Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

履歴書に書くメールアドレスの書き方|Gmail/携帯/パソコン

履歴書に書くメールアドレスの書き方|Gmail/携帯/パソコン

履歴書にメールアドレスを記入することは就職活動に必須ではありません。しかし履歴書にメールアドレスを書くことのメリットはとても多いので、メールアドレスがない場合は個人のパソコン用のメールアドレスを準備するようにしましょう。


履歴書へのメールアドレスの書き方

就職活動に履歴書がなくては始まりません。履歴書に記載する項目の中に「メールアドレス」がありますが、現在のようにインターネットが一般的になる前は、もちろんメールアドレスの記入欄は履歴書にはなく、電話番号のみでした。今でも履歴書の中にはメールアドレスの記入欄がないものもあります。

メールアドレスの記入は必須ではありませんが、個人のメールアドレスを持っているのであれば、できるだけ記入するようにしましょう。書き方はメールアドレスの記入欄、または連絡先の欄にわかりやすく記入します。数字の0やアルファベットのO、数字の1やアルファベットのlなど、手描きだけでは紛らわしいものもたくさんあります。

紛らわしいものは、メールアドレスの上にフリガナを書いておくと、わかりやすいです。ハイフンやアンダーバーも紛らわしいので、わかりやすく書くようにしましょう。

履歴書に書くメールアドレスは何がいいのか

履歴書に書くメールアドレスの書き方|Gmail/携帯/パソコン

メールアドレスと言っても、いろいろな種類のものがあります。履歴書に記入するメールアドレスは、どのアドレスが良いのか迷います。普段、友人とやり取りしているようなアドレスでも良いのか、気になります。そこでメールアドレスにはどのようなものがあるのかを簡単にご紹介して、そのアドレスが履歴書の記入に適しているのかを考えてみましょう。

Gmail

Gmailは多くの人が利用しているフリーメールです。パソコンだけでなくスマートフォンでもメールやファイルの送受信が簡単にできるため、ビジネスで使われることも多いです。フリーメールは他にもヤフーやホットメールなどがあり、どのフリーメールも使いやすくファイルの送受信も簡単に行うことができます。

フリーメールアドレスはプライベートで使用している人も多いのですが、ビジネスや就活の場で使用しても、特に支障はありません。就活用に新しくフリーメールを準備したい場合は、使いやすくビジネスでの利用率が高いGmailが特におすすめです。

携帯

履歴書に書くメールアドレスの書き方|Gmail/携帯/パソコン

携帯電話を所有していると、必ず電話会社からメールアドレスを1つ提供されます。携帯のメールアドレスのドメイン(@から後ろの部分)は、主に「docomo」「ezweb」「softbank」のどれから文字列が含まれていることがほとんどです。

携帯のメールアドレスしか持っていない場合、記入して良いものか迷いますが、携帯のメールアドレスは履歴書に記入するにはおすすめではありません。携帯のメールアドレスは、携帯電話同士でやり取りすることを想定して設定されています。会社からのメールはパソコンから送信することがほとんどです。

携帯のメールの迷惑メール対策で、パソコンからのメールを拒否した設定にしている人も多く、企業からのメールが届かなくなってしまうこともあります。また容量の大きいファイルの送受信もできないことが多く、就活用のメールアドレスとしては適当ではありません。

パソコン

履歴書にメールアドレスを書くときに、携帯のメールアドレスかパソコン用のメールアドレスか、どちらを書くべきか迷ったら、迷わずにパソコンのメールアドレスを記入するようにしましょう。企業からメールを送信することがある場合はパソコンで送信します。ファイルが添付されたメールの場合、ファイルが受信できない、または開けないということもあります。

パソコン用のメールにはプロバイダから提供されたものやフリーメールアドレスなどがありますが、フリーメールアドレスで十分です。個人でのメールアドレスがなく共有にしている人もいますが、就活をきっかけにして自分専用のアドレスを取得するようにしましょう。

大学

大学生の場合は大学指定のメールアドレスを持っていることがあります。大学指定のメールアドレスは企業側にすれば、受信したときに大学生から発信されたものであることがわかりやすく、迷惑メールではないことが明らかであるので、安心してすぐに開封してもらえます。履歴書には迷わずに大学指定のメールアドレスを記入するようにしましょう。

履歴書にメールアドレスは書くのか

履歴書にメールアドレスを記入することは必須ではありません。メールアドレスの記入欄がない履歴書も多くあります。それでも、もしメールアドレスを持っているのなら迷いなく履歴書には記入するようにしましょう。電話以外に連絡先があれば、もし電話をかけて不通であったときにも連絡手段があるので、企業側も安心です。

記入欄がない場合

履歴書にはメールアドレスの記入欄が設けられているものが多くなってきましたが、記入欄がないものもあります。そういう場合でもメールアドレスを持っているのなら、記入しておくほうが良いでしょう。履歴書には現住所の記入欄の下に連絡先の記入欄があります。そこに「Eメールアドレス:〇〇〇@〇〇〇〇」という具合に記入すればわかりやすいです。

電話連絡は不在になることが多いことが予想されるのであれば、連絡はできればメールでお願いしたい旨を一言書き添えておくと良いでしょう。

履歴書にメールアドレスを書くことのメリット

履歴書には電話番号が記入してあれば最低限の連絡はすることができます。しかしメールアドレスが記入してあれば、電話番号だけの記入よりも多くのメリットがあります。メールアドレスを履歴書に記入することで、どういうメリットがあるのかを簡単に説明します。

