見ることで、会話だけでは読み取れない隠れた部分を探ろうとします。

自信をもって面接にのぞむためにも、面接時のカバンのマナーを知っておきましょう。

男性におすすめのカバン

男性におすすめなのは、A4サイズが入る革製のカバンです。本革のものは高価なので、なかなか手が届かないという学生の方は合皮でも問題ありません。

あまり主張の強いデザインではなく、シンプルなものにしましょう。また、床やテーブルに置いたときにしっかりと自立するような形のものにします。

ショルダーストラップが付属されていて肩掛けができるタイプのカバンでも問題ありませんが、ストラップは移動時のみの利用とし、面接時にはカバンの中にしまうようにしましょう。

女性におすすめのカバン

女性におすすめのカバンも、大まかなポイントは男性と同じです。A4サイズが入る大きさで革または合皮のもの、置いたときにしっかりと自立するものにしましょう。

男性用に比べてさまざまなバリエーションがある女性用のカバンですが、その分デザインには注意して選ぶ必要があります。

大ぶりのチャームがたくさんついていたり、一目でブランド名がわかるような装飾があるのもあまりいい印象を与えません。面接はおしゃれを楽しむ場ではないので、カバンの主張は控えめに、シンプルを心がけましょう。

こんなカバンはNG!

おすすめのカバンがわかると見えてくるのが、面接にふさわしいのはスーツに合うカバンだということです。つまり、普段遊びに行くときに持つカバンは面接時にはNGということになります。

トートバッグやリュック、クラッチバッグ、荷物が少ししか入らない小さなカバンなどは、面接にはふさわしくありません。

面接カバンの色は何色がいいの?

持っていて間違いがないのは、黒のカバンです。黒のカバンであればどんな色のスーツにも合わせることができ、シンプルで落ち着いた印象になります。

年代や職種にもよりますが、黒の他にも茶色や紺色、女性であればベージュなど、控えめな印象の色であれば可です。ただ、黒のカバンは面接以外でも活躍する場は必ずありますので、迷ったら黒を選ぶとよいでしょう。

同じ色でも素材やデザインで印象が変わる

お店に並んでいるカバンを見ればわかりますが、同じ色のカバンでも素材やデザインによって印象ががらりと変わります。例えば同じ黒のカバンでも、革製のビジネス用と綿のトートバッグでは、与える印象が全く違うことが一目瞭然です。

男性用のカバンでよく見られるのが、革とナイロン素材を組み合わせたデザインです。これは革だけで作られたものよりもスポーティーな印象が加わり、活発で若々しい雰囲気になります。職種や年齢、面接官にどのような印象を与えたいかによって使い分けてみるのもよいでしょう。

面接にカバンを持って行かないのはアリ?

面接におすすめのカバン・置き方・無くてもいいのか|男女別/色

普段はカバンを持ち歩かない、荷物はポケットに入れて手ぶらで出かけるという方もいるでしょう。しかし、面接には絶対に手ぶらで行かず、カバンを持って行きましょう。

面接を受ける会社の資料を持って行ったり、面接会場でもらった書類を入れるために、カバンは必須です。

書類の他にも、筆記用具、ハンカチやポケットティッシュ、女性は化粧ポーチなど、普段のお出かけよりも荷物が多くなることもあります。持ち物全てをポケットに詰め込んだり手に持ったままというのは、面接官にもいい印象を与えません。

シーン別面接におすすめのカバンはこれ!

Bottom banner

一言で面接といっても、さまざまなシーンが想定されます。自分自身の採用や合格に関わるものだけでなく、自分の子どもと一緒に受ける面接もあります。どのような内容の面接か、自分の立場は何なのかによって、持って行くカバンも変化をつけるとよいでしょう。

ここではいくつかのシーンに分けて、それぞれの面接にふさわしいカバンを紹介します。

幼稚園

子どもの幼稚園入園前に行われる面接では、子どもだけでなく親の服装にも気を配るようにしてください。園の雰囲気や制服の有無などによって違いはありますが、基本的には親は落ち着いた色のスーツ姿が無難です。それに合わせてカバンも選ぶとよいでしょう。

両親揃って面接にのぞむ場合は、書類が入る大きめのカバンは父親が持ち、母親は少し小ぶりのハンドバッグを持つなど、バランスを意識すると見た目もすっきりします。

園の案内などをもらう場合も考えて、やはりA4サイズが入る大きさのカバンを持つのが安心です。色は派手すぎなければ必ずしも黒でなくてもよいですが、落ち着いた色を選ぶようにします。