電話をかけなおす手間が省ける

面接で履歴書を提出して結果の電話連絡を待つ場合、仕事や学校などで企業が電話をかけてくる時間帯に電話に出ることができない場合があります。後で電話をかけなおせばいいのですが、電話をかけるタイミングがなくて苦労することがあります。メールであれば、電話をかけなおす手間が省けてタイミングに苦労することもありません。

Bottom banner

後で確認することが可能

電話での連絡の場合、メモを取りながら聞いていても大切なことを聞き逃してしまうということがあります。メールの場合は、削除しない限りは文がいつまでも残りますので、後でゆっくりと落ち着いた時間にメールを確認することができます。

電話連絡のみのすれ違いが避けられる

電話連絡のみの場合は、学校や現職などで電話に出られないことが多いです。履歴を見てかけ直して、すぐに連絡が取れればいいのですが、今度は企業の担当者が不在で連絡が取れないということもありがちです。メールで連絡を取ることができれば、電話でのすれ違いも避けることができます。

時間があるときに送信・返信ができる

履歴書に書くメールアドレスの書き方|Gmail/携帯/パソコン

メールが便利な点は、メールが着信してすぐに内容が見れなくても、後で時間ができたときにゆっくりと読むことができることです。また返信も時間があるときに送ることができます。学校や仕事で忙しい場合、電話には出ることができませんが、メールはいつでも受信することができます。

履歴書にメールアドレスを書く場合の注意点

履歴書にメールアドレスを記入する場合、ただ記入欄に書けばいいというわけではありません。履歴書にメールアドレスを記入するときに、どういう点に注意するべきかをまとめてみましたので参考にしてみてください。

携帯のメールアドレス

携帯電話を持っている人は、必ず携帯電話用のメールアドレスを持つことができます。携帯電話のメールアドレスは、携帯電話同士でやり取りすることを想定していますが、連絡を取るだけなら特に支障はないので、携帯のメールアドレスしか持っていない場合でも履歴書に記入するようにしましょう。

ただし、もしファイルを送信されても受信できない可能性があるということを一言添えておく必要があります。またパソコンからのメールが拒否される設定になっていないかを、きちんと確認しておくようにしましょう。

現職のメールアドレスはNG

履歴書に書くべきではないメールアドレスは現職の企業で利用しているアドレスです。働きながら就職活動をすることもありますが、企業で使用しているメールアドレスを就活に利用するのは避けましょう。企業のメールアドレスを利用すると、その内容が企業に記録として残されます。

企業の管理者はその内容を確認することもできるため、他の企業へ就職するために現職のメールアドレスを利用するということは適当ではないということがわかります。メール履歴書に記入するアドレスはフリーメールアドレスで良いので、個人のものを用意するようにしましょう。

恥ずかしくないアドレスを

個人で利用するメールアドレスはドメイン以外は自分で考えて作ることができるので、自分の名前や愛称の他にも、好きな有名人の名前や趣味がわかる文字列を入れることがあります。それは全くの自由でかまわないのですが、履歴書に記入するメールアドレスとしては適当とは言えないことがあります。

履歴書に記入するメールアドレスは、自分で書いていて恥ずかしくないもの、シンプルなものにするようにしましょう。

紛らわしい記号がある場合

手描きで履歴書にメールアドレスを記入すると、紛らわしい記号や文字が出てくることがあります。数字の「1」とLの小文字の「l」、数字の「0」とローマ字の「O」、記号のハイフン「‐」とアンダーバー「_」は特に手描きにすると判別が難しくなります。せっかく書いたメールアドレスが届かないということにもなり兼ねません。

紛らわしい文字や記号がある場合は、メールアドレスの上にルビを振るようにすればいいでしょう。

メールアドレスを新しく用意する場合の注意点

履歴書に書くメールアドレスの書き方|Gmail/携帯/パソコン

就職活動をするためにメールアドレスを用意する場合、携帯のアドレスは避けてパソコン用のメールアドレスを用意しましょう。フリーメールでもかまいませんが、ビジネスでも利用されることが多いGmailは使いやすくて便利です。メールアドレスを決めるときは、名前がきちんとわかるシンプルなものにしましょう。

名前はフルネームで入れるのがベストです。名前だけでは同姓同名の人がいてアドレスが作成できない場合があるので、名前の後ろに適当な数字を入れておくと良いでしょう。

履歴書へのメールアドレス記載は就活に便利!

履歴書に書くメールアドレスの書き方|Gmail/携帯/パソコン

インターネットが普及する前は履歴書にメールアドレスを記入する欄がなく、連絡手段はもっぱら電話だけでした。しかし連絡手段にメールが利用されるようになり、企業側でも求職者側でも、電話によるすれ違いがなくなりメリットが多くなってきました。これから就活する人は、ぜひ履歴書にメールアドレスを記入するようにしてください。

メールアドレスがない場合は、簡単に取得できるフリーメールアドレスでも良いので、個人のパソコン用のメールアドレスを準備するようにしましょう。メールアドレスは名前がわかるシンプルなものにするのがベストです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人