中途採用

中途採用の場合も基本的には他の面接と同様に、A4サイズが入る革製のカバンがベストです。ただし、中途採用と言っても第二新卒や経験者、社会人未経験の非新卒者など、その年代はさまざまです。基本の形をおさえつつ、自分の年齢に合ったカバン選びが大切になります。

第二新卒の方であれば、年齢的にもまだ若いので、スーツショップなどで購入できるリクルート用のカバンで問題ないでしょう。経験者や社会人未経験の非新卒者の場合は、いかにもリクルート用というカバンでは少し浮いてしまい、ちぐはぐな印象になるおそれがあります。

同じ黒のカバンでも、その質感やデザインで印象は変わります。自分の年齢、雰囲気にどんなカバンが合うか吟味しましょう。

アルバイト

アルバイトは、他の面接に比べると職種によって面接時の服装が大きく異なります。正社員の面接であれば、どんな職種でも大多数がスーツで出向くのに対し、アルバイトは私服で面接を受けることも多々あるからです。

スーツで面接を受けるような職種のアルバイトであれば、前述したようにA4サイズが入るカバンで問題ありません。私服で面接をするような職種の場合は、できるだけシンプルで落ち着いた印象のカバンを選ぶとよいでしょう。

学生の方は、普段学校に持って行くカバンであれば履歴書などの書類や筆記用具も入るので安心です。

私服での面接は必ずしも革製のカバンでなくてもよいですが、あまりにも派手なものやカジュアルすぎるもの、リュックは避けた方が無難です。アパレルなどのセンスが重要な職種でない限り、落ち着いた印象になるよう心がけましょう。

転職

転職の面接の場合は、もともと使用していたビジネスバッグを使うのが最も手軽な方法です。手に馴染んでいて使いやすいですし、使い慣れている分、扱い方もスマートに見えます。

ここでひとつ注意しておきたいことが、カバンの傷み具合です。使い込んで傷や変色がひどいくたびれたカバンでは、面接官に与える印象も悪くなってしまいます。手持ちの中でできるだけきれいなカバンを選ぶか、新たなスタートとして思い切って購入するのもひとつの方法です。

面接のときカバンはどう置く?

面接におすすめのカバン・置き方・無くてもいいのか|男女別/色

カバンも受け答えの内容もしっかり準備をしたものの、いざ面接の部屋に通されてから「カバンはどこに置けばいいの?」と迷った経験がある方もいるのではないでしょうか。

面接官は、相手が部屋に入ってきた瞬間から一挙一動に目を光らせ、その人の人間性を少しでも多く読み取ろうとします。

せっかくきちんとしたカバンを選んでいても、置き方がだらしないと意味がありません。慌てずスマートに振る舞うために、面接でのカバンの置き場所について確認しましょう。

置き場所

面接では、特に指示がない限りカバンは椅子の横の床に置くようにします。面接の部屋に通されたら、椅子の前に立ち、座るよう促されてからカバンを置いて座ります。

このとき、しっかりと自立するカバンでないと置くのに手間取ったり、途中で倒れてしまったりして良くありません。置いたときに持ち手も倒れず上を向くタイプのものであれば、置く、手に取るの動作もスムーズに行えて便利です。

女性の中には、自分の背中と椅子の背もたれの間にカバンを置くという方も多いですが、これは面接ではやってはいけません。面接官から椅子に置くよう指示があった場合は別ですが、基本的にはカバンは床に置く、ということを覚えておきましょう。

カバンにも気を配り自信をもって面接にのぞもう!

面接は、人生の中で誰もが一度は経験することです。何度やっても慣れない、緊張してうまく話せないという方も少なくないでしょう。初対面の面接官とほんの少し話しただけで、自分の良さをすべてアピールするのはとても難しいことです。

だからこそ、服装や髪型、持ち物にまで気を配ることが大切になります。どんなカバンを持って行くのかは、面接の内容に直接関係することではありません。しかし、せっかく事前に準備した言葉をすべて伝えられたとしても、面接の場にふさわしくないカバンでは、その人の魅力も半減してしまいます。

カバンにまでしっかりと気を配ることで、面接にのぞむ準備が完璧にできたという自信にもなります。どれだけ準備をしても緊張してしまう面接ですが、自分にぴったりのカバンを見つけて、堂々と面接にのぞみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